競艇の展示航走|スタート展示・周回展示・展示タイムの見方は?

競艇の展示航走

この記事では「競艇の展示航走ってなに?」という方に向けて、以下の内容をまとめた。

  • 展示航走の意味と確認する方法
  • スタート展示の意味と見方
  • 周回展示の意味と見方
  • 展示タイムの意味と見方

競艇の展示航走とは、本番レースの直前に行われる練習で、現地やライブ中継で確認できる。

スタート展示→周回展示の順番で行われ、周回展示中に展示タイムが測定されるぞ。

それぞれの展示情報からは、選手のスタート力やターン力、モーターの性能などを判断できる。

これらを確認することで、舟券の的中率と回収率を上げることができるだろう。

ここからはそれぞれの展示情報の意味と見方を解説するので、ぜひ最後まで読んでみてくれ。

予想オヤジ

展示航走の見方をマスターして、競艇勝ち組を目指そう!

目次

競艇の展示航走とは?

競艇の展示航走とは

競艇の展示航走とは、本番のレース直前に、選手がスタートやターンの練習をすることだ。

俺たち競艇ファンは展示航走を見て、選手やモーターの調子を判断するぞ。

展示航走はスタート展示→周回展示の順番に行われ、周回展示中に展示タイムが測定される。

現地やライブ中継で確認できるので、必ず確認して予想に活かすようにしよう。

ここからは展示航走の意味と確認する方法を解説するので、初心者は参考にしてみてくれ。

予想オヤジ

展示航走について、競艇の公式サイトの説明も載せておくぞ!

本番レースの直前に、レースに出走する各レーサーが、予想の参考やボートやモーターの調子をお客様に見てもらうために、コース取りやスタートの練習をし、全速力でレースコースを2周すること。展示航走には、スタート展示と周回展示と呼ばれる2種類の展示がある。

引用:BOAT RACE オフィシャルウェブサイト

本番レースの直前に行われる練習

波の乗った選手

競艇の展示航走とは、本番のレース直前に、選手がスタートやターンの練習をすることだ。

基本的には、展示航走は本番レースの1つ前のレースが終わった直後に行われるな。

例えば、2Rの展示航走は1Rが終わった直後、3Rの展示航走は2Rが終わった直後に行われるぞ。

また、展示航走では、選手は本番を意識して全力でスタートやターンを行う。

そのため、俺たち競艇ファンは、展示航走から選手やモーターの調子を判断できるわけだな。

予想オヤジ

出走表を見てから、展示航走を見るのがおすすめだぞ!

スタート展示と周回展示が行われる

調査

競艇の展示航走では、はじめにスタート展示が行われ、その後に周回展示が行われる。

スタート展示では、選手が本番のスタートを意識してスタート練習を行うぞ。

ピット離れ、進入隊形、スタートタイミングなどから、本番のスタート隊形を予想しよう。

次に、周回展示では、選手が1号艇から順番に1名ずつ1・2マークをターンする。

小回りでバタつかないターンをできている選手は、本番のレースでも活躍に期待できるぞ。

予想オヤジ

周回展示のバック側では、展示タイムが測定されるな!

現地やライブ中継で確認できる

ナイター

競艇の展示航走は、競艇場のモニターやボートキャストなどのライブ中継で確認できる。

現地に行ったときは、水面の近くに行って目視で確認するのも面白いぞ。

この場合、スタート・1マーク・2マークのどれかしか見れないので、後で残りを確認してくれ。

また、ライブ中継サイトでは、展示航走のリプレイを確認することができる。

展示航走は重要な予想材料なので、見逃してしまった場合は必ず確認するようにしよう。

予想オヤジ

ネット投票するときは、ボートキャストが便利だな!

競艇のスタート展示とは?見方は?

競艇のスタート展示とは

競艇のスタート展示とは、本番のレース直前に、選手がスタートの練習をすることだ。

スタート展示は、ピットアウト→コース取り→スタートの流れで行われるぞ。

ピットアウトとコース取りからは、本番の進入隊形(何号艇が何コースになるか)を予想できる。

また、スタートからは、本番のSTやモーターの出足・行き足を判断できるな。

ここからは、スタート展示を見るときのポイントを解説するので参考にしてみてくれ。

予想オヤジ

スタート展示について、競艇の公式サイトの説明も載せておくぞ!

スタート展示とは、次のレースに出場するレーサーたちが本番のレースを想定したコース取りとスタートを行うことである。スタート展示でチェックするポイントは、ピットアウト、進入、スタートタイミングであろう。ボートレースの場合、艇番と進入コースが異なることが多いため、予想をする上では欠かせない直前情報になる。しかし、レーサー間の駆け引きにより、スタート展示と本番レースではスタートコースが異なる場合もあるので、注意が必要である。

出典:BOAT RACE オフィシャルウェブサイト

スタート展示の見方1|ピット離れを確認する

スタート展示のピットアウト

出典:JLC

スタート展示の見方のポイント1つ目は、ピットアウトのピット離れを確認することだ。

競艇では、スタートコースが早い者勝ちで、スタート前にコース取りが行われる。

とはいえ、基本的には枠なり進入になる(艇番と同じコースからスタートする)ことが多いな。

ただし、ピット離れが悪いと、外側のコースに追いやられてしまうこともある。

ピット離れが明らかに悪い艇がいたら、本番の進入隊形が変わることも検討しておこう。

予想オヤジ

逆に、ピット離れが良ければ、内側のコースに入れることもあるぞ!

スタート展示の見方2|進入隊形を確認する

スタート展示のコース取り

出典:JLC

スタート展示の見方のポイント2つ目は、スタートに入る時の進入隊形を確認することだ。

本番の進入隊形はスタート展示と同じになることが多いが、例外も存在する。

例えば、スタート展示で前づけをした選手が他の艇に抵抗されて、進入が深くなりすぎたとする。

このとき、その選手は本番では前づけを諦めて、枠なり進入することがあるのだ。

スタート展示で前づけが行われたときは、各艇の動きや助走距離も確認するようにしよう。

予想オヤジ

助走距離が100m未満だと、スタートがかなり難しくなるぞ!

スタート展示の見方3|スタート前後の加速感を確認する

スタート展示の加速感

出典:JLC

スタート展示の見方のポイントの3つ目は、スタート前後の加速感を確認することだ。

加速感が良い艇は、モーターの出足・行き足が良いと判断できるぞ。

例えば、横並びのスタートから、スタート後にある艇が他の艇より前に出たとしよう。

その艇は出足・行き足が良さそうなので、本番でも活躍に期待できるな。

逆に、スタート後に他の艇より下がっている艇は、本番の活躍に期待できないだろう。

予想オヤジ

加速感は目視確認なので、何度も練習して見方に慣れてみてくれ!

スタート展示の見方4|スタートタイミングを確認する

スタート展示のST

出典:https://www.boatrace.jp/

スタート展示の見方のポイントの4つ目は、スタートタイミング(ST)を確認することだ。

選手は自分のスタート展示を控え室で確認して、本番のスタートを合わせるぞ。

例えば、スタート展示のSTが0.10だった選手は、本番のレースでは少し早めに加速し始める。

逆に、スタート展示のSTがF.10だった選手は、加速のタイミングを遅らせるのだ。

それぞれの選手が調整するので、本番のスタート隊形はスタート展示と違うことが多いぞ。

予想オヤジ

F.10は、0.10秒のフライングという意味だな!

このことから、スタート展示のSTは、本番のSTの参考程度にしておくのがおすすめだ。

ただし、スタート展示で0.20以上遅れている選手がいたら注意してくれ。

この場合は、モーター性能が悪すぎて、本番でもスタートを合わせられない可能性があるぞ。

また、スタート展示でフライングしても、本番と違ってペナルティはない。

スタート展示がフライングの選手でも、本番ではスタートを合わせてくるので注意しよう。

予想オヤジ

スタート展示のフライングは、あまり気にしなくても大丈夫だ!

競艇の周回展示とは?見方は?

競艇の周回展示とは

競艇の周回展示とは、本番のレース直前に、選手がターンや直線の練習をすることだ。

周回展示は、1周目1マーク→1周目2マーク→2周目1マークの3回行われるぞ。

選手が1号艇から順番に1名ずつターンするので、各艇のターンを良し悪しを比べよう。

また、周回展示の2周目バック側の直線では、展示タイムが測定される。

展示タイムについては後ほど解説するので、まずは周回展示の見方をマスターしてくれ。

予想オヤジ

周回展示について、競艇の公式サイトの説明も載せておくぞ!

周回展示とは展示航走の一つで、本番レース前にファンへ旋回や直線の走りを見せるために周回(2周)することである。競馬でいうなら「パドック」のようなものである。周回展示では、展示タイムと、回り足を主にチェックしよう。

引用:BOAT RACE オフィシャルウェブサイト

周回展示の見方1|ターンの旋回半径が小さいかを確認する

周回展示の旋回半径

出典:JLC

周回展示の見方のポイント1つ目は、ターンの旋回半径が小さいかを確認することだ。

艇の先が早く回り、小回りなターンができていれば、本番での活躍に期待できる。

逆に、艇の先が回らず、ターンが外側に流れていると、本番での活躍に期待しにくいぞ。

ターンの旋回半径は、1号艇の航跡を基準に内側か外側かを見るとわかりやすい。

1号艇の航跡より内側を通っていればプラス評価、外側を通っていればマイナス評価だ。

予想オヤジ

艇が通った後の波を見比べると、まわり足を評価しやすいぞ!

周回展示の見方2|艇がバタついていないかを確認する

周回展示の艇のバタつき

出典:JLC

周回展示の見方のポイント2つ目は、艇がバタついていないかを確認することだ。

周回展示のターンがバタついていると、選手が自分のターンに不安を抱く。

すると、本番でも攻めたターンをしにくくなるので、舟券に絡みにくくなるのだ。

逆に、艇がバタついていなければ、選手は自信を持ってターンできる。

本番でも自分の思ったところに艇を持って行けるので、舟券に絡みやすくなるぞ。

予想オヤジ

艇の乗り心地は、難水面の競艇場では特に重要だな!

周回展示の見方3|合計3回のターンを全てチェックする

2周目1マークの周回展示

出典:JLC

周回展示の見方のポイント3つ目は、合計3回のターンを全てチェックすることだ。

これは、ターンを一度見ただけでは、良し悪しを判断できないからだな。

例えば、1周目1マークのターンが悪くても、残り2回のターンが良ければ問題ないだろう。

逆に、3回のターン全てが悪ければ、その艇は本番での活躍に期待できないぞ。

周回展示はリプレイも見られるので、見逃した場合でも必ず確認するようにしよう。

予想オヤジ

周回展示は目視確認なので、何度も練習して見方に慣れてみてくれ!

競艇の展示タイムとは?見方は?

競艇の展示タイムとは

競艇の展示タイムとは、周回展示の2周目バック側で、直線のタイムを測定したものだ。

展示タイムが良い艇は、直線の伸びが良いことになるので活躍に期待できる。

実際に、展示タイムの順位ごとの1着率・2連率・3連率は下の表のようになっているぞ。

 1着率2連率3連率
1位27.1%45.7%62.0%
2位20.1%38.9%55.9%
3位16.4%33.9%51.4%
4位13.6%30.0%47.1%
5位11.2%26.0%42.7%
6位8.8%22.2%38.0%

データ:艇国データバンク
集計期間:2021年1月1日~2021年12月31日

上の表から、展示タイム1位と展示タイム6位では、1着率が18.3%も違うことがわかる。

予想するときは、展示タイムが6艇のなかで何位なのかを重視してみてくれ。

展示タイムは、展示航走が終わった後で現地のモニターや競艇の公式サイトで公開されるぞ。

予想オヤジ

展示タイムについて、競艇の公式サイトの説明も載せておこう!

周回展示2周目のバック側の直線150mのタイム。タイムが早ければ、直線での伸びがいいということになる。展示航走が終わった直後に発表される。

引用:BOAT RACE オフィシャルウェブサイト

展示タイムの見方1|6艇の展示タイムを比べる

展示タイムの比較

出典:https://www.boatrace.jp/

展示タイムの見方のポイント1つ目は、同じレースの6艇のタイムを比べることだ。

「展示タイムが6艇のなかで何位なのか」を予想に活かしてみてくれ。

逆に、展示タイムが〇〇以上なら良く、〇〇未満なら悪いという基準は存在しない。

これは、コースの形状や水面の状況によって、タイムが変わってくるからだ。

展示タイムを予想に活かすときは、あくまで他の艇との比較で考えるようにしよう。

予想オヤジ

展示タイムは、絶対評価ではなく相対評価することが重要だな!

展示タイムの見方2|1号艇の順位を確認する

1号艇の展示タイム

出典:https://www.boatrace.jp/

展示タイムの見方のポイント2つ目は、1号艇の展示タイムの順位を確認することだ。

実は、1号艇の展示タイムは、他の艇より良いタイムになりやすくなっている。

これは、1号艇以外の艇は、1号艇の引き波がある場所を通らなければならないからだな。

そのため、1号艇のタイムが他の艇より悪いときは、モーターが悪い可能性が高い。

1号艇の展示タイムが4位以下のレースでは、1号艇以外の1着も検討するようにしよう。

予想オヤジ

逆に、1号艇の展示タイムが1位なら信頼できるぞ!

展示タイムの見方3|0.15秒以上の差に注意する

展示タイムの差が0.15秒以上

出典:https://www.boatrace.jp/

展示タイムの見方のポイント3つ目は、展示タイム0.15秒以上の差に注意することだ。

これは、展示タイムが0.15秒違うと、直線で1艇身の差ができるからだな。

例えば、展示タイムが6.70の選手Aと、展示タイムが6.85の選手Bがいたと仮定しよう。

この2名は1マーク直後に横並びでも、2マークに着く頃には選手Aが前に出るぞ。

逆に、展示タイムの差が0.05秒未満なら、モーターに大きな差はないと考えられるな。

予想オヤジ

展示タイムを比べるときは、何秒差なのかまで確認してみてくれ!

競艇の展示航走|よくある質問

競艇の展示航走のよくある質問

ここからは、競艇の展示航走についてのよくある質問をまとめた。

競艇の展示航走の読み方は?

競艇の展示航走の読み方は「てんじこうそう」だ。

競艇ファンのなかでは、簡単に「展示」と呼ばれることもあるな。

競艇のスタート展示は本番何分前に行われる?

競艇のスタート展示は、前のレースが終わった直後に行われる。

レース間隔は30~40分が多いので、スタート展示は本番の30~40分前に行われることになるな。

競艇のスタート展示でフライングするとどうなる?

競艇のスタート展示でフライングしても、本番と違ってペナルティはない。

スタート展示でフライングした選手は、本番ではタイミングを遅らせてスタートするぞ。

競艇のスタート展示のスリット写真の見方は?

競艇のスタート展示のスリット写真では、早い艇ほど艇身が短く、遅い艇ほど艇身が長く映る。

そのため、STが合っていて、艇身も短い艇は本番での活躍に期待できるぞ。

競艇の展示タイムはどこで確認できる?アプリはある?

競艇の展示タイムは、現地のモニターや競艇の公式サイトで確認できる。

また、公式のBOATRACEアプリでも、展示タイムなどの直前情報を確認できるぞ。

競艇は展示タイムで買うのはあり?必勝法はある?

展示タイムに限らず、競艇予想に必勝法は存在しない。

あくまで予想材料の1つとして考えて、他の予想材料も活用しつつ予想を組み立てよう。

展示航走や周回展示で転覆するとどうなる?

展示航走や周回展示で転覆すると、その選手は欠場扱いとなる。

その選手に関わる舟券代は返還されるので、レース後に払戻機で受け取ろう。

展示航走や周回展示の曲・音楽・BGMは?

展示航走や周回展示の曲・音楽・BGMは、競艇場ごとに違っている。

GoogleやYouTubeで検索すると出てくるので、よかったら調べてみてくれ。

スタート展示や展示タイムは意味がない?当てにならない?

スタート展示や展示タイムは、あくまで予想材料の1つとして考えることが重要だ。

何度も見方を練習しているうちに、予想への活かし方がわかってくるぞ。

予想オヤジ

他にも疑問があれば、記事下のコメント欄から質問してみてくれ!

競艇の展示航走|まとめ

競艇の展示航走のまとめ

競艇の展示航走は、選手やモーターの調子を判断するための重要な予想材料だ。

スタート展示・周回展示・展示タイムの見方をおさらいするぞ。

スタート展示の見方
  • ピット離れを確認する
  • 進入隊形を確認する
  • スタート前後の加速感を確認する
  • スタートタイミングを確認する
周回展示の見方
  • ターンの旋回半径が小さいかを確認する
  • 艇がバタついていないかを確認する
  • 合計3回のターンを全てチェックする
展示タイムの見方
  • 6艇の展示タイムを比べる
  • 1号艇の順位を確認する
  • 0.15秒以上の差に注意する

スタート展示・周回展示・展示タイムを見るときは、上記10個のポイントに注意してみてくれ。

ただし、展示情報はあくまで予想材料の1つであり、これだけでは予想できない。

例えば、スタート隊形を予想するには、選手ごとの平均ST・今節STも重要になってくるぞ。

また、多くの競艇場では、展示タイム以外のオリジナル展示データも公開されている。

競艇には他にも色々な予想材料があるので、トータルで考えて予想を組み立てるようにしよう。

予想オヤジ

記事下に関連記事をまとめたので、よかったら読んでみてくれ!

競艇の展示航走|関連記事

競艇の勝ち方の最新記事(2024年4月5日更新)

競艇の展示航走|コメントへの回答

この記事に投稿されたコメントに回答していく。

ただし、全てのコメントに回答するわけではないので、ご了承願いたい。

コメントの活用法はコメントポリシーにまとめているぞ。

艇のお尻の何を見比べると行き足を判断できる?

2022年8月21日に「艇のお尻の何を見比べると行き足を判断できる?」という質問をもらった。

これは、艇と艇のお尻の「位置関係」を見比べると、行き足を判断しやすいという話だ。

例えば、スタートライン付近で、1号艇のお尻が2号艇のお尻よりも半艇身後ろだったと仮定しよう。

さらに、スタートから1マークまでに、1号艇が2号艇にさらに離されてしまったとする。

このように、1号艇のお尻が2号艇よりどんどん下がってしまう場合は、行き足がないと判断できる。

一方、1号艇がスタートで遅れていても、スタート後に2号艇に追いつく場合もあるだろう。

この場合は、1号艇の選手のスタートが悪いだけで、モーターの行き足は良いと判断できるのだ。

ちなみに、艇と艇の位置関係を考えるときは、艇の先や胴体を見比べても問題はない。

ただし、ネットで展示を見る場合、カメラアングル的にお尻のほうが見比べやすいと考えているぞ。

コメント

コメント一覧 (2件)

  • 競艇初心者で、とても勉強になります!
    内容で「艇のお尻を見比べると、行き足を比較しやすいぞ!」とありますが?具体的にお尻の何を見比べると良いのでしょうか?(しぶきとか?)

  • 始めまして
    親父さんのブログを見て
    早く知りたかったざんねん
    その前に惨敗してブルーでした
    凄く分かりやすいし
    ファンになりました
    今は親父さんのブログで勉強してます
    次回から質問していきます

コメントする

※コメントは手動で反映しているので、反映までに数日かかることがある。
※俺は平日の時間があるときにブログを確認しているので、土日はコメント反映しないぞ。
※感情的、攻撃的、断定的なコメントは反映しないことがある。
※個人名やメールアドレスなどの個人情報を含むコメントは反映しないことがある。
※コメントの反映基準や活用法についてはコメントポリシーを確認してみてくれ。

目次