競艇のグレード

競艇のグレードレースとは?グレード別の日程や予想のコツ!

この記事では「競艇のグレードについて知りたい!」という方に向けて、以下の内容をまとめた。

  • 競艇のグレードの種類
  • グレード別の日程と賞金
  • グレード別の予想のコツ

競艇のグレードとは、レースをSG・G1・G2・G3・一般戦の5つの順番に格付けしたものだ。

グレードが高いレースほど、出場選手のレベルが高くなり、賞金も高くなるぞ。

また、競艇のグレードレースとは、このうちのSG・G1・G2・G3のレースを指している。

グレードごとにレースの傾向が変わるので、予想の仕方を変えるのが重要だな。

ここから、グレード別の日程・賞金・攻略法を解説するので、ぜひ最後まで読んでみてくれ。

予想オヤジ
グレードごとの違いをマスターして、競艇勝ち組を目指そう!

 

競艇のグレードレースとは?

競艇のグレードレースとは

競艇のグレードとは、レースをSG・G1・G2・G3・一般戦の5つの順番に格付けしたものだ。

グレードが高いレースほど、出場選手のレベルが高くなり、賞金も高くなるぞ。

また、競艇のグレードレースとは、このうちのSG・G1・G2・G3のレースを指している。

例えば、SGはスペシャルグレード(Special Grade)の頭文字をとっているな。

ここからは、グレードごとの基本情報や特徴をまとめたので、ぜひチェックしてみてくれ。

予想オヤジ
初心者は、まずはグレードの種類をマスターしよう!

レース格付け制度のこと。「SG競走」「G1競走」「G2競走」「G3競走」「一般戦」の5つのランクがある。(2019年4月1日時点)

引用:BOAT RACE オフィシャルウェブサイト

競艇のSGとは?

競艇のSGとは

競艇のSGとは、格付けが最も高いレースであり、1年間に8回しか開催されない。

正式にはスペシャルグレードだが、エスジーと呼ばれることが多いな。

具体的に、SGに該当するレースを下の表にまとめたぞ。

レース名レースの概要
ボートレースクラシック☆前年のSG・G1・G2競走の優勝者が出場
ボートレースオールスター☆ファン投票の上位者が出場
グランドチャンピオン前年のSG競走で活躍した選手が出場
オーシャンカップG1・G2優勝戦での得点上位者が出場
ボートレースメモリアル☆競艇場ごとの推薦選手が出場
ボートレースダービー☆全国勝率の上位者が出場
チャレンジカップ当年1月~10月の獲得賞金の上位者が出場
グランプリシリーズ1年間の獲得賞金19位~60位の選手が出場
グランプリ☆1年間の獲得賞金1位~18位の選手が出場

☆マークはGRANDE5

このなかでも、特に歴史が古い5レースは、GRANDE5と呼ばれている(上の☆マーク付き)。

GRANDE5を初めて全て優勝した選手には、3億円相当のインゴットが贈呈されるぞ。

また、SG競走には、A1級選手のなかでも厳しい出場条件を満たした選手しか出場できない。

そのため、G1以下のレースと比べると、選手間の実力差がかなり小さくなるな。

さらに、レースごとに出場条件が違うので、出場選手の傾向が変わるのも面白いところだ。

予想オヤジ
SG競走については、競艇 SGの記事にも詳しくまとめているぞ!

スペシャルグレード。全レーサーの目標。G1、G2、G3のさらに上の格付けをされているレースのこと。ボートレースクラシック、ボートレースオールスター、グランドチャンピオン、オーシャンカップ、ボートレースメモリアル、ボートレースダービー、チャレンジカップ、グランプリの8つ。ビッグともいわれ、どのレースも舟券が全国で場外発売される。(2019年4月1日時点)

引用:BOAT RACE オフィシャルウェブサイト

競艇のG1とは?

競艇のG1とは

競艇のG1とは、格付けが2番目に高いレースであり、1年間に約35回開催される。

正式にはグレード・ワンだが、ジーワンと呼ばれることが多いな。

具体的に、G1に該当するレースを下の表にまとめたぞ。

レース名レースの概要
マスターズチャンピオン☆勝率上位の45歳以上の選手が出場
レディースチャンピオン☆勝率上位の女子選手が出場
ヤングダービー☆勝率上位の30歳未満の選手が出場
BBCトーナメント☆4日間のトーナメント形式
クイーンズクライマックス☆獲得賞金上位の女子選手が出場
周年記念競艇場ごとに開設〇周年を記念して開催
ダイヤモンドカップ競艇場のリニューアルを記念して開催
高松宮記念高松宮宣仁親王の来場を記念して設立
地区選手権選手が6つの地区に分かれて勝負

☆マークはPG1競走

G1のなかでも特に格付けの高いレースは、PG1(プレミアムG1)と呼ばれている。

PG1競走は出場条件などが特殊で、通常のG1競走よりも賞金が高いぞ。

また、G1競走には、原則としてA1級選手しか出場できないので選手間の実力差が小さいな。

予想オヤジ
周年記念は、競艇場ごとにレース名が違うぞ!

レースの格付けの一つ、読み方は「グレード・ワン」。原則としてA級レーサーだけが出場できるレース。「プレミアムG1」「地区選手権」「高松宮記念」「周年記念」など。(2019年4月1日時点)

引用:BOAT RACE オフィシャルウェブサイト

競艇のG2とは?

競艇のG2とは

競艇のG2とは、格付けが3番目に高いレースであり、1年間に約8回開催される。

正式にはグレード・ツーだが、ジーツーと呼ばれることが多いな。

具体的に、G2に該当するレースを下の表にまとめたぞ。

レース名レースの概要
レディースオールスターファン投票上位の女子選手が出場
全国ボートレース甲子園選手の出身地ごとに代表者を選出
モーターボート誕生祭競艇発祥を記念して設立
秩父宮妃記念杯かつてのびわこ周年記念
レディースチャレンジカップ獲得賞金上位の女子選手が出場
モーターボート大賞SG・PG1競走が開催されない競艇場で開催

G2競走には、基本的にはA1・A2級の選手しか出場できないので、選手のレベルは高い。

モーター性能が良ければ、A2級選手がA1級選手に下克上することもあるな。

また、レディースオールスターと全国ボートレース甲子園には、B級選手でも出場できるぞ。

予想オヤジ
全国ボートレース甲子園は、2019年から開催されている新しいG2競走だ!

レースの格付けの一つ、読み方は「グレード・ツー」。G1レースに準ずるレース。「モーターボート誕生祭」「秩父宮妃記念杯」「モーターボート大賞」「レディースチャレンジカップ」「レディースオールスター」。(2019年4月1日時点)

引用:BOAT RACE オフィシャルウェブサイト

競艇のG3とは?

競艇のG3とは

競艇のG3とは、4番目に格付けの高いレースであり、1年間に約60回開催される。

正式にはグレード・スリーだが、ジースリーと呼ばれることが多いな。

具体的に、G3に該当するレースを下の表にまとめたぞ。

レース名レースの概要
オールレディースレディースチャンピオンの予選
マスターズリーグマスターズチャンピオンの予選
企業杯企業がスポンサーとなって開催
イースタンヤングヤングダービーの西の予選
ウエスタンヤングヤングダービーの東の予選

G3競走には、A級選手とB級選手が半々で出場することが多く、選手間の実力差が大きい。

枠番不利の6号艇のA1級選手が、枠番有利の1号艇のB1級選手に勝つこともあるな。

また、選手間の実力差が大きいと、5・6号艇の選手が前づけすることもあるので注意しよう。

予想オヤジ
G3競走は、性質としてはグレードレースより一般戦に近いな!

レースの格付けの一つ、読み方は「グレード・スリー」。一般戦より優勝賞金が高く設定されている。(2019年4月1日時点)

引用:BOAT RACE オフィシャルウェブサイト

競艇の一般戦とは?

競艇の一般戦とは

競艇の一般戦とは、格付けが最も低いレースであり、毎日どこかの競艇場で開催されている。

一般戦は出場選手に制限がないので、選手間の実力差が大きくなることが多いな。

SG常連のトップ選手が出場するときは、全て1着をとって完全優勝を決めることもあるぞ。

また、一部の競艇場では、一般戦とG3競走で企画レースが行われている。

企画レースは、初心者でも予想しやすいことが多いので、よかったらチャレンジしてみてくれ。

予想オヤジ
企画レースについては、競艇 番組の記事にまとめているぞ!

SG~G3までの格付けをされないレース。賞金も低い設定が多い。出場レーサーに制限がないので、レーサーの実力差が大きいこともある。(2019年4月1日時点)

引用:BOAT RACE オフィシャルウェブサイト

 

競艇のグレードレースの日程と開催地は?

グレードレースの日程と開催地

競艇のグレードレース(SG・G1~3)について、2022年の日程と開催地をまとめた。

グレードレースは現地が盛り上がるので、よかったら遊びに行ってみてくれ。

特に、SG競走は現地でのイベントなども多く、競艇をより楽しめるようになっているぞ。

ただし、最近のSG競走では、ご時世的に入場制限がかかっていることもある。

現地に行きたい方は、事前に入場制限があるかどうかを公式サイトで調べておこう。

予想オヤジ
日程と開催地を確認して、遊びに行けるレースがあるか確認しよう!

SGの2022年の日程と開催地

レース名日程開催地
ボートレースクラシック☆3/6~3/21大村
ボートレースオールスター☆5/24~5/29宮島
グランドチャンピオン6/21~6/26唐津
オーシャンカップ7/19~7/24尼崎
ボートレースメモリアル☆8/23~8/28浜名湖
ヤングダービー9/20~/9/25多摩川
ボートレースダービー☆10/25~10/30常滑
チャレンジカップ11/22~11/27鳴門
グランプリシリーズ12/13~12/18大村
グランプリ☆12/13~12/18大村

☆マークはGRANDE5

2022年のSG競走は、大村のメモリアルから始まって、大村のグランプリで終わる。

大村競艇場と言えば「競艇発祥の地」として有名な競艇場だな。

グランプリが当地で開催されるのは初めてなので、かなりの盛り上がりが期待できるぞ。

予想オヤジ
大村競艇場のグランプリは、俺も都合が合えば行きたいところだ!

G1の2022年の日程と開催地

レース名日程開催地
尼崎センプルカップ1/11~1/16尼崎
海の王者決定戦1/15~1/20大村
全日本王座決定戦1/21~1/26芦屋
戸田プリムローズ1/27~2/1戸田
四国地区選手権2/5~2/11鳴門
九州地区選手権2/6~2/11福岡
関東地区選手権2/7~2/12桐生
東海地区選手権2/11~2/16常滑
近畿地区選手権2/12~2/17びわこ
中国地区選手権2/13~2/18下関
全日本王者決定戦3/1~3/6唐津
全日本覇者決定戦3/7~3/12若松
トコタンキング決定戦3/25~3/30常滑
競帝王決定戦3/26~3/31下関
宮島チャンピオンカップ4/4~4/9宮島
オールジャパン竹島特別4/10~4/15蒲郡
戸田プリムローズ4/13~4/18戸田
マスターズチャンピオン☆4/19~4/24三国
ツッキー王座決定戦5/9~5/14
大渦大賞5/15~5/20鳴門
トコタンキング決定戦6/2~6/7常滑
太閤賞6/5~6/10住之江
レディースチャンピオン☆8/2~8/7丸亀
赤城雷神杯9/1~9/6桐生
福岡チャンピオンカップ9/7~9/12福岡
徳山クラウン争奪戦9/13~9/18徳山
ヤングダービー☆9/20~9/25多摩川
尼崎センプルカップ9/26~10/1尼崎
びわこ大賞10/2~10/7びわこ
トーキョー・ベイ・カップ10/11~10/16平和島
児島キングカップ10/16~10/21児島
高松宮記念11/3/~11/8住之江
浜名湖賞11/4~11/9浜名湖
京極賞11/12~11/17丸亀
ダイヤモンドカップ11/13~11/18福岡
競帝王決定戦12/1~12/6下関
全日本王座決定戦12/4~12/9唐津
クイーンズクライマックス☆12/26~12/31住之江

☆マークはPG1競走

2022年のG1競走は、PG1競走、周年記念、地区選手権などを合わせて38回開催される。

PG1競走は他のG1競走と比べても特別なので、現地が盛り上がりそうだな。

また、戸田・常滑・尼崎・下関・唐津の5場では、周年記念が2022年に2年分開催されるぞ。

予想オヤジ
よかったら、近くの競艇場の周年記念に遊びに行ってみてくれ!

G2の2022年の日程と開催地

レース名日程開催地
レディースオールスター2/22~2/27桐生
秩父宮妃記念杯3/10~3/15びわこ
モーターボート誕生祭5/18~5/23大村
モーターボート大賞6/28~7/3芦屋
全国ボートレース甲子園7/5~7/10下関
モーターボート大賞7/12~7/17戸田
モーターボート大賞7/26~7/31江戸川
モーターボート大賞8/30~9/4児島
レディースチャレンジカップ11/22~11/27鳴門

2022年のG2競走は、全国ボートレース甲子園やモーターボート大賞などを合わせて9回開催される。

全国ボートレース甲子園は、選手の出身地ごとに代表者が選出されるG2競走だ。

通常の楽しみ方以外に、自分の住んでいる地域の選手を応援するのも楽しみ方の一つだろう。

予想オヤジ
G2競走は、開催数が最も少ないグレードだな!

G3の2022年の日程と開催地

レース名日程開催地
オールレディース1/3~1/8大村
企業杯1/9~1/14下関
オールレディース1/17~1/22多摩川
マスターズリーグ第10戦1/21~1/26蒲郡
企業杯1/27~2/1丸亀
オールレディース2/10~2/15唐津
企業杯2/22~2/27芦屋
企業杯3/1~3/6蒲郡
オールレディース3/6~3/11尼崎
企業杯3/19~3/24徳山
オールレディース3/20~3/25
オールレディース4/1~4/6多摩川
企業杯4/1~4/6若松
オールレディース4/22~4/27下関
オールレディース4/29~5/5唐津
マスターズリーグ第1戦5/12~5/17住之江
オールレディース5/17~5/22戸田
企業杯5/18~5/23児島
企業杯5/27~6/1多摩川
オールレディース5/30~6/4尼崎
マスターズリーグ第2戦6/6~6/11児島
企業杯6/11~6/16三国
オールレディース6/11~6/16丸亀
ウエスタンヤング6/11~6/16福岡
イースタンヤング6/12~6/17
マスターズリーグ第3戦6/16~6/21戸田
オールレディース6/17~6/22住之江
企業杯6/18~6/23徳山
オールレディース6/30~7/5浜名湖
企業杯6/30~7/5住之江
企業杯7/9~7/14江戸川
オールレディース7/12~7/17三国
企業杯7/15~7/20常滑
オールレディース7/24~7/29若松
企業杯7/27~8/1
マスターズリーグ第4戦7/29~8/3唐津
企業杯8/2~8/7宮島
オールレディース8/11~8/16
オールレディース8/24~8/29大村
オールレディース9/5~9/10江戸川
企業杯9/6~9/11平和島
マスターズリーグ第5選9/12~9/17三国
企業杯9/17~9/22びわこ
オールレディース9/18~9/23桐生
マスターズリーグ第6戦9/23~9/28福岡
オールレディース10/1~10/6宮島
マスターズリーグ第7戦10/16~10/21下関
オールレディース10/17~10/22びわこ
企業杯10/19~10/24唐津
企業杯10/28~11/2尼崎
オールレディース10/29~11/3児島
オールレディース11/10~11/15常滑
マスターズリーグ第8戦11/1~11/6
企業杯11/2~11/27桐生
マスターズリーグ第9戦11/28~12/3浜名湖
オールレディース12/1~12/6芦屋
企業杯12/1~12/6福岡
企業杯12/7~12/12浜名湖
企業杯12/19~12/24下関
クイーンズクライマックスシリーズ12/26~12/31住之江

2022年のG3競走は、オールレディースや企業杯などを合わせて60回開催される。

企業杯は、スポンサーになった企業の名前が付いていることが多い。

例えば、俺の地元の福岡競艇場では、福岡ソフトバンクホークス杯が開催されるぞ。

予想オヤジ
女子戦が好きな方は、オールレディースを追いかけるのもありだな!

 

競艇のグレード別の賞金は?

グレード別の賞金

競艇では、レースのグレードが高くなるほど、選手がもらえる賞金も高くなる。

例えば、SG・G1競走を優勝すれば、1,000万円以上の賞金が手に入るな。

一方、グレードの低い一般戦を優勝しても、100万円前後の賞金しか手に入らない。

ちなみに、レースごとの賞金額は年度によって変わることがある。

賞金は出走表に書かれているので、正確な金額を知りたい方は確認してみてくれ。

予想オヤジ
獲得賞金額上位18名は、12月中旬のグランプリに出場できるぞ!

SGの賞金

【グランプリ】

 優勝戦順位決定戦トライアル2ndトライアル1st
1着1億円1,800万円57万円48万円
2着4,700万円1,100万円45万円37万円
3着3,300万円800万円35万円30万円
4着2,400万円550万円31万円22万円
5着2,200万円450万円28万円19万円
6着2,000万円400万円26万円16万円

【クラシック、オールスター、メモリアル、ダービー】

 優勝戦特別選抜A戦特別選抜B戦準優勝戦
ドリーム戦
予選
一般競走
1着3,900万円350万円230万円57万円21万円
2着1,650万円250万円170万円43万円17万円
3着1,050万円200万円115万円32.5万円13万円
4着800万円165万円95万円26万円11万円
5着700万円140万円80万円23万円10万円
6着650万円120万円70万円20.5万円9万円

【グランドチャンピオン、オーシャンカップ、チャレンジカップ】

 優勝戦特別選抜A戦特別選抜B戦準優勝戦
ドリーム戦
予選
一般競走
1着3,300万円300万円210万円55万円21万円
2着1,200万円200万円150万円41万円17万円
3着850万円150万円110万円30万円13万円
4着700万円120万円80万円25.5万円11万円
5着650万円100万円70万円22万円10万円
6着600万円85万円60万円19.5万円9万円

SG競走の賞金は3つのグループに分かれていて、最も高いのはグランプリの1億円だ。

基本的には、歴史が古いレースの賞金が高く、歴史の浅いレースの賞金は低い。

また、グランプリシリーズの賞金はさらに低く、優勝賞金は1,700万円となっているぞ。

予想オヤジ
グランプリの優勝者は、その年の賞金王になることが多いな!

G1の賞金

 優勝戦特別選抜A戦準優勝戦
ドリーム戦
予選
一般競走
1着1,000万円108万円32万円16.5万円
2着420万円76万円24万円13.3万円
3着310万円56万円19万円10.2万円
4着220万円45万円16万円8万円
5着180万円40万円13.5万円7万円
6着150万円37万円11万円6万円

G1競走の賞金として、周年記念の着順ごとの賞金を上の表にまとめた。

SG競走の賞金よりは低いが、それでも十分な金額と言えるだろう。

また、PG1競走は特別なG1競走なので、賞金もこれより高いことが多いぞ。

予想オヤジ
例えば、レディースチャンピオンの優勝賞金は1,100万円だな!

G2の賞金

 優勝戦特別選抜A戦準優勝戦
ドリーム戦
予選
一般競走
1着450万円68万円25万円12.5万円
2着240万円47万円17.6万円8.8万円
3着160万円37万円11.6万円5.8万円
4着120万円31万円7.8万円3.9万円
5着100万円28万円5.8万円2.9万円
6着85万円25万円4.4万円2.2万円

G2競走の賞金として、レディースオールスターの着順ごとの賞金を上の表にまとめた。

賞金額としては、G1競走とG3競走の中間くらいのイメージだな。

G2競走は開催数が少ないので、選手としては出場できたなら優勝したいところだ。

予想オヤジ
G2競走は、優勝すれば450万円の賞金を手に入れられるぞ!

G3の賞金

 優勝戦特別選抜戦準優勝戦
ドリーム戦
予選
一般競走
1着105万円29万円12.8万円10.8万円
2着75万円21万円9.2万円7.4万円
3着60万円16.3万円6.2万円5.3万円
4着48万円11万円4.1万円3.6万円
5着45万円9万円2.9万円2.5万円
6着42万円7万円1.8万円1.9万円

G3競走の賞金として、オールレディースの着順ごとの賞金を上の表にまとめた。

賞金額としては、G2競走より低く、一般戦とほとんど同じだな。

G3競走については、分類はグレードレースだが、性質は一般戦に近いと言えるだろう。

予想オヤジ
G3競走の優勝賞金は100万円前後となっているぞ!

一般戦の賞金

 優勝戦選抜戦準優勝戦
ドリーム戦
予選
一般競走
1着98万円27.8万円12.5万円10.3万円
2着72万円19.8万円8.8万円7万円
3着56万円14.8万円5.7万円4.9万円
4着44万円10.9万円3.4万円0万円
5着41万円8.5万円2.2万円0万円
6着39万円6.5万円1.2万円0万円

一般戦の賞金額は、優勝しても100万円前後となっており、SG・G1競走よりかなり低い。

そのため、一般戦で賞金を稼ぐには、とにかく優勝数を増やすしかないな。

また、予選・一般戦の4~6着には賞金がないが、ゴールすれば完走手当をもらえるぞ。

予想オヤジ
賞金を稼ぐには、グレードの高いレースで活躍することが重要だな!

 

競艇のグレード別の予想のコツは?

グレード別の予想のコツ

競艇では、グレードが違うと出場選手が変わるので、レース結果の傾向も変わってくる。

例えば、SG・G1競走では、G3・一般戦よりも1コースの1着率が高くなるぞ。

これは、選手間の実力差が小さければ、横並びのスタートになりやすいからだろう。

また、SG競走では、出場条件によって出場選手の傾向も変わってくる。

ここからは、競艇のグレード別の予想のコツを解説するので、ぜひ参考にしてみてくれ。

予想オヤジ
グレード別の予想のコツを押さえて、的中率アップだ!

SGの予想のコツ

モーター2連率

出典:https://www.boatrace.jp/

競艇のSG競走では、モーター性能やコースの有利不利を重視するのがおすすめだ。

これは、SG競走では、他のレースよりも選手間の実力差が小さいからだな。

どの選手も同じくらいの実力なら、モーターやコースの差で勝負が決まりやすいぞ。

モーターの気配は、モーター2連率や展示航走から判断してみてくれ。

また、5・6コースの艇は勝ちにくいので、基本的に2・3着で狙うのがいいだろう。

予想オヤジ
三連単を買うときは、3着は全通りにするのがおすすめだな!

さらに、SG競走はレースごとの出場条件が違うので、出場選手の傾向も変わってくる。

例えば、ボートレースオールスターはファン投票によって出場者が決まる。

選手の実力以外が選考基準になるので、他のSG競走よりも選手間の実力差が大きいぞ。

また、女子選手や若手選手が出場しやすいこともオールスターの特徴だな。

俺のブログでは、レースごとの攻略法をまとめているので、ぜひ参考にしてみてくれ。

予想オヤジ
レースごとの攻略法は、SG・G1の記事一覧から探せるぞ!

G1の予想のコツ

選手の支部

出典:https://www.boatrace.jp/

競艇のG1競走では、モーター性能やコースの有利不利を重視するのがおすすめだ。

これは、SG競走と同じように選手間の実力差が小さいからだな。

また、競艇場ごとの周年記念競走には、地元のA1級選手が出場することが多い。

難水面の競艇場では、走り慣れている地元選手のほうが活躍しやすいぞ。

予想するときは、選手の支部を確認して、地元選手かどうかも参考にしてみてくれ。

予想オヤジ
競艇場ごとの水面特徴は、競艇場 特徴にまとめているぞ!

G2の予想のコツ

好調なA2級選手

出典:https://www.boatrace.jp/

競艇のG2競走では、調子の良さそうなA2級選手に注目するのがおすすめだ。

これは、A2級選手は、A1級選手より高いオッズが付きやすいからだな。

節の前半で好調なA2級選手を見つけたら、節の後半はその選手を追いかけてみよう。

また、A2級選手のなかには、実力的にはA1級選手に匹敵する選手もいる。

全国勝率が何故か高いA2級選手がいたら、前の期の級別まで調べてみてくれ。

予想オヤジ
選手データを調べるときは、艇国データバンクが便利だな!

G3の予想のコツ

女子戦の2号艇

出典:https://www.boatrace.jp/

競艇のG3競走では、女子戦やマスターズ戦の特徴を予想に活かすのがおすすめだ。

例えば、女子戦では、混合戦よりも2コースの1着率が高くなるぞ。

また、マスターズ戦では、前づけが多いのでスタート展示の進入隊形に注意しよう。

一方、企業杯は普通の混合戦なので、一般戦とあまり変わらない。

選手の実力差に気を付けて、A1級・A2級選手を中心に舟券を組み立ててみてくれ。

予想オヤジ
女子戦の攻略法は、競艇 女子にも詳しく書いてあるぞ!

一般戦の予想のコツ

不調なA1級選手

出典:https://www.boatrace.jp/

競艇の一般戦では、数少ないA1級選手の好調・不調を見極めて予想するのがおすすめだ。

まず、好調なA1級選手は、一般戦なら全てのレースで舟券に絡んでくる。

節の前半で好調だと感じたら、節の後半では5・6号艇でも3着以内に入れるようにしよう。

逆に、不調なA1級選手は、A2級・B1級選手が相手でも負けてしまうことがある。

節の前半で不調だと感じたら、節の後半では思い切って舟券から外すのも一つの手だな。

予想オヤジ
一般戦でA1級選手を舟券から外すと、高配当を狙いやすいぞ!

 

競艇のグレードレース|まとめ

競艇のグレードレースのまとめ

競艇のグレードレースについては、この5つがポイントだ。

  • 格付けはSG・G1・G2・G3・一般戦の5つ
  • グレードレースはSG・G1・G2・G3
  • グレードが高いほど賞金も高くなる
  • グレードレースは1年間で約120回開催
  • 一般戦は毎日どこかで行われている

この記事の後半でも解説した通り、SG・G1競走ではモーターやコースが重要だ。

特に、良いモーターを引いた選手は活躍しやすいので注目しておこう。

逆に、G3競走や一般戦では、選手の実力や調子を見極めることが重要になってくる。

調子の悪いA1級選手を見つけたら、舟券から外して穴狙いのチャンスだぞ。

このようにグレード別の予想のコツを活かして、競艇勝ち組を目指してみてくれ。

予想オヤジ
SG・G1競走が近くで開催されるときは遊びに行ってみよう!

 

合わせて読みたい記事

競艇のSG(2022年)

競艇のSG・G1

競艇のSGとは?2022年の日程・結果・賞金・優勝者ま...

競艇女子

競艇の勝ち方

競艇女子の可愛いor美人ランキング!女子戦のコツと攻略...

競艇の級別

競艇の用語集

競艇の級別とは?2023年前期のボーダーと予想に活かす...

競艇の用語

競艇の用語集

【競艇の用語集】157個を50音順に解説!重要な用語も...

本

競艇の用語集

【競艇の用語集の記事一覧】50音順で競艇用語をチェック...

予想オヤジ

予想親父
大学を卒業後、しばらくはサラリーマンをしていたが、今は福岡で自営業をしているぞ。
約4年前からこのブログで「予想サイトの検証記事」「自力予想のコツ記事」を書いている。
俺は予想サイトでも自力予想でもプラス収支を出しているので、ぜひ参考にしてみてくれ。


コメントについて

この記事について、感想・要望・疑問などがあったら、どんどんコメントしてくれ。

俺もモチベーションが上がるし、今後の記事テーマを決める参考にもするぞ。

ただし、イタズラ防止のため、コメントは俺が内容を確認してから手動で反映している。

コメントが反映されるまで数日かかることもあるが、ご了承願いたい。

また、コメントの反映基準や活用法については「コメントポリシー」にまとめているぞ。