ボートレース甲子園とは?2023年の出場選手と予想のコツ

ボートレース甲子園2023
優勝戦の結果は(2023年7月10日追記)

ボートレース甲子園2023では、高知県代表の「片岡雅裕」選手が4コースから優勝した。

片岡選手は得点率9位で準優勝戦3号艇を手に入れ、2着をとって優出したぞ。

その後、優勝戦では4コースから0.06のトップスタートを決めて、まくり差しを狙った。

バック側では1号艇の関選手と並走していたが、1周目1マークで前に出たな。

片岡選手は元高校球児だったらしく、優勝できて嬉しいとインタビューで語っていたぞ。

予想オヤジ

片岡雅裕」選手、優勝おめでとう!

この記事では「ボートレース甲子園で勝ちたい!」という方に向けて、以下の内容をまとめた。

  • レースの基本情報
  • 出場選手や注目モーター
  • 予想のコツと攻略法

ボートレース甲子園は、選手の出身地ごとに全国47都道府県の代表選手が出場するG2競走だ。

2023年は7月4日~7月9日の6日間、兵庫県の尼崎競艇場で開催される。

尼崎競艇場は1コースの1~3着率が高い競艇場なので、普段よりも1コースの艇を重視しよう。

また、B1級選手が何名か出場するので、穴狙いのチャンスもあるぞ。

ここからは、2023年の出場選手や予想のコツを解説するので、ぜひ最後まで読んでみてくれ。

予想オヤジ

予想のコツをチェックして、ボートレース甲子園で勝ち組になろう!

お知らせ

俺は普段は攻略記事を開催前に書くが、ボートレース甲子園は開催中の記事公開となった。

遅れたのは他にも書きたい記事があったからで、理解してくれると助かるぞ。

ボートレース甲子園は7月9日まで開催されているので、よかったら参考にしてみてくれ。

目次

ボートレース甲子園とは?

ボートレース甲子園とは

ボートレース甲子園とは、選手の出身地ごとに全国47都道府県の代表選手が出場するG2競走だ。

高校野球の夏の甲子園がモチーフで、優勝者には深紅の大優勝旗が贈呈されるぞ。

レースのグレードはG2だが、普段はSG競走に出場している選手がかなり多く出場している。

一方、出身者がいない都道府県では、B1級選手が代表選手になることもあるな。

選手間の実力差が大きいので、ボートレース甲子園では選手の勝率をしっかり確認してみてくれ。

予想オヤジ

ボートレース甲子園は、全国47都道府県の代表選手が集まるG2競走だ!

2019年に新設されたG2競走。B1級以上の選手を出身地別に分け、各都道府県毎に勝率上位5名の中から1名が代表として選出される。加えて、施行者推薦枠として開催場に推薦された選手が出場する。(2019年8月23日時点)

引用:BOAT RACE オフィシャルウェブサイト

項目内容
主催者各市町、組合、企業団
優勝賞金450万円
出場資格本文参照
第1回執行日2019年(令和元年)7月23日 - 7月29日
開催地ボートレース尼崎
開催時期7月中旬

参考:全国ボートレース甲子園競走-Wikipedia

ボートレース甲子園の出場条件は各都道府県の代表選手になること

チェックポイント

ボートレース甲子園の出場条件は、選手の出身地ごとの都道府県の代表選手になることだ。

具体的には、はじめにB1級以上の選手が出身都道府県別に振り分けられるぞ。

振り分け後、各都道府県の過去1年間の勝率上位5名から、競走会が出場者を1名選出する。

これに施行者推薦枠の5名を加えて、合計52名の選手が出場資格を得るのだ。

各都道府県の代表選手には、普段はSG・G1競走で活躍しているような実力者が選ばれやすい。

しかし、出身者がいない都道府県では、B1級選手が代表選手になることもあるな。

選手間の実力差が大きいので、ボートレース甲子園では選手の勝率をしっかり確認しよう。

予想オヤジ

ボートレース甲子園には、全国47都道府県の代表選手が出場するぞ!

ボートレース甲子園では賞金と優勝旗が贈呈される

勝利した選手

ボートレース甲子園の優勝賞金は450万円で、出場する選手が豪華なわりには安くなっている。

例えば、G1競走の優勝賞金は1,000万円以上なので、その半分未満の金額だな。

また、ボートレース甲子園の優勝者には、重さ8.6kgもある深紅の大優勝旗が贈呈される。

これは20名前後の職人によって作られ、100年使っても色あせないらしいぞ。

さらに、優勝者にはボートレースクラシックとBBCトーナメントの優先出場権も与えられるな。

予想オヤジ

深紅の大優勝旗は、高校野球の夏の甲子園を真似しているぞ!

ボートレース甲子園の歴代優勝者は4名

競艇のSG2022

ボートレース甲子園の歴代優勝者は、2019年の「今垣光太郎」選手から数えて4名しかいない。

下の表に、これまでの4名の優勝者をまとめたぞ。

開催年優勝者出身開催場決まり手
2022年深谷知博静岡下関逃げ
2021年毒島誠群馬丸亀逃げ
2020年峰竜太佐賀三国まくり差し
2019年今垣光太郎石川浜名湖まくり

敬称略

このうち、ボートレース甲子園2023にも出場するのは「深谷知博」選手と「今垣光太郎」選手だ。

しかし、今垣選手はこの記事を書いている7月6日時点で途中帰郷となっていたぞ。

また、深谷選手も3日目までの5走で、5着、4着、2着、6着、4着なので準優勝戦は厳しそうだ。

予想オヤジ

ボートレース甲子園2023では、歴代優勝者は活躍しなさそうだな!

ボートレース甲子園2022の結果は「深谷知博」選手の優勝

ボートレース甲子園2022の結果

出典:https://www.boatrace.jp/

ボートレース甲子園2022の優勝戦の結果は、静岡県の「深谷知博」選手の1着だった。

深谷選手は1着4回、2着2回、4着1回の好成績で優勝戦1号艇を手に入れたな。

優勝戦では「白井英治」選手が2コースに前づけして「162/345」の進入隊形になったぞ。

しかし、深谷選手は好スタートを決めて先マイし、見事に逃げ切った。

ボートレース甲子園2023の前半戦は活躍していないので、後半戦の復活に期待したい。

予想オヤジ

ボートレース甲子園2022は「深谷知博」選手が優勝したぞ!

ボートレース甲子園2023の日程、開催場、入場制限

ボートレース甲子園2023の開催情報

ボートレース甲子園2023は、2023年7月4日~7月9日に兵庫県の尼崎競艇場で開催される。

尼崎競艇場でボートレース甲子園が開催されるのは初めてだな。

準優勝戦は土曜日、優勝戦は日曜日なので、現地やライブ中継でレースを観戦してみてくれ。

また、この記事を書いている2023年7月6日時点では、入場制限はなかった。

現地ではイベントなども行われるので、近くに住んでいる方は遊びに行くのもおすすめだ。

予想オヤジ

ここからは、2023年の日程、開催場、入場制限を確認していくぞ!

ボートレース甲子園2023の開催日程は7月4日~7月9日

レースの時間帯

ボートレース甲子園2023の開催日程は、2023年7月4日(火)~7月9日(日)の6日間だ。

初日~4日目が予選、5日目が準優勝戦、最終日が優勝戦だな。

準優勝戦が土曜日、優勝戦が日曜日に行われるので、現地やライブ中継で観戦しよう。

また、ボートレース甲子園2023はデイレースで開催される。

1Rが10時40分頃、12Rが16時30分頃に出走予定なので、ぜひレースを観戦してみてくれ。

予想オヤジ

ボートレース甲子園2023は、7月4日~7月9日の6日間で開催だ!

ボートレース甲子園2023の開催場は尼崎競艇場

尼崎競艇場の特徴

ボートレース甲子園2023の開催場は、兵庫県尼崎市にある尼崎競艇場(ボートレース尼崎)だ。

尼崎競艇場でボートレース甲子園が開催されるのは初めてだな。

また、尼崎競艇場で直近に開催されたビッグレースは、2022年10月上旬のG1周年記念競走だ。

このとき優出した「椎名豊」選手や「桐生順平」選手には注目したい。

ただし、尼崎競艇場のモーターは2023年4月11日に交換されて、このときとは違うので注意だぞ。

予想オヤジ

ボートレース甲子園2023は、兵庫県の尼崎競艇場で開催されるな!

ボートレース甲子園2023の入場制限はなし

マル

ボートレース甲子園2023の入場制限は、この記事を書いている7月6日時点ではなかった。

そのため、近くに住んでいる方は、よかったら現地に遊びに行ってみてくれ。

ただし、G2競走は入場者数がかなり多いので、気になる方はマスクを持っていこう。

また、選手インタビューやトークショーなども、特に制限なく参加できそうだ。

せっかく現地観戦に行くなら、こういった現地だけのイベントを楽しむのもおすすめだぞ。

予想オヤジ

ボートレース甲子園2023では、入場制限はなさそうだな!

ボートレース甲子園2023の出場選手とモーター

ボートレース甲子園2023の出場選手とモーター

ボートレース甲子園2023の出場選手は、選手の出身地ごとの全国47都道府県の代表選手だ。

代表選手に選ばれるのは実力者が多いので、白熱したレースになるぞ。

全国勝率トップ3は「池田浩二」選手、「茅原悠紀」選手、「馬場貴也」選手の3名だな。

また、尼崎競艇場のモーターは交換されてから約3ヵ月間使用されている。

モーター2連率の数値をある程度は信用できるので、舟券を買うときは確認しておいてくれ。

予想オヤジ

ここからは、2023年の出場選手とモーターを確認していくぞ!

ボートレース甲子園2023の出場選手は下記52名

ボートレース甲子園2023の出場選手

出典:https://www.boatrace.jp/

ボートレース甲子園2023の出場選手は、選手の出身地ごとの全国47都道府県の代表選手だ。

下の表に、選手名、支部、級別、勝率、選出理由をまとめた。

選出理由には出身地をまとめたので、自分が住んでいる都道府県の選手を応援してみよう。

予想オヤジ

下の表は、見出しの「▲▼」で並べ替えもできるぞ!

選手名支部級別勝率選出理由
門間雄大東京B1級4.43北海道の代表選手
鹿島敏弘群馬B1級5.33青森県の代表選手
中澤和志埼玉A1級6.67岩手県の代表選手
佐竹友樹埼玉B1級5.08宮城県の代表選手
高橋直哉東京B1級4.80秋田県の代表選手
多田有佑東京B1級4.12山形県の代表選手
桐生順平埼玉A1級7.73福島県の代表選手
倉持莉々東京A1級6.95茨城県の代表選手
金子拓矢群馬A1級6.81栃木県の代表選手
椎名豊群馬A1級7.41群馬県の代表選手
佐藤翼埼玉A1級7.19埼玉県の代表選手
山田哲也東京A1級6.30千葉県の代表選手
濱野谷憲吾東京A1級7.32東京都の代表選手
長田頼宗東京A1級7.09神奈川県の代表選手
生田波美音東京A1級4.31新潟県の代表選手
小林泰東京A1級6.43山梨県の代表選手
飯山泰東京A1級6.42長野県の代表選手
吉田慎二郎愛知A1級5.88岐阜県の代表選手
深谷知博静岡A1級7.32静岡県の代表選手
池田浩二愛知A1級8.26愛知県の代表選手
井口佳典三重A1級7.59三重県の代表選手
今井美亜福井A2級5.31富山県の代表選手
今垣光太郎福井A1級7.44石川県の代表選手
中島孝平福井A1級7.26福井県の代表選手
遠藤エミ滋賀A1級6.78滋賀県の代表選手
馬場貴也滋賀A1級7.78京都府の代表選手
石野貴之大阪A1級7.64大阪府の代表選手
稲田浩二兵庫A1級6.98兵庫県の代表選手
太田和美大阪A1級6.87奈良県の代表選手
立具敬司大阪B1級4.22和歌山県の代表選手
田村隆信徳島A1級6.91徳島県の代表選手
中村晃朋香川A1級6.60香川県の代表選手
石丸海渡香川A1級6.44愛媛県の代表選手
片岡雅裕香川A1級6.97高知県の代表選手
梅原祥平岡山B1級2.27鳥取県の代表選手
西島義則広島A1級7.29島根県の代表選手
茅原悠紀岡山A1級7.88岡山県の代表選手
上平真二広島A1級6.81広島県の代表選手
大峯豊山口A1級7.15山口県の代表選手
前田将太福岡A1級7.42福岡県の代表選手
岡崎恭裕福岡A1級7.32福岡県の代表選手(繰上出場)
宮地元輝佐賀A1級7.26佐賀県の代表選手
下條雄太郎長崎A1級7.15長崎県の代表選手
松村敏福岡A1級6.98熊本県の代表選手
渡辺崇福岡A1級5.25大分県の代表選手
池永太福岡A1級6.97宮崎県の代表選手
木場悠介長崎A2級5.64鹿児島県の代表選手
前川守嗣福岡A2級5.62沖縄県の代表選手
関浩哉群馬A1級7.48施行者推薦枠
磯部誠愛知A1級7.57施行者推薦枠
丸野一樹滋賀A1級6.65施行者推薦枠
田口節子岡山A1級6.99施行者推薦枠
深川真二佐賀A1級7.40施行者推薦枠

敬称略
成績対象期間は2022年5月1日~2023年4月30日

ボートレース甲子園2023には、A1級42名、A2級3名、B1級7名の合計52名の選手が出場する。

G2競走のわりには選手間の実力差が大きいので、予想するときは注意しよう。

B1級の選手のモーターが良さそうなときは、舟券に絡めて穴狙いをするのもおすすめだな。

また、開催場である尼崎競艇場の地元選手は「稲田浩二」選手だけだ。

尼崎競艇場は静水面なので地元有利は小さいが、水面が荒れているときは狙うのもありだな。

予想オヤジ

出身者が少ない都道府県からは、B1級の選手が出場しているぞ!

ボートレース甲子園2023のモーターは2連率から判断

モーター

ボートレース甲子園2023のモーターは、新品に交換されてから約3ヵ月間も使用されている。

使用期間が長いので、モーター2連率の数値をある程度は信用しても良さそうだ。

基本的には、2連率が40%以上なら良いモーター、30%未満なら悪いモーターだと思っておこう。

ただし、モーター性能の良し悪しは、選手の調整によってレース直前まで変わる。

そのため、最終的には展示航走、展示タイム、選手コメントと合わせて気配を判断してくれ。

予想オヤジ

モーターの見方については、競艇 モーターの記事にもまとめているぞ!

また、ボートレース甲子園2023のパンフレットでは、2号機がエースモーターと書かれていた。

モーター抽選で2号機を引き当てたのは、岩手県代表の「中澤和志」選手だな。

中澤選手は3日目までに4走して、3着、2着、2着、1着の好走で、4日目には2走が控えている。

この調子で行けば4日目も良い着順をとり、準優勝戦にも好枠で出場できそうだ。

2019年5月の津G1以来、ビッグレースの優勝はないが、今開催は優勝の可能性もありそうだな。

予想オヤジ

他には、27、24、25、9、57、10号機も注目モーターだったぞ!

ボートレース甲子園2023のドリーム戦は「茅原悠紀」選手の1着

ボートレース甲子園2023のドリーム戦の結果

出典:https://www.boatrace.jp/

ボートレース甲子園2023のドリーム戦は、2号艇の茅原選手が2コースから差して1着をとった。

1号艇の池田選手は好スタートから先マイしたが、ターンが少し流れてしまったな。

茅原選手はそのわずかな隙を突いて差しを入れて、バック側で池田選手と並走していたぞ。

その後、茅原選手が1周目2マークを先に回って池田選手を突き放した。

続いて、池田選手は差されたものの残して2着、4号艇の桐生選手が上手く回って3着をとったな。

予想オヤジ

この3名は3日目の時点で得点率上位なので要注目だな!

ボートレース甲子園2023の尼崎競艇での予想のコツ

ボートレース甲子園2023の予想のコツ

ボートレース甲子園2023の尼崎競艇での予想のコツは、1コースの1~3着を重視することだ。

また、展示タイムを重視したり、風向きを予想に活かしたりすることも重要だな。

さらに、B1級選手の好走を考えることや、5・6日目は鉄板狙いをすることもポイントだぞ。

競艇で稼ぐためには、期待値(的中率×オッズ)の高い買い目を買うの良い。

買い目ごとの的中率を考えつつ、的中率とオッズのバランスの良い買い目を買ってみてくれ。

ボートレース甲子園2023の予想のコツ
  • 1コースの1~3着を重視する
  • 展示タイムが良い艇を重視する
  • 風向きごとに狙い目を変える
  • B1級選手の好走を考える
  • 5・6日目は鉄板狙いをする
予想オヤジ

予想のコツをマスターして、プラス収支を勝ち取ろう!

ボートレース甲子園2023では1コースの1~3着を重視する

尼崎競艇場のレース結果

出典:https://www.boatrace.jp/

ボートレース甲子園2023の予想では、1コースの1~3着を普段より重視するのがおすすめだ。

これは、尼崎競艇場の1コース1着率が60.2%で、全国平均より4.7%も高いからだな。

さらに、1コースの2・3連率も高いので、1コースの艇が1着をとれなくても舟券に絡みやすいぞ。

また、尼崎競艇場はかつてはセンタープールだからセンターが決まると言われていた。

しかし、現在は1コースの1着率が高くなっているので、昔からの競艇ファンは注意してくれ。

予想オヤジ

1コースの1着を買うときは、買い目点数を絞るのがおすすめだな!

ボートレース甲子園2023では展示タイムが良い艇を重視する

尼崎競艇場の展示タイム

出典:ボートレース尼崎 Official Site

ボートレース甲子園2023の予想では、展示タイムが良い艇を普段より重視するのがおすすめだ。

これは、尼崎競艇場の展示タイムは、他の競艇場と測定位置が違うからだな。

伸び足だけでなく、出足・行き足も反映されるので、モーターの直線性能を判断しやすいぞ。

モーターの直線性能が良ければスタートしやすく、ターン後も加速しやすい。

さらに、一周タイムやまわり足タイムも他の艇より良ければ、積極的に舟券に絡めていけるな。

予想オヤジ

尼崎競艇場は静水面だから、モーター性能が重要だぞ!

ボートレース甲子園2023では風向きごとに狙い目を変える

尼崎競艇場の風

出典:https://www.boatrace.jp/

ボートレース甲子園2023の予想では、風向きと風の強さごとに狙い目を変えるのがおすすめだ。

夏の尼崎競艇場は、午前中は穏やかな向かい風が吹いていることが多い。

風速5m以下の向かい風ならレースへの影響が小さいので、1コースの1着を狙っていけるぞ。

一方、午後になると向かい風が強く吹くこともあり、3・4コースの1着率が上がる。

特に、スタート展示から本番までに風速が強くなると、スタートが難しくなるので荒れやすいぞ。

風向きや風速は、現地のモニターや尼崎競艇場の公式サイトで確認できる。

現地に行ったときは、空中線標識の小旗を見て、レース直前まで風の変化を確認してみてくれ。

予想オヤジ

弱い風なら鉄板狙い、強い風なら穴狙いがおすすめだな!

ボートレース甲子園2023ではB1級選手の好走を考える

「多田有佑」選手の好走

出典:https://www.boatrace.jp/

ボートレース甲子園2023の予想では、B1級選手の好走を普段よりも考えるのがおすすめだ。

これは、出身者が少ない都道府県からはB1級選手が出場するからだな。

具体的に、ボートレース甲子園2023に出場しているB1級選手は、下記の7名となっている。

  • 「門間雄大」選手
  • 「鹿島敏弘」選手
  • 「佐竹友樹」選手
  • 「高橋直哉」選手
  • 「多田有佑」選手
  • 「立具敬司」選手
  • 「梅原祥平」選手

このうち「多田有佑」選手は2・3日目に舟券に絡み、美味しいオッズを出してくれたな。

また「梅原祥平」選手も3日目に舟券に絡み、そこそこのオッズを出している。

1号艇の1着を狙いつつ、B1級選手の2・3着を買うだけでも、それなりの払戻金を狙えるぞ。

予想オヤジ

多田選手と梅原選手は、B1級選手のなかでは調子が良さそうだな!

ボートレース甲子園2023では5・6日目は鉄板狙いをする

競艇の鉄板レース

ボートレース甲子園2023の予想では、5・6日目は1~4日目より鉄板狙いをするのがおすすめだ。

まず、準優勝戦や優勝戦では、その節に好成績だった選手から順番に内枠に入る。

有利な内枠に好調な選手が入ることになるので、他のレースよりも鉄板の決着になりやすいぞ。

また、一般競走(いわゆる負け戦)では、選手がスタートで無理をしなくなる。

予選よりも横並びのスタートになりやすいので、内側のコースから順番に舟券に絡みやすいな。

予想オヤジ

今回は記事を書くのが遅れたので、後半戦ならではの戦い方も伝えたぞ!

ボートレース甲子園2023のアクセスやイベントなど

ボートレース甲子園2023のアクセスやイベント

ボートレース甲子園2023のアクセスは、尼崎センタープール前駅から歩くのがおすすめだ。

現地ではトークショーなどのイベントもあるので、レース以外も楽しめるぞ。

一方、現地に行けない方はネット投票したり、ライブ中継を観戦したりするのも面白い。

その際、YouTube生配信をチェックすると盛り上がりも感じられるだろう。

また、電話投票キャンペーンを活用すれば、キャッシュバックが抽選で手に入れられるぞ。

予想オヤジ

ここからは、アクセスやイベントなどについて解説していくぞ!

ボートレース甲子園2023のアクセスは電車が便利

ボートレース甲子園2023のアクセスは、尼崎センタープール前駅から歩くのがおすすめだ。

改札を出て左側の専用スロープ「ファンロード」から徒歩約3分で到着するぞ。

また、立花駅や塚口駅から無料ファンバスが出ているので、それを利用するのも便利だな。

一方、尼崎競艇場の駐車場は有料で、合計約200台しか駐車できない。

満車になる可能性が高いので、尼崎センタープール前駅付近の駐車場も調べておいてくれ。

予想オヤジ

詳しくは、尼崎競艇場の所在地・アクセス方法に載っているぞ!

ボートレース甲子園2023のイベントは抽選会やライブ配信

ボートレース甲子園2023のイベント

出典:G2 第5回全国ボートレース甲子園

ボートレース甲子園2023のイベントは、トークショーやミニライブなどが行われる。

また、フードカーの出店や全国の物産展なども行われるぞ。

他にも色々と行われるので、尼崎競艇場のイベント情報をチェックしてみてくれ。

一方、尼崎競艇場のYouTubeでは、芸能人による予想会が配信される。

予想に乗っかっても稼げないとは思うが、自分の予想と比べてみるのも面白いだろう。

予想オヤジ

現地ならイベント、ネット投票ならYouTube生配信を楽しめるな!

ボートレース甲子園2023のキャンペーンはキャッシュバック

アマチャン

出典:アマチャン

ボートレース甲子園2023のキャンペーンは、アマチャンキャッシュバックキャンペーンだ。

無料エントリーすると、ネット投票の金額に応じてキャッシュバックが当たる。

さらに、投票金額が多い方ほど会員ランクが上がり、キャッシュバック金額が大きくなるぞ。

また、ボートレース甲子園2023では、新規入会キャンペーンの行われている。

開催中に新規入会して1,000円以上投票すると、1万円のキャッシュバックが抽選で当たるぞ。

予想オヤジ

詳しくは、キャンペーンページをチェックしてみてくれ!

ボートレース甲子園2023のライブやリプレイを無料で観戦

ボートキャスト

出典:ボートキャスト

ボートレース甲子園2023のライブやリプレイを見るには、ボートキャストがおすすめだ。

ボートキャストは、競艇の公式が運営しているWeb映像サービスだな。

スマホやパソコンがあれば、サイトにアクセスするだけで無料でレース映像を楽しめるぞ。

また、ライブやリプレイだけでなく、選手の紹介動画があるのも面白いところだ。

会員登録などの面倒な手続きもなく、利用料もかからないので、ぜひ活用してみてくれ。

予想オヤジ

競艇のレースをネット観戦するなら、ボートキャストがおすすめだ!

ボートレース甲子園2023のまとめ

ボートレース甲子園2023のまとめ

ボートレース甲子園2023についてまとめると、この5つがポイントだ。

この記事のおさらい
  • 全国47都道府県の代表選手が出場
  • 尼崎で7月4日~7月9日に開催
  • 優勝者には深紅の大優勝旗を贈呈
  • 勝率トップは「池田浩二」選手
  • エースモーター候補は2号機

さらに、ボートレース甲子園2023では、1コースの1~3着を普段より重視するのがおすすめだ。

また、展示タイムを重視したり、風向きを予想に活かしたりすることも重要だな。

さらに、B1級選手の好走を考えることや、5・6日目は鉄板狙いをすることもポイントだぞ。

ボートレース甲子園は、全国47都道府県の代表選手が出場するお祭りレースだ。

舟券でプラス収支を狙うだけでなく、自分の住んでいる地域の地元選手を応援するのも面白いぞ。

予想オヤジ

ボートレース甲子園2023では、この記事を活かしてプラス収支を目指してくれ!

ボートレース甲子園2023の関連記事

競艇のSG・G1・G2の最新記事(2024年4月12日更新)

コメント

コメントする

※コメントは手動で反映しているので、反映までに数日かかることがある。
※俺は平日の時間があるときにブログを確認しているので、土日はコメント反映しないぞ。
※感情的、攻撃的、断定的なコメントは反映しないことがある。
※個人名やメールアドレスなどの個人情報を含むコメントは反映しないことがある。
※コメントの反映基準や活用法についてはコメントポリシーを確認してみてくれ。

目次