競艇のうねりとは?【原因と特徴・レース予想への影響を簡単解説!】

投稿日:2018年6月8日 更新日:

競艇のうねりとは

競艇のうねりとは、水面で発生する波のことだ。

競走する水面にうねりが発生していると、選手が思うように艇を操縦できずに、レースが荒れることが多い。

この記事では、

  1. うねりの原因と特徴
  2. うねりのレース予想への影響
  3. うねりが多い競艇場

について、競艇初心者でも分かりやすいように解説していく。

予想オヤジ
うねりが発生しやすい競艇場は、全国勝率よりも当地勝率を重視することがポイントだ!
 

うねりの原因と特徴

クエスチョンマーク

うねりが発生する原因としては「淡水と海水がぶつかった影響」「遠くで発生した波の余波」などが挙げられる。

その場で風が吹いていなくても発生するので、直前情報で風向きや風の強さを見ても、うねりが発生しているかどうかを判断することはできない。

目視での確認が難しいのも厄介な特徴で、ベテランの選手でさえターンする直前までうねりの存在に気付けないらしい。

つまり、舟券を買う俺たちにとっても、競走する選手にとっても、うねりが発生しているかどうかは分からないということだ。

予想オヤジ
うねりを見極められるのは、その競艇場の水面に慣れている選手だけということだな!
 

うねりはレース予想にどう影響する?

住之江1レース

うねりが発生していると、インコースの艇が有利になる。

アウトコースの艇が第1ターンマークでまくりを狙ったときに、艇がうねりに乗って外側に流れてしまうのだ。

うねりに乗らないためには、他の艇よりも圧倒的に良いスタートを決めて、ターンまでに内側に寄る「絞めまくり」の戦略をとるしかない。

予想オヤジ
うねりが発生していることが分かっていれば、それに応じた戦略がとれるぞ!
 

うねりが多い競艇場は?

福岡競艇場の入口

うねりが多い競艇場として有名なのは「福岡競艇場」だ。

第1ターンマークが那珂川の川面に半分近く張り出していることにより、海水と淡水がぶつかってうねりが発生する。

さらに、博多湾からの波の影響や、博多湾に入港する船の影響も受けるので、うねりは複雑なものになる。

福岡競艇場の予想をするときは、「地元選手」や「当地勝率が高い選手」に注目することがポイントだ。

他にも「びわこ」「江戸川」「宮島」などがうねりが有名な競艇場だ。

予想オヤジ
普段からその競艇場で練習している地元選手は、水面の変化に敏感ということだな!
 

まとめ

競艇のうねりとは

競艇のうねりについて、もう一度まとめると、

  • うねりは目視できない
  • 地元選手や当地勝率を重視
  • 福岡競艇場は特に要注意

の3つがポイントだ。

うねりが発生しやすい競艇場では、地元選手や当地勝率が高い選手に注目して予想を組み立てよう。

特に、福岡競艇場は荒れやすい水面なので、全国勝率はほとんどあてにならないと言っていい。

うねりに注目して、荒れたレースで万舟券を狙ってみるのもおすすめだ。

予想オヤジ
福岡以外にも、びわこ、江戸川、宮島はうねりに注意しなければならない競艇場だぞ!

 

合わせて読みたい記事

Copyright© 競艇予想サイト , 2019 All Rights Reserved.