【初めての競艇入門】基本的なルールと基礎知識を10分で解説!

更新日:

本

「初めて競艇場に行くから、ルールと基礎知識を知りたい!」

という競艇初心者に向けて、予想オヤジの俺が「競艇の必要最低限の知識」をまとめた。

この記事を約10分読むだけで、

  • 「予想をして」
  • 「舟券を買って」
  • 「レースを観戦する」

ことができるようになるぞ。

全く知識がない状態でも分かるように簡単に解説していくので、ぜひ最後まで読んでみて欲しい。

予想オヤジ
競艇で的中して勝つためにも、ルールと基礎知識は必要だ!

【初めての競艇入門】基本的なルールを解説

審判

競艇の基本的なルールとして、

  1. 競艇のレースは必ず6艇!
  2. 競艇の特殊なスタート方式とは?
  3. レースは3周で決着!
  4. 〇日目ってどういうこと?
  5. モーターの強さも予想に必要!

といったことを解説していく。

「レースを見たけど何が起こってるのか分からない!」といったことを防ぐためにも、必要最低限のルールを覚えておこう。

競艇のレースは必ず6艇!

競艇は何艇

競艇ではどんなレースでも必ず6艇でレースが行われる。

同じ公営ギャンブルの競馬ではレースごとに出馬数が違ったりするが、競艇では常に6艇だ。

そのため、レース展開を予想するのが簡単とも言える。

枠の内側から1号艇

宮島競艇場第10レース

6艇にはそれぞれ、ピットアウトする枠の内側から1号艇、2号艇、3号艇、4号艇、5号艇、6号艇と番号が決められている。

ピットアウトとは、各艇が待機場所からスタートに向けて出発することだ。

同じコースを周回するので、内側を周れる1号艇が有利で、1号艇の1着率は約50%となっている。

舟券で迷ったときは1号艇の単勝を買っておけば間違いないぞ。

艇ごとに色が決まっている

競艇のカラー

競艇では、艇の番号ごとにヘルメットや服の色が決まっている。

観戦席やインターネット中継などでも、舟券を買った艇が見やすいので、レースに見ごたえがある。

艇の番号と色をまとめたので、覚えておこう。

番号
1号艇
2号艇
3号艇
4号艇
5号艇
6号艇
予想オヤジ
舟券を買うときは、1号艇の単勝を買えばかなりの確率で的中するぞ!

競艇の特殊なスタート方式とは?

フライングスタート形式

競艇のスタートは「フライングスタート方式」と呼ばれる方式で行われる。

フライングスタート方式とは、一定の時間内にスタートラインを通過することによってスタートするものだ。

各競艇場には「大時計」と呼ばれる黒色とオレンジ色の大きな時計がスタートライン付近に設置されている。

選手は大時計の針がスタート時刻を指してから1秒以内にスタートラインを通過しなければならない。

当然、スタートタイミングは選手によって異なり、スタートがうまい選手はそれだけで有利にレース展開を運べるのだ。

スタート事故は2種類ある!

フライングスタート

スタートを失敗することを「スタート事故」と呼び、スタート事故には「フライング」と「出遅れ」がある。

  • フライング:は大時計がスタート時刻を指すよりも前にスタートしてしまうこと
  • 出遅れ:は大時計がスタート時刻を指してから1秒以上経過してもスタートラインを通過できないこと

フライングをした選手は一定期間の出走禁止が命じられるなど、厳しい処分を受けることになる。

選手はフライングをしないように細心の注意を払いながら、なるべく早いスタートを切らなければならないのだ。

スタート事故の舟券は返還される

コイン

スタート事故が起こったときは、スタート事故を起こした選手が絡んだ舟券は全額返金される。

例えば1号艇がフライングしたときは、1号艇の単勝はもちろん、三連単「1-2-3」などの舟券も返金対象となる。

また、払戻金がスタート事故を起こした選手を除いて再計算されるので、購入前のオッズよりも低くなることがある。

競艇場にとっても収入が減るので、選手には重い処分が下されるのだ。

予想オヤジ
スタート事故の返金対象になるかもしれないので、舟券は捨てずに持っておこう!

レースは3周で決着!

競艇場のコース

競艇は1周600mのコースを3周したらゴールだ。

競艇のレースは「ピットアウト」「スタート」「ターンマークを周回」「ゴール」が一連の流れとなる。

ターンマークとはコースに浮かんでいる赤と白の三角コーンのことで、スタートから見て右側のものを「第1ターンマーク」、左側のものを「第2ターンマーク」と呼ぶ。

ピットアウトからスタートまで

競艇のレースの流れ

競艇では、ピットの枠順通りにスタートするとは限らない。

なぜなら、ピットアウトしてからスタートまでの間に、選手同士のコースの取り合いが行われるからだ。

とはいえ、コースの取り合いが激しいのは外側の艇だけで、1号艇は95%以上1コースからスタートする。

外側の艇を予想をするときだけ、スタート位置が変わるかもしれないことも予想の要素になるわけだ。

1周の長さは同じだが…

福岡競艇場

全国24カ所の競艇場のどこでも1周600mなのは変わらない。

しかし、競艇場ごとに「淡水・海水」「風向き」「波の高さ」などが変わってくるため、一概に同じコースだとは言えないのが難しいところだ。

自分がよく行く競艇場の特徴を知ることが、的中率アップにつながるぞ。

予想オヤジ
競艇選手は地元の競艇場で練習をしているので、迷ったら地元選手の舟券を買うのもありだ!

〇日目ってどういうこと?

節の流れ

出走表を見ていると、「G1〇〇杯〇日目」と書かれているのを見かけるだろう。

ある競艇場でレースが行われる一定の期間のことを「節」といい、「〇日目」とは節が始まってから何日目なのかを指す。

1つの節は4日~7日間続き、選手たちはその節の間でレースの結果を競い合うというわけだ。

節の最終日には「優勝戦」と呼ばれる、その節で最も成績の良い6人の選手が戦うレースが行われる。

競艇は1日12レース

特別なレース

競艇場は、レースが行われる節の期間と、レースが行われない非開催の期間が交互にやってくる。

節の間は合計12レースが開催されるので、昼くらいから競艇場に行ってもレースを楽しむことができる。

競艇場によっては、昼~夕方がメインの「ナイターレース」が行われていたり、朝~昼過ぎがメインの「モーニングレース」が行われていたりする。

自分が行く競艇場の第1レースと第12レースの時間を調べれば、だいたい何レース見られるのかが分かるぞ。

観戦するなら優勝戦がおすすめ

最終日

競艇を初めて見に行くなら、節の最終日の優勝戦が行われる日がおすすめだ。

第12レースが優勝戦となっており、どの選手もうまい走りを見せてくれるので観戦しがいがある。

その節で最も強い選手が集まるだけあって、競艇場も普段より活気があって楽しいぞ。

優勝戦は強い選手ばかりなので、1号艇をメインにした鉄板予想をするのがおすすめだ。

予想オヤジ
一般的なデイレースが行われている競艇場なら、昼から行っても十分遊べるぞ!

モーターの強さも予想に必要!

モーター

競艇のレースの勝敗を分ける要因として、選手と同じくらい大切なのが「モーター」だ。

強いモーターの艇に載っているだけで、格下の選手が格上の選手を打ち負かすことだってあるぞ。

出走表を見るときは、選手の強さだけでなくモーターの強さも要チェックだ。

モーターは節の初めの抽選で決まる

エンジン

どの選手がどのモーターを使うかは節のはじめの抽選で決定する。

競艇で使われるモーターは規格が決まっているが、レースが行われる度に性能に微妙な違いがでてくる。

例えば、転覆して水が入ってしまった場合、一度分解して部品を交換しなくてはいけないこともある。

競艇は文字通り「運も実力のうち」な世界ということだ。

モーターの整備力は重要?

モーター調整

競艇選手は、抽選で決まったモーター自分好みにカスタマイズすることができる。

パーツを取り換えたり、プロペラの形を微調整をしたりといった感じだ。

モーターの整備の腕前は出走表などを見ても分からないが、一般的には選手歴が長いほど整備に長けている傾向にある。

節の後半ではモーター戦績が悪くても、ベテラン選手なら整備の腕で逆転することもあるぞ。

予想オヤジ
選手の強くても、モーターが弱すぎると勝つことはできないぞ!

【初めての競艇入門】基礎知識を解説

本棚

競艇の基礎知識として、

  1. 舟券はどこで買える?
  2. 払戻金とオッズの違い
  3. 選手の強さの簡単な見方
  4. A1選手とB1選手の実力の差
  5. SGとかG1ってなに?
  6. 競艇の5種類の決まり手

について解説していく。

出走表の見方や払戻金の仕組みを知ることで、レースの予想に役立てて欲しい。

舟券はどこで買える?

舟券の写真

舟券とは、上の写真のような買った艇の番号と金額が書かれた券のことだ。

レースが開催されている競艇場や、競艇場の近くにある場外販売所の自動発券機で購入できる。

的中した舟券を自動払戻機に入れると、購入金額とオッズに応じて払戻金が貰えるぞ。

また「テレボート」というサービスを利用すれば、インターネット上でも舟券を買うことが可能だ。

競艇場や場外販売所での買い方

フォーメーションのマークカード

競艇場や場外販売所では、マークシートを使って舟券を購入することができる。

「レース」「開催場」「式別」「1着(2着・3着)」「金額」「単位」をマークして、自動発券機に持っていこう。

単勝と複勝のマークシートは専用の窓口で貰うことができるぞ。

初めて買うときは、自動発券機に「お金→マークシート」の順番で入れることと、「単位」にマークするのを忘れないことに気を付けてみてくれ。

(※式別:単勝、三連単など舟券の種類のこと)

テレボートでの買い方

テレボート

テレボートとは、インターネット上で舟券が買える公式サービスで、PCだけでなくスマホでも利用することができる。

舟券が買えると言ってもデータ上でお金のやり取りをするだけなので、実際に券が出てきたりするわけではない。

競艇はリアルタイムのインターネット中継も行われているので、家でも手軽に楽しむことができるぞ。

興味がある人は公式サイトをチェックしてみてくれ。

ボートレースオフィシャルサイト >

予想オヤジ
競艇が初めてなら、一度は競艇場に行ってみるのがおすすめだ!

払戻金とオッズの違い

払戻金

「払戻金」とは舟券が的中した時に貰えるお金のことで、「オッズ」は買った舟券が的中した時に何倍になるのかを表した倍率のことだ。

また、的中した舟券を100円買ったときに貰える金額が払戻金と書かれることもある。

例えば、上の画像では、三連単「3-1-2」を100円買っていた場合に3,400円貰えるということだ。

オッズは100円の舟券が3,400円になっているので「34.0」倍ということになる。

オッズが高い舟券は?

三連単の意味

オッズは的中させるのが難しい舟券ほど高い傾向にある。

最も高いのは三連単で、最も低いのは単勝だ。

競艇で勝つためには、オッズと的中率のバランスを考えながら舟券を買う必要がある。

オッズはどう見たらいい?

オッズ

オッズは人気の高い艇ほど低くなるので、レース前に艇ごとの人気を見るのに使うことができる。

分かりやすく「単勝のオッズが低い選手=人気のある強い選手」と思ってもらっても構わない。

初めて競艇に行ったときは、オッズが低い選手をメインに買うと的中することができるぞ。

予想オヤジ
初めから高いオッズを狙っても、的中させることは難しいぞ!

選手の強さの簡単な見方

勝率

勝率とは、選手の強さを表した数字だ。

一般的な意味の「1着になる確率」とは違うので覚えておこう。

勝率を見れば選手のだいたいの強さが分かるので、出走表では要チェックだ。

勝率の計算方法

勝率

選手の勝率は「着順点の合計/出走回数」で計算される。

着順点はレースの着順によって毎レースごとに選手が獲得できるポイントで、何着で何点獲得できるかはレースのグレードによって異なる。

例えば、一般戦の予選で獲得できる着順点は以下の表のようになっている。

着順着順点
1着10点
2着8点
3着6点
4着4点
5着2点
6着1点
例えば、ある選手が5回のレースで1着、2着、2着、5着、3着だった場合は、「(10+8+8+2+6)/5=6.8」で勝率「6.8」ということになる。

全国勝率と当地勝率ってなに?

勝率

勝率には、その選手が出走した全てのレースで計算された「全国勝率」と、その競艇場のレースのみで計算された「当地勝率」が存在する。

競艇場によってどちらに注目すべきかは変わってくるが、初心者のうちは全国勝率を重視しよう。

全国勝率が高い選手はレース運びや操縦技術がうまいので、どの競艇場でも安定したレースができるのだ。

予想オヤジ
予想に慣れないうちは、出走表の全国勝率が高い選手に注目だ!

A1選手とB1選手の実力の差

宮島競艇場の10レース

競艇の選手は成績によって「級別(ランク)」という格付けが決められている。

級別は上から順番に「A1」「A2」「B1」「B2」となっており、級別が高い方が強い選手ということになる。

出走する枠やモーターの強さなどにもよるが、基本的にはB1選手はA1選手に勝てないと言っていい。

級別はどうやって決まる?

電卓

級別は基本的には勝率が高い選手から順番に「A1」「A2」「B1」「B2」が割り当てられる。

級別ごとの「定率」「だいたいの勝率」「条件」をまとめたぞ。

級別定率だいたいの
勝率
条件
A1級20% 7.00~  2連対率30%以上
3連対率40%以上
A2級20% 5.50~7.00 2連対率30%以上
3連対率40%以上
B1級50% 2.00~5.50 勝率2.00以上
B2級10% ~2.00  A1、A2、B1以外の選手

(※定率:選手全体の何%がその級別になれるか)

ちなみに、2連対率は2着以内に入る確率で、3連対率は3着以内に入る確率だ。

A1級とB1級では、条件の厳しさや勝率が圧倒的に違うことが分かるだろう。

A1選手が1号艇のレースは狙い目!

出走表

出走表を見れば、レースに出走する選手の級別を知ることができる。

競艇ではインコースの1号艇が有利なので、A1級選手が1号艇で、2号艇以降がB1級選手のレースは狙い目だ。

ほぼ確実に1号艇1着になると言っていいので、見逃さないようにしよう。

予想オヤジ
出走表ではA1級選手が何人いて、何号艇で出走するのかに注目だ!

SGとかG1ってなに?

福岡競艇場の入口

競艇のレースは「SG」「G1」「G2」「G3」「一般戦」の5つに分類される。

この格付けのことを「グレード」といい、グレードが最も高いレースがSG、最も低いレースが一般戦となる。

SGやA1には出走資格があり、実力のある選手しか参加できない。

グレードごとの開催回数と出走条件

グランプリ

グレードごとの開催回数と選手が貰える優勝賞金、出走条件や主なレースをまとめた。

グレード年間回数出走条件主なレース
SG8回レースによって異なるグランプリ
ダービーなど
G1約35回 原則としてA1級レーサープレミアムG1
周年記念など
G2約8回特になし秩父宮妃記念杯
モーターボート大賞など
G3約50回 特になしオールレディース
企業杯など
一般戦 毎日特になし上記以外のレース

SGの中でも最高峰のレースが毎年年末に行われる「グランプリ」だ。

その1年間での獲得賞金上位18名しか参加できないレースであり、文字通りその年1番の選手を決めるレースとなっている。

大阪の住之江競艇場で開催されることが多いので、近くに住んでいるなら見に行くと楽しいぞ。

初めてならグレードが高いレースがおすすめ

グレードの高いレース

競艇場に行くのが初めてなら、グレードが高いレースがおすすめだ。

一般戦よりも競艇場に活気があるので、楽しめること間違いなしだ。

選手のレベルも高いので、ハラハラドキドキするレースを見ることができるぞ。

予想オヤジ
せっかく競艇をするなら、SGやG1を一度は見に行ってみよう!

競艇の5種類の決まり手

グランプリのレース

決まり手とは、そのレースがどのようなレース展開で1着が決まったかを指す言葉だ。

「逃げ」「差し」「まくり」「まくり差し」「抜き」「恵まれ」の6種類がある。

「この選手はまくりがうまい」とか「4号艇の差しが決まった」といった感じで使われるぞ。

最も多い決まり手「逃げ」

逃げ

「逃げ」はイン(一番内側のコース)の艇が1番早く第1ターンマークを回り、そのまま他の艇に抜かれずに1着になる決まり手だ。

競艇はインの平均勝率が50%を超えているので、決まり手の半分以上は逃げということになる。

判断力と技術で勝負「差し」

差し

「差し」はインの艇が第1ターンマークを回るときに膨らんだ隙をついて、インより外側の艇が内側に入って抜く決まり手だ。

前を走る艇のカーブの軌道を読む判断力と、わずかな隙間に艇を差し込む高度な技術を必要とする。

豪快なスピード勝負「まくり」

まくり

「まくり」は外側の艇が第1ターンマークを回るときに、内側の艇を圧倒的なスピードで外側から抜く決まり手だ。

決まり手の中でも最も豪快で、0秒ギリギリのスタートをトップスピードで行う高度なスタート技術を必要とする。

スピードと技術の合わせ技「まくり差し」

まくり差し

「まくり差し」はまくったあとで差す決まり手だ。

まくりのためのスタート感と、差しのための操縦技術の両方が必要となっているので、1流の選手にしか使うことができない。

ほとんど起こらない「抜き」と「恵まれ」

抜き

「抜き」は第1ターンマーク以降に1着が入れ替わり、そのままゴールしたときの決まり手だ。

競艇は第1ターンマークで90%以上は勝負が決まるので、決まり手が抜きになることはほとんどない。

「恵まれ」は転覆などで1着の艇がリタイアしたときに繰り上げで1着になったときの決まり手だ。

抜きと同じく、実際のレースではほとんど見ることはない。

まとめ

本

競艇が初めての方が、「予想をして」「舟券を買って」「レースを観戦する」ための最低限のルールと知識について解説した。

ここまで読んでくれたなら、今から競艇場に行っても大丈夫だろう。

さっそく舟券を買って、熱いレースを観戦するのだ。

 

合わせて読みたい記事

Copyright© 競艇予想サイト , 2019 All Rights Reserved.