全国ボートレース甲子園とは?2024年の出場選手と予想のコツ!

全国ボートレース甲子園2024

全国ボートレース甲子園とは、選手の出身地ごとに、各都道府県の代表者が集まるG2競走だ。

2024年は7月10日~7月15日の6日間、三重県の津競艇場で開催されるぞ。

津競艇場では、1コースの1着率が少し高いので、1コースの1着を普段よりも重視しよう。

また、選手間の実力差が他のG2競走よりも大きいので、勝率差にも要注意だ。

ここからは、ボートレース甲子園の攻略法を解説していくので、ぜひ最後まで読んでみてくれ。

予想オヤジ

ボートレース甲子園の基礎知識と予想のコツをマスターしよう!

この記事でわかること
  • ボートレース甲子園2024は7月10日~7月15日に津競艇場で開催
  • ボートレース甲子園2024には選手の出身地別の代表者が出場する
  • ボートレース甲子園2024の優勝者には深紅の大優勝旗が贈られる
  • ボートレース甲子園2024のドリーム戦1号艇は「峰竜太」選手
  • ボートレース甲子園2024では22号機と59号機のモーターに注目
目次

全国ボートレース甲子園とは?

全国ボートレース甲子園とは

全国ボートレース甲子園とは、選手の出身地ごとに、各都道府県の代表者が集まるG2競走だ。

高校野球の夏の甲子園がモチーフで、優勝者には深紅の大優勝旗が贈呈されるぞ。

レースのグレードはG2だが、普段はSG競走に出場している選手がかなり多く出場している。

ただし、出身者が少ない都道府県では、B1級選手が代表選手になることもあるな。

選手間の実力差が大きいので、ボートレース甲子園では選手の勝率をしっかり確認してみてくれ。

予想オヤジ

ボートレース甲子園は、各都道府県の代表者が集まるG2競走だ!

全国ボートレース甲子園

2019年に新設されたG2競走。B1級以上の選手を出身地別に分け、各都道府県毎に勝率上位5名の中から1名が代表として選出される。加えて、施行者推薦枠として開催場に推薦された選手が出場する。(2019年8月23日時点)

引用:BOAT RACE オフィシャルウェブサイト
スクロールできます
主催者各市町、組合、企業団
優勝賞金500万円
第1回執行日2019年(令和元年)7月23日-7月29日
開催地ボートレース津
開催時期7月中旬

参考:Wikipedia

ボートレース甲子園の出場選手は出身地ごとの代表者

ボートレース甲子園の出場条件

ボートレース甲子園の主な出場選手は、選手の出身地ごとに分けた各都道府県の代表者だ。

具体的には、下記の出場条件を満たす52名の選手が出場するぞ。

  • 出身地別の各都道府県の代表者(47名)
  • 施行者に推薦された選手(5名)

ボートレース甲子園の選考では、はじめにB1級以上の選手が出身地ごとに振り分けられる。

その後、各都道府県の過去1年間の勝率上位5名から、出場選手が選出されるぞ。

各都道府県の代表選手には、普段はSG・G1競走で活躍している実力者が選ばれやすい。

しかし、出身者が少ない都道府県では、B1級選手が代表選手になることもある。

選手間の実力差が大きいので、ボートレース甲子園では選手の勝率をしっかり確認してくれ。

予想オヤジ

ボートレース甲子園の主な出場選手は、各都道府県の代表者だ!

ボートレース甲子園の優勝賞金は500万円

ボートレース甲子園の優勝賞金

ボートレース甲子園の優勝賞金は500万円で、出場選手が豪華なわりには安く設定されている。

例えば、G1競走の優勝賞金は1,000万円以上なので、その半分未満の金額だな。

ただし、ボートレース甲子園の優勝者には、重さ8.6kgもある深紅の大優勝旗が贈呈される。

これは20名前後の職人によって作られ、100年使っても色あせないらしいぞ。

さらに、優勝者にはボートレースクラシックBBCトーナメントの優先出場権も与えられるな。

予想オヤジ

深紅の大優勝旗は、高校野球の夏の甲子園を真似しているぞ!

スクロールできます
着順優勝戦特別選抜戦準優勝戦ドリーム戦予選
一般戦
1着500万円65万円32.8万円27.8万円16.8万円
2着280万円44万円25.4万円20.4万円12.3万円
3着200万円33万円19.4万円14.4万円9.2万円
4着150万円27万円15.6万円10.6万円6.8万円
5着130万円24万円13.6万円8.6万円5万円
6着115万円21万円12万円7万円3.6万円

※優勝戦と準優勝戦は副賞金を含む

ボートレース甲子園の歴代優勝者は「今垣光太郎」選手など5名

ボートレース甲子園の歴代優勝者

ボートレース甲子園の歴代優勝者は、2019年の「今垣光太郎」選手から数えて5名だけだ。

開催年、優勝者、出身地、開催場、優勝戦の決まり手をまとめたぞ。

スクロールできます
回数開催年優勝者出身地開催場決まり手
第5回2023年片岡雅裕高知尼崎まくり差し
第4回2022年深谷知博静岡下関逃げ
第3回2021年毒島誠群馬丸亀逃げ
第2回2020年峰竜太佐賀三国まくり差し
第1回2019年今垣光太郎石川浜名湖まくり

敬称略

この5名のうち「今垣光太郎」選手以外の4名は、ボートレース甲子園2024にも出場する。

俺が注目しているのは、第3回優勝者である「毒島誠」選手だな。

毒島選手は、ボートレースクラシック2024を優勝して、獲得賞金ランキング上位にいるぞ。

予想オヤジ

歴代優勝者のなかでは「毒島誠」選手に注目だ!

ボートレース甲子園2024の日程と開催場は?

ボートレース甲子園2024の日程と開催場

ボートレース甲子園2024は、2024年7月10日~7月15日に三重県の津競艇場で開催される。

準優勝戦が日曜日、優勝戦が祝日なので、ぜひレースを観戦してみてくれ。

また、デイレース開催で、午前中から夕方まで白熱したレースを楽しむことができるぞ。

ちなみに、津競艇場でボートレース甲子園が開催されるのは初めてだ。

さらに、津競艇場の直近のビッグレースは約1年前なので、現地も大きく盛り上がりそうだな。

予想オヤジ

ここからは、ボートレース甲子園2024の開催情報を伝えるぞ!

ボートレース甲子園2024の開催日程は7月10日~7月15日

ボートレース甲子園2024の日程

ボートレース甲子園2024の開催日程は、2024年7月10日(火)~7月15日(日)の6日間だ。

初日~4日目に予選、5日目に準優勝戦、最終日に優勝戦が行われる。

準優勝戦が日曜日、優勝戦が祝日なので、現地やライブ中継でぜひ観戦してみてくれ。

また、ボートレース甲子園2024はデイレースで開催される。

1Rが10時40分頃、12Rが16時30分頃に締切予定なので、午前中から夕方までレースを楽しめるぞ。

予想オヤジ

ボートレース甲子園2024は、2024年7月10日~7月15日に開催だ!

ボートレース甲子園2024の開催場は三重県の津競艇場

津競艇場

ボートレース甲子園2024の開催場は、三重県津市にある津競艇場(ボートレース津)だ。

津競艇場でボートレース甲子園が開催されるのは初めてだな。

そもそも、ボートレース甲子園は2019年に開設されて、複数開催された競艇場はない。

また、津競艇場の直近のビッグレースは2023年8月のレディースチャンピオンだ。

約1年ぶりとなるビッグレース開催なので、近くに住んでいる方はぜひ現地観戦してみてくれ。

予想オヤジ

ボートレース甲子園2024は、三重県の津競艇場で開催だ!

ボートレース甲子園2024の出場選手は?

ボートレース甲子園2024の出場選手

ボートレース甲子園の主な出場選手は、選手の出身地ごとに分けた各都道府県の代表者だ。

選手名、支部、級別、勝率、選出理由を下の表にまとめたぞ。

また、選考勝率の上位20%を赤太字にしたので、実力上位の選手として覚えておこう。

ボートレース甲子園2024にはA1級38名、A2級8名、B1級6名が出場する。

A2級やB1級の選手は実力が低いことが多いので、舟券に入れるかは慎重に検討してみてくれ。

予想オヤジ

下の表は、見出しの「▲▼」で並べ替えもできるぞ!

選手名支部級別勝率選出理由
孫崎百世滋賀A25.02北海道の代表者
鹿島敏弘群馬B15.05青森県の代表者
菊地孝平静岡A17.63岩手県の代表者
佐竹友樹埼玉B15.14宮城県の代表者
高橋直哉東京B14.59秋田県の代表者
多田有佑東京B14.57山形県の代表者
中田竜太埼玉A16.79福島県の代表者
向後龍一埼玉A25.97茨城県の代表者
秋元哲埼玉A16.67栃木県の代表者
毒島誠群馬A17.78群馬県の代表者
佐藤翼埼玉A17.22埼玉県の代表者
石渡鉄兵東京A16.85千葉県の代表者
宮之原輝紀東京A17.54東京都の代表者
長田頼宗東京A16.94神奈川県の代表者
金子和之埼玉A25.81新潟県の代表者
小林泰東京A25.71山梨県の代表者
金児隆太群馬A25.92長野県の代表者
野中一平愛知A17.11岐阜県の代表者
深谷知博静岡A16.87静岡県の代表者
磯部誠愛知A17.29愛知県の代表者
豊田健士郎三重A16.74三重県の代表者
今井美亜福井A25.63富山県の代表者
下出卓矢福井A16.29石川県の代表者
中島孝平福井A16.94福井県の代表者
遠藤エミ滋賀A16.93滋賀県の代表者
馬場貴也滋賀A17.73京都府の代表者
上條暢嵩大阪A17.52大阪府の代表者
吉川元浩兵庫A17.61兵庫県の代表者
太田和美大阪A16.9奈良県の代表者
立具敬司大阪B13.98和歌山県の代表者
田村隆信徳島A16.53徳島県の代表者
重成一人香川A16.78香川県の代表者
竹田和哉香川A16.55愛媛県の代表者
片岡雅裕香川A16.67高知県の代表者
村岡賢人岡山A16.82鳥取県の代表者
西島義則広島A16.33島根県の代表者
茅原悠紀岡山A18.15岡山県の代表者
山口剛広島A17.95広島県の代表者
白井英治山口A17.90山口県の代表者
羽野直也福岡A17.54福岡県の代表者
峰竜太佐賀A18.48佐賀県の代表者
桑原悠長崎A16.52長崎県の代表者
中亮太福岡A16.43熊本県の代表者
佐藤謙史朗福岡B14.68大分県の代表者
池永太福岡A17.09宮崎県の代表者
木場悠介長崎A25.51鹿児島県の代表者
前川守嗣福岡A25.21沖縄県の代表者
椎名豊群馬A16.91施行者の推薦者
池田浩二愛知A18.08施行者の推薦者
松井繁大阪A17.12施行者の推薦者
吉田拡郎岡山A17.01施行者の推薦者
前田将太福岡A17.32施行者の推薦者

敬称略

勝率の集計期間:2023年5月1日~2024年4月30日

予想オヤジ

ここからは、ボートレース甲子園2024の注目選手を紹介するぞ!

ボートレース甲子園2024では「豊田健士郎」選手が地元代表

豊田健士郎

出典:https://www.boatrace.jp/

データは2024年7月4日時点

ボートレース甲子園2024の注目選手の1人目は、地元である三重県代表の「豊田健士郎」選手だ。

豊田選手は、出身地が三重県で、現在も三重支部に所属しているA1級選手だな。

G2以上の優勝経験はまだないが、2024年6月中旬のG3イースタンヤングを優勝しているぞ。

さらに、津競艇場の一般戦も、2023年に3回、2024年に1回も優勝している。

津競艇場は強い風が吹くと水面が荒れるので、強風の日は豊田選手を狙うのもありかもしれないな。

予想オヤジ

「豊田健士郎」選手は、地元である三重県の代表選手だ!

ボートレース甲子園2024では「峰竜太」選手がドリーム戦1号艇

峰竜太

出典:https://www.boatrace.jp/

データは2024年7月4日時点

ボートレース甲子園2024の注目選手の2人目は、ドリーム戦1号艇で出場する「峰竜太」選手だ。

ドリーム戦には、各地区における前年の獲得賞金ランキング上位者が主に出場する。

峰選手は2023年の獲得賞金ランキング2位で、初日のドリーム戦1号艇を手に入れているぞ

さらに、峰選手は、2023年4月中旬に津競艇場のG1周年記念を優勝している。

2024年も浜名湖G1と芦屋G1をすでに優勝しているので、第2回以来となる2回目の優勝に期待だ。

予想オヤジ

峰竜太」選手は、ドリーム戦1号艇を手に入れた実力者だな!

※:獲得賞金ランキング1位の「石野貴之」選手は出場せず

ボートレース甲子園2024では「多田有佑」選手が6連続出場

多田有佑

出典:https://www.boatrace.jp/

データは2024年7月4日時点

ボートレース甲子園2024の注目選手の3人目は、第1回大会から6連続出場の「多田有佑」選手だ。

この記事を書いた2024年7月4日時点では、山形県出身の選手は多田選手しかいない。

そのため、多田選手がB1級以上を維持する限り、ボートレース甲子園には必ず選出されるぞ。

多田選手は2006年以降はずっとB1級で、一般戦を中心に出場している。

しかし、過去のボートレース甲子園でも舟券に絡むことはあったので、穴狙いなら狙ってみてくれ。

予想オヤジ

「多田有佑」選手は、山形県代表のB1級選手だな!

ボートレース甲子園2024の津競艇での予想のコツは?

ボートレース甲子園2024の予想のコツ

ボートレース甲子園2024の津競艇場での予想のコツは、1コースの1~3着を重視することだ。

また、選手の勝率差やB1級選手の活躍に注目することもポイントだな。

さらに、選手の前づけを警戒したり、モーター2連率の高い艇に注目したりしてみよう。

競艇で稼ぐためには、期待値(的中率×オッズ)の高い買い目を買うの良い。

買い目ごとの的中率を考えつつ、オッズを確認してから、期待値の高い舟券を買ってみてくれ。

ボートレース甲子園2024の予想のコツ
  • 1コースの1~3着を重視する
  • 選手の勝率差に注意する
  • B1級選手を狙うかを慎重に考える
  • 選手の前づけを警戒する
  • モーター2連率を予想に活かす
予想オヤジ

予想のコツをマスターして、プラス収支を目指してみてくれ!

ボートレース甲子園2024では1コースの1~3着を重視する

レース結果の傾向

出典:https://www.boatrace.jp/

ボートレース甲子園2024の予想のコツの1つ目は、1コースの艇の1~3着を重視することだ。

これは、津競艇場の1コース1着率が全国平均よりも少し高いからだな。

1コースの艇が1着をとれなくても、2・3着には残りやすいので、舟券には入れておこう。

ただし、津競艇場の1コース1着率は、シード番組に引っ張られている部分もある。

1号艇の選手やモーターに不安があるときは、1号艇以外の1着を狙うことも検討してみてくれ。

予想オヤジ

ボートレース甲子園では、基本的には1コースの1~3着が狙い目だ!

また、津競艇場では、2コースの1着率は全国平均並みだが、2コースの2・3連率はかなり高い。

そのため、2コースの艇については、2・3着で買っておくのがおすすめだな。

逆に、津競艇場の5コースの1着率と2・3連率は偏差値40未満で、全国平均よりかなり低い。

そのため、5コースの艇の選手やモーターが良くても、過信は禁物だぞ。

最終的には、選手やモーターの強さやオッズまで踏まえて、稼ぎやすい買い目を買ってみてくれ。

予想オヤジ

的中率だけでなく、オッズも考えると稼ぎやすくなるぞ!

津の看板選手である新田雄史が「夏は荒れないから逃げやすくなる。水面のサイズ的に広すぎず狭すぎずだから、外コースでも伸びに寄せれば勝負になる」と、単なる逃げ差し水面ではないことを強調。

引用:G2 第6回全国ボートレース甲子園

ボートレース甲子園2024では選手の勝率差に注意する

選手の勝率差

出典:https://www.boatrace.jp/

上の出走表はボートレース甲子園2023

ボートレース甲子園2024の予想のコツの2つ目は、選手の勝率差に注意して予想することだ。

これは、ボートレース甲子園には、A2級やB1級の選手も出場するからだな。

勝率が最も高いのは「峰竜太」選手の8.48、最も低いのは「立具敬司」選手の3.98だぞ。

この2名の勝率差は4.50もあるので、明らかな実力差があると言えるだろう。

他にも、A2級選手が8名、B1級選手が6名出場するので、選手の勝率差には注意してみてくれ。

予想オヤジ

ボートレース甲子園では、選手の勝率差が大きいぞ!

選手の勝率差を見るときは、勝率差が2.00以上あるなら、明らかな実力差があると考えていい。

1号艇の選手の勝率が明らかに低いときは、1号艇以外の1着も検討してみよう。

次に、選手の勝率差が0.50~2.00なら、その2名は実力差が少しあると考えるのがおすすめだ。

このくらいの実力差なら、コースやモーターによっては逆転できることもあるぞ。

最後に、選手の勝率差が0.50未満なら、その2名はほとんど同じ実力だと考えて予想してみてくれ。

予想オヤジ

選手の勝率差を計算して、だいたいの実力差を把握しよう!

ボートレース甲子園2024ではB1級選手を狙うかを慎重に考える

B1級選手の3着

出典:https://www.boatrace.jp/

ボートレース甲子園2024の予想のコツの3つ目は、B1級選手を狙うかを慎重に考えることだ。

これは、B1級選手を上手く狙うと、高いオッズを狙いやすくなるからだな。

具体的に、ボートレース甲子園2024に出場するB1級選手は、下記の6名となっているぞ。

  • 「鹿島敏弘」選手
  • 「佐竹友樹」選手
  • 「高橋直哉」選手
  • 「多田有佑」選手
  • 「立具敬司」選手
  • 「佐藤謙史朗」選手

例えば「多田有佑」選手は、ボートレース甲子園2023の2日目に2コースから3着をとっている。

このときの三連単は13番人気の38.4倍で、美味しいオッズが付いていたぞ。

しかし、ボートレース甲子園2023の5日目には、1コースから着外となってしまっているな。

このように、B1級選手は1号艇で着外もあれば、2~3号艇で3着以内もある。

一緒に出場する選手、コース別1着率や2・3連率などを踏まえて、舟券に入れるかを考えてくれ。

予想オヤジ

ボートレース甲子園では、B1級選手の走りに注目しよう!

ボートレース甲子園2024では選手の前づけを警戒する

津競艇場の新競技棟

出典:ボートレース津オフィシャルサイト

ボートレース甲子園2024の予想のコツの4つ目は、選手の前づけを警戒して予想することだ。

これは、津競艇場では、2023年12月に新競技棟が完成したからだな。

新競技棟の工事中は予備ピットを使っていて、ピットと2マークの距離が90mしかなかった。

しかし、新競技棟の完成後は、本番ピットと2マークの距離が106mに伸びたぞ。

津競艇場は、以前は枠なり進入の多い競艇場だったが、今後は前づけが増えるかもしれないな。

予想オヤジ

津競艇場では、新競技棟が完成して前づけしやすくなったぞ!

前づけがあるかどうかは、スタート展示のピット離れやコース取りを確認するのがおすすめだ。

ピット離れが極端に良い艇や悪い艇がいるレースでは、進入隊形が乱れやすい。

特に、向かい風のレースでは、ピット離れの差が出やすくなるので、風向きにも要注意だな。

また、本番の進入隊形は、スタート展示の進入隊形と同じになることが多い。

ただし、助走距離が極端に短くなった場合は、前づけを諦めることやコースを譲ることもあるぞ。

予想オヤジ

ボートレース甲子園では、選手の前づけに注意してみてくれ!

昨年12月に新競技棟が完成。競技棟側の本番ピットは2Mまで106mとなっておりピット離れは必須アイテムだ。昨年8月のレディースC時に使用していた横から飛び出すピットは2M後方へ移動し、強風時に使用する予備ピットとなっている。

引用:G2 第6回全国ボートレース甲子園

ボートレース甲子園2024ではモーター2連率を予想に活かす

ボートレース甲子園2024の注目モーター

出典:G2 第6回全国ボートレース甲子園

ボートレース甲子園2024の予想のコツの5つ目は、モーター2連率から気配を判断することだ。

これは、津競艇場のモーターが2023年12月16日から使用されているからだな。

モーター交換から6か月以上も経っているので、モーター2連率の数値を信頼しやすいぞ。

とはいえ、モーター性能は、選手による直前の整備によっても変わってくる。

モーター2連率を参考にしつつ、最終的には展示タイムや展示航走も確認するのがおすすめだな。

予想オヤジ

モーター2連率が40%以上なら、良いモーターのことが多いぞ!

また、ボートレース甲子園の特設サイトでは、エースモーターとして22号機が紹介されていた。

他にも、59号機もバランスが常に良く、出足とまわり足を中心に上位級らしい。

そのため、モーター抽選で22号機と59号機を引いた選手が誰なのかはチェックしておこう。

一方、46号機と72号機は、モーター2連率が高いわりには近況が良くないようだ。

この2機については、展示タイムやスタート展示を確認して、直前気配をチェックしてみてくれ。

予想オヤジ

時間があれば、特設サイトの好モーターピックアップも確認しよう!

2024年7月10日追記

モーター抽選の結果、22号機は静岡県の「菊地孝平」選手が引いた。

また、59号機は福井県の「下出卓矢」選手が引いたな。

この2名はA1級選手で、モーターも良いので、活躍に期待できるぞ。

まず、押しも押されもせぬエースモーターの22。選手のランクに関係なく仕上がり、文句なしのSクラスと断言できます。59もバランスが常によく、出足と回り足を中心に上位級のパワーを誇っています。逆に、46と72。近況は決して良くありません。平凡なアシで終わることが多く、中堅くらいまでの仕上がりです。BR甲子園までに機力が好転する可能性がないとは言えませんが、現段階では2連率の数字を過信することは禁物。

引用:G2 第6回全国ボートレース甲子園

ボートレース甲子園2024のアクセスやイベントは?

ボートレース甲子園2024のアクセスやイベントなど

ボートレース甲子園2024のアクセスは、無料バスを利用するか、車で行くのがおすすめだ。

現地ではトークショーなどのイベントもあるので、レース以外も楽しめるぞ。

一方、現地に行けない方はネット投票したり、ライブ中継を観戦したりするのも面白い。

その際、YouTube配信をチェックすると一緒に楽しめるだろう。

電話投票キャンペーンでは、現金や限定グッズを抽選でもらえるので、ぜひ参加してみてくれ。

予想オヤジ

ここからは、アクセスやイベントなどについて解説していくぞ!

ボートレース甲子園2024のアクセスは徒歩か無料バスがおすすめ

コメント

コメントする

※コメントは手動で反映しているので、反映までに数日かかることがある。
※俺は平日の時間があるときにブログを確認しているので、土日はコメント反映しないぞ。
※感情的、攻撃的、断定的なコメントは反映しないことがある。
※個人名やメールアドレスなどの個人情報を含むコメントは反映しないことがある。
※コメントの反映基準や活用法についてはコメントポリシーを確認してみてくれ。

目次