競艇のチルト

競艇のチルトとは?角度は-0.5度と3.0度のどっちが強い?

投稿日:2019年10月4日 更新日:

この記事では、「競艇のチルトってなに?予想にどう活かすの?」という方に向けて、競艇のチルトの意味やモーターへの影響をまとめた。

チルトとは、ボートにモーターを取り付ける角度のことだ。

また、モーターとプロペラはセットになっているので、チルトはボートに対するプロペラの角度と考えることもできる。

例えば、チルト0.0度は、プロペラがボートに直角に取り付けられている状態だ。

予想オヤジ
チルト0.0度では、艇の先が水面と平行になるわけだな!

競艇選手は、本番のレースの前に、チルトを変更して自分好みのボートに調整することが許されている。

そして、俺たち競艇ファンはチルトの数値を見て「この選手は勝負しそうだ!」といった判断をするのだ。

ぜひこの記事を最後まで読んで、チルトを予想に活かせるようになってくれ。

予想オヤジ
まずは、チルトの意味を確認しよう。

 

競艇のチルトとは?

競艇のチルトとは

冒頭でも説明した通り、競艇のチルトとは、ボートにモーターを取り付ける角度のことだ。

チルトは「チルトアジャスター」という部品で調整でき、競艇選手は本番のレースの前に、自分の艇のチルトを変更することができる。

選べるチルトは競艇場ごとに異なるが、最大で「-0.5度、0.0度、0.5度、1.0度、1.5度、2.0度、2.5度、3.0度」の8段階があるぞ。

また、チルトを小さい数値にする(-0.5度に近づける)ことを「チルトを下げる」と言い、チルトを大きい数値にする(3.0度に近づける)ことを「チルトを上げる」とか「チルトをはねる」と言う。

チルトの話をするときに必ず出てくる言い方なので、ぜひ覚えておいてくれ。

予想オヤジ
競艇選手は、戦略によってチルトを変えているわけだな!

 

チルトの基礎知識は、だいたいこんな感じだな。

次は、チルトのモーターへの影響を解説するぞ。

 

競艇のチルトのモーターへの影響は?

競艇のチルトの影響は?

競艇のチルトのモーターへの影響を簡単に言えば、

  • チルトを下げる
    →出足と回り足を重視
  • チルトを上げる
    →伸び足を重視

ということになる。

これは、モーターの角度を決めると、プロペラの角度が決まることを考えれば分かりやすい。

例えば、チルト0.0度はプロペラがボートに直角に取り付けられている状態なので、艇の先は水面と平行になる。

この状態を基準に、チルトを下げた場合とチルトを上げた場合について考えてみよう。

チルトを下げると出足型

チルトを下げると、プロペラがボートに対して斜め下に向かって付いている状態になる。

すると、艇の先は下を向き、水面と触れる面積が大きくなるので、ボートが安定するようになる。

結果として、安定して初速が出やすく、ターンが回りやすい「出足と回り足を重視」したモーターになるのだ。

ただし、水面からの抵抗は大きいので、直線では伸びにくいという欠点もあるぞ。

予想オヤジ
チルトは-0.5度まで下げることができる。

チルトを上げると伸び足型

チルトを上げると、プロペラがボートに対して斜め上に向かって付いている状態になる。

すると、艇の先は上を向き、水面と触れる面積が小さくなるので、ボートが水面から受ける抵抗が小さくなる。

結果として、直線の最大速が出やすい「伸び足を重視」したモーターになるのだ。

ただし、ボートが安定していないので、初速が出にくく、ターンが回りにくいという欠点もあるぞ。

予想オヤジ
チルトは最大で3.0度まで上げることができる。

 

チルトは、上げることにも下げることにも、メリットとデメリットがあることが分かった。

では、実際のレースではチルトはどのくらいの数値で使われているのだろうか?

チルトを予想に活かす方法と合わせて解説するので、ぜひ参考にしてみてくれ。

 

競艇のチルトは-0.5度と3.0度のどっちが強い?

競艇のチルトを比較

競艇のチルトは、-0.5度と3.0度のどっちが強いのか?

結論から言えば、現代の競艇では、チルトは-0.5度のほうが強いと考えられている。

伸び足を少しくらい犠牲にしても、出足や回り足が良いほうがレースを有利に運ぶことができるからだ。

実際に、ほとんどの一流選手がチルト-0.5度でレースに出場しているのがその証拠だろう。

ここからは、チルトごとの注意点を解説していくぞ。

チルトは-0.5度が主流

先ほども解説した通り、現代の競艇ではチルト-0.5度が主流となっている。

競艇のチルトの主流

2019年7月29日の浜名湖競艇場第11レース

例えば、チルトを8段階から選ぶことができる浜名湖競艇場で、どのチルトがよく使われているのかを調べてみた。

調査は、2019年7月23日~29日に開催されたG2「第1回ボートレース甲子園」の全72レースで行ったぞ。

チルト 回数
-0.5度 390回
0.0度 41回
0.5度 0回
1.0度 0回
1.5度 0回
2.0度 0回
2.5度 0回
3.0度 1回

上の表から、一流選手が集まるG2競走では、チルト-0.5度が90%以上の割合を占めていることが分かる。

また、6日間で72レースあったにも関わらず、チルト0.5度以上を使った選手は1人しかいなかった。

勝つためにはチルトを下げるというのが、現代の競艇においては常識ということだ。

予想オヤジ
チルトを上げる選手は、実際にはほとんどいないんだな!

チルト0.0度、0.5度の艇に要注意

チルトは-0.5度が主流だが、0.0度や0.5度くらいなら、レースのグレードや競艇場によっては使われることもある。

チルトを変更している選手

2019年7月28日の浜名湖競艇場第4レース

チルトを上げている選手は、まくり一発を狙っている可能性があるので要注意だ。

特に、4コースの艇がチルトを上げている場合、スタートが早ければ締めまくりが決まることがある。

その場合、1コース~3コースの艇は進路がふさがれてしまうので、活躍は難しいだろう。

逆に、5コースの艇は4コースの艇に付いて行くだけなので、2着を獲りやすくなる。

つまり、4コースの艇がチルトを上げているときの二連単の狙い目は「4-5」ということだな。

予想オヤジ
もちろん、4コースの艇がまくりを成功させることが前提だぞ!

チルト3.0度の艇は1着か6着

チルト1.0度以上は、基本的には使われることはないが、一発を狙って試す選手がときどきいる。

普段の調整とは全く違ったモーターになるので、うまくいけばとても強いが、うまくいかなければ全く活躍できない。

特に、チルト3.0度の艇は、1着か6着と考えていいだろう。

三連単を買うときは、チルト3.0度の艇の2着や3着は買わなくてもよいということだな。

予想オヤジ
チルト3.0度は、一か八かの勝負なわけだ!

 

ここまでで、競艇のチルトについて、ほとんどのことは伝えた。

チルトを上げている艇がいるときは、舟券戦略も変わってくるということだ。

ここからは、競艇のチルトのコラムをまとめているので、良かったら最後まで読んでみてくれ。

 

競艇場ごとのチルトの最大角まとめ

競艇場ごとのチルトの最大角

チルトは最大で「-0.5度、0度、0.5度、1.0度、1.5度、2.0度、2.5度、3.0度」の8段階があるが、全ての競艇場で3.0度まで選べるわけではない。

競艇場ごとに、使えるチルトは決まっているのだ。

全国24カ所の競艇場について、使えるチルトの範囲をまとめたぞ。

チルト 競艇場
-0.5度~0.5度 戸田
-0.5度~1.0度 桐生
-0.5度~1.5度 びわこ、住之江、若松、福岡、大村
-0.5度~2.0度 江戸川、徳山
-0.5度~3.0度 上記以外の15カ所の競艇場
(※浜名湖以外はチルト2.5を除いた7段階)

基本的に、チルトの最大角は、難水面の競艇場ほど小さくなり、静水面の競艇場ほど大きくなっている。

難水面の競艇場では、チルトを上げてボートの安定性を下げると、転覆などの事故が起きやすくなってしまうからだ。

例えば、戸田競艇場は日本で一番狭い水面で、第1ターンマークのバック側が70.5mしかない。

そのため、チルトを上げてスピードターンを決めようとしても、対岸にぶつかってしまう可能性があるのだ。

競艇場ごとのチルトの最大角は、選手の安全を考えて決められているわけだな。

予想オヤジ
江戸川競艇場は、難水面でもチルト2.0度まで選べる例外的な競艇場だ。

 

競艇のチルト3.0度について一流選手が対談?

チルトについての対談

競艇のチルトについて、現役A1級選手である「菊地孝平」選手と「茅原悠紀」選手が対談している動画を見つけた。

引用:ボートレース浜名湖【公式】

動画の内容は、パチスロライターの「ういち」氏が、「菊地孝平」選手と「茅原悠紀」選手にインタビューをしたものとなっている。

二人の出会いや仲良くなったきっかけなど、ここでしか聞けない話が満載だ。

チルトについての話題は「23:24」くらいから始まるので、良かったら見てみてくれ。

また、俺のほうでも特に印象深い話題について取り上げてみよう。

使えるのは0.5度まで

インタビューのなかで、「茅原悠紀」選手は「僕ら素人レベルで言ったら、使えるのは0.5までです」とコメントしている。

ここで言う「素人」とは、チルトを上げることについての素人という意味だな。

「茅原悠紀」選手ほどの一流選手でも、チルト1.0度以上は使いこなすことができないらしい。

予想オヤジ
それほどまでに、チルトを上げたモーターで走るのは難しいということだ。

また、「菊地孝平」選手は「-0.5度と0.0度の違いより、0.0度と0.5度の違いのほうが大きい」とコメントしている。

そして、チルトを上げれば上げるほど、違いは大きくなっていくそうだ。

「茅原悠紀」選手は、この違いについて面白い例え話をしている。

チルトの違いを服に例えると、

  • -0.5度と0.0度の違い:ジャケット
  • -0.5度と0.5度の違い:ダウン
  • -0.5度と1.0度の違い:エスキモー
  • -0.5度と3.0度の違い:宇宙服

といった感じらしい。

-0.5度と0.0度ではあまり感覚が変わらないが、-0.5度と3.0度では大きく感覚が変わることがイメージできるだろう。

予想オヤジ
宇宙服を着てレースができるわけないよな。

優勝戦でチルト3.0度を使うと約束

インタビューのなかで、「ういち」氏が「ボートレース甲子園はお祭りなんだから、チルト2.5度とか3.0度行ってみようよ!」と2名の選手に提案した。

それに対して、「菊地孝平」選手は「優勝戦6号艇だったら、2.5で行きますよ」、「茅原悠紀」選手は「ダッシュだったらやりますよ」と返答。

実際に、優勝戦の6号艇は、多少の無茶をしなければ勝つのは難しいらしい。

予想オヤジ
2名の選手のファンサービスの精神は素晴らしいな。

そして、実際に行われたボートレース甲子園の優勝戦の直前情報がこれだ。

チルト3度の選手

本当にインタビュー通り、「茅原悠紀」選手が4号艇でチルト3.0度を実践している。

レース結果は6着と残念な結果だったが、ファンの心には響いただろう。

この機会に、読者さんもぜひ「茅原悠紀」選手の名前を覚えていってくれ。

予想オヤジ
「菊地孝平」選手は、残念ながら不良航法で優勝戦に出ることはできなかったぞ。

 

以上で、競艇のチルトについての解説は終了だ。

最後に、この記事の内容を簡単に復習しよう。

 

競艇のチルトのおさらい

競艇のチルトのおさらい

競艇のチルトについて、もう一度まとめると、

  • チルトとは、ボートにモーターを取り付ける角度のこと
  • チルトを下げると、出足と回り足が良くなる
  • チルトを上げると、伸び足が良くなる
  • チルトは-0.5度が主流
  • チルト0.0度や0.5度のまくりに注意
  • チルト3.0度は1着か6着

の6つがポイントだ。

チルトは、直前情報を見ても-0.5度ばかりなので、普段はあまり気にしない方が多いかもしれない。

しかし、ときどき出てくるチルトを上げている選手に注目することで、予想の精度をさらに上げることができるぞ。

細かい情報だが、しっかりと予想に活かして、競艇勝ち組を目指していこう。

予想オヤジ
競艇用語をまとめた関連記事を紹介するので、良かったらチェックしてみてくれ。

合わせて読みたい記事

Copyright© 競艇予想サイト , 2019 All Rights Reserved.