スタート

【競艇の進入予想】前づけの意味やルールと予想に活かす方法を解説!

この記事では「競艇の進入予想や前づけってなに?」という方に向けて、

  • 進入予想と前づけの意味
  • 進入予想のやり方
  • 前づけを予想に活かす方法

などを解説していく。

まず、進入予想とは「どの艇がどのコースからスタートするか?」を予想することだ。

競艇はコースの有利・不利が大きい競技なので、進入予想ができないと舟券が当たらないぞ。

次に、前づけとは、外枠の艇が内側のコースを取りに行くことだな。

前づけがあると、スタート前の助走距離が変わるため、コースの有利・不利が変わってくる。

この記事で進入隊形や前づけについて学んで、競艇の的中率アップにつなげてみてくれ。

予想オヤジ
初心者にも分かりやすいように、なるべく具体的に解説していくぞ!

 

競艇の進入予想とは?

競艇の進入予想とは?

競艇の進入予想とは「どの艇がどのコースからスタートするか?」を予想することだ。

競艇のルールでは、枠番(艇番)に関わらず、スタートコースは早い者勝ちとなっている。

つまり、6号艇が1コースからスタートしても、ルール上は何の問題もないわけだな。

とはいえ、枠番が小さいほうがピット離れの時点で内側にいるので、内側のコースを取りやすい。

さらに、無理なコース取りはスタートが難しくなるので、選手同士の駆け引きが生まれるぞ。

予想オヤジ
コース取りの駆け引きがあるのが、競艇の面白いところだな!

また、競艇はコースの有利・不利が、他の公営ギャンブル(競馬・競輪)より大きい。

実際に、1コースの1着率は約55%もあるが、6コースの1着率は約2%しかないぞ。

そのため、進入予想ができないと、見当違いの買い目を狙うことになってしまうのだ。

「〇〇選手は4コースだと思ってたのに、本番では6コースだった」となると舟券は当たらない。

1マークの攻防やレース結果を予想するためにも、進入予想は必要不可欠というわけだな。

予想オヤジ
進入予想のやり方は、この記事の中盤で解説していくぞ!

 

競艇の前づけとは?

競艇の前づけとは?

競艇の前づけとは、外枠の艇が内側のコースを取りに行くことだ。

競艇のレースでは、ピット離れからスタートまでに、

  1. ピット離れする
  2. 小回り防止ブイをまわる
  3. 第2ターンマークをまわる
  4. スタートラインに艇の先を向ける
  5. スタート前の助走を開始する
  6. スタートする

という流れが行われる。

艇ごとのスタートコースは「4.スタートラインに艇の先に向ける」の時点で確定するぞ。

基本的には、小回り防止ブイをまわった後に減速し、枠番と同じコースに進入することが多い。

ここで、小回り防止ブイを回った後に加速し、内側のコースに進入するのが前づけだ。

前づけに成功すると、自分の枠番よりも内側のコースからスタートできる。

競艇は内側のコースが有利なので、前づけすれば1着をとれる確率を上げられるわけだな。

予想オヤジ
競艇では、1コースの1着率が約55%もあるぞ!

ただし、前づけには、スタートが難しくなるというデメリットもある。

前づけされそうになった艇は、前づけする艇に合わせて加速し、前づけを阻止しようとするぞ。

ここで、無理に前づけすると進入が深くなり、スタート前の助走距離を確保できなくなる。

すると、スタートを合わせられなかったり、スタート前後に加速しきれなかったりするのだ。

そのため、前づけに慣れていない選手は、枠番通りに進入したほうが良いと考えるわけだな。

予想オヤジ
前づけは一長一短だから、選手ごとにする・しないが分かれるぞ!

 

競艇の進入予想のやり方

進入予想のやり方

競艇の進入予想をするためには、スタート展示を上手く活用するのがおすすめだ。

スタート展示とは、本番のレースの前に行われるスタートの練習のことだな。

これを確認することで、本番のレースの進入隊形を予想できるようになる。

具体的には、進入予想するときは、ここから解説する3つのステップを行ってみてくれ。

また、この3つのステップ以外にも、進入予想についての豆知識を3つ紹介するぞ。

進入予想のやり方

  • 進入隊形を確認する
  • ピット離れを確認する
  • 進入の深さを確認する
予想オヤジ
ここからは、進入予想のやり方を詳しく解説していくぞ!

【ステップ1】スタート展示の進入隊形を確認する

スタート展示の進入隊形

出典:JLC

進入予想のステップ1は、スタート展示の進入隊形を確認することだ。

スタート展示ではコース取りも行われ、本番のレースでもこのときと同じ進入隊形になりやすい。

例えば、上の写真のスタート展示では、4号艇が前づけして「142/356」の進入隊形になった。

このレースは、本場のレースでも4号艇が前づけして「142/356」の進入隊形になったぞ。

進入予想では、まずは「スタート展示の進入隊形がどうなっていたか?」を確認してみてくれ。

予想オヤジ
スタート展示の進入隊形は、現地のモニターや競艇の公式サイトで確認できるぞ!

【ステップ2】スタート展示のピット離れを確認する

スタート展示のピット離れ

出典:JLC

進入予想のステップ2は、スタート展示のピット離れを確認することだ。

ピット離れが良い艇・悪い艇がいると、スタート展示と本番で進入隊形が変わることがある。

例えば、ピット離れが良い艇は、本番のレースで前づけする可能性があるな。

逆に、ピット離れが悪い艇は、前づけされてしまう可能性があるぞ。

そのため、スタート展示では「全員のピット離れが揃っているか?」を確認するのがおすすめだ。

予想オヤジ
地元選手は、ピット離れが上手いので要注意だぞ!

【ステップ3】スタート展示の進入の深さを確認する

スタート展示の進入の深さ

出典:JLC

進入予想のステップ3は、スタート展示の進入の深さを確認することだ。

例えば、ある艇がスタート展示で前づけしたが、他の艇に思ったよりも抵抗されたとする。

このままでは、前づけした艇も抵抗した艇も、本番のレースで進入が深くなってしまう。

共倒れになるのは避けたいので、この艇は本番のレースでは前づけをしない可能性があるのだ。

逆に、前づけに抵抗した艇が、本番のレースでは抵抗せずにコースを譲る可能性もあるぞ。

予想オヤジ
コース取りに駆け引きを考えて、進入隊形を予想しよう!

【豆知識1】選手ごとに前づけの傾向は違う

選手の枠番別コース取得率

出典:艇国データバンク

進入予想についての豆知識の1つ目は、選手ごとに前づけの傾向が違うことだ。

選手ごとの前づけの傾向は、以下の3パターンくらいに分けられる。

前づけの傾向 選手の例 実際のデータ
前づけをあまりしない 峰竜太 峰竜太のデータ
5・6号艇のときに前づけをする 松井繁 松井繁のデータ
どの枠番でも前づけをする 西島義則 西島義則のデータ

敬称略

選手ごとの前づけの傾向を知っていると、本番の進入隊形を予想するときに役立つぞ。

例えば、上の表の「西島義則」選手は、どの枠番からでも前づけする「イン屋」だ。

そのため、西島選手が2~6号艇のときは、前づけの可能性を考えて予想しなければならない。

選手ごとの枠番別進入コースは「艇国データバンク」というサイトで確認できる。

いきなり全てを覚えるのは難しいので、まずはSG・G1競走に出場する選手から覚えてみよう。

予想オヤジ
代表的なイン屋は、この記事の後半で紹介しているぞ!

【豆知識2】新人選手やB2級選手は6コースになりやすい

新人選手

出典:https://www.boatrace.jp/

進入予想についての豆知識の2つ目は、新人選手やB2級選手は6コースになりやすいことだ。

6コースはスタートを合わせやすく、1マークで他の艇を邪魔しにくいという特徴がある。

そのため、腕に自信のない新人選手やB2級選手は、わざと6コースに進入することが多いぞ。

例えば、上の出走表の「石倉拓美」選手は、この節に5号艇でも6コースに2度も進入している。

このことから、石倉選手はこのレースでも5号艇だが、6コースに進入すると予想できるな。

予想オヤジ
選手同士の実力差が大きいときも、実力下位の選手がコースを譲ることがあるぞ!

【豆知識3】進入固定競走は必ず枠なり進入

進入固定競走

出典:https://www.boatrace.jp/

進入予想についての豆知識の3つ目は、進入固定競走は必ず枠なり進入になることだ。

競艇の一般戦とG3競走では「進入固定競走」というレースが行われることがある。

このレースでは「全ての艇が枠番と同じコースからスタートする」というルールがあるぞ。

進入固定競走では、1号艇が前づけを警戒しなくてよいので、スタート前の助走距離を確保しやすい。

他のレースよりも1号艇が1着をとりやすいので、鉄板狙いの方におすすめのレースだな。

予想オヤジ
「どのレースが進入固定か?」は出走表で確認しよう!

 

競艇の前づけを予想に活かす方法

前づけを予想に活かすには?

競艇には「普通の前づけ」と「極端な前づけ」の2種類があると俺は考えている。

まず、普通の前づけとは、4~6号艇のなかで進入が入れ替わるような前づけのことだ。

例えば、6号艇が5コースに進入するのは、普通の前づけだと考えられるぞ。

このような前づけは、スタートに大きな影響を与えないことが多い。

そのため、舟券を買うときも、コースの変更だけに注意して予想すれば大丈夫だな。

予想オヤジ
外枠の艇のなかで進入が変わるくらいなら、レースへの影響は少ないぞ!

一方、極端な前づけとは、4~6号艇が1~3コースに進入するような前づけのことだ。

このような前づけがあったときは、前づけした艇はスタート前の助走距離が短くなりやすい。

また、前づけに抵抗した艇も、スタート前の助走距離が短くなりやすいな。

すると、前づけした艇や前づけに抵抗した艇が、スタート前後で不利をとりやすくなるぞ。

具体的には、極端な前づけがあるときは、ここから解説する3点に注意して予想してみてくれ。

予想オヤジ
極端な前づけがあると、レースが荒れやすいので要注意だ!

前づけした艇のスタートに注目する

前づけした艇のスタート

出典:JLC

極端な前づけがあるときは、前づけした艇のスタートに注目するのがおすすめだ。

基本的には、前づけした艇は進入が深くなるので、スタート前の助走距離を確保しにくい。

その分だけスタートが難しくなるが、スタートが決まれば活躍できるぞ。

スタートが決まるかどうかは、選手の平均ST・今節STやモーターの出足・行き足を確認しよう。

予想オヤジ
前づけに慣れている選手は、助走距離が短くてもスタートが上手いぞ!

前づけした選手の平均ST・今節STが他の選手より早ければ、スタート前後で前に出やすい。

選手ごとの平均ST・今節STは出走表に書かれているので、チェックしてみてくれ。

また、モーターの出足・行き足が良ければ、スタート後に加速して伸びることができる。

出足・行き足は、スタート展示の様子や展示情報の直線タイムから判断してみよう。

予想オヤジ
選手の実力だけでなく、モーター性能もチェックしてみてくれ!

前づけに抵抗する艇の評価を下げる

前づけに抵抗した艇のスタート

出典:JLC

極端な前づけがあるときは、前づけに抵抗する艇の評価を下げるのがおすすめだ。

前づけされそうになった艇は、前づけ艇に合わせて加速し、前づけを阻止しようとする。

その結果、進入が深くなり、スタート前の助走距離を確保できなくなるぞ。

例えば、1コースのスタート前の助走距離は、枠なり進入なら130m前後になることが多い。

しかし、前づけに抵抗すると、スタート前の助走距離が100m以下になることがあるのだ。

予想オヤジ
イン屋がいるレースでは、1コースの進入が深くなりやすいな!

スタート前の助走距離が100m以下では、スタート前に十分な加速ができなくなる。

そのため、外側のコースの艇にまくられてしまう可能性が高くなるぞ。

さらに、そもそも多くの競艇選手は、130m前後の助走距離でスタートを練習している。

それが急に100m以下になったら、スタートタイミングを合わせるのも難しいだろう。

モーターの出足・行き足が悪ければ、1コースの艇でも着外になってしまうこともあるな。

予想オヤジ
逆に、スタートやモーターが良ければ、普通に逃げ切れることもあるぞ!

前づけした艇の外側の艇を狙ってみる

3コースのまくり

出典:JLC

極端な前づけがあるときは、前づけした艇の外側の艇を狙ってみるのがおすすめだ。

これは、先ほどの「前づけに抵抗する艇の評価を下げる」の逆パターンだな。

前づけに抵抗した艇と前づけした艇は、スタート前の助走距離を確保しにくい。

その分だけ、前づけした艇の外側の艇は、スタート前後で有利をとれるぞ。

予想オヤジ
助走距離を確保できる分だけ、相対的に有利になるわけだな!

例えば、6号艇が2コースに前づけして、進入隊形が「162/345」となったとしよう。

このとき、6号艇の前づけに1号艇が抵抗しているので、この2艇は進入が深くなりやすい。

1・6号艇はスタートが難しくなるので、どちらもスタートで遅れる可能性があるぞ。

すると、2号艇が3コースから上手くスタートできれば、まくりを決められるわけだな。

予想オヤジ
3コースの艇が攻めれば、4~6コースの艇にもチャンスが生まれるぞ!

 

競艇の有名な前づけ選手

競艇の有名な前づけ選手

競艇選手のなかには、どの枠番でも前づけをする「イン屋」と呼ばれる選手がいる。

イン屋は5・6号艇のときでも、1・2コースを狙って無理な前づけを仕掛けるぞ。

その結果、内側のコースの進入が深くなり、レースが荒れやすくなる。

穴狙いの方は、イン屋がいるレースを狙って舟券を購入するのも一つの手だな。

ここから、競艇の有名なイン屋を5名紹介するので、名前を覚えておいてくれ。

有名な前づけ選手(イン屋)

  • 「西島義則」選手
  • 「江口晃生」選手
  • 「今村暢孝」選手
  • 「石川真二」選手
  • 「深川真二」選手
予想オヤジ
イン屋がいるレースは、荒れやすいので注意しよう!

 

【競艇の進入予想と前づけ】まとめ

進入予想と前づけのまとめ

競艇の進入予想と前づけについては、この5つがポイントだ。

  • 基本的にはスタート展示と同じになる
  • ピット離れや進入の深さに注意する
  • 選手ごとの前づけの傾向を覚える
  • 普通の前づけならコースの変更だけに注意
  • 極端な前づけがあるとレースが荒れやすい

レースを予想するときは、選手・モーター・コース・展開の4つを考えることが重要だ。

そのためには、進入予想をできるようになるのは必要不可欠なことだな。

また、基本のセオリーを守りつつ、前づけを予想に活かせれば的中率も上がるだろう。

この記事で学んだことを活かして、舟券でのプラス収支を目指してみてくれ。

予想オヤジ
前づけがあるレースを予想できれば、高配当を狙いやすくなるぞ!

 

合わせて読みたい記事

 

コメントについて

この記事について「感想」「要望」「疑問」などがあったら、どんどんコメントしてくれ。

俺もモチベーションが上がるし、今後の記事テーマを決めるための参考にもするぞ。

ただし、イタズラ防止のため、コメントは俺が内容を確認してから手動で反映している。

コメントが反映されるまで数日かかることもあるが、ご了承願いたい。

また、コメントの反映基準や活用法については「コメントポリシー」にまとめているぞ。

予想オヤジの顔

予想親父
大学を卒業後、しばらくはサラリーマンをしていたが、今は福岡で自営業をしているぞ。
約3年前からこのブログで「予想サイトの検証記事」「自力予想のコツ記事」を書いている。
俺は予想サイトでも自力予想でもプラス収支を出しているので、ぜひ参考にしてみてくれ。


© 2021 競艇ブログなら辛口予想オヤジ