競艇のチルト

競艇のチルトとは?角度3.0度は強い?レースへの影響を図解!

この記事では「競艇のチルトってなに?」という方に向けて、以下の内容をまとめた。

  • チルトの意味や基礎知識
  • レースへの影響の図解
  • チルトを予想に活かすコツ

競艇のチルトとは、ボートにモーターを取り付ける角度のことで、-0.5~3.0度の間で調整ができる。

チルトを下げると出足が良くなり、上げると伸び足が良くなると言われているぞ。

以前はチルト-0.5度が主流だったが、最近ではチルト0.0度を使う選手も増えてきているな。

そのため、まくりを特に警戒するのは、チルト0.5度以上の選手にしておこう。

ここからは、チルトの基礎知識や予想に活かすコツを解説するので、ぜひ最後まで読んでみてくれ。

予想オヤジ
チルトを予想に活かして、的中率と回収率を上げよう!

 

競艇のチルト(チルト角)とは?

競艇のチルトとは

競艇のチルト(チルト角)とは、ボートにモーターを取り付ける角度のことだ。

選手はチルトアジャスターという部品を使ってチルトを調整するぞ。

チルトは基本的には-0.5~3.0度で調整できるが、競艇場によっては制限がある。

また、最近の競艇では、チルトは-0.5~0.0度が主流となっているな。

ここからは、チルトの基礎知識を解説するので、初心者は参考にしてみてくれ。

予想オヤジ
競艇の公式サイトの解説も載せておくぞ!

ボートにモーターを取り付ける角度をチルトと呼び、チルトアジャスターという部品で調整する。取り付け角度が小さいほど出足が強くなり、逆に角度が大きくなるほど伸びが良くなるといわれている。レース場によって使える角度に違いはあるが、おおむね「-0.5度、0度、0.5度、1.0度、1.5度、2度、3度」となっている。各レーサーのチルトの取付状況は、場内アナウンスやモニターなどで発表される。

出典:BOAT RACE オフィシャルウェブサイト

チルトはモーターの取り付け角度

チルトはモーターの取り付け角度

競艇のチルト(チルト角)とは、ボートにモーターを取り付ける角度のことだ。

チルトによって、選手はボートに対するプロペラの角度を調整するぞ。

例えば、チルト0.0度は、モーターがボートに対して水平に取り付けられた状態だ。

この場合は、プロペラはボートに対して垂直になっているな。

チルトを調整すると、上のイラストのようにモーターと共にプロペラが傾くぞ。

予想オヤジ
チルトを調整すると、プロペラの角度が変わるわけだな!

チルトはチルトアジャスターで調整

チルトアジャスター

出典:ボートレース尼崎

競艇選手は、チルトアジャスターという部品を使って、レース前にチルトを調整する。

チルトアジャスターとは、上の写真のような五角形の部品だな。

これの向きを合わせることで、ボートに対するモーターの取り付け角度を調整できるぞ。

競艇では、チルトを-0.5度に近付けることを「チルトを下げる」と言う。

逆に、チルトを3.0度に近付けることは「チルトを上げる(跳ねる)」と言っているな。

予想オヤジ
選手はチルトアジャスターを使って艇にモーターを取り付けるぞ!

チルトの制限は競艇場ごとに違う

競艇場

競艇のチルトは、基本的には-0.5~3.0度の範囲で、0.5度ずつ7段階の調整ができる。

しかし、競艇場によっては、チルトの最大角度に制限があるぞ。

競艇場ごとに使用できるチルトをまとめたので、自分が予想する競艇場を確認してみてくれ。

競艇場使用できるチルト
戸田-0.5度、0.0度、0.5度
桐生-0.5度、0.0度、0.5度、1.0度
びわこ、住之江、若松、福岡、大村-0.5度、0.0度、0.5度、1.0度、1.5度
江戸川、徳山-0.5度、0.0度、0.5度、1.0度、1.5度、2.0度
浜名湖-0.5度、0.0度、0.5度、1.0度、1.5度、2.0度、2.5度、3.0度
上記以外の14場-0.5度、0.0度、0.5度、1.0度、1.5度、2.0度、3.0度

基本的には、難水面の競艇場ほど、事故防止のためにチルトの最大角度は小さくなっている。

ただ、日本一の難水面である江戸川競艇場ではチルト2.0度まで使用できるな。

これを踏まえると、難水面だからと言って制限がきついというわけでもなさそうだぞ。

予想オヤジ
競艇場によって使用できるチルトは違っているのだ!

最近ではチルト-0.5~0.0度が主流

チルトは-0.5~0.0が主流

出典:https://www.boatrace.jp/

選手がチルト何度に調整するのかは自由だが、最近ではチルト-0.5~0.0度が主流となっている。

これは、モーターの出足や艇の乗り心地を重視する選手が多いからだろう。

また、少し前はチルト-0.5度ばかりだったが、最近になってチルト0.0度も増えてきたぞ。

もしかしたら、チルト0.0度でも乗りやすい調整が見つかったのかもしれないな。

チルト0.0度は、以前はまくりのイメージだったが、最近では逃げや差しもあるので注意しよう。

予想オヤジ
スロースタートでも、チルト0.0度にする選手が増えてきたな!

 

チルトのレースへの影響を図解

チルトのレースへの影響

競艇のチルトは、下げるとモーターの出足が良くなり、上げるとモーターの伸び足が良くなる。

これは、チルトを変えると、艇の水面と接する面積が変わるからだな。

具体的には、チルトを下げると接水面積が大きくなり、艇の初速が安定して出やすくなる。

逆に、チルトを上げると接水面積が小さくなり、艇の最高速度が速くなるのだ。

ここからは、チルトのレースへの影響を図解するので、チルトのイメージを掴んでみてくれ。

チルトのレースへの影響

  • チルト0.0度は真っ直ぐ進むバランス型
  • チルト-0.5度は艇先が沈む出足型
  • チルト0.5度以上は艇先が浮く伸び足型
  • チルト3.0度は全くの別物
予想オヤジ
チルトについての選手のインタビューも紹介するぞ!

チルト0.0度は真っ直ぐ進むバランス型

チルト0.0度

チルト0.0度はプロペラの推進力と艇の進行方向が同じ向きで、真っ直ぐ進むバランス型になる。

出足も伸び足もそこそこ良くなる調整なので、どのコースからでも戦いやすいぞ。

チルトの調整は、少し前は-0.5度ばかりだったが、最近では0.0度にする選手も増えてきた。

おそらく、チルト0.0度の研究が進み、乗りやすい調整が見つかったのだろう。

チルト0.0度は、以前はまくりのイメージだったが、最近では逃げや差しもあるので注意しよう。

予想オヤジ
チルト0.0度は、どのコースでも戦えるバランス型の調整だな!

チルト-0.5度は艇先が沈む出足型

チルト-0.5度

チルト-0.5度はプロペラの推進力が艇の進行方向の斜め上を向き、艇先が沈む出足型になる。

艇先が沈むと接水面積が大きくなり、艇の初速が安定して出やすくなるぞ。

また、接水面積が大きいと艇が安定するので、乗り心地やまわり足も良くなりやすいな。

少し前は、選手が出足や乗り心地を重視して、チルト-0.5度にするのが主流だった。

しかし、最近では伸び足を付けるためにチルト0.0度にする選手も増えているので注意しよう。

予想オヤジ
チルト-0.5度は、出足とまわり足を重視した調整だな!

チルト0.5度以上は艇先が浮く伸び足型

チルト0.5度

チルト0.5度はプロペラの推進力が艇の進行方向の斜め下を向き、艇先が浮く伸び足型になる。

艇先が浮くと接水面積が小さくなり、艇の最高速度が速くなるぞ。

ただし、接水面積が小さいと艇が不安定になるので、乗り心地やまわり足は悪くなる。

乗り心地やまわり足が悪いと、ターンで他の選手に後れをとることになるな。

このことから、チルトは上げても0.5度までが多く、チルト1.0度以上はほとんど使用されないぞ。

予想オヤジ
チルト0.5度以上は、伸び足を重視した調整だな!

チルト3.0度は全くの別物

出典:ボートレース浜名湖【公式】

この動画は「ういち」氏、「菊地孝平」選手、「茅原悠紀」選手の3名によるスペシャル対談だ。

チルトについては23:24くらいから話しているので、よかったら聞いてみてくれ。

まず、茅原選手は「僕ら素人レベルで言ったら、使えるのは0.5までです」とコメントしている。

ここで言う素人レベルとは、チルトを上げることについての素人という意味だろう。

茅原選手ほどの一流選手でも、普段から練習していないとチルト1.0以上は使いこなせないようだ。

予想オヤジ
茅原悠紀」選手は、SG・G1優勝回数も多い一流選手だな!

また、菊地選手は「-0.5度と0.0度の違いより、0.0度と0.5度の違いのほうが大きい」と言っている。

これについては、茅原選手がチルトの違いを衣服の違いに例えて話していたぞ。

具体的には、チルト-0.5度をシャツとすると、チルトごとにこのような違いがあると言っていた。

  • 0.0度・・・ジャケット
  • 0.5度・・・ダウン
  • 1.0度・・・エスキモー
  • 3.0度・・・宇宙服

この表現から、チルト-0.5度とチルト0.5度、1.0度には、そこまで大きな違いはないと想像できる。

一方、チルト3.0度は宇宙服に例えられており、チルト-0.5度とは全くの別物だとわかるな。

茅原選手の例え話から、チルト3.0度を使いこなすのがどれだけ難しいのかをイメージできるだろう。

予想オヤジ
チルト3.0度は、普段から慣れている選手でないと使いこなせないぞ!

 

競艇のチルトを予想に活かすには?

競艇のチルトを予想に活かすには

チルトは、-0.5度と0.0度にはあまり差はないので、予想するときにあまり気にしなくてもいい。

一方、チルト0.5度以上にする選手は、伸び型にしてまくりを狙っていることが多い。

スタートで先行できればまくり一発が決まる可能性があるので、平均ST・今節STを確認しよう。

また、チルト3.0度は小回りが利かないので、1着か着外になることが多いな。

チルトは現地のモニターや公式サイトの直前情報で確認できるので、予想に活かしてみてくれ。

チルトを予想に活かすコツ

  • チルト-0.5~0.0度はあまり気にしない
  • チルト0.5度以上はまくりを警戒
  • チルト3.0度は1着か着外を考える
予想オヤジ
ここからは、チルトを予想に活かす方法を解説するぞ!

チルト-0.5~0.0度はあまり気にしない

チルト-0.5~0.0度

出典:https://www.boatrace.jp/

チルトを予想に活かすコツの1つ目は、チルト-0.5度と0.0度の違いはあまり気にしないことだ。

少し前は、選手が出足や乗り心地を重視して、チルト-0.5度にすることが多かった。

しかし、最近ではスロースタート(主に1~3コース)でもチルト0.0度にする選手が増えてきたぞ。

おそらく、チルト0.0度でもバランスをとりやすい調整が見つかったのだろう。

チルト0.0度は、以前はまくりのイメージだったが、最近では逃げや差しもあるので注意しよう。

予想オヤジ
チルト-0.5度と0.0度の違いは、あまり気にしなくても良さそうだ!

チルト0.5度以上はまくりを警戒

チルト0.5度以上

出典:https://www.boatrace.jp/

チルトを予想に活かすコツの2つ目は、チルト0.5度以上の選手のまくりを警戒することだ。

まくりはスタート勝負になるので、選手の平均ST・今節STを比べてみよう。

チルトを上げた選手がスタートで前に出られそうなら、1着を買っておくのもありだな。

また、直前情報の展示タイムにはモーターの伸び足が反映される。

チルトを上げた艇の展示タイムが良いときは、モーターの調整に成功したと判断できるぞ。

予想オヤジ
まくりが決まると、まくった艇の外側の艇が2・3着に続きやすいな!

チルト3.0度は1着か着外を考える

チルト3.0度

出典:https://www.boatrace.jp/

チルトを予想に活かすコツの3つ目は、チルト3.0度の艇がいたら1着か着外で考えることだ。

チルト3.0度は出足や乗り心地を犠牲にして、伸び足に特化した調整をしている。

そのため、スタートで先行できれば、そのまま先頭を走って1着をとることができるぞ。

一方、ターンでの競り合いはできないので、レース中盤はかなり不利になるな。

1着をとれない場合は、着外になることが多いので、2・3着の舟券は買わなくてもいいだろう。

予想オヤジ
チルト3.0度の艇は、1着で買うor買わないの2択だな!

 

競艇でチルトを跳ねる選手は?

競艇でチルトを跳ねる選手

競艇でチルトを跳ねる(上げる)選手と言えば「菅章哉」選手や「阿波勝哉」選手などが有名だ。

この記事の前半で解説した通り、チルト1.0度以上は普通の選手には使いこなせない。

そのため、チルト1.0度以上に調整した選手がいても、普通の選手なら活躍しないことが多いぞ。

一方、この2名は普段からチルトを上げているので、チルト1.0度以上も使いこなせる。

チルトを上げた選手がいるときは、その選手がチルト1.0度以上に慣れているかに注意してみてくれ。

予想オヤジ
ここからは、チルトを跳ねる有名な選手を紹介するぞ!

「菅章哉」選手は4~6号艇でチルトを上げやすい

菅章哉

出典:https://www.boatrace.jp/

チルトを跳ねることで有名な選手の1人目は、徳島県の「菅章哉」(すがふみや)選手だ。

菅選手は、1~3号艇のときは、チルト0.0~0.5度で枠なり進入することが多い。

このときの動きは他の選手とあまり変わらないので、普段通り予想しても大丈夫だろう。

一方、4~6号艇のときは、チルト3.0度にして6コースに入ることがある。

しかし、枠なり進入のときもあるので、菅選手が4~6号艇のときは進入隊形に注意しよう。

予想オヤジ
菅章哉」選手は、SG競走にも出場したことがある有名選手だな!

「阿波勝哉」選手はチルト1.0~1.5度が多くなった

阿波勝哉

出典:https://www.boatrace.jp/

チルトを跳ねることで有名な選手の2人目は、東京都の「阿波勝哉」(あわかつや)選手だ。

阿波選手は、ほぼ全てのレースで6コースに進入するアウト屋としても有名だな。

かつてはチルト3.0度で活躍していたが、最近ではチルト1.0~1.5度を使うことが多いぞ。

おそらく、2012年に持ちペラ制が廃止されたことが向かい風になったのだろう。

しかし、他の選手の6コースよりも舟券に絡むことは多いので、舟券を買うときは注意しよう。

予想オヤジ
阿波勝哉」選手は、6コースでも舟券に絡んでくるぞ!

 

競艇のチルト|よくある質問

チルトについてのよくある質問

ここからは、競艇のチルトについてのよくある質問に回答していくぞ。

チルト3.0度が禁止されている競艇場は?

チルト3.0度が禁止なのは、桐生・戸田・江戸川・びわこ・住之江・徳山・若松・福岡・大村の9場だ。

難水面の競艇場は、事故防止のためにチルト3.0度が禁止されていることが多いな。

チルト4.0度が検討されたことがある?

チルト4.0度は、2008年に多摩川競艇場で試運転されたことがあるらしい。

しかし、現在使われていないところを見ると、チルト4.0度は採用されなかったようだな。

競艇のチルト50ってなに?

競艇のチルト50は、競艇の動画をアップしているYouTubeチャンネルだ。

レースの動画があったり、予想会をしていたりするので、気になる方はチェックしてみてくれ。

予想オヤジ
他にも疑問があれば、記事下のコメント欄から質問してみてくれ!

 

競艇のチルト|まとめ

競艇のチルトのまとめ

競艇のチルトについては、この5つがポイントだ。

  • チルトはモーターの取り付け角度
  • 最近ではチルト-0.5~0.0度が主流
  • チルトを下げると出足が良くなる
  • チルトを上げると伸び足が良くなる
  • チルト3.0度は全くの別物

競艇のチルトは-0.5度と0.0度なら大きな違いはなく、予想するときもあまり気にしなくてもいい。

チルト0.0度は、以前はまくり狙いが多かったが、最近では逃げや差しも多いぞ。

一方、チルト0.5度以上にしている選手は、これまで通りまくり狙いが多いので警戒しておこう。

また、チルト3.0度の選手は小回りが利かず、1着か着外のどちらかになることが多いな。

チルトは現地のモニターや競艇場の公式サイトで確認できるので、ぜひ予想に活かしてみてくれ。

予想オヤジ
下の参考動画でも、チルトについて詳しく解説されているぞ!

 

競艇のチルト|コメントへの回答

この記事に投稿されたコメントに回答していく。

ただし、全てのコメントに回答するわけではないので、ご了承願いたい。

コメントの活用法はコメントポリシーにまとめているぞ。

記載内容に誤記がありました

2022年11月9日に「挿絵の記載内容に誤記がある」というコメントをもらった。

コメントでの指摘ありがとう!

俺のほうでも記載内容を確認したところ、たしかに誤記だったので修正した。

俺が記事を書くときは、なるべく誤記のないよう気を付けている。

しかし、どうしても気付かないこともあるので、このようなコメントは助かるぞ。

 

合わせて読みたい記事

競艇のモーター

競艇の勝ち方

競艇のモーター(エンジン)の見方は?【予想に活かす方法...

競艇の展示航走

競艇の勝ち方

競艇の展示航走|スタート展示・周回展示・展示タイムの見...

競艇の予想方法

競艇の勝ち方

【競艇予想の仕方】選手・モーター・コース・展開に分けて...

競艇の用語

競艇の用語集

【競艇の用語集】157個を50音順に解説!重要な用語も...

本

競艇の用語集

【競艇の用語集の記事一覧】50音順で競艇用語をチェック...

予想オヤジ

予想親父
大学を卒業後、しばらくはサラリーマンをしていたが、今は福岡で自営業をしているぞ。
約4年前からこのブログで「予想サイトの検証記事」「自力予想のコツ記事」を書いている。
俺は予想サイトでも自力予想でもプラス収支を出しているので、ぜひ参考にしてみてくれ。


コメントについて

この記事について、感想・要望・疑問などがあったら、どんどんコメントしてくれ。

俺もモチベーションが上がるし、今後の記事テーマを決める参考にもするぞ。

ただし、イタズラ防止のため、コメントは俺が内容を確認してから手動で反映している。

コメントが反映されるまで数日かかることもあるが、ご了承願いたい。

また、コメントの反映基準や活用法については「コメントポリシー」にまとめているぞ。