【SG第29回グランドチャンピオン】2019年の多摩川競艇での予想は?

投稿日:2019年6月11日 更新日:

グランドチャンピオン

「競艇のグランドチャンピオンって何?」

「今年はいつからどこで開催されるの?」

「グランドチャンピオンの予想のコツが知りたい!」

こんな風に思っている思っている読者さんが、この記事を読んでいるのではないだろうか?

グランドチャンピオンは、毎年6月に開催される競艇のSG競走の1つだ。

2019年は東京都の多摩川競艇場で6月18日~23日の6日間の開催される。

予想オヤジ
SG競走は、競艇では最も格式が高いグレードだぞ!

今年の開催地に選ばれた多摩川競艇場は「全国一の静水面」として有名で、選手が自分の実力を発揮しやすい。

有力選手が1号艇に乗っているときは、ほぼ確実に1着だと思っていいだろう。

この記事では「グランドチャンピオンの意味や出走資格」などの基本情報から、「多摩川競艇場の水面特徴」「要注意の選手やモーター」などの予想に役立つ情報をまとめている。

競艇初心者でもわかりやすいように説明していくので、ぜひ最後まで読んでみてくれ。

この記事の目次

  1. グランドチャンピオンとは?
  2. 今までの結果の傾向
  3. 2019年の日程・開催場所
  4. 2019年の出場選手
  5. 多摩川競艇場の水面特徴
  6. 注目選手はこの2人!
  7. モーターを見るときの注意点
  8. ドリーム戦の予想と結果
  9. 優勝戦の予想と結果
予想オヤジ
グランドチャンピオンの攻略法を身につけて、6月は競艇でのプラス収支を目指すのだ!

 

グランドチャンピオンとは?【意味】

グランドチャンピオンとは

記事の始めにも説明したが、グランドチャンピオンとは競艇のSG競走の1つだ。

SG競走は、1年に9回しか開催されない最も高い格式のレースで、出場資格を満たした一流の選手しか参加することができない。

また、賞金額も通常のレースより高く、優勝すれば数千万円の賞金を手に入れることができる。

予想オヤジ
選手にとっても、俺たち競艇ファンにとっても、一大イベントというわけだな!

2013年までは「グランドチャンピオン決定戦競走」と呼ばれていたが、2014年からは決定戦が外れ「グランドチャンピオン(GRAND CHAMPIONSHIP)」が正式名称になった。

英語を見ると「グランドチャンピオンシップ」とも思えるが、「グランドチャンピオン」と呼ぶのが正しい。

競艇ファンからは「グラチャン」「GC」などと略されることが多いぞ。

グランドチャンピオンの出場資格

審判

グランドチャンピオンでは、出場資格を満たした52名の選手が出場する。

まず、優先出場の枠として、

  1. 前年のグランドチャンピオン優勝者(1名)
  2. 前年のグランプリの優勝戦出走者(6名)
  3. 当年のボートレースオールスターの優勝者(1名)

の合計8名が優先的に出場資格を得る。

次に、開催年前期A1級で出走回数が160走以上の選手の中から、前年4月~当年3月までのSG競走の優勝戦の完走者が出場資格を得る。

SG競走は1年で9回開催されているので、優勝戦の完走者は単純に計算すれば「6名×9回=54名」となる。

しかし、実際には同じ選手が出走することもあるので、SG競走の優勝戦の完走者の枠は20~30名になることが多い。

予想オヤジ
例えば、「毒島誠」選手は、SG競走の優勝戦を9回中4回出走しているぞ!

最後に、残った枠を、開催年前期A1級選手で出走回数が160走以上の選手の中から、前年4月~当年3月までのSG競走の予選での合計得点の上位者が出場資格を得る。

得点率ではなく、合計得点で出場できるかどうかが決まるので、SG競走にたくさん出走している選手が出場しやすいということだな。

出場資格から分かることは、グランドチャンピオンにはSG競走という大舞台に慣れている選手が集まるということだ。

選手同士の実力が同じくらい高いので、5号艇や6号艇でも舟券に絡んでくる可能性が高いぞ。

グランドチャンピオンの賞金

お金

グランドチャンピオンの賞金は「3,300万円」だ。

去年までは、他のSG競走と比べて歴史が浅いことにより「2,700万円」だったのだが、今年から賞金金額が「600万円」引き上げられた。

一般戦の優勝賞金が75万円くらいなので、選手にとっては一般戦の優勝「44回」分の賞金が貰えることになる。

稼いだ賞金で生活している選手にとっては、1年に9回しかない大きく稼ぐチャンスだ。

どの選手も必死で走るので、「このレースは枠番有利の1号艇が1着で決まり」と簡単に考えると痛い目を見ることになるぞ。

予想オヤジ
一流の選手たちが死力を尽くしてレースするので、白熱したレースを見ることができるのだ!

 

今までのグランドチャンピオンの結果

パソコン

グランドチャンピオンは、1991年に第1回が開催されたのが始まりで、2019年は「第29回グランドチャンピオン」になる。

第28回までの優勝戦のレース結果を下の表にまとめた。

回数開催年開催場優勝選手枠番コース決まり手
第28回2018年徳山白井英治1号艇1コース逃げ  
第27回2017年鳴門石野貴之1号艇1コース逃げ  
第26回2016年蒲郡山崎智也3号艇4コースまくり
第25回2015年宮島山崎智也1号艇1コース逃げ  
第24回2014年浜名湖菊地孝平4号艇4コースまくり
第23回2013年常滑太田和美1号艇1コース逃げ  
第22回2012年芦屋太田和美2号艇2コース差し
第21回2011年児島瓜生正義2号艇2コースまくり
第20回2010年大村湯川浩司1号艇1コース逃げ  
第19回2009年戸田今垣光太郎4号艇4コースまくり
第18回2008年芦屋湯川浩司1号艇1コース抜き
第17回2007年戸田湯川浩司1号艇1コース逃げ  
第16回2006年浜名湖坪井康晴1号艇1コース逃げ  
第15回2005年下関山本浩次4号艇4コースまくり
第14回2004年浜名湖原田幸哉3号艇4コース恵まれ
第13回2003年丸亀池田浩二1号艇1コース逃げ  
第12回2002年宮島今垣光太郎3号艇3コース恵まれ
第11回2001年唐津植木通彦2号艇2コース抜き
第10回2000年下関西島義則2号艇1コース逃げ  
第9回1999年唐津大嶋一也2号艇2コース差し
第8回1998年宮島上瀧和則2号艇1コース逃げ  
第7回1997年尼崎市川哲也1号艇1コース逃げ  
第6回1996年多摩川高山秀則1号艇1コース逃げ  
第5回1995年桐生野中和夫2号艇1コース逃げ  
第4回1994年住之江三角哲男2号艇6コース差し
第3回1993年住之江安岐真人4号艇1コース逃げ
第2回1992年蒲郡中道善博6号艇2コース2M差し
第1回1991年住之江西田靖1号艇1コース2Mつけまい

ここからは、今年のグランドチャンピオンの予想に役立てるために、過去のレース結果を考察してみようと思う。

枠番・コース・決まり手の考察

ヴィーナスシリーズ

先ほど紹介した過去のレース結果のデータから、1着を獲った選手の「枠番」「コース」「決まり手」のそれぞれの回数を下の表にまとめた。

枠番1着回数コース1着回数決まり手1着回数
1号艇12回  1コース16回  逃げ14回  
2号艇8回2コース5回差し3回
3号艇3回3コース1回まくり5回
4号艇4回4コース5回まくり差し0回
5号艇0回5コース0回抜き2回
6号艇1回6コース1回恵まれ2回

上の表を見ると、1号艇の1着回数と、1コースの1着回数がずれていることがわかる。

これは、2号艇が前づけをして1コースからスタートしたあと、そのまま逃げて優勝した年があるからだ。

グランドチャンピオンの優勝戦ともなると、貰える賞金の額が大きいので、どの選手も1着を獲るために全力を尽くす。

少しでも勝つ確率を上げるために前づけをする選手も出てくるので、スタート展示はしっかりとチェックするようにしよう。

グランドチャンピオンの2018年のレース結果

グランドチャンピオンの2018年

2018年に徳山競艇場で開催された「第28回グランドチャンピオン」は、「白井英治」選手の優勝で決着した。

着順は「1-2-3」で、三連単は2番人気の「8.6倍」だったので、かなり堅いレースだったと言える。

レースは、1号艇の「白井英治」選手が「.07」のトップスタートを決めて、第1ターンマークを先マイしてそのまま逃げ切る展開となった。

「白井英治」選手は今年のグランドチャンピオンにも出走するので、2連覇をかけたアツい走りに期待したい。

過去に優勝経験のある選手

トロフィー

「白井英治」選手以外にも、今までのグランドチャンピオンの優勝者で、今年のグランドチャンピオンに出走する選手を紹介する。

該当するのは、

  1. 菊地孝平 :第24回
  2. 原田幸哉 :第14回
  3. 今垣光太郎:第12回、第19回
  4. 山崎智也 :第25回、第26回
  5. 石野貴之 :第27回
  6. 太田和美 :第22回、第23回
  7. 池田浩二 :第13回
  8. 坪井康晴 :第16回
  9. 湯川浩司 :第17回、第18回、第20回

の9人の選手となっている。

最も優勝回数が多いのは、過去に3回優勝経験のある「湯川浩司」選手だ。

第17回、第18回のグランドチャンピオンで2連覇を達成した時期は、勝率「7.91」の超一流選手として活躍していた。

現在の勝率は「7.32」なので、少し全盛期から落ちているが、まだまだA1級選手として第一線で活躍している。

予想オヤジ
競艇では、全盛期を過ぎた選手でも再び調子を取り戻すことがあるぞ!

特徴としては、1コースの1着率が高く、4コースの1着率が低い。

また、5コースからの平均スタートタイムが良く、3連率も高い。

「湯川選手の1コースは買い、5コースは要注意、4コースは怪しい」と覚えておこう。

予想オヤジ
2連覇を目指す「白井英治」選手、通算4回目の優勝を目指す「湯川浩司」選手に注目だ!

 

グランドチャンピオンの2019年の日程と開催場所

カレンダー

2019年のグランドチャンピオンは6月18日~23日の6日間、東京都の多摩川競艇場で開催される。

多摩川競艇場でグランドチャンピオンが開催されるのは23年ぶりの2回目だ。

また、2019年に東京都で開催されるSG競走は今回のグランドチャンピオンだけとなっている。

開催期間中は関東の競艇ファンが一堂に集まるので、かなりの熱気が予想されるぞ。

関東に住んでいて「まだ競艇場に行ったことがない」という競艇初心者は、ぜひ遊びに行ってみてほしい。

予想オヤジ
平和島競艇場の水面特徴は、後から説明するぞ!

 

グランドチャンピオンの2019年の出場選手

グランドチャンピオンの出場選手

グランドチャンピオンの2019年の出場選手を下の表にまとめた。

選手の成績は、前年4月~当年3月のSG競走を対象として、

  1. SG得点:着順点の合計
  2. SG予選:予選の出走レース数
  3. SG優出:優勝戦の完走数

を表している。

特に高い数値を赤字にしているので、赤字が多い選手は今年のグランドチャンピオンでも活躍が期待できるぞ。

選手名支部SG得点SG予選SG優出
白井英知山口231  39回  
4回  
峰竜太佐賀32945回2回
毒島誠群馬29645回4回
菊地孝平静岡27347回1回
井口佳典三重24639回3回
岡崎恭裕福岡21546回1回
桐生順平埼玉23641回1回
池田浩二愛知23140回1回
山田康二佐賀22835回2回
中島孝平福井21243回1回
茅原悠紀岡山20740回1回
吉川元浩兵庫20137回1回
新田雄史三重20135回2回
笠原亮静岡19537回1回
馬場貴也滋賀19433回2回
寺田祥山口19435回1回
赤岩善生愛知19341回1回
守田俊介滋賀19236回1回
長田頼宗東京18133回2回
石野貴之大阪17535回4回
湯川浩司大阪17136回2回
平尾崇典岡山15527回1回
柳沢一愛知15429回1回
徳間秀樹静岡15427回1回
平本真之愛知14933回1回
吉田拡郎岡山13526回1回
田中隆信徳島11929回1回
丸岡正典大阪11722回1回
片岡雅裕香川10921回1回
中野次郎東京8315回1回
桑原悠長崎456回1回
石川真二福岡4510回1回
土屋智則群馬345回1回
秋山直之群馬21639回0回
山崎智也群馬18633回0回
中田竜太埼玉18533回0回
松井繁大阪18130回0回
田中信一郎大阪16430回0回
前本泰和広島16336回0回
魚谷智之兵庫15935回0回
小野生奈福岡15426回0回
萩原秀人福井13727回0回
坪井康晴静岡13232回0回
羽野直也福岡13028回0回
重成一人香川11720回0回
太田和美大阪10624回0回
今村豊山口10322回0回
平田忠則福岡9821回0回
仲谷颯仁福岡9521回0回
木下翔太大阪9421回0回
原田幸哉長崎9225回0回
今垣光太郎福井8618回0回
予想オヤジ
2019年のグランドチャンピオンは、この52名で競い合うぞ!

 

グランドチャンピオンが開催される多摩川競艇の水面特徴

多摩川競艇場

多摩川競艇場は、東京都の多摩川河原の砂利採取場を利用して作られた競艇場だ。

「全国一の静水面」と呼ばれており、選手が普段の実力を発揮しやすい。

予想するときに気を付けたいポイントとしては、

  1. 基本はセオリー通りの予想
  2. 1コースは△、4コースは〇
  3. 弱いモーターは△

の3つが挙げられる。

それぞれのポイントについて、簡単に説明していこう。

基本は普段通りの予想

勝利のイメージ

多摩川競艇場では、基本はセオリー通りの予想で大丈夫だ。

競艇予想の常識である「1号艇が勝ちやすい」「全国勝率が強い選手が勝ちやすい」といった知識が使えるということだな。

理由は、多摩川競艇場には独自の水面特徴が少ないからだ。

多摩川競艇場は、水質が淡水なので干満差もなく、防風林によって風の影響も少ない。

また、出走ピットから第2ターンマークまでの距離が短いので、枠なり進入になりやすい。

予想オヤジ
毎回同じ状況でレースが行われやすいということだな。

逆に言えば、レースに影響を当たるのは「枠番」「選手の実力」「モーターの力」の3つだけということになる。

レース展開が予想しやすい競艇場なので、競艇初心者が予想するのにもおすすめだ。

1コースは△、4コースは〇

勝率

基本はセオリー通りの予想で大丈夫と言ったが、他の競艇場との違いも少しはある。

下の表は、多摩川競艇場のコース別の1着率を、全国平均と比べたものだ。

コース多摩川全国平均
1コース51.5%54.1%  
2コース15.0%14.8%
3コース12.8%12.4%
4コース12.8%11.0%
5コース5.9%5.8%
6コース2.0%1.9%

※集計期間:2018年6月1日~2019年5月31日

上の表から、多摩川競艇場は1コースの1着率が少し低く、4コースの1着率が少し高いことがわかる。

多摩川競艇場は第1ターンマーク周りのコースが広く、選手はスタート後の第1ターンマークを全速でターンすることができる。

そのため、4コースからの全速まくりが決まりやすいのだ。

「1号艇のスタートが不安なとき」や「4号艇の選手やモーターが強いとき」は、4号艇1着で予想してみるのもいいかもしれないぞ。

弱いモーターは△

モーターナンバー

多摩川競艇場では、モーターのレースに与える影響が他の競艇場に比べて大きい。

淡水の静水面は全速ターンを連続するスピード戦になりやすく、モーターの力がないと他の選手に置いて行かれてしまうのだ。

どんなに選手が強くても、テクニックではカバーできないパワー勝負になってしまうということだな。

モーターの2連率が「20点台」の選手や、周回展示でバタついていた選手は、あまり活躍が期待できないぞ。

予想オヤジ
さらに多摩川競艇場について知りたい人は、関連記事もチェックしてみてくれ!

 

グランドチャンピオンで要注意の選手は?

ハート

グランドチャンピオンには前年のSG競走で活躍した選手が集まる。

一流選手ばかりなので、どの選手が優勝してもおかしくはないのだが、俺が注目しているのは、

  • 「吉川元浩」選手
  • 「白井英治」選手

の2人だ。

2人の選手の経歴と特徴を簡単に説明するぞ。

「吉川元浩」選手

吉川元浩

「吉川元浩」選手は、兵庫支部所属のベテラン選手だ。

前年のSG競走での成績は他の選手と比べても平均的だが、今年になってからの勢いが凄まじい。

具体的には、3月のSG「ボートレースクラシック」と5月のSG「ボートレースオールスター」で連続優勝を達成しているのだ。

今回のグランドチャンピオンを優勝すれば、SG競走3連続優勝の偉業を達成することになる。

気合も十分だろうし、多摩川競艇場での成績も悪くないので、かなり活躍が期待できるぞ。

予想オヤジ
SG競走3連続優勝を達成した選手は、今までで2人しかいないぞ!

「吉川元浩」選手の特徴としては、3コースからの3連率が高いことが挙げられる。

逆に、1コースの3連率はそこまで高くはなく、少し苦手なようだ。

「吉川選手の3号艇は買い、1号艇は要注意」と覚えておこう。

「白井英治」選手

白井英治

「白井英治」選手は、山口支部所属のベテラン選手だ。

前年のグランドチャンピオンの優勝者で、今回は2連覇を狙っての挑戦となる。

直近のSG競走でも、3月のSG「ボートレースクラシック」で優出4着、5月のSG「ボートレースオールスター」で優出2着の好成績を残している。

特に、ボートレースオールスターの優勝戦では、枠番不利な5号艇であるにも関わらず、トップスタートからの豪快なターンで2着をもぎ取った。

枠番不利でも食らいついていく気持ちの強さを持っているので、グランドチャンピオン2連覇も夢じゃないぞ。

予想オヤジ
SG競走の優勝戦の5号艇で2着を獲るのは、かなりの腕がないとできないぞ!

「白井英治」選手の特徴としては、3コースと4コースの3連率が高いことが挙げられる。

逆に、1コースの3連率はそこまで高くはなく、少し苦手なようだ。

「白井選手の3号艇、4号艇は買い、1号艇は要注意」と覚えておこう。

予想オヤジ
2019年のグランドチャンピオンは「吉川元浩」選手「白井英治」選手に要注意だ!

 

グランドチャンピオンで要注意のモーターは?

エンジンの抽選

現時点では、グランドチャンピオンで要注意のモーターを挙げることができない。

多摩川競艇場では、2019年5月24日にモーターの初降ろしが行われたばかりなので、モーターの2連率や3連率が当てにならないからだ。

例えば、「72号機」はこの記事を書いている時点では2連率「71.43」の化け物モーターだが、出走回数はたったの「7回」だ。

2連率が高いのは、たまたま強い選手が乗っていただけの可能性が非常に高い。

グランドチャンピオンでは、モーターの2連率や3連率は無視して、選手のコメントや周回展示でモーターの良し悪しを判断するのがおすすめだ。

予想オヤジ
周回展示でターンがバタついている選手は、モーターの調子がいまいちの可能性が高いぞ。

 

グランドチャンピオンのドリーム戦の予想と結果

グランドチャンピオンの出走表

2019年のグランドチャンピオンのドリーム戦は、6月18日の第12レースに行われる。

今回のドリーム戦は、SG得点の上位6名が出走し、得点の高い選手から順番に内枠になっている。

つまり、前年のSG競走で最も活躍した「峰竜太」選手が、最も有利な1号艇として出走するということだ。

予想オヤジ
現時点では、1着はほぼ確実に「峰竜太」選手だと言えそうだな。

この記事では、ドリーム戦の俺なりの考察を紹介したいと思う。

俺は予想のプロというわけではないので、考え方や注目選手のみの紹介とさせてもらう。

直前情報などを見ながら、実際の買い目は読者さん自身で決めてほしい。

ドリーム戦の予想

新聞

ドリーム戦に出走する選手の注目データを下の表にまとめた。

枠番選手名前検
タイム
平均ST1着率2着率3着率
1号艇峰竜太6.65  0.13  81.4%8.6%4.3%
2号艇毒島誠6.730.1625.6%18.6%9.3%
3号艇菊地孝平6.760.1113.8%29.3%24.1%
4号艇井口佳典6.700.1416.3%37.2%16.3%
5号艇桐生順平6.690.1432.4%10.8%35.1%
6号艇白井英治6.650.130.0%0.0%37.5%

※集計期間:2018年5月~2019年4月

多摩川競艇場のモーターは2019年5月24日に交換されたばかりなので、モーターの2連率は当てにならない。

そこで、モーターの強さを見るための数値として前検タイムに注目した。

また、平均ST、1着率、2着率は枠なり進入だったときのコースの数値を表している。

活躍が期待できそうな選手

ドリーム戦で最も活躍が期待できそうなのは、やはり1号艇「峰竜太」選手だろう。

ただでさえ高い実力を持っているのに、枠番有利で、前検タイムも最も早い。

昨年のグランプリ覇者の実力を魅せてくれるはずだ。

また、5号艇「桐生順平」選手からも目が離せない。

5コースからの1着率が高く、前検タイムもそこそこ出ている。

「回転が上がらない」とコメントしているのが気になるところなので、スタート展示で他の選手に比べて遅れていないかどうかを気にしてみよう。

活躍が期待できなさそうな選手

逆に、ドリーム戦で活躍が期待できなさそうなのは、2号艇「毒島誠」選手だ。

2コースからの平均STが悪く、他の選手に比べて一歩遅れたスタートになりそうだ。

また、前検タイムもあまり良くないので、全速戦になりやすい多摩川競艇場では不利になると考えられる。

予想オヤジ
ドリーム戦を攻略するポイントは、展示航走でモーターの強さを見極めることだ!

ドリーム戦の結果

ドリーム戦の結果

第29回グランドチャンピオンのドリーム戦は、1号艇「峰竜太」選手のイン逃げで決着した。

着順は「1-6-2」で、三連単は8番人気の「19.9倍」だったので、まぁまぁ堅めのレースだったということだな。

ドリーム戦について、

  1. スタート展示
  2. 展示タイム
  3. 部品交換

の3つの観点で振り返ったあとで、最終的な買い目の考察をまとめたい。

スタート展示

ドリーム戦のスタート展示

ドリーム戦のスタート展示では、進入隊形「124653」とかなり乱れていることがわかる。

このように、アウトコースの艇が3コース以内に入ってくるような前づけを行っているレースは、本番のレースではスタート展示通りの進入隊形にならないことが多い。

実際に、ドリーム戦の本番のレースでも、3号艇の「菊池孝平」選手が3コースを主張したため、進入隊形は「123564」となった。

「白井英治が4コースなら、まくりを決めてくれるだろう」と考えていた人は、悔しい思いをしたに違いない。

今後のレースでも、スタート展示で大きな前づけが行われたレースは、進入コースではなく他の要素で予想を組み立てるのがおすすめだ。

展示タイム

展示タイム

展示タイムを見てみると、1号艇「峰竜太」選手、4号艇「井口佳典」選手、6号艇「白井英治」選手の3人が、他の3人に比べてかなりタイムが良いことがわかる。

「.10」以上の差があり、モーターの伸び足が出ていることは明らかだ。

逆に、2号艇「毒島誠」選手は前検のときと同じようにタイムが全く出ていないので、本番のレースでの活躍はかなり怪しいぞ。

部品交換

部品交換

部品交換を見てみると、5号艇「桐生順平」選手が電気系統一式を交換していることがわかる。

ここだけを見ても、モーターが良くなったのか、悪くなったのかを判断することはできないが、何かしらの変化はあるので注意が必要だ。

今回の「桐生順平」選手の場合は、スタート展示のスタートタイミングは「.32」とかなり出遅れているし、展示タイムも「6.81」とあまり良くない。

また、ピットレポートでも「回転が上がらない」「時々おかしな症状が出る」といった不安なコメントをしている。

ドリーム戦にはモーターの調整が間に合わないと考えられるな。

最終的な買い目

お金

ドリーム戦の最終的な買い目は、1着は1号艇「峰竜太」選手、2着は4号艇「井口佳典」選手か6号艇「白井英治」選手で買うのが良かっただろう。

「峰竜太」選手には、枠番、選手の実力、モーターの強さのどれをとっても不安要素がなく、ほぼ確実に1着を獲れたはずだ。

2着の候補として「井口佳典」選手と「白井英治」選手を選んだのは、モーターの強さだ。

全速戦になりやすい多摩川の水面では、モーターのパワーがないとレース展開についていくことができない。

今後のレースでも、

  1. 出走表→枠番、選手の実力
  2. 展示航走→モーターの強さ

をチェックして予想していけば、的中率がアップすると思うぞ。

また、今回のレースで2号艇「毒島誠」選手を外したように、選手ごとの得意コースや苦手コースを知っておくとさらに有利だ。

優勝戦が行われる23日まで「グランドチャンピオン」を楽しんでいこう。

予想オヤジ
モーターが交換されたばかりなので、2連率・3連率ではなく展示航走を見るのがポイントだ!

 

グランドチャンピオンの優勝戦の予想と結果

優勝戦の出走表

2019年のグランドチャンピオンの優勝戦は、6月23日の第12レースに行われる。

優勝戦に出走するのは、6月22日に行われる3回の準優勝戦の1着、2着を獲った選手だ。

準優勝戦の第1戦目では、フライング失格の選手が2名も出るという波乱の展開となった。

特に、得点率3位で、1号艇での出走だった「白井英治」選手が失格になったのは予想外だ。

予想オヤジ
「白井英治」選手は2連覇がかかっていただけに、非常に残念だな。

「萩原秀人」選手と「徳間秀樹」選手の2名は、繰り上がりのようなかたちで優勝戦へと進むことになる。

この2名は、他の準優勝戦で勝ち上がった選手より実力的には下に見ていいかもしれないな。

優勝戦の予想(6月22日更新)

新聞

優勝戦に出走する選手の注目のデータを下の表にまとめた。

枠番選手名得点率展示
タイム
平均ST1着率2連率
1号艇柳沢一8.00  6.80  0.11  81.0%89.1%
2号艇太田和美7.806.810.1823.3%66.6%
3号艇萩原秀人7.606.810.1420.8%45.8%
4号艇木下翔太7.606.780.1513.3%34.7%
5号艇坪井康晴7.206.700.1714.2%28.5%
6号艇徳増秀樹6.506.740.1312.5%25.0%

※集計期間:2018年5月~2019年4月

多摩川競艇場のモーターは2019年5月24日に交換されたばかりなので、モーターの2連率は当てにならない。

そこで、モーターの強さを見るための数値として準優勝戦での展示タイムに注目した。

また、平均ST、1着率、2連率は枠なり進入だったときのコースの数値を表している。

活躍が期待できそうな選手

優勝戦で最も活躍が期待できそうなのは、1号艇「柳沢一」選手だ。

1コースからの平均スタートタイムが良く、今節でも2日目に「.06」、5日目に「.09」のスタートを切っている。

トップスタートを切ることができれば、そのまま逃げ切ってくれそうだ。

また、4号艇「木下翔太」選手にも注目したい。

多摩川競艇場では、4コースからの全速まくりが決まりやすいので、スタートがうまくいけばチャンスはある。

SG初優出なので、普段通りの実力が発揮できるかどうかが見どころだな。

活躍が期待できなさそうな選手

逆に、優勝戦で活躍が期待できなさそうなのは、2号艇「太田和美」選手だ。

2コースからの平均スタートタイムが悪いので、1人だけ凹んだスタートになりかねない。

展示タイムも出ていないので、直線での巻き返しも難しいだろう。

予想オヤジ
実際の買い目は、直前情報を見て決めてみてくれ!

優勝戦の結果(6月24日更新)

優勝戦の結果

第29回グランドチャンピオンの優勝戦は、1号艇「柳沢一」選手のイン逃げで決着した。

着順は「1-3-2」で、三連単は4番人気の「14.4倍」だったので、かなり堅めのレースだったということだな。

優勝戦について、

  1. 準優勝戦の結果
  2. オールスロー

の2つの観点で振り返ったあとで、最終的な買い目の考察をまとめたい。

準優勝戦での結果

準優勝戦の結果

俺は、優勝戦の予想で「3号艇「萩原秀人」選手と6号艇「徳間秀樹」選手は繰り上がりで優勝戦に進んだから実力的には下に見てもいい」と考察した。

しかし、優勝戦の結果を見てみると「萩原秀人」選手は2着、「徳間秀樹」選手は4着だった。

「恵まれ」で優勝戦に進んだという理由だけで、「萩原秀人」選手の活躍の可能性を低く見たのは間違いだったかもしれない。

準優勝戦の結果については、もう少し深く考えるべきだったな。

オールスロー

優勝戦のスタート展示

優勝戦では、全ての艇がスロースタートをする「オールスロー」のスタート隊形でレースが行われた。

オールスローは、6号艇の前づけに対して他の艇が自分のコースを主張したときに起こることがあり、1号艇~3号艇が有利になりやすい。

4号艇~6号艇が助走距離を長くとることができないので、スタート後の伸びに期待できないからだ。

スタート展示の実況で解説しているので予想に活かすことができるぞ。

最終的な買い目

お金

優勝戦の最終的な買い目は、1号艇~3号艇を中心に買うのが良かっただろう。

スタート展示からオールスローのスタート隊形になると予想できたからだ。

また、スタート方向に対して少し追い風が吹いているのも、イン決着となった原因かもしれない。

やはり、出走表や前日の情報だけでは、レース展開を正確に予想することはできないな。

俺のサイトでは、読者さんの参考になるように早めに注目選手などを紹介しているが、最終的な買い目は直前情報を見て決めるのがおすすめだ。

予想オヤジ
「柳沢一」選手はSG初優勝だ!今後の活躍にも期待したいな!

 

グランドチャンピオンのライブやリプレイを見るには?

ビール

2019年のグランドチャンピオンのライブを見るには、

  1. インターネットで見る
  2. テレビで見る

の2つの方法がある。

また、リプレイはインターネット環境があれば、配信サイトで無料で見ることができるぞ。

せっかくのSG競走なので、多摩川競艇場に行けない読者さんも、家でレースを楽しんでみてほしい。

インターネットでライブやリプレイを見る

多摩川競艇場のライブ中継

インターネットでライブやリプレイを見るときは、

  1. 配信サイトに移動する
  2. 見たいレースを選ぶ

簡単2ステップでオッケーだ。

配信サイトは無料で利用できるが、インターネットの通信料はかかる。

wifiに接続するか、PCで見るのがおすすめだ。

多摩川競艇場のレースの配信サイトは、下のリンクから移動できるぞ。

ライブやリプレイを見る >

テレビでライブを見る

テレビ

グランドチャンピオンは、インターネットだけでなくテレビでもライブ中継を行っている。

地上波中継、BS中継、CS中継の3つの中継でライブを見ることができるぞ。

放送局にもよるが、ほとんどの局で、

  1. 初日(6月18日)のドリーム戦
  2. 5日目(6月22日)の準優勝戦
  3. 最終日(6月23日)の優勝戦

の3つがライブ中継されるようだ。

地上波中継の番組では、タレントや俳優をゲストとして呼んでいるので、コメントを聴きながらライブを楽しめる。

インターネットでのライブ中継にはない楽しみ方なので、良かったら番組をチェックしてみてくれ。

放送局ごとの放送時間などは競艇の公式HPからチェックできるぞ。

テレビ中継の放送時間をチェック >

予想オヤジ
インターネット投票とライブ中継を利用すれば、家でもグランドチャンピオンを楽しめるぞ!

 

まとめ

グランドチャンピオン

競艇のグランドチャンピオンについて、もう一度まとめると、

  • 多摩川競艇場で6月18日~23日に開催
  • 多摩川は1コース△、4コース〇
  • モーターは展示航走でチェック

の3つがポイントだ。

この記事に書いてある予想のポイントを活かして、グランドチャンピオンではプラス収支を狙っていこう。

関連記事では「多摩川競艇場のもっと詳しい情報」「展示航走の見方や予想のコツ」も紹介しているので、良かったらチェックしてみてくれ。

予想オヤジ
第29回グランドチャンピオンは「柳沢一」選手の優勝で決着!次回のSG競走は7月10日からの「オーシャンカップ」だ!

 

合わせて読みたい記事

Copyright© 競艇予想サイト , 2019 All Rights Reserved.