競艇のG1とは?2024年の日程、優勝者、賞金と予想のコツ!

競艇のG1

競艇ファンなら「G1で勝ちたい!稼ぎたい!」と思っている方が多いのではないだろうか。

また、初心者は「競艇のG1ってなに?」と思っているかもしれないな。

競艇のG1(グレード・ワン)は、原則A1級選手だけが出場できる格付けの高いレースだ。

優勝賞金は1,000万円以上が多く、周年記念を中心に1年間で約35回開催される。

ここからは、G1の基礎知識や予想のコツを解説していくので、ぜひ最後まで読んでみてくれ。

予想オヤジ

G1の攻略法をマスターして、プラス収支を目指そう!

この記事でわかること
  • 競艇のG1はA1級選手が出場する格付けの高いレース
  • 競艇のG1のなかでも格付けの高いレースがPG1
  • 競艇のG1の優勝賞金は一部を除いて1,000万円前後
  • 2024年のPG1競走は1・4・8・9・12月に開催
  • 2024年の周年記念は毎月0~4回開催
  • 2024年の地区選手権は2月上旬から6つの地区で開催
目次

競艇のG1(グレード・ワン)とは?

競艇のG1とは

競艇のG1(グレード・ワン)とは、原則A1級選手だけが出場できる格付けの高いレースだ。

G1は「Grade 1」を省略していて、通称「ジーワン」と呼ばれている。

また、G1のなかでも格付けが特に高いレースは、プレミアムG1(PG1)と呼ばれているな。

G1の優勝賞金は1,000万円以上が多く、1年間に約35回開催されている。

PG1・G1競走は毎月0~5回開催されているので、近くで開催されるときは観戦してみてくれ。

競艇のG1の基礎知識
  • 競艇のG1はA1級選手が出場する格付けの高いレース
  • 競艇のG1のなかでも格付けの高いレースがプレミアムG1
  • 競艇のG1の優勝賞金は一部を除いて1,000万円前後
  • 競艇のG1は毎月0~5回、1年間で約35回開催されている

G1

レースの格付けの一つ、読み方は「グレード・ワン」。原則としてA級レーサーだけが出場できるレース。「プレミアムG1」「地区選手権」「高松宮記念」「周年記念」など。(2023年4月1日時点)

引用:BOAT RACE オフィシャルウェブサイト
予想オヤジ

まずは、競艇のG1の基礎知識をわかりやすく解説していくぞ!

競艇のG1はA1級選手が出場できる格付けの高いレース

競艇のG1

競艇のG1は、原則としてA1級選手だけが出場できる、他のレースよりも格付けの高いレースだ。

レースの格付けは、上から順番にSG・G1・G2・G3・一般戦の5段階となっている。

G1はSGに続いて格付けが2番目に高いので、レース全体のなかでも格付けの高いレースだな。

また、A1級選手になるには、全選手のなかで勝率上位20%に入らなければならない。

選手全体の上位20%の選手しか出場できないので、出場選手のレベルが他のレースよりも高いぞ。

予想オヤジ

競艇のG1は、原則A1級選手だけが出場できるレベルの高いレースだ!

競艇のG1のなかでも格付けの高いレースがプレミアムG1

若松G1の現地レポ

競艇のG1のなかでも格付けが高いレースがあって、プレミアムG1(PG1)と呼ばれている。

PG1競走はレースごとに出場条件があり、それを満たす選手しか出場できない。

具体的に、5つのPG1競走について、レースごとの主な出場選手を下の表にをまとめたぞ。

スクロールできます
レース名主な出場選手
BBCトーナメントSG・PG1競走の優勝者
マスターズチャンピオン勝率上位の45歳以上の選手
レディースチャンピオン勝率上位の女子選手
ヤングダービー勝率上位の30歳未満の選手
クイーンズクライマックス獲得賞金上位の女子選手

PG1競走は他のG1競走よりも特別なレースで、現地も盛り上がりやすい。

特に、クイーンズクライマックスは優勝戦が12月31日に行われる、その年最後のG1競走だな。

予想オヤジ

PG1は、G1のなかでも格付けの高い特別なレースだぞ!

競艇のG1の優勝賞金は一部を除いて1,000万円前後

勝利した選手

競艇のG1の優勝賞金は630万円~1,700万円で、基本的には1,000万円前後が多くなっている。

一方、SGの優勝賞金は4,000万円前後、G2の優勝賞金は450万円前後が多い。

そのため、G1の優勝賞金はSGの1/4くらいだが、G2の2倍くらいに設定されているな。

具体的に、レースごとの優勝賞金を下の表にまとめたぞ。

ただし、賞金額は年度ごとに変わることもあるので、正確な金額は出走表を確認してみてくれ。

レース優勝賞金
クイーンズクライマックス1,700万円
BBCトーナメント1,300万円
マスターズチャンピオン1,300万円
レディースチャンピオン1,300万円
ヤングダービー1,300万円
周年記念1,200万円
ダイヤモンドカップ1,100万円
高松宮記念1,100万円
地区選手権630万円

赤太字はプレミアムG1競走

上の表から、PG1競走の優勝賞金は他のG1競走の優勝賞金よりも高くなっていることがわかる。

特に、年末のクイーンズクライマックスはG1のなかでは優勝賞金が最も高いな。

一方、地区選手権は優勝賞金が630万円しかなく、他のG1競走の半分以下の金額となっている。

これは、地区選手権は地区によってはB級選手も出場することがあるからだろう。

G1優勝者は賞金を一気に稼げるので、12月に開催される競艇グランプリに出場しやすくなるぞ。

予想オヤジ

競艇のG1の優勝賞金は、一部を除いて1,000万円前後だな!

PGIはクイーンズクライマックスが1600万円から1700万円となり100万円アップ。その他のPGI(BBCトーナメント・マスターズチャンピオン・ヤングダービー・レディースチャンピオン)は100万円増額された1300万円。25年2月に新設のスピードクイーンメモリアルも1300万円に決まった。

GIは周年記念が1100万円から1200万円。高松宮記念・ダイヤモンドカップも100万円アップした1100万円、地区選手権は580万円から630万円となる。

引用:マクール

競艇のG1は毎月0~5回、1年間で約35回開催されている

競艇のブログ

競艇のG1競走は、PG1競走も含めると毎月0~5回の開催で、1年間で約35回開催されている。

まず、格付けの高いPG1競走は年1回ずつの開催で、合計5回しか開催されない。

次に、周年記念が年24回、地区選手権が年6回、ダイヤモンドカップが年1~2回開催される。

最後に、高松宮記念が年1回開催されて、合計すると年約35回開催されるぞ。

レースごとの特徴や2024年の日程はこの後で解説するので、そちらをチェックしてみてくれ。

予想オヤジ

競艇のG1は、毎月0~5回、1年間で約35回開催されているぞ!

競艇のG1の日程・結果・優勝者は?【2024年】

競艇のG1の日程・結果・優勝者

競艇のG1について、2024年の開催日程、開催場、結果、優勝者を下の表にまとめた。

G1競走は現地が盛り上がるので、現地やライブ中継で観戦してみてくれ。

また、レースごとの優勝者については、毎月初めに随時更新していく予定だ。

G1優勝者は好調と言えるので、その後のレースでも活躍に期待できる。

さらに、優勝賞金も高いので、G1優勝者は競艇グランプリ出場に大きく近付けるぞ。

スクロールできます
レース名開催日程開催場優勝者
BBCトーナメント01/11-01/14大村関浩哉
競帝王決定戦01/19-01/24下関上條暢嵩
浜名湖賞01/25-01/30浜名湖峰竜太
関東地区選手権02/03-02/08平和島濱野谷憲吾
九州地区選手権02/04-02/09芦屋峰竜太
東海地区選手権02/05-02/10蒲郡池田浩二
近畿地区選手権02/09-02/14尼崎山崎郡
中国地区選手権02/10-02/15宮島山口剛
四国地区選手権02/11-02/16丸亀田村隆信
江戸川大賞02/27-03/03江戸川湯川浩司
尼崎センプルカップ03/04-03/09尼崎島村隆幸
太閤賞03/24-03/29住之江瓜生正義
ダイヤモンドカップ03/26-03/31唐津西山貴浩
児島キングカップ04/04-04/09児島
海の王者決定戦04/07-04/12大村
マスターズチャンピオン04/16-04/21鳴門
戸田プリムローズ05/30-06/04戸田
太閤賞05/31-06/05住之江
オールジャパン竹島特別06/08-06/13蒲郡
宮島チャンピオンカップ06/09-06/14宮島
全日本王座決定戦08/01-08/06芦屋
レディースチャンピオン08/07-08/12福岡
ツッキー王座決定戦09/06-09/11
びわこ大賞09/12-09/17びわこ
ヤングダービー09/18-09/23桐生
徳山クラウン争奪戦09/24-09/29徳山
全日本覇者決定戦09/27-10/02若松
浜名湖賞10/03-10/08浜名湖
赤城雷神杯10/06-10/11桐生
ウェイキーカップ10/31-11/05多摩川
高松宮記念11/01-11/06住之江
京極賞11/09-11/14丸亀
ダイヤモンドカップ11/10-11/15尼崎
北陸艇王決戦11/28-12/03三国
大渦大賞12/03-12/08鳴門
福岡チャンピオンカップ12/08-12/13福岡
クイーンズクライマックス12/26-12/31蒲郡

敬称略

赤太字はプレミアムG1競走

更新日:2024年4月3日

予想オヤジ

2024年の開催日程を確認して、現地に遊びに行こう!

BBCトーナメントは1月11日から大村で開催

BBCトーナメント2024

出典:https://www.boatrace.jp/

BBCトーナメント2024は、2024年1月11日~1月14日の4日間、大村競艇場で開催される。

主な出場選手は、前年のSG・PG1競走の優勝者や選出上位の選手だな。

他のG1競走と違って4日間の短期決戦で、勝ち上がりはトーナメント方式で行われる。

短期決戦かつ一発勝負なので、他のG1競走とは違ったレースを楽しめるだろう。

ちなみに、2022年までは12月開催だったが、2023年からは1月開催に変更されているぞ。

予想オヤジ

BBCトーナメントは、短期決戦かつトーナメント方式のPG1競走だ!

ボートレースバトルチャンピオントーナメント(BBCトーナメント)

2019年に新設されたプレミアムG1競走。前年の優勝者、前年1月から12月までのSG競走、プレミアムG1競走、G2レディースオールスター、G2全国ボートレース甲子園、G2レディースチャレンジカップ及びファン感謝3Daysボートレースバトルトーナメントの優勝者に優先出場権が与えられる。加えて、前年1月から10月までのSG競走及びプレミアムG1競走のあっせん決定時における選出基準に基づく選出上位15名の中から、過去10か月の勝率上位者が出場する。(2021年2月17日時点)

引用:BOAT RACE オフィシャルウェブサイト

マスターズチャンピオンは4月16日から鳴門で開催

マスターズチャンピオン2024

出典:https://www.boatrace.jp/

マスターズチャンピオン2024は、2024年4月16日~4月21日の6日間、鳴門競艇場で開催される。

主な出場選手は、満45歳以上の勝率上位者とマスターズリーグの優勝者だな。

他のレースと違って年齢制限があり、45歳以上のベテラン選手しか出場できないのが特徴だ。

ベテラン選手は、コース取りやターンなどで熟練の技を見せてくれることが多い。

マスターズチャンピオンの舟券を買うときは、各選手の前づけ傾向を確認するのがおすすめだな。

予想オヤジ

マスターズチャンピオンは、ベテラン選手No.1を決めるPG1競走だ!

マスターズチャンピオン

プレミアムG1競走の1つ。当該年の4月1日現在で満45歳以上のレーサーで、前年の優勝者、マスターズリーグ優勝者、勝率上位者、施行者の希望するレーサーが出場する。(2017年10月時点)

引用:BOAT RACE オフィシャルウェブサイト

レディースチャンピオンは8月7日から福岡で開催

レディースチャンピオン2023

上の画像は2023年のもの

出典:https://www.boatrace.jp/

レディースチャンピオン2024は、2024年8月7日~8月12日の6日間、福岡競艇場で開催される。

主な出場選手は、勝率上位の女子選手とオールレディースの優勝者だな。

後述するクイーンズクライマックスとともに、女子戦のおける最高峰のレースとなっている。

女子戦を予想するときは、女子戦の予想のコツを活かすのがおすすめだ。

例えば、女子戦では他のレースよりまくりが出やすく、2コースからまくりを狙う選手も多いぞ。

予想オヤジ

レディースチャンピオンは、勝率上位の女子が出場するPG1競走だ!

レディースチャンピオン

年に一度、女子レーサーの頂点を決するプレミアムG1競走。選考期間中のオールレディースの優勝者や勝率上位レーサーなどが集結する。(2017年10月時点)

引用:BOAT RACE オフィシャルウェブサイト

ヤングダービーは9月18日から桐生で開催

ヤングダービー2023

上の画像は2023年のもの

出典:https://www.boatrace.jp/

ヤングダービー2024は、2024年9月18日~9月23日の6日間、桐生競艇場で開催される。

30歳未満の勝率上位者とイースタン・ウエスタンヤングの優勝者が出場するぞ。

他のレースと違い年齢制限があり、30歳未満の若手選手しか出場できないのが特徴だ。

若手選手は、ベテラン選手よりも思い切ったレースをすることが多い。

スピード戦になりやすいので、舟券を買うときはモーターを重視するのがおすすめだな。

予想オヤジ

ヤングダービーは、若手選手No.1を決めるPG1競走だ!

ヤングダービー

平成26年度より、満30歳未満の勝率上位者たちによって争われるヤングダービーが新設された。ヤングダービーのプレシリーズとして、イースタンヤング、ウエスタンヤングも新設され、その東西の覇者と、前年度の優勝者は優先出場権が与えられる。

引用:BOAT RACE オフィシャルウェブサイト

クイーンズクライマックスは12月26日から蒲郡で開催

クイーンズクライマックス2023

上の画像は2023年のもの

出典:https://www.boatrace.jp/

クイーンズクライマックス2024は、2024年12月26日~31日の6日間、蒲郡競艇場で開催される。

出場選手は、その年の獲得賞金ランキング上位12名の女子選手だな。

前述したレディースチャンピオンとともに、女子戦における最高峰のレースと言われている。

優勝戦は例年12月31日に行われるので、その年を締めくくるレースでもあるな。

また、クイーンズクライマックスでは、クイーンズクライマックスシリーズが並行開催されるぞ。

予想オヤジ

クイーンズクライマックスは、その年最後のPG1競走だな!

クイーンズクライマックス

女子レーサーの祭典とも呼べるプレミアムG1競走。当該年の1月1日からチャレンジカップ及び、レディースチャレンジカップが終了する日までの獲得賞金上位12名の女子レーサーが出場。優勝賞金1,600万円をめぐり、熱い戦いが繰り広げられる。平成26年度より大晦日に開催されている。(2023年4月1日時点)

引用:BOAT RACE オフィシャルウェブサイト

周年記念は全国の競艇場で毎月0~4回開催

G1福岡チャンピオンカップ2022

周年記念は、競艇場の開設〇周年を記念して、競艇場ごとに毎年1回開催されるG1競走だ。

レース名や開催時期は競艇場ごとに違い、2024年は毎月0~4回開催されるぞ。

また、SG開催の都合で時期がズレると、同じ競艇場で年2回開催されることもあるな。

競艇は1コースが有利な競技だが、1コースの1着率は競艇場ごとに違っている。

周年記念の舟券を買うときは、競艇場 特徴の記事で競艇場ごとの攻略法を確認してみてくれ。

予想オヤジ

周年記念は、各競艇場で毎年1回開催されるG1競走だ!

周年記念

ボートレース場の開設何周年かを記念して行われるG1競走のこと。毎年各ボートレース場で1回開催される。太閤賞(住之江ボートレース場)など各ボートレース場によって呼び方は違う。

引用:BOAT RACE オフィシャルウェブサイト

ダイヤモンドカップは3月の唐津と11月の尼崎で開催

G1福岡ダイヤモンドカップ2022

ダイヤモンドカップは、競艇場の大幅改修やリニューアルを記念して開催されるG1競走だ。

開催時期は不定期で、2024年は3月に唐津、11月に尼崎で開催される。

予想のコツは周年記念と基本的には同じだが、競走水面が改修されたときは注意が必要だ。

例えば、1マークの位置が変わると、コース別1着率の数値が変わることがあるぞ。

ダイヤモンドカップの舟券を買うときは、どんなリニューアルをしたのかを確認してみよう。

予想オヤジ

ダイヤモンドカップは、競艇場のリニューアルを記念したG1競走だ!

ダイヤモンドカップ

ボートレース場の施設リニューアルを記念して行われるG1競走。以前は「施設改善記念」といっていたが、平成9年4月1日から今の名称になった。

引用:BOAT RACE オフィシャルウェブサイト

高松宮記念は11月1日から住之江競艇場で開催

G1高松宮記念

出典:G1 第50回高松宮記念特別競走 特設サイト

高松宮記念は、高松宮宣仁親王から優勝トロフィーを下賜された記念に設立されたG1競走だ。

開催場は住之江競艇場に固定されていて、2024年は11月1日から開催されるぞ。

住之江競艇場は走りにくい難水面であり、昼と夜の気温差からモーターの調整も難しくなる。

地元である大阪支部の選手が有利なので、選手の支部をきちんと確認しよう。

さらに、日没後は1コースの1着率が高くなるので、1コースの1着を重視するのもおすすめだな。

予想オヤジ

高松宮記念は、毎年住之江競艇場で開催されるG1競走だ!

地区選手権は2月上旬から6つの地区に分かれて開催

九州地区選手権2022

地区選手権は、関東、東海、近畿、中国、四国、九州に分かれて例年2月に行われるG1競走だ。

2024年の地区選手権は、地区ごとに下記の日程で開催されるぞ。

  • 関東地区:2024年2月3日~2月8日
  • 東海地区:2024年2月5日~2月10日
  • 近畿地区:2024年2月9日~2月14日
  • 中国地区:2024年2月10日~2月15日
  • 四国地区:2024年2月11日~2月16日
  • 九州地区:2024年2月4日~2月9日

中国や四国の地区選手権では、A1級選手が足らず、A2級以下の選手が出場することもある。

この2地区では選手間の実力差が大きいので、選手の勝率をきちんと確認しよう。

一方、関東、東海、近畿、九州の地区選手権では、モーターの気配を重視するのがおすすめだ。

予想オヤジ

地区選手権は、地区ごとのNo.1を決めるG1競走だ!

地区選手権

G1競走。関東、東海、近畿、四国、中国、九州の6地区で行われる地区別チャンピオン決定戦。

引用:BOAT RACE オフィシャルウェブサイト

競艇のG1の予想と買い方のコツは?

競艇のG1の予想と買い方のコツ

競艇のG1における予想コツは、1コースの1着やモーターの気配を一般戦よりも重視することだ。

また、買い方のコツは、三連単の1着を絞って2・3着を手広く買うことだな。

これらを踏まえて「当たりそう」かつ「オッズも良い」買い目を狙うと稼ぎやすいだろう。

さらに、プレミアムG1には特別な出場条件があるので独自の攻略法がある。

レースごとの攻略法を知りたい方は、競艇のSG・G1の記事一覧から攻略記事を読んでみてくれ。

G1の予想と買い方のコツ
  • 競艇のG1競走では1コースの1着を重視する
  • 競艇のG1競走ではモーターを重視する
  • 競艇のG1競走では三連単の2・3着を手広く買う
予想オヤジ

G1の予想のコツをマスターして、プラス収支を目指そう!

競艇のG1競走では1コースの1着を重視する

SG・G1・G2競走のレース結果

出典:https://www.boatrace.jp/

競艇のG1競走の舟券を買うときは、1コースの1着を普段よりも重視するのがおすすめだ。

これは、G1競走では、G3・一般戦よりも1コース1着率が高いからだな。

SG・G1・G2競走とG3・一般戦について、直近3年間のコース別1着率を比較してみたぞ。

コースSG・G1・G2G3・一般戦
1コース61.1%54.8%
2コース11.7%14.3%
3コース11.2%12.6%
4コース8.8%10.8%
5コース5.2%5.8%
6コース1.9%1.8%

データの参考:艇国データバンク

集計期間:2021年1月1日~2023年12月31日

上の表から、SG・G1・G2競走の1コース1着率は、G3・一般戦よりも6.3%高いことがわかる。

これは、出場選手の実力が高く、1コースから1着を逃すことが少ないからだろう。

また、スタートも上手いので横並びのスタートになりやすく、1コースの艇が逃げやすいぞ。

さらに、SG・G1・G2競走では、2・3コースの1着率が0.5%しか変わらない。

そのため、2・3コースの艇を比較するときは、選手の強さやモーターの性能を重視してみてくれ。

予想オヤジ

競艇のG1競走では、1コースの1着を普段よりも重視しよう!

競艇のG1競走ではモーターを重視する

G1のモーター

出典:ボートレース浜名湖70th

競艇のG1競走の舟券を買うときは、モーターの気配を普段よりも重視するのがおすすめだ。

これは、G1競走では、選手間の実力差がG3・一般戦よりも小さいからだな。

モーターの気配はモーター2連率・展示タイム・展示航走・選手コメントなどで判断できる。

また、G1競走では、特設サイトで注目モーターが紹介されることもあるぞ。

各競艇場の公式サイトや特設サイトを活用して、モーターの気配が良い艇を買ってみてくれ。

予想オヤジ

競艇のG1競走では、モーターの気配を重視しよう!

ただし、一部のG1競走ではA2・B1級選手が出場して、選手間の実力差が大きくなることもある。

例えば、四国地区は選手数が少なく、地区選手権にB級選手が出場することがあるぞ。

他には、SG・G1競走が同じ時期に重なって開催されると、A2級選手がG1出場することもある。

このような場合は、モーターだけでなく、選手間の実力差も見極めることが重要だな。

A2・B1級選手がA1級選手に勝つと高配当になりやすいので、モーターが良ければ狙うのもありだ。

予想オヤジ

A2・B1級選手がG1出場しているときは、穴狙いのチャンスだぞ!

競艇のG1競走では三連単の2・3着を手広く買う

三連単の舟券

競艇のG1競走の三連単を買うときは、1着を絞って、2・3着を手広く買うのがおすすめだ。

これは、G1競走には、原則としてA1級の選手しか出場できないからだな。

実力上位のA1級選手は、枠番不利の5・6コースからでも2・3着に入る方法を知っている。

例えば「石野貴之」選手は、SG・G1競走における6コース3連率が25%もあるぞ。

一般戦では5・6号艇を買わない方でも、G1競走では5・6号艇の2・3着を押さえてみてくれ。

予想オヤジ

競艇のG1では、5・6号艇の2・3着まで検討してみよう!

例えば、俺がG1競走の舟券でよく買うのは、三連単「◎-〇-全」「◎-全-〇」の8点買いだ。

◎は1着をとりそうな艇、〇は2・3着に入りそうな艇、全は全通りだな。

買い目点数を8点に絞っているので、鉄板の的中でもトリガミになりにくくなっているぞ。

また、2着を絞れないときは、三連単「◎-〇▲-全」を買うことも多い。

選手の実力、モーターの性能、水面状況などを踏まえて、2つの買い方を使い分けてみてくれ。

予想オヤジ

競艇のG1競走では、2・3着を手広く買った三連単8点買いで勝負だ!

競艇のG1|よくある質問

よくある質問

ここからは、競艇のG1についてのよくある質問に回答していくぞ。

競艇のG1の年間スケジュールは?

競艇のG1の年間スケジュールは、この記事の中盤にまとめている。

2025年の年間スケジュールを見たい方は、競艇の公式サイトでチェックしてみてくれ。

競艇のG1の斡旋は?

競艇のG1の斡旋(あっせん)では、原則としてA1級の選手が選抜される。

ただし、一部のプレミアムG1や地区選手権では、A2級以下の選手が出場することもあるぞ。

競艇のG1の出目は荒れる?

競艇のG1の出目には、1号艇の1着が出やすくなる傾向がある。

そのため、一般戦やG3よりも荒れにくいと言えるだろう。

競艇のG1の売上は?

競艇のG1の売上は、日ごとに出走表の裏面あたりに載っている。

売上の大きかったレースは、ニュースサイトなどで取り上げられることもあるな。

競艇のG1とは何ですか?

競艇のG1とは、原則としてA1級選手だけが出場できる格付けの高いレースだ。

G1の優勝賞金は1,000万円以上が多く、1年間に約35回開催されるぞ。

競艇のG1は何回開催されますか?

競艇のG1は、1年間に約35回開催される。

内訳は、PG1競走が5回、周年記念が24回、地区選手権が6回、その他が1~3回だな。

競艇のプレミアムG1の賞金はいくらですか?

競艇のプレミアムG1の賞金は、2024年度の優勝賞金は概ね1,300万円だ。

クイーンズクライマックスだけは優勝賞金が高くて1,700万円だな。

競艇のG1競走にはどんな種類がありますか?

競艇のG1競走には、PG1競走、周年記念、地区選手権、タイヤモンドカップ、高松宮記念がある。

さらに、PG1競走には5つのレースがあるぞ。

競艇のG1の日程・結果・優勝者は?【2023年】

競艇のG1について、2023年の開催日程・結果・優勝者を下の表にまとめた。

プレミアムG1とG1初優勝の選手を赤太字にしているぞ。

競艇のG1の日程・結果・優勝者【2023年】
スクロールできます
レース名開催日程開催場優勝者
BBCトーナメント01/12-01/15びわこ松井繁
全日本覇者決定戦01/20-01/26若松桐生順平
江戸川大賞01/26-01/31江戸川前田将太
四国地区選手権02/04-02/09鳴門中村日向
中国地区選手権02/05-02/10児島茅原悠紀
近畿地区選手権02/06-02/11住之江馬場貴也
関東地区選手権02/10-02/15江戸川石渡鉄兵
東海地区選手権02/11-02/16浜名湖徳増秀樹
九州地区選手権02/12-02/17若松末永和也
全日本王座決定戦02/28-03/05芦屋寺田祥
ウェイキーカップ03/06-03/11多摩川毒島誠
北陸艇王決戦03/25-03/30三国中島孝平
海の王者決定戦03/26-03/31大村毒島誠
宮島チャンピオンカップ04/04-04/09宮島島村隆幸
ツッキー王座決定戦04/09-04/14峰竜太
マスターズチャンピオン04/18-04/23若松井口佳典
児島キングカップ05/09-05/14児島島村隆幸
トーキョー・ベイ・カップ05/14-05/19平和島中田竜太
オールジャパン竹島特別06/01-06/06蒲郡吉田拡郎
戸田プリムローズ06/04-06/09戸田桐生順平
レディースチャンピオン08/01-08/06遠藤エミ
トコタンキング決定戦08/31-09/05常滑濱野谷憲吾
高松宮記念09/03-09/08住之江峰竜太
北陸艇王決戦09/09-09/14三国磯部誠
赤城雷神杯09/13-09/18桐生山口剛
ヤングダービー09/19-09/24下関上條暢嵩
全日本王者決定戦09/25-09/30唐津濱野谷憲吾
びわこ大賞10/01-10/06びわこ椎名豊
福岡チャンピオンカップ10/10-10/15福岡山本寛久
ウェイキーカップ10/15-10/20多摩川山口剛
徳山クラウン争奪戦11/02-11/07徳山菊地孝平
全日本覇者決定戦11/03-11/08若松長田頼宗
海の王者決定戦11/11-11/16大村枝尾賢
ダイヤモンドカップ11/12-11/17常滑新開航
大渦大賞11/30-12/05鳴門板橋侑我
全日本王座決定戦12/06-12/11芦屋茅原悠紀
京極賞12/10-12/15丸亀馬場貴也
クイーンズクライマックス12/26-12/31多摩川浜田亜里沙

敬称略

予想オヤジ

他にも疑問があれば、コメントフォームから気軽に質問してみてくれ!

競艇のG1|まとめ

競艇のまとめ

競艇のG1についてまとめると、この6つがポイントだ。

この記事のおさらい
  • 競艇のG1はA1級選手が出場する格付けの高いレース
  • 競艇のG1のなかでも格付けの高いレースがPG1
  • 競艇のG1の優勝賞金は一部を除いて1,000万円前後
  • 2024年のPG1競走は1・4・8・9・12月に開催
  • 2024年の周年記念は毎月0~4回開催
  • 2024年の地区選手権は2月上旬から6つの地区で開催

競艇のG1における予想コツは、1コースの1着やモーターの気配を一般戦よりも重視することだ。

また、買い方のコツは、三連単の1着を絞って2・3着を手広く買うことだな。

これらを踏まえて「当たりそう」かつ「オッズも良い」買い目を狙うと稼ぎやすいだろう。

また、俺のブログでは、PG1競走の1~2週間前に攻略記事を公開している。

PG1競走が開催されるときは、俺のブログに戻ってきてレースごとの攻略記事も読んでみてくれ。

予想オヤジ

競艇場やレースごとの特徴を押さえて、プラス収支を目指そう!

競艇のG1|関連記事

競艇のSG・G1・G2の最新記事(2024年4月12日更新)

コメント

コメントする

※コメントは手動で反映しているので、反映までに数日かかることがある。
※俺は平日の時間があるときにブログを確認しているので、土日はコメント反映しないぞ。
※感情的、攻撃的、断定的なコメントは反映しないことがある。
※個人名やメールアドレスなどの個人情報を含むコメントは反映しないことがある。
※コメントの反映基準や活用法についてはコメントポリシーを確認してみてくれ。

目次