海水

【競艇は満潮と干潮で狙い目が変わる?】潮の満ち引きの影響を解説!

この記事では「潮の影響を予想に活かしたい!」という方に向けて、競艇の潮の影響をまとめた。

潮の満ち引きとは、月と太陽の引力によって、1日のなかで海面の高さが変わることだ。

一部の競艇場では、その影響で水面の高さや流れが変わるため、時間帯によって狙い目が変わるぞ。

具体的には、満潮や追い潮なら1・2コース、干潮や向かい潮なら3・4コースが狙い目となる。

ここから、この現象についてわかりやすく解説していくので、よかったら最後まで読んでみてくれ。

予想オヤジ
潮の影響を考えるべき競艇場も紹介するぞ!

 

潮の満ち引きとは?

潮の満ち引きとは、月と太陽の引力によって、1日のなかで海面の高さが変わることだ。

この現象は「潮汐(ちょうせき)」や「潮の干満(かんまん)」とも呼ばれるぞ。

また、海面の高さの差は「潮汐差(ちょうせきさ)」「干満差(かんまんさ)」と呼ばれるな。

潮の影響を予想に活かすためには、まずは潮の満ち引きの基礎知識を勉強しなければならない。

ここからは、潮の満ち引きの基礎知識を初心者にもわかりやすいように解説していくぞ。

満潮→下げ潮→干潮→上げ潮を繰り返す

出典:気象庁

潮の満ち引きは、上のイラストのように「満潮→下げ潮→干潮→上げ潮」を繰り返している。

それぞれの言葉の意味をまとめたぞ。

用語解説

満潮とは・・・水面が最も高い状態

下げ潮とは・・・水面が下がっていく状態

干潮とは・・・水面が最も低い状態

上げ潮とは・・・水面が上がっていく状態

満潮・干潮は約6時間ごとに入れ替わるため、満潮・干潮は1日に2回ずつある。

例えば、上のイラストでは、満潮は9~11時と22~24時、干潮は3~5時と15~17時だな。

また、満潮と干潮の間の時間帯は、上げ潮または下げ潮になるぞ。

例えば、上のイラストでは、上げ潮は5~9時と17~22時、下げ潮は11~15時だな。

予想オヤジ
潮の満ち引きは、4つの状態を繰り返しているのだ!

ちなみに、同じ日の満潮・干潮でも、水面の高さが同じになるわけではない。

上のイラストの満潮でも、前半は潮位200~210cmだが、後半は潮位180~190cmだな。

ただ、競艇予想を考えるときには、この差はあまり気にしなくてもいい。

なぜなら、同じ日のレースが行われる時間帯に、満潮が2回くることはないからだ。

実際に予想するときは「満潮→下げ潮→干潮→上げ潮」がだいたい一巡すると思っておこう。

予想オヤジ
競艇のレースは、第1R~第12Rで約6時間かかるな!

満潮時刻・干潮時刻は日によって変わる

出典:気象庁

潮の満ち引きにおいて、満潮時刻・干潮時刻は日によって変わる。

これは、満潮から次の満潮までの時間が、平均で約12時間25分となっているからだ。

つまり、満潮時刻・干潮時刻は、毎日約50分ずつ遅れていくことになる。

上のイラストでも、5月26日の満潮時刻は9時と22時だが、5月27日の満潮時刻は10時と23時だな。

潮の影響を考えるときは、日ごとに満潮時刻・干潮時刻を確認しなければならないぞ。

予想オヤジ
満潮時刻・干潮時刻は、紙の出走表や競艇場の公式サイトで確認しよう!

下げ潮や上げ潮では水面に流れができる

丸亀競艇場の2マーク

出典:丸亀競艇場の公式サイト

水面が海とつながっている競艇場は、下げ潮や上げ潮のときに水面に流れができる。

例えば、丸亀競艇場の水面は、2マーク側が瀬戸内海とつながっているぞ。

下げ潮ではここから潮が流れていくので、1マークから2マークに向かって潮の流れができる。

この潮の流れは、スタートする方向に対して「向かい潮」と呼ばれているな。

逆に、上げ潮ではここから潮が流れ込み、2マークから1マークに向かって潮の流れができる。

この潮の流れは、スタートする方向に対して「追い潮」と呼ばれているぞ。

予想オヤジ
丸亀競艇場では「下げ潮=向かい潮」「上げ潮=追い潮」となるのだ!

なお、潮の流れの向きは、水面のどこが海につながっているかで変わってくる。

例えば、鳴門競艇場は、丸亀競艇場とは逆に1マーク側が瀬戸内海とつながっているぞ。

すると、潮の流れも逆になるので「下げ潮=追い潮」「上げ潮=向かい潮」となる。

これを勘違いしていると、予想が見当違いのものになってしまうな。

そのため、予想するときは、競艇場ごとに潮の流れを確認するのがおすすめだ。

予想オヤジ
下げ潮・上げ潮の向きは、競艇場ごとに違うので注意しよう!

大潮や中潮の日は干満差が大きい

出典:気象庁

潮の満ち引きにおいて、干満差がどのくらいあるかは日によって違う。

干満差が大きい日は大潮、小さい日は小潮、その中間は中潮と呼ばれているぞ。

例えば、上のイラストでは、5月20日が小潮で、5月27日が大潮だ。

大潮や中潮は干満差が大きいので、潮がレースへ与える影響も大きくなる。

一方、小潮は干満差が小さいので、潮の影響も小さいと考えていいだろう。

予想オヤジ
大潮・中潮・小潮は、紙の出走表や競艇場の公式サイトに載っているぞ!

 

競艇における潮の状態ごとの狙い目は?

一部の競艇場では、潮の満ち引きによって水面の高さや流れが変わる。

そのため、レースの時間帯によって、狙い目を変えていくことが重要だな。

具体的に、潮の状態ごとの狙い目はこのようになっているぞ。

潮の状態ごとの狙い目

  • 満潮・・・1・2コース
  • 追い潮・・・1・2コース
  • 干潮・・・3・4コース
  • 向かい潮・・・3・4コース

5・6コースについては、そもそもの1着率が低いため、狙い目から外してある。

ただ、チャンスが生まれるとしたら、3・4コースの艇が攻めたときだな。

なので、強いて言えば、5・6コースの1着は干潮や向かい潮のときに狙い目になるぞ。

予想オヤジ
ここからは、潮の状態ごとの狙い目を解説していくぞ!

満潮や追い潮なら1・2コースが狙い目

出典:鳴門競艇場の公式サイト

潮の状態が満潮や追い潮なら、1・2コースの1着が狙い目だ。

まず、満潮では水面が高く不安定になるため、全速ターンが流れやすくなる。

すると、3・4コースの艇がまくりを狙っても失敗してしまうわけだな。

逆に、1・2コースの艇は、スピードを落としてまわれるので有利になるのだ。

予想オヤジ
満潮では、1コースの逃げや2コースの差しを狙っていこう!

次に、追い潮では、2マークから1マークに向かって潮が流れる。

すると、助走距離の短い1・2コースの艇でも、スタート前後で加速しやすくなるぞ。

1コースの艇は、そのまま1マークを先マイすれば逃げ切れるわけだな。

また、1コースの艇のターンが流れたときは、2コースの艇が差しを決めるぞ。

予想オヤジ
追い潮のレースは「12-12」を狙ってみてくれ!

干潮や向かい潮なら3・4コースが狙い目

出典:鳴門競艇場の公式サイト

潮の状態が干潮や向かい潮なら、3・4コースの1着が狙い目だ。

まず、干潮では水面が低く安定するため、全速ターンをしやすくなる。

すると、3・4コースの艇が1・2コースの艇を外側から一気にまくることができるぞ。

逆に、まくられた1・2コースの艇は、舟券に絡みにくくなるな。

予想オヤジ
干潮では、3・4コースのまくりやまくり差しを狙っていこう!

次に、向かい潮では、1マークから2マークに向かって潮が流れる。

すると、助走距離の短い1・2コースの艇は、スタート前後で十分な加速ができなくなるぞ。

その点、3・4コースの艇は助走距離が長いので、しっかりと加速できるわけだな。

1・2コースの艇の出足・行き足が悪いときは、特に3・4コースの1着を狙いやすいぞ。

予想オヤジ
満潮のレースは「3-14」「4-15」を狙ってみてくれ!

風の影響と合わせて考えよう

鯉のぼり

潮の影響を予想に活かすときは、風の影響と合わせて考えよう。

競艇では、一般的に、追い風なら1・2コース、向かい風なら3・4コースが狙い目となる。

そのため、追い潮+追い風なら、1・2コースの1着をかなり狙いやすくなるのだ。

逆に、干潮+向かい潮なら、3・4コースの1着を狙いやすくなるぞ。

風向きや風の強さを直前情報で確認して、買い目を決めるときの参考にしてみよう。

予想オヤジ
風の影響については「競艇 風」の記事も読んでみてくれ!

また、潮と風がぶつかるときは、レースが荒れやすくなる。

例えば、追い潮+向かい風や向かい潮+追い風のようなレースのことだな。

このようなレースでは、潮と風の影響を予想に活かしにくい。

そのため、選手の実力やモーター性能を重視して予想してみてくれ。

あるいは、水面に慣れている地元選手を狙ってみるのも一つの手だな。

予想オヤジ
潮と風がぶつかるレースでは、思わぬ高配当が飛び出すことがあるぞ!

 

潮の影響を考えるべき競艇場は?

競艇場ごとの潮の影響

潮の影響を考えるべき競艇場は、水質が海水や汽水の競艇場だ。

汽水とは、海水と淡水が混ざった水質のことだな。

ただし、海水や汽水の競艇場のなかでも、潮の影響の大きさは競艇場ごとに違っている。

海水と汽水の競艇場を、潮の影響の大きさごとに2つのグループに分けたぞ。

競艇場の分類

  • 潮の影響が大きい・・・江戸川、平和島、鳴門、丸亀、児島、宮島、徳山、若松、福岡
  • 潮の影響が小さい・・・浜名湖、蒲郡、常滑、津、下関、大村

この2つのうち、予想が最も難しいのは、潮の影響が大きい競艇場だ。

水面状況によって狙い目が変わるので、玄人向けだと言えるだろう。

逆に、予想が最も簡単なのは、潮の影響が小さい競艇場だな。

選手の実力やモーター性能を重視すればいいので、初心者向けだと言えるぞ。

予想オヤジ
ここからは、グループごとの予想のコツを伝えていくぞ!

潮の影響が大きい競艇場

若松競艇場

江戸川、平和島、鳴門、丸亀、児島、宮島、徳山、若松、福岡の9場では、潮の影響が大きい。

まず、江戸川、丸亀、宮島、徳山、若松は2マーク側が海とつながっている。

満潮か干潮かで水面の高さが変わり、下げ潮は向かい潮、上げ潮は追い潮になるぞ。

逆に、鳴門競艇場は1マーク側が海とつながっている。

水面の高さが変わるのは同じだが、下げ潮は追い潮、上げ潮は向かい潮になるな。

予想オヤジ
鳴門だけ、潮の流れの向きが違うので注意してくれ!

また、平和島競艇場は、水面が運河を通じて間接的に海とつながっている。

そのため、水面の高さは変わるが、潮の流れの影響は小さいぞ。

最後に、児島競艇場と福岡競艇場は、海とつながっている箇所が少し変わっている。

潮の流れが特殊なので、予想するときは競艇場ごとの攻略記事を読んでみてくれ。

予想オヤジ
詳しくは「児島競艇場 特徴」と「福岡競艇場 特徴」にまとめているぞ!

潮の影響が小さい競艇場

大村競艇場

浜名湖、蒲郡、常滑、津、下関、大村の5場では、潮の影響が小さい。

これは、水面と海との間に水門や堤防があるからだな。

例えば、常滑は前検日の干潮時に水門が閉められるため、潮の影響は一切ないぞ。

この5場では、他の海水や汽水の競艇場とは違い、干満差も潮の流れも考えなくていい。

買い目を決めるときは、選手の実力やモーター性能を重視して予想しよう。

予想オヤジ
海水や汽水でも、潮の影響がない競艇場もあるわけだな!

 

満潮時刻・干潮時刻はどこで確認できる?

満潮時刻・干潮時刻は「紙の出走表」か「競艇場の公式サイト」で確認するのがおすすめだ。

現地にいるときは紙の出走表、ネット投票するときは競艇場の公式サイトを使うのが便利だな。

また、この2つの方法でわからないときは、ネット検索してみるという手もあるぞ。

潮の影響がある競艇場で予想するときは、満潮時刻・干潮時刻を忘れずに確認するようにしよう。

予想オヤジ
ここからは、3つの確認方法を解説していくぞ!

紙の出走表

現地にいるときは、紙の出走表で満潮時刻・干潮時刻を確認しよう。

例えば、福岡競艇場の出走表では、左上の欄外に潮の情報が書かれているぞ。

上の写真からは、満潮時刻が7時44分、干潮時刻が13時00分ということがわかるな。

また、この日は中潮なので、潮の影響を考えたほうがよいこともわかる。

満潮時刻・干潮時刻とレースの出走時刻から、潮の影響を考えてみてくれ。

予想オヤジ
現地にいるときは、紙の出走表を確認してみよう!

競艇場の公式サイト

出典:若松競艇場の公式サイト

ネット投票するときは、競艇場の公式サイトで満潮時刻・干潮時刻を確認しよう。

例えば、若松競艇場の公式サイトには「今節の潮見表」が載っているぞ。

これを見れば、レース日ごとの潮の情報がわかるわけだな。

また、江戸川競艇場の公式サイトでは「潮・風向き舟券攻略法」が公開されている。

レースごとに潮と風の影響がわかるので、予想するときは活用してみてくれ。

予想オヤジ
ネット投票するときは、競艇場ごとの公式サイトを利用しよう!

「〇〇競艇 潮汐表」で検索

出典:Google

上記の2つの方法でわからないときは「〇〇競艇 潮汐表」でネット検索してみよう。

例えば「福岡競艇 潮汐表」で調べると、気象庁やサーフィンのサイトのページがヒットする。

これらのページをいくつか見てみて、自分が見やすいと感じたものを使ってみてくれ。

予想オヤジ
最終的には、自分の使いやすいサイトを探すのがおすすめだな!

 

【競艇における潮の影響】まとめ

競艇における潮の影響についてまとめると、この5つがポイントだ。

  • 満潮や追い潮なら1・2コースが狙い目
  • 干潮や向かい潮なら3・4コースが狙い目
  • 大潮や中潮の日は潮の影響が大きい
  • 風の影響と合わせて考える
  • 潮の影響は競艇場ごとに違う

潮の影響は、江戸川、平和島、鳴門、丸亀、児島、宮島、徳山、若松、福岡の9場では特に大きい。

この9場の舟券を買うときは、この記事に書いてあることを活かして的中率をアップさせよう。

予想オヤジ
よかったら、競艇場ごとの攻略法の記事もチェックしてみてくれ。

 

合わせて読みたい記事

 

コメントについて

この記事について、感想・要望・疑問などがあったら、どんどんコメントしてくれ。

俺もモチベーションが上がるし、今後書く記事のテーマを決める参考にもなる。

また、コメントの活用法については「読者さんからのコメントについて」にまとめているぞ。

予想オヤジの顔

予想親父
大学を卒業後、しばらくはサラリーマンをしていたが、今は福岡で自営業をしているぞ。
約3年前からこのブログで「予想サイトの検証記事」「自力予想のコツ記事」を書いている。
俺は予想サイトでも自力予想でもプラス収支を出しているので、ぜひ参考にしてみてくれ。


© 2021 競艇予想サイトの辛口検証