【競艇のマスターズチャンピオン】2019年は宮島!注目選手は誰?

更新日:

マスターズチャンピオン

「マスターズチャンピオンって何?」

「2019年のマスターズチャンピオンはいつ、どこで開催されるの?」

「一勝負したいから水面特徴や注目選手を知りたい!」

こんな風に思っている競艇初心者や競艇ファンの方が多いのではないだろうか。

マスターズチャンピオンは、熟練のベテラン選手たちが揃うプレミアムG1競走だ。

2019年は4月16日(火)~21日(日)の6日間、宮島競艇場で開催される。

宮島競艇場は独特の水面特徴があるので、予想のコツを知らないと不的中を連発することになってしまうぞ。

この記事では、マスターズチャンピオンについて、

  1. 出走条件や優勝賞金
  2. 宮島競艇場の特徴
  3. 注目選手
  4. 注意すべきモーター
  5. ドリーム戦の予想と結果
  6. 優勝戦の予想と結果

などを、すぐに予想に役立てられるように簡単にまとめた。

この記事を読んで、マスターズチャンピオンではプラス収支を勝ち取ってみてくれ。

予想オヤジ
2019年の第20回マスターズチャンピオンは、広島県の宮島競艇場で開催だ!

 

マスターズチャンピオンとは?

マスターズチャンピオンとは

「マスターズチャンピオン」とは、毎年4月下旬に開催される競艇のプレミアムG1競走の1つで、「名人戦競走」とも呼ばれている。

プレミアムG1はSGとG1の間のグレードなので、競艇のレース全体のなかではかなり格式が高いレースだ。

2000年に第1回が開催されており、2019年は「第20回マスターズチャンピオン」となる。

出場資格や条件

勝率

マスターズチャンピオンの出場資格の一番の特徴は年齢制限があることだ。

2019年のマスターズチャンピオンに出走するには、2019年4月1日時点で満45歳以上であることが条件となっている。

年齢制限の条件を満たした選手の中から、

  • 前年のマスターズチャンピオン優勝者
  • マスターズリーグ優勝者
  • 勝率上位者
  • 施行者希望者

の4つの資格のどれかを満たした選手が出走する。

条件に出てきた「マスターズリーグ」とは1年に10回開催されるG3競走のことで、マスターズチャンピオンと同じように年齢制限がある。

経験豊富な熟練の選手たちが集まっていることから、巧みな技を見られるレース展開となるのだ。

優勝賞金

マスターズチャンピオンの優勝賞金は「1,100万円」だ。

SG競走と比べると少し見劣りするが、十分大きな金額と言えるだろう。

年末には獲得賞金が出走条件の「グランプリ」が開催されるので、マスターズチャンピオンでの優勝はかなりのリードになる。

2019年の日程と開催地

カレンダー

2019年のマスターズチャンピオンは4月16日(火)~21日(日)の6日間、宮島競艇場で開催される。

宮島競艇場で開催されるのは、2008年以来の11年ぶりで通算2度目となる。

優勝戦が行われる21日は日曜日なので、近くに住んでいる人はぜひ遊びに行ってみて欲しい。

予想オヤジ
マスターズチャンピオンは、45歳以上のベテラン選手たちが競い合う名人戦だ!

 

宮島競艇場の3つの特徴

宮島競艇場の特徴

宮島競艇場は、瀬戸内海を利用した水面で、潮の満ち引きの影響を受けやすいことで有名だ。

また、風向きが前半と後半のレースで変わることが多く、レースごとの風向きチェックは必須となる。

潮の満ち引きと風向きの影響から、1日のなかで水面特徴がコロコロ変わる競艇場ということになるな。

以上のことから、宮島競艇場での予想は、

  • 1号艇の1着率が高い
  • 3着の予想が難しい
  • 地元選手が有利

という3つの特徴が挙げられる。

3つの特徴を予想に活かせば、的中率がアップすること間違いなしだ。

1号艇の1着率が高い

電卓

宮島競艇場の1つ目の特徴は、1号艇の1着率が高いことだ。

昨年の春のコース別の入着率を下の表にまとめた。

 1着2着3着4着5着6着
1コース59.6%15.5%8.7%5.6%6.0%4.3%
2コース13.9%23.6%22.7%14.6%12.3%12.6%
3コース10.4%25.4%22.7%17.1%12.6%11.7%
4コース11.1%16.6%19.0%20.7%18.6%13.6%
5コース5.3%13.0%17.4%22.4%24.1%17.4%
6コース1.6%7.8%11.4%21.5%25.5%31.9%

※集計期間:2018年3月1日~2018年5月31日

入着率を見ると、1コースの1着率が「59.6%」とかなり高いことが分かる。

宮島競艇場は潮と風の変化からスタートが難しく、アウトコースの艇が思い切ったスタートができないので、横一列のスタートになりやすい。

その結果、1コースの先マイが決まり、そのまま逃げるという展開になりやすいのだ。

1号艇のモーターやスタートに不安がないなら、基本的には1号艇1着で予想するのがおすすめだ。

3着の予想が難しい

宮島競艇場の2マーク

宮島競艇場の2つ目の特徴は、3着の予想が難しいことだ。

潮が高い時に第2ターンマークで順位の入れ替えが起こることがあり、三連単を買ったときに「1着、2着は当たっているのに…」となりやすい。

今年のマスターズチャンピオンが開催されている時期の満潮と干潮の時間を下の表にまとめた。

日付満潮の時間干潮の時間
16日(火)7時30分13時47分
17日(水)8時16分14時29分
18日(木)8時56分15時08分
19日(金)9時34分15時46分
20日(土)10時09分16時22分
21日(日)10時43分16時58分

節の前半では第7レース前後で干潮となり、節の後半では第12レース前後で干潮となる。

満潮に近い時間帯でのレースで三連単を買うときは、1着、2着をしっかりと予想して3着は流すのがおすすめだ。

また、満潮時は水面が高くなるので差し有利、干潮時は水面が低くなるのでまくり有利ということも覚えておこう。

地元選手が有利

お好み焼き

宮島競艇場の3つ目の特徴は、地元選手が有利なことだ。

潮の満ち引きや風向きが1日の間に変化することから、ベテランの選手でも宮島競艇場の水面に慣れるのは難しい。

2回走りの選手が午前のレースでばっちりスタートを決めていても、午後のレースではうまくスタートできないこともある。

その点、普段から宮島競艇場で練習している地元選手は、潮や風の特徴を理解しているので有利と言えるのだ。

広島支部の選手がモーターの調子が良かったり、好枠からのスタートだったりした場合は勝負どころだぞ。

予想オヤジ
宮島競艇場で1コースに広島支部の選手がいる場合は要チェックだ!

 

注目の出場選手はこの2人!

マスターズチャンピオンの出走選手

マスターズチャンピオンには、出走資格を満たした52名の選手が出走する。

競艇選手のピークは35歳前後と言われており、45歳以上になっても勝率7点台後半を維持している選手は本当に強い。

モーターや枠が多少不利でも、実力差で勝ってしまうことがあるので要注意だ。

そんな2019年のマスターズチャンピオンの注目選手は、

  • 「前本泰和」選手
  • 「吉川元浩」選手

の2人だ。

「前本泰和」選手

前本泰和選手

「前本泰和」選手は、地元広島支部のエース級選手だ。

全国勝率「7.84」は十分に高い数値だが、驚くべきは当地勝率「8.42」という数値だ。

地元戦では圧倒的な強さを発揮するので、今回のマスターズチャンピオンの優勝候補の一人と言える。

また、1コースからの3連率は「97.2%」となっており、安定したレース運びが得意なようだ。

「前本泰和」選手が1コースのときは、ほぼ間違いなく舟券に絡むと思っていいだろう。

「吉川元浩」選手

吉川元浩選手

「吉川元浩」選手は、2019年3月に開催されたSG競走「第54回ボートレースクラシック」の覇者だ。

全国勝率は「7.50」と高く、宮島競艇場の周年記念競走を2009年、2010年で2連覇していることから当地での活躍も期待できる。

どのコースからでも勝負に行ける実力を持っているので、枠番不利だからといってノーマークにするのは危険だ。

逆に、1コースからの連対率は安定していないので、「吉川元浩」選手が1号艇の時は万舟券のチャンスかもしれないぞ。

予想オヤジ
第20回マスターズチャンピオンは、「前本泰和」選手の1コース「吉川元浩」選手の3コースに注目だ!

 

注意すべきモーターはこの3つ!

モーター

宮島競艇場のモーターは2018年9月に交換されて、7か月間も使われているので、モーター成績は信頼できる数値と言える。

モーター2連率が「40%」を超えているものは、優良モーターなので要チェックだ。

2019年のマスターズチャンピオンで活躍が期待できる3つのモーターを下の表にまとめた。

番号2連率出足伸び足
55号機43.7
59号機46.1
51号機35.7

満潮時は水位が上がるので小回りなターンがしやすい「出足型」のモーターが有利となる。

逆に、干潮時は水位が下がるのでトップスピードが出やすい「伸び足型」のモーターが有利となる。

51号機は2連率はいまいちだが、満潮になる時間付近のレースでは活躍が期待できるので注目したい。

予想オヤジ
満潮時と干潮時で活躍できるモーターが変わるということを覚えておこう!

 

マスターズチャンピオンの過去の結果の傾向

勝利のイメージ

第1回~第19回までのマスターズチャンピオンの結果の傾向を下の表にまとめた。

枠番1着回数決まり手
1号艇8回  逃げ8回
2号艇8回差し4回、まくり2回、抜き2回
3号艇2回逃げ1回、まくり1回
4号艇1回まくり1回
5号艇0回なし
6号艇0回なし

※集計期間:第1回~第19回の決勝戦

表を見ると、2号艇の1着率がかなり高いことが分かる。

2号艇の1着率は普通は1割~2割程度なので、マスターズチャンピオンの決勝戦では2号艇が勝ちやすいと言えるだろう。

今回出走する選手の優勝経験は?

お金

今回のマスターズチャンピオンに出走する選手のなかで、過去に優勝経験がある選手は、

  • 「西島義則」選手:1回
  • 「今村豊」選手:3回
  • 「江口晃生」選手:1回
  • 「渡邉英児」選手:1回

の4人となっている。

4人の中でも特に注目したいのは、過去3回もマスターズチャンピオンでの優勝経験がある「今村豊」選手だ。

「57歳」という高年齢にも関わらず、全国勝率「6.84」、当地勝率「7.18」の好成績を残している。

4回優勝の偉業を成し遂げることができるかどうかに注目していきたい。

昨年(2018年)の結果

マスターズチャンピオンの2018年の結果

2018年の第19回マスターズチャンピオンは福岡競艇場で開催され、「渡邉英児」選手が2コースから見事な差しを決めた。

三連単「2-3-4」は33番人気のオッズ「91.2倍」で、1号艇が舟券に絡まない荒れたレース結果となった。

今回のマスターズチャンピオンに出走する選手の中で、2018年の優勝戦に出走していた選手は、

  • 「渡邉英児」選手
  • 「市川哲也」選手
  • 「野添貴裕」選手
  • 「今村豊」選手

の4人だ。

4人の中でも特に注目したいのは、先ほど紹介した「今村豊」選手と、優勝者の「渡邉英児」選手だ。

「渡邉英児」選手は全国勝率は「6.40」とあまり高い数値ではないが、当地勝率が「7.85」なので宮島競艇場との相性は悪くない。

2連覇がかかった熱いレースを魅せてくれることに期待したい。

予想オヤジ
過去の成績から注目したいのは「今村豊」選手「渡邉英児」選手の2人だ!

 

ドリーム戦のオリジナル予想と結果の考察

マスターズチャンピオンのドリーム戦

2019年のマスターズチャンピオンのドリーム戦が4月16日(火)の第12レースに行われた。

せっかくのプレミアムG1なので、俺自身が考えたオリジナル予想で舟券を買ってみたぞ。

良かったら、マスターズチャンピオンの2日目以降の予想の参考にしてみてくれ。

ドリーム戦のオリジナル予想

マスターズチャンピオンのドリーム戦の舟券

俺がドリーム戦で買った舟券は、

  • 三連単「1-4-流し」
  • 三連単「1-5-流し」

の8点買いだ。

具体的には、三連単「1-4-2」「1-4-3」「1-4-5」「1-4-6」「1-5-2」「1-5-3」「1-5-4」「1-5-6」となる。

ここからは、どうしてこの買い方をしたのかについて解説していくぞ。

三連単で勝負!

競艇で勝ちたいなら、的中率と回収率のバランスを取りやすい三連単がおすすめだ。

さらに、トリガミにならないように買い目点数は6~8点に絞る必要がある。

また、プレミアムG1のようなグレードの高いレースでは、選手同士の実力が同じくらいなので、3着の予想が難しい。

そのため、三連単を買うときに、1着、2着を予想して、3着は総流しにすることがポイントとなる。

1着は1号艇で決定!

ドリーム戦では、注目選手でも紹介した広島支部のエース「前本泰和」選手が1号艇でスタートする。

宮島競艇場は潮の満ち引きや風向きの変化があることから、地元選手が有利なことは先ほど解説した通りだ。

さらに、モーターの2連率を見ても「39.32」と高く、他の選手に比べても悪くない数値となっている。

これだけ好条件がそろえば、1号艇の1着はほぼ間違いないだろう。

2着は2号艇、4号艇、5号艇

ドリーム戦の2着の候補は、

  • 全国勝率が良い2号艇
    →「平尾崇典」選手
  • 当地勝率が高い4号艇
    →「吉川元浩」選手
  • モーター2連率の高い5号艇
    →「太田和美」選手

の3人だ。

この3人の中から、2人を選んで2着の軸にする。

そして、俺が選んだのは4号艇「吉川元浩」選手と5号艇「太田和美」選手だ。

2号艇「平尾崇典」選手の当地勝率が「0.00」なので宮島競艇場との相性が読めないことと、三連単「1-2-流し」はオッズが低くて的中しても旨味が少ないことが理由だ。

3着は流す

1着は1号艇で確定、2着は4号艇か5号艇と予想したので、購入する舟券は、

  • 三連単「1-4-流し」
  • 三連単「1-5-流し」

8点買いとなる。

後はレース結果を楽しみに待つのみだ。

予想オヤジ
当地勝率、モーター2連対率、オッズの旨味のバランスをとって予想したぞ!

ドリーム戦の結果と考察

マスターズチャンピオンのドリーム戦の結果

2019年のマスターズチャンピオンのドリーム戦は「1-2-4」で決着した。

三連単「1-2-4」は1番人気でオッズは「9.1倍」だったので、ド本命の固いレース結果となった。

俺の予想も惜しかったのだが、残念ながら外れてしまった。

敗因は直前情報のチェック不足

今回の敗因は、締め切り時間ぎりぎりに予想したので直前情報のチェックができなかったことだ。

3号艇が前づけするという情報を事前に知っていれば、買う舟券を変えることができたはず。

今日のマスターズチャンピオンでは、12レース中5レースで前づけが行われている。

2日目以降もベテランたちのスタート位置争いは起こると考えられるので、読者の皆さんは直前情報をしっかりとチェックするようにしてほしい。

前づけをする選手、防ぐ選手は不利

「前づけ」とは、枠番通りにスタートすることを嫌って、内側のコースを取りに行くことだ。

前づけをする選手は、ピットアウトしてから強引に内側のコースに入るので、スタートまでの助走距離が短くなる。

また、前づけを防ぐ選手も、前づけされないように自分のコースに早く入らなければならず、スタートまでの助走距離が短くなる。

結果として、前づけをする選手と前づけを防ぐ選手はスタートが不安定になり不利になるのだ。

漁夫の利を得た2号艇が活躍

ドリーム戦では、3号艇の「石川真二」選手が前づけを行って、2コースからスタートしている。

1号艇「前本泰和」選手は、3号艇の前づけを防ぐためにかなり早くコースに入っているので、スタートまでの助走距離が短くなってしまった。

逆に、2号艇の「平尾崇典」選手は、ゆっくりと3コースに入ることができ、十分に加速した状態でいいスタートを切れた。

このように、前づけが行われる場合は、通常の枠番の有利不利とは違った展開になることが多いので、注意が必要だ。

予想オヤジ
4月21日の優勝戦では、しっかりと直前情報をチェックしてリベンジしたい!

 

優勝戦のオリジナル予想と結果の考察

マスターズチャンピオンの優勝戦

2019年のマスターズチャンピオンの優勝戦は4月21日(日)の第12レースに行われる。

ちょうど日曜日なので、宮島競艇場の近くに住んでいる人はぜひ見に行って欲しい。

せっかくのプレミアムG1の優勝戦なので、俺も舟券を買って勝負したいと思う。

優勝戦の予想

マスターズチャンピオンの優勝戦の買い目

俺が優勝戦で買った舟券は、

  • 三連単「1-2-流し」
  • 三連単「2-1-流し」

の8点買いだ。

具体的には、三連単「1-2-3」「1-2-4」「1-2-5」「1-2-6」「2-1-3」「2-1-4」「2-1-5」「2-1-6」となる。

ここからは、どうしてこの買い方をしたのかについて解説していくので、良かったら予想の参考にしてみてくれ。

ただし、舟券の購入はあくまでも自己責任で頼むぞ。

得点率をチェック

「得点率」とは、節の1日目~4日目までに獲った着順に応じて、それぞれの選手に与えられる点数だ。

得点率が高い18名が5日目の準決勝(第10、11、12レース)に出走でき、準決勝で2着以内に入った6名が6日目の優勝戦に出走できる。

優勝戦に出走する選手の得点率を下の表にまとめた。

枠番選手名得点率
1号艇今垣光太郎8.33
2号艇太田和美8.17
3号艇大場敏6.67
4号艇吉川元浩8.17
5号艇矢後剛7.20
6号艇松井繁6.00

得点率は、今回のマスターズチャンピオンでの成績でつけられているので、出走表に書いてある勝率や2連率よりも参考になる数値だ。

1着は、1号艇「今垣光太郎」選手、2号艇「太田和美」選手、4号艇「吉川元浩」選手に絞りたい。

また、2号艇「太田和美」選手は初日のドリーム戦で5コースから4着を獲り、4号艇「吉川元浩」選手は初日のドリーム戦で4コースから3着を獲っている。

強者揃いのドリーム戦で好成績を収めているのは見逃せないな。

ピットレポートをチェック

ピットレポートでまず気になったのは、1号艇「今垣光太郎」選手の「やっとスタートが行けました」というコメントだ。

モーター2連率も良いので、スタートさえ決めてくれれば枠番有利を活かして逃げ切ることができるだろう。

また、4号艇「吉川元浩」選手は「伸びが弱くなり、グリップ感だけでしのいでいる感じ」とコメントしている。

2連率「28.16」のモーターでは、1着を獲るのは難しいかもしれない。

1着は1号艇か2号艇

優勝戦は1着を絞るのが難しいレースだ。

過去のマスターズチャンピオンの優勝戦の結果を見ても、1号艇1着と2号艇1着が半々という特徴がある。

逆に、4号艇「吉川元浩」選手はモーターの弱さが目立つので、良くて3着までだろう。

そこで今回は、1着、2着を1号艇と2号艇の裏表で勝負したいと思う。

3着は流す

ドリーム戦と同じように、選手の実力が同じくらいのレースでは3着は誰が獲ってもおかしくないので、流すのが正解だ。

結論として、購入する舟券は、

  • 三連単「1-2-流し」
  • 三連単「2-1-流し」

の8点買いとなる。

実際には、ここから直前情報やオッズを見ながら最終的な買い目を決定するのがおすすめだ。

明日のレース結果が楽しみだな。

予想オヤジ
優勝戦では、得点率ピットレポートを重視して予想したぞ!

優勝戦の結果の考察

マスターズチャンピオンの優勝戦の結果

2019年のマスターズチャンピオンの優勝戦は「1-4-2」で決着した。

三連単「1-4-2」は4番人気でオッズは「14.5倍」だったので、まずまず堅いレース結果だったと言える。

俺の予想も惜しかったのだが、残念ながら外れてしまった。

参考にして舟券を買ってくれた読者の方には申し訳ない。

ここからは、どうして的中を獲ることができなかったのかを考察していく。

4号艇の実力を見誤った

優勝戦での1番の敗因は、4号艇「吉川元浩」選手の実力を見誤ったことだろう。

モーターの調子が悪かったのは事実で、直前情報の展示タイムも「6.67」と他の選手に比べて明らかに悪い。

しかし、弱いモーターでも優勝戦に出走することができたのは、確かな実力があってのことだ。

「良くて3着まで」と判断したのが間違いだった。

2号艇1着は切れたのか?

直前情報などを見直しても、優勝戦での2号艇「太田和美」選手の1着を切ることは難しそうだ。

レース展開的にも、1号艇「今垣光太郎」選手のスタートがあと少しでも遅れていればチャンスはあった。

1号艇1着を軸にするのは、それはそれでリスクのある買い方だったと思う。

2着流しが正解だった

俺は普段は1着と3着を軸にして三連単を買っている。

1着を獲れそうな選手が2人いる場合、第1ターンマークでお互いに潰し合って、その2人の選手が「1着-2着」になることは少ないと考えているからだ。

今回は、プレミアムG1であったことと、4号艇「吉川元浩」選手のモーターへの不安から、普段とは違う1着と2着を軸にした買い方をしてしまった。

もしも「1号艇-流し-2号艇」「2号艇-流し-1号艇」の8点買いをしていれば、的中だったのだ。

5月21日から始まるSG競走「ボートレースオールスター」では、今回の反省を活かしてリベンジしたい。

予想オヤジ
舟券の買い方や予想に迷いがあるときは、あえて勝負しないというのも1つの手かもしれないな。

 

まとめ

マスターズチャンピオン

マスターズチャンピオンについて、もう一度まとめると、

  • 4月16日~21日に宮島競艇場で開催
  • 宮島競艇場は1コース有利
  • 満潮時はレースが荒れやすい

の3つがポイントだ。

宮島競艇場は、1日のなかで潮の満ち引きや風向きが変わるので、慣れていない選手が実力を発揮しにくい競艇場だ。

特に3日目以降は大潮となり、第1レース~第3レースくらいまでは荒れたレース展開になることが予想される。

2マークでの着順の入れ替わりもあるので、三連単を買うときは3着を流すのがおすすめだ。

予想オヤジ
今年のマスターズチャンピオンは1コース安定の宮島競艇場で開催だ!

 

合わせて読みたい記事

Copyright© 競艇予想サイト , 2019 All Rights Reserved.