ボートレース甲子園2022

全国ボートレース甲子園下関2022|出場選手と予想のコツ

この記事では「全国ボートレース甲子園で勝ちたい!」という方に向けて、

  • レースの基本情報や特徴
  • 出場選手やモーターの見方
  • 具体的な予想のコツ

などを分かりやすくまとめた。

全国ボートレース甲子園は、選手の出身地の都道府県ごとの代表選手が出場するG2競走だ。

2022年は7月5日(火)~7月10日(日)の6日間、山口県の下関競艇場で開催される。

入場に事前申込などは必要ないが、利用上限人数が3,000名と決まっているので注意しよう。

また、下関競艇場は昼と夜で水面状況が変わるので、狙い目を変えることが重要だぞ。

ここからは、開催情報・出場選手・攻略法を解説していくので、ぜひ最後まで読んでみてくれ。

予想オヤジ
予想のコツをチェックして、ボートレース甲子園で勝ち組になろう!

 

ボートレース甲子園とは?

ボートレース甲子園とは

ボートレース甲子園とは、選手の出身地の都道府県ごとの代表選手が出場するG2競走だ。

高校野球の「夏の甲子園」と同じテーマなので、レース名に「甲子園」が付いているわけだな。

また、優勝者に深紅の大優勝旗が渡されるのも、高校野球の甲子園と似ている部分だ。

このように、レース全体の企画が面白いので、歴史は浅いが注目度の高いレースとなっている。

レースを観戦するときは、自分が住んでいる都道府県の選手を応援するのも面白いだろう。

予想オヤジ
競艇の公式サイトやウィキペディアから、基本情報をまとめたぞ!

2019年に新設されたG2競走。B1級以上の選手を出身地別に分け、各都道府県毎に勝率上位5名の中から1名が代表として選出される。加えて、施行者推薦枠として開催場に推薦された選手が出場する。(2019年8月23日時点)

引用:競艇の公式サイト

主催者 各市町村、組合
優勝賞金 450万円
出場資格 都道府県代表(47名)
施行者推薦枠(5名)+予備選手
第1回執行日 2019年(令和元年)7月23日-7月29日
開催時期 7月中旬

参考:ウィキペディア「全国ボートレース甲子園競走」

出場資格を得るのは各都道府県の代表選手

チェックポイント

ボートレース甲子園の選考では、はじめにB1級以上の選手が出身地ごとに分けられる。

その上で、都道府県ごとの勝率上位5名から、出場する代表選手が1名選ばれるぞ。

さらに、開催場に推薦された5名の選手が出場して、全体での出場選手が52名となるな。

都道府県の代表選手には、SG・G1競走で活躍した有名選手が選ばれることが多い。

ただし、都道府県によっては該当者が少なく、勝率が低くても出場できることもあるぞ。

予想オヤジ
ボートレース甲子園には、都道府県ごとの代表選手が集まるのだ!

例えば、出身地が山形県でB1級以上の選手は、東京支部の「多田有佑」しかいない。

多田選手は選考勝率が3.85しかないB1級選手だが、該当者が1名だけなので出場できるぞ。

競艇場のない都道府県は該当者が少なく、出場しやすい傾向がありそうだな。

逆に、福岡県には若松・芦屋・福岡と3つも競艇場があるため、競艇選手を目指す人が多い。

そのため、福岡県出身の選手は多く、他の都道府県よりも出場が難しくなっているぞ。

予想オヤジ
ちなみに、今年の福岡県代表は「瓜生正義」選手だ!

優勝賞金は450万円

勝利した選手

ボートレース甲子園の優勝賞金は450万円で、これは他のG2競走と同じ賞金額だ。

G1競走が1,000万円、SG競走が概ね3,300万円以上なので、安いと感じるかもしれないな。

とはいえ、一般戦の74万円の約6倍だと考えれば、十分に高い賞金額だろう。

また、ボートレース甲子園の優勝者には、重さ8.6kgもある深紅の大優勝旗が贈呈される。

これは20名前後の職人によって制作されていて、100年使っても色あせないらしいぞ。

予想オヤジ
深紅の大優勝旗があるのも、夏の甲子園を真似しているな!

2021年の結果は「毒島誠」選手の優勝

ボートレース甲子園2021の結果

出典:https://www.boatrace.jp/

ボートレース甲子園の2021年の結果は、群馬県代表の「毒島誠」選手の優勝だった。

毒島選手は、このとき「異次元の足」と呼ばれた丸亀64号機に乗っていたぞ。

「選手人生で一番出てるかも……」とコメントするほど、良いモーターだったようだな。

実際に、毒島選手は、優勝戦まで1着5回、2着1回、3着1回の好成績だった。

優勝戦には「峰竜太」選手などの強豪もいたが、当然のように1コースから逃げたぞ。

予想オヤジ
毒島誠」選手はナイターに強いので、今年の開催でも要注意だ!

 

ボートレース甲子園|2022年の開催情報

ボートレース甲子園2022の開催情報

2022年のボートレース甲子園は、7月5日~7月10日に下関競艇場で開催される。

初日~4日目に予選、5日目に準優勝戦、最終日に優勝戦が行われるぞ。

準優勝戦や優勝戦は盛り上がるので、近くに住んでいる方は遊びに行ってみてくれ。

ただし、下関競艇場では、利用上限人数が3,000名と決められている。

おそらく大丈夫だが、確実に入場したい方は早めに現地に行くのがおすすめだな。

予想オヤジ
ここからは、2022年の開催情報を確認していくぞ!

日程は7月5日~7月10日

ボートレース甲子園2022の開催日程

出典:https://www.boatrace.jp/

2022年のボートレース甲子園は、7月5日(火)~7月10日(日)に開催される。

勝ち上がり方式は他のレースと同じで、まずは5日(火)~8日(金)に予選が行われるぞ。

その後、予選での得点率上位18名が9日(土)の準優勝戦に出場する。

最後に、準優勝戦で1・2着をとった6名が10(日)の優勝戦に出場できるな。

準優勝戦と優勝戦は土日に行われるので、現地やライブでレースを観戦してみてくれ。

予想オヤジ
ナイター開催だから、1Rは15時30分頃に出走予定だ!

開催地は佐賀県の下関競艇場

下関競艇場

2022年のボートレース甲子園の開催地は、山口県下関市にある下関競艇場だ。

直近で開催されたSG競走は、2017年のチャレンジカップだな。

このときは「毒島誠」選手が優勝戦1号艇で、1コースから逃げて優勝しているぞ。

また、直近に開催されたビッグレースは、3月下旬の開設67周年記念だ。

「毒島誠」選手はこれも優勝戦3着なので、下関競艇場との相性が良さそうだな。

予想オヤジ
ボートレース甲子園は、SG・G1競走と同じくらい盛り上がるぞ!

利用上限人数は3,000名

ボートレース甲子園2022の利用上限人数

出典:下関競艇場の公式サイト

2022年のボートレース甲子園では、事前抽選による入場制限はかかっていない。

しかし、下関競艇場では、普段から利用上限人数を設定しているようだ。

具体的には、入場者が3,000名を超えると、新たに入場ができなくなるようだな。

とはいえ、これまでのSG競走のように、事前抽選などがないのは良いことだ。

ボートレース甲子園には一流選手も多く出場するので、ぜひ現地に行ってみてくれ。

予想オヤジ
現地に行けない方は、ネット投票やライブ中継でレースを楽しもう!

 

ボートレース甲子園|2022年の出場選手とモーター

ボートレース甲子園2022の選手とモーター

ボートレース甲子園には、選手の出身地の都道府県ごとの代表選手が出場する。

都道府県によっては該当者が少ないため、選手間の実力差は大きいぞ。

例えば、山形県の該当者は「多田有佑」選手しかおらず、勝率は低いが出場が決定している。

また、モーターは約3ヵ月間も使用されていて、力の差が出てきているようだ。

基本的には、2連率40%以上は良いモーター、2連率30%未満は悪いモーターだと判断しよう。

予想オヤジ
ここからは、2022年の出場選手とモーターを確認していくぞ!

出場選手と出身地

ボートレース甲子園2022の出場選手

出典:https://www.boatrace.jp/

2022年のボートレース甲子園の出場選手・全国勝率・選出理由をまとめた。

和歌山県は該当者がいないため、代わりに京都府の「馬場貴也」選手が出場するぞ。

また、下の表では勝率トップ10を赤太字、勝率ワースト10を青太字にした。

勝率トップ10の選手は実力上位の優勝候補なので、選手名を覚えておいてくれ。

予想オヤジ
下の表は、見出しの「▲▼」で並べ替えもできるぞ!
選手名支部級別勝率選出理由
三浦敬太東京A16.48北海道の代表
鹿島敏弘群馬B15.17青森県の代表
菊地孝平静岡A17.18岩手県の代表
萬正嗣群馬A25.29宮城県の代表
高橋直哉東京B14.96秋田県の代表
多田有佑東京B13.85山形県の代表
中田竜太埼玉A16.59福島県の代表
前沢丈史東京A16.82茨城県の代表
金子拓矢群馬A16.69栃木県の代表
毒島誠群馬A18.29群馬県の代表
佐藤翼埼玉A17.08埼玉県の代表
石渡鉄兵東京A16.64千葉県の代表
齊藤仁東京A17.14東京都の代表
大池佑来東京A16.67神奈川県の代表
金子和之埼玉A25.91新潟県の代表
小林泰東京A16.52山梨県の代表
飯山泰東京A26.18長野県の代表
野中一平愛知A26.71岐阜県の代表
坪井康晴静岡A17.14静岡県の代表
平本真之愛知A17.22愛知県の代表
新田雄史三重A17.58三重県の代表
中山将太福井B15.26富山県の代表
今垣光太郎福井A17.52石川県の代表
中島孝平福井A17.26福井県の代表
遠藤エミ滋賀A17.16滋賀県の代表
丸野一樹滋賀A16.98京都府の代表
秦英悟大阪A17.37大阪府の代表
稲田浩二兵庫A17.05兵庫県の代表
太田和美大阪A17.10奈良県の代表
馬場貴也滋賀A17.70和歌山県の代表の代理(京都府出身)
田村隆信徳島A17.23徳島県の代表
平山智加香川A16.75香川県の代表
平高奈菜香川A17.27愛媛県の代表
片岡雅裕香川A16.91高知県の代表
村岡賢人岡山A26.33鳥取県の代表
西島義則広島A16.58島根県の代表
茅原悠紀岡山A17.50岡山県の代表
辻栄蔵広島A17.49広島県の代表
白井英治山口A18.08山口県の代表
瓜生正義福岡A17.57福岡県の代表
上野真之介佐賀A17.49佐賀県の代表
桑原悠長崎A16.74長崎県の代表
岩崎芳美徳島A26.03熊本県の代表
渡辺浩司福岡A16.84大分県の代表
松崎祐太郎福岡A16.86宮崎県の代表
藤崎小百合福岡A16.00鹿児島県の代表
前川守嗣福岡B15.26沖縄県の代表
秋山直之群馬A17.10施行者の推薦(群馬県出身)
深谷知博静岡A17.16施行者の推薦(静岡県出身)
西村拓也大阪A17.33施行者の推薦(大阪府出身)
前本泰和広島A17.67施行者の推薦(広島県出身)
羽野直也福岡A17.57施行者の推薦(福岡県出身)

敬称略
勝率の集計期間:2021年5月1日~2022年4月30日
データ:https://www.boatrace.jp/

ボートレース甲子園では、選手間の実力差がSG・G1競走より大きくなっている。

これは、都道府県によって、該当者の強さにバラツキがあるからだな。

例えば、山形県出身のB1級選手は「多田有佑」選手しかおらず、勝率は3.85となっている。

一方「毒島誠」選手や「白井英治」選手といった勝率8.00以上の選手も出場するぞ。

勝率6.00未満の選手が1号艇のレースでは、1号艇以外の1着も検討するのがおすすめだ。

予想オヤジ
ボートレース甲子園には、明らかに勝率の低い選手が何名がいるぞ!

注目モーターは26・50・54・45号機

モーター

2022年のボートレース甲子園のモーターは、交換されてから約3ヵ月間も使用されている。

使用期間が長いので、モーター2連率の数値をある程度は信用しても良さそうだ。

基本的には、2連率が40%以上なら良いモーター、30%未満なら悪いモーターだと思っておこう。

ただし、モーター性能の良し悪しは、選手の調整によってレース直前まで変わる。

そのため、最終的には、展示航走・展示タイム・選手コメントも合わせて判断してみてくれ。

予想オヤジ
モーターの見方については、競艇 モーターの記事にもまとめているぞ!

また、特設サイトには、26・50・54・45号機が注目モーターと書かれていた。

このうち、26・50・45号機は2連率が高いので、数値通りの結果が期待できそうだな。

一方、54号機は2連率は普通だが、温水パイプが外れてから上昇気配らしいぞ。

他の競艇ファンが注目する前に買えれば、高配当を狙いやすいだろう。

特設サイトのモーター評価表も後日公開予定なので、よかったら確認してみてくれ。

予想オヤジ
モーター性能を見極めるときは、特設サイトも参考にしよう!

 

ボートレース甲子園|2022年の予想のコツ

ボートレース甲子園2022の予想のコツ

2022年のボートレース甲子園を攻略するには、下関競艇場の特徴を押さえることが重要だ。

また、出場条件によって出場選手の傾向が変わることも、予想に活かせる要素だな。

ここからは、2022年のボートレース甲子園の予想のコツとして、以下の4つを解説していく。

ぜひマスターして、ボートレース甲子園での的中率と回収率アップに役立ててみてくれ。

ボートレース甲子園の予想のコツ

  • 1コースの1着を信頼しすぎない
  • 水面状況によって狙い目を変える
  • 選手の強さのイメージを把握する
  • 進入隊形を予想する
予想オヤジ
4つのコツを覚えて、ボートレース甲子園でプラス収支を勝ち取ろう!

1コースの1着を信頼しすぎない

1号艇の1着

出典:https://www.boatrace.jp/

ボートレース甲子園の予想のコツの1つ目は、1コースの1着を信頼しすぎないことだ。

これは、下関競艇場では、夏季は1コースの1着率が下がるからだな。

競艇の公式サイトから、コース別1着率を季節ごとにまとめたので確認してくれ。

春季 夏季 秋季 冬季
1コース 67.9% 55.5% 61.4% 61.6%
2コース 13.6% 12.3% 10.7% 11.1%
3コース 7.7% 13.3% 9.1% 11.0%
4コース 6.8% 11.1% 11.3% 7.1%
5コース 3.2% 6.4% 6.0% 8.4%
6コース 2.3% 2.5% 2.0% 1.4%

データ:https://www.boatrace.jp/
集計期間:2021年6月1日~2022年5月31日

上の表から、夏季は他の季節と比べて、1コースの1着率が5%以上も低いことがわかる。

そのため、普段と同じ感覚で1コースの1着ばかりを買うと、痛い目を見ることになるだろう。

一方、夏季は1コースの1着率が下がった分だけ、2~5コースの1着率が上がっている。

なので、1号艇の選手やモーターに不安があるときは、2~5コースの1着も検討してみてくれ。

予想オヤジ
夏季の下関競艇場では、2~5コースの1着が狙い目だ!

水面状況によって狙い目を変える

水面気象情報

出典:https://www.boatrace.jp/

ボートレース甲子園の予想のコツの2つ目は、水面状況によって狙い目を変えることだ。

これは、下関競艇場が通年ナイター開催であり、風の影響も大きいからだな。

具体的には、日没後のレースでは、モーターの出足が良くなって1コースの1着率が高くなる。

また、風の影響については、コースごとに狙い目となる条件を下の表にまとめたぞ。

風向きと風の強さ
1コース 風速3m以下、左横風、右横風
2コース 追い風4m以上、向かい風4m以上、右横風
3コース 追い風4m以上、左横風
4コース 向かい風4m以上
5コース 追い風7m以上
6コース 向かい風7m以上

ちなみに、下関競艇場は海水の水面だが、1マーク側に堤防があるので潮の影響は小さい。

さらに、ボートレース甲子園の開催期間は、潮回りが大潮の日はなかったぞ。

そのため、ボートレース甲子園では、潮の影響はあまり考えなくても良さそうだな。

予想オヤジ
風速3m以下なら鉄板狙い、風速4m以上なら穴狙いをしてみよう!

選手の強さのイメージを把握する

毒島誠

出典:https://www.boatrace.jp/

ボートレース甲子園の予想のコツの3つ目は、選手の強さのイメージを把握することだ。

これは、ボートレース甲子園では、選手の実力にバラツキがあるからだな。

実際に、出場選手のなかで、勝率が高い2名・中間の2名・低い2名のコース別1着率を見てみよう。

選手名 勝率 1コース 2コース 3コース 4コース
毒島誠 8.20 80.6% 25.0% 45.8% 38.4%
白井英治 7.75 83.3% 20.8% 26.3% 25.0%
稲田浩二 6.84 76.9% 23.8% 14.8% 20.8%
丸野一樹 6.76 76.0% 8.7% 26.0% 5.2%
萬正嗣 5.49 68.7% 6.6% 5.5% 0.0%
高橋直哉 5.03 50.0% 8.7% 5.5% 5.8%

データ:艇国データバンク
集計期間:2021年11月1日~2022年4月30日
敬称略

上の表から、勝率7.50以上の選手は、どのコースからでも1着を狙えることがわかる。

一方、勝率6.00未満の選手は、有利な1コースでも1着をとれないことがあるぞ。

その中間の選手は、1コースなら信頼できて、2~4コースでも1着のチャンスがありそうだ。

このような感覚を持っていると、選手の勝率から実力を判断しやすくなるだろう。

さらに、選手ごとの得意コース・苦手コースまで調べると、予想の精度が高くなるぞ。

予想オヤジ
選手のコース別1着率は、ボートレース日和で確認するのがおすすめだ!

また、上の表では、毒島選手の3コース1着率と高橋選手の1コース1着率はどちらも約50%だ。

しかし、実際のレースで1号艇が高橋選手、3号艇が毒島選手なら、毒島選手が勝つだろう。

なぜなら、毒島選手はA1級選手と戦うことが多いなかで、3コース1着率が約50%もあるからだ。

一方、高橋選手はB1級選手と戦うことが多いにも関わらず、1コース1着率が50%しかない。

このように、単純な数値は同じだとしても、数値の意味まで考えると予想の精度が上がるぞ。

予想オヤジ
A1級選手とB1級選手では主戦場が違うから、数値の意味も変わってくるのだ!

進入隊形を予想する

進入隊形

出典:https://www.boatrace.jp/

ボートレース甲子園の予想のコツの4つ目は、本番のレースの進入隊形を予想することだ。

これは、下関競艇場はピットと2マークが離れていて、前づけしやすいからだな。

また、ボートレース甲子園は選手間の実力差が大きいため、進入隊形が乱れやすくなるぞ。

例えば、6号艇がA1級選手、5号艇がB1級選手なら、A1級選手が5コースをとりやすい。

予想するときは、スタート展示の進入隊形を確認して、本番の進入隊形を考えてみてくれ。

予想オヤジ
本番の進入隊形は、スタート展示の進入隊形と同じになりやすいぞ!

ただし、状況によっては、本番の進入隊形がスタート展示の進入隊形と変わることもある。

例えば、ある艇がスタート展示で前づけしたが、他の艇に思ったよりも抵抗されたとするぞ。

このままでは、前づけした艇も抵抗した艇も、本番のレースで進入が深くなってしまう。

共倒れになるのは避けたいので、この艇は本番のレースでは前づけをしない可能性があるのだ。

逆に、前づけに抵抗した艇が、本番のレースでは抵抗せずにコースを譲る可能性もあるな。

予想オヤジ
進入予想については、競艇 進入予想の記事も読んでみてくれ!

 

ボートレース甲子園|2022年の現地観戦とネット投票

ボートレース甲子園2022の現地観戦とネット投票
2022年のボートレース甲子園は、7月5日~10日に山口県の下関競艇場で開催される。

ボートレース甲子園は人気のあるG2競走なので、よかったら現地に遊びに行ってみてくれ。

ただし、入場制限があるので、確実に入場したい方は早めに行くのがおすすめだ。

また、現地に行けない方は、ネット投票とライブ中継でレースを楽しむのもおすすめだな。

ここからは、ボートレース甲子園の現地観戦とネット投票について解説していくぞ。

予想オヤジ
白熱したレースを一緒に楽しもう!

アクセスは車か電車がおすすめ

2022年のボートレース甲子園では、下関競艇場まで車か電車で行くのがおすすめだ。

下関競艇場に行くための主なアクセス方法をまとめたぞ。

下関競艇場への主なアクセス方法

【車でのアクセス】

下関IC(中国自動車道)から約15分

小月IC(中国自動車道)から約15分

【電車でのアクセス】

長府駅(JR)から徒歩約3分

下関駅(JR)から無料バス約30分

下関駅からの無料バスは、ボートレース甲子園に合わせて臨時で増便される。

普段は13時36分発だけだが、13時02分発と14時02分発もあるみたいだぞ。

帰りも現地から下関駅まで利用できるので、電車で行く場合は利用してみてくれ。

また、無料駐車場には約1,300台も駐車できるので、車で行くのもありだな。

予想オヤジ
詳しくは、下関競艇場のアクセスガイドをチェックしてみてくれ!

イベントはライブ配信や抽選会

ボートレース甲子園2022のライブ配信

出典:ボートレース甲子園の特設サイト

2022年のボートレース甲子園では、初日から最終日までYouTubeでライブ配信が行われる。

司会は元選手の「芦村幸香」さんで、7Rからは豪華ゲストも登場するぞ。

予想にそのまま乗っかっても稼げないとは思うが、自分の予想と比べるのも面白いだろう。

また、現地では、オリジナルTシャツなどが当たる抽選会が行われたりもする。

9・10日にはお笑いライブやトークイベントもあるので、よかったら見に行ってみてくれ。

予想オヤジ
詳しくは、下関競艇場のイベント・ファンサービスをチェックしてみてくれ!

キャンペーンで豪華景品をゲット

ボートレース甲子園2022のキャンペーン

出典:電話投票キャンペーン

2022年のボートレース甲子園では、総額500万円!!電話投票キャンペーンが開催される。

このキャンペーンでは、ネット投票の投票金額に応じて抽選でキャッシュバックが当たるぞ。

また、下関競艇場では、普段から賞金総額5,000万円電投キャンペーンが開催されている。

こちらもネット投票の投票金額に応じて、抽選でキャッシュバックが当たるようだな。

どちらのキャンペーンも無料登録できるので、ネット投票をする方はぜひ活用してみてくれ。

予想オヤジ
詳しくは、それぞれのキャンペーンページを確認だ!

ライブ中継はボートキャストが便利

ボートキャスト

出典:ボートキャスト

2022年のボートレース甲子園のライブ中継を見るには、ボートキャストが便利だ。

ボートキャストは競艇の公式Web映像サービスで、サイトにアクセスするだけで動画を楽しめる。

ライブ中継だけでなく、リプレイや選手の紹介動画もあるのが便利なところだな。

会員登録などの面倒な手続きもなく、利用料などもかからないのでぜひ利用してみてくれ。

予想オヤジ
競艇のレースをネット観戦するなら、ボートキャストがおすすめだ!

 

ボートレース甲子園|2022年のまとめ

ボートレース甲子園2022のまとめ

2022年のボートレース甲子園については、この5つがポイントだ。

  • 都道府県ごとの代表選手が出場
  • 下関で7月5日~10日にナイター開催
  • 入場できるのは先着3,000名
  • 選手間の実力差が大きい
  • 注目モーターは26・50・54・45号機

また、予想するときは1コース以外の1着、水面状況、選手の強さ、進入隊形の4つに注意しよう。

ボートレース甲子園は、高校野球の甲子園に負けないくらい熱いレースだ。

実力者同士の白熱した戦いが繰り広げられるので、ぜひレースを楽しんでみてくれ。

予想オヤジ
誰が優勝するのか、今から楽しみだな!

 

合わせて読みたい記事

 

コメントについて

この記事について「感想」「要望」「疑問」などがあったら、どんどんコメントしてくれ。

俺もモチベーションが上がるし、今後の記事テーマを決めるための参考にもするぞ。

ただし、イタズラ防止のため、コメントは俺が内容を確認してから手動で反映している。

コメントが反映されるまで数日かかることもあるが、ご了承願いたい。

また、コメントの反映基準や活用法については「コメントポリシー」にまとめているぞ。

予想オヤジの顔

予想親父
大学を卒業後、しばらくはサラリーマンをしていたが、今は福岡で自営業をしているぞ。
約4年前からこのブログで「予想サイトの検証記事」「自力予想のコツ記事」を書いている。
俺は予想サイトでも自力予想でもプラス収支を出しているので、ぜひ参考にしてみてくれ。