競艇の風の影響

競艇の風の影響は?向かい風、追い風、横風では何コースが有利?

この記事では「競艇の風を予想に活かしたい!」という方に向けて、以下の内容をまとめた。

  • 競艇のおける風の影響
  • 風向きごとの有利なコース
  • 風向きを確認する方法

競艇は、ボートが水面上を走るスポーツなので、スタートやターンが風の影響を受けやすい。

そのため、風向きや風の強さによって、コースの有利・不利が変わってくるぞ。

例えば、無風~風速2m以下なら1コース1着率は約55%と高く、1コースの艇が有利だな。

しかし、風速5m以上になると、1コース1着率は50%未満まで下がってしまうのだ。

ここからは、風向きと風速ごとの狙い目を解説していくので、ぜひ最後まで読んでみてくれ。

予想オヤジ
競艇では風向きだけでなく、風速まで確認することが重要だぞ!

 

競艇の風の影響は?

競艇の風の影響

競艇の風の影響は、コースの有利・不利に関係していて、狙い目となるコースが変わってくる。

まずは、向かい風と追い風について、風速ごとのコース別1着率をまとめたぞ。

 1コース2コース3コース4コース5コース6コース
向かい風5m以上48.4%14.0%14.4%13.1%7.5%2.7%
向かい風4m52.6%13.8%12.9%11.8%6.5%2.4%
向かい風3m53.1%13.7%13.2%11.4%6.5%2.2%
向かい風2m54.6%13.8%12.3%10.9%6.5%2.0%
向かい風1m57.2%13.4%12.2%9.8%5.6%1.9%
無風58.1%14.0%11.3%10.0%5.1%1.5%
追い風1m58.3%14.7%10.8%9.6%5.0%1.7%
追い風2m56.4%15.8%11.5%9.9%4.7%1.7%
追い風3m53.3%16.1%12.4%11.0%5.3%1.8%
追い風4m51.3%15.8%13.8%11.5%5.7%1.9%
追い風5m以上47.0%17.8%14.2%12.6%6.5%2.1%

データ:BOAT log|ボートレース情報サイト
集計期間:2016年~2022年

上の表は、BOAT logというデータサイトをもとに、各競艇場のコース別1着率を平均したものだ。

出走数がわからないので正確な数値ではないが、傾向を分析するのには十分だろう。

まず、向かい風については、風速2m以下なら1コース、風速3m以上なら3~6コースが狙い目だな。

これは、強い向かい風では、1コースの艇がスタート前に加速しにくいからだ。

一方、追い風については、風速2m以下なら1・2コース、風速3~4mなら2~4コースが狙い目だぞ。

これは、強い追い風では、1コースの艇がターンで流れて差されやすいからだろう。

さらに、追い風5m以上になると、水面が荒れて5・6コースの艇にも1着のチャンスが生まれるな。

予想オヤジ
どちらにしても、風速2m以下なら1コースの1着を狙いやすいぞ!

また、左横風と右横風についても、BOAT logのデータをもとにコース別1着率の平均を計算した。

左横風と右横風は強風になりにくいので、風速の最大値を3m以上としているぞ。

 1コース2コース3コース4コース5コース6コース
左横風3m以上55.8%13.8%12.2%11.2%5.5%1.6%
左横風2m58.0%13.6%11.2%10.6%5.1%1.5%
左横風1m59.3%13.3%11.2%9.8%5.1%1.4%
無風58.1%14.0%11.3%10.0%5.1%1.5%
右横風1m57.5%13.4%11.5%10.3%5.6%1.7%
右横風2m54.3%13.9%12.7%10.4%6.7%2.0%
右横風3m以上52.0%15.1%13.3%11.6%5.6%2.4%

データ:BOAT log|ボートレース情報サイト
集計期間:2016年~2022年

まず、左横風については、風速2m以下なら1コース、風速3m以上なら3・4コースが狙い目になる。

これは、強い左横風では、全速ターンによるまくりが流れにくくなるからだ。

一方、右横風については、風速1m以下なら1コース、風速2m以上なら2~6コースが狙い目になる。

これは、強い右横風では、1コースの艇がターンで流れて差されやすいからだろう。

風向きに関係なく、風速が弱いと1コースの艇が有利というのは、向かい風や追い風と同じ傾向だ。

予想オヤジ
ここからは、競艇の風の影響の基礎知識を解説していくぞ!

追い風の時は第1ターンマークに波がたまって水面が不安定になり、スピードをつけたターンが流れやすくなる。逆に、向かい風の時は、インの加速がつかず、まくり艇は風の抵抗を受けてサイドがかかり、スロットルレバーを握って回りやすくなる。

引用:BOAT RACE オフィシャルウェブサイト

競艇は風の影響を受けやすい競技

若松5Rのスタート

出典:ボートキャスト

競艇は、ボートが水面上を走るスポーツなので、スタートやターンが風の影響を受けやすいぞ。

例えば、1コースの艇はスタート前の助走距離が短いので、他の艇より加速しにくい。

強い向かい風では、艇が正面から押されて加速しにくくなるので、1コースの艇が不利になるな。

同じように、2コースの艇も助走距離が短いので、強い向かい風では活躍しにくい。

一方、3~6コースの艇は助走距離が長く、強い向かい風でも加速しやすいので活躍しやすいぞ。

予想オヤジ
強い向かい風では、3~6コースのまくりが狙い目だな!

逆に、強い追い風では、艇が後ろから押されて、1周目1マークのターンがふくらみやすくなる。

1コースの艇のターンがふくらむと、他の艇が差しやまくり差しを決めやすくなるぞ。

そのため、強い追い風では、1コースの1着率が下がって、2~6コースの1着率が上がるわけだな。

また、そもそも風速が強いレースでは、競走水面が荒れて選手がミスをしやすくなる。

スタートがばらけたり、1マークが混戦になったりするのも、1コースの艇が不利になる原因だ。

予想オヤジ
強い追い風では、2コースの差しや3~6コースのまくり差しが狙い目だな!

風速が強すぎると中止になることもある

レース中止のお知らせ

出典:ボートレース宮島

競艇では、風速が強すぎると安全にレースを行えないため、レースが中止になることがある。

競走水面が荒れていると、艇が転覆したり、選手が落水したりしやすくなるな。

レース中の事故は選手の生命に関わることもあるため、施行者も慎重になっているのだろう。

また、レースが中止になった場合は、その日のレースは翌日に持ち越される。

レース中止のお知らせは競艇の公式サイトに載るので、荒天のときは事前に確認しておこう。

予想オヤジ
競艇のレースは、風速が強すぎると中止になることもあるぞ!

風の影響は競艇場ごとに違う

江戸川競艇場の潮・風向き舟券攻略法

出典:江戸川競艇場の公式サイト

競艇の風の影響は、コースの形状や水面の水質によって変わるので、競艇場ごとに違っている。

例えば、江戸川競艇場では、潮と風が複雑に絡み合ってレースに影響を与えるぞ。

そのため、江戸川競艇場の公式サイトで潮・風向き舟券攻略法を参考にするのがおすすめだな。

この記事で解説する風のセオリーは、競艇場によっては当てはまらないこともある。

基本的なセオリーを覚えるのは有効だが、最終的には競艇場ごとの攻略法を確認してみてくれ。

予想オヤジ
競艇場ごとの攻略記事は、下の一覧からチェックできるぞ!

競艇場ごとの攻略記事

 

競艇の向かい風は何コースが有利?

競艇の向かい風の影響

競艇の向かい風は、風速2m以下なら1コースの艇、風速3m以上なら3~6コースの艇が有利だ。

下の表に、向かい風の風速ごとのコース別1着率をまとめたぞ。

 1コース2コース3コース4コース5コース6コース
無風58.1%14.0%11.3%10.0%5.1%1.5%
向かい風1m57.2%13.4%12.2%9.8%5.6%1.9%
向かい風2m54.6%13.8%12.3%10.9%6.5%2.0%
向かい風3m53.1%13.7%13.2%11.4%6.5%2.2%
向かい風4m52.6%13.8%12.9%11.8%6.5%2.4%
向かい風5m以上48.4%14.0%14.4%13.1%7.5%2.7%

データ:BOAT log|ボートレース情報サイト
集計期間:2016年~2022年

上の表から、1コースの1着率は、向かい風の風速が強くなるほど下がっていることがわかる。

その分だけ、向かい風が強くなるほど、3~6コースの1着率が上がっているな。

特に、向かい風5m以上になると1コース1着率が50%未満になるので、穴狙いのチャンスだぞ。

予想オヤジ
ここからは、競艇の向かい風の影響を解説していこう!

向かい風2m以下なら1コースが有利

向かい風2m以下のレース

競艇では、向かい風の風速2m以下なら1コースの艇が有利で、1着をとりやすい傾向がある。

これは、風速が弱ければ、スタートやターンへの影響が小さいからだろう。

横並びのスタートで、ターンでもミスをしなければ、1コースの艇が順当に1着をとるぞ。

また、2・3着についても、内側のコースから順番にとりやすいと考えていい。

そのため、2・3着選びについては、選手の実力やモーターの気配を重視するのがおすすめだ。

予想オヤジ
向かい風2m以下なら、1コースの1着が狙い目だな!

向かい風3m以上なら3~6コースが有利

向かい風3m以上のレース

競艇では、向かい風の風速3m以上なら3~6コースの艇が有利で、1着をとりやすい傾向がある。

これは、1コースはスタート前の助走距離が短く、加速しにくいからだろう。

一方、3~6コースはスタート前の助走距離が長いので、十分に加速してからスタートできる。

3~6コースの艇は、スタートで先行できればまくりを決めやすいわけだな。

まくりが決まると、外側のコースの艇が2着に続きやすいので「3-4」や「4-56」が狙い目だぞ。

予想オヤジ
向かい風3m以上なら、3~6コースの1着が狙い目だ!

 

競艇の追い風は何コースが有利?

競艇の追い風の影響

競艇の追い風は、風速2m以下なら1・2コースの艇、風速3~4mなら2~4コースの艇が有利だ。

さらに、風速5m以上になると、5・6コースの艇にも1着のチャンスが生まれるぞ。

下の表に、追い風の風速ごとのコース別1着率をまとめたので、予想の参考にしてみてくれ。

 1コース2コース3コース4コース5コース6コース
無風58.1%14.0%11.3%10.0%5.1%1.5%
追い風1m58.3%14.7%10.8%9.6%5.0%1.7%
追い風2m56.4%15.8%11.5%9.9%4.7%1.7%
追い風3m53.3%16.1%12.4%11.0%5.3%1.8%
追い風4m51.3%15.8%13.8%11.5%5.7%1.9%
追い風5m以上47.0%17.8%14.2%12.6%6.5%2.1%

データ:BOAT log|ボートレース情報サイト
集計期間:2016年~2022年

上の表から、1コースの1着率は、追い風の風速が強くなるほど下がっていることがわかる。

その分だけ、追い風が強くなるほど、2~6コースの1着率が上がっているな。

特に、追い風5m以上になると1コース1着率が50%未満になるので、穴狙いのチャンスだぞ。

予想オヤジ
ここからは、競艇の追い風の影響を解説していこう!

追い風2m以下なら1・2コースが有利

追い風2m以下のレース

競艇では、追い風の風速2m以下なら1・2コースの艇が有利で、1着をとりやすい傾向がある。

1コースの1着率が高いのは、風速が弱ければレースへの影響が小さいからだろう。

一方、2コースの1着率が高いのは、追い風に押されてスタート前に加速しやすくなるからだな。

また、追い風では1コースの艇がターンで流れやすいので、差しを決めやすくなる。

2コースの艇が差しで1着をとると、1コースの艇が2着に続きやすいので「2-1」が狙い目だぞ。

予想オヤジ
追い風2m以下なら、1・2コースの1着が狙い目だ!

追い風3~4mなら2~4コースが有利

追い風3~4mのレース

競艇では、追い風の風速3~4mなら2~4コースの艇が有利で、1着をとりやすい傾向がある。

これは、1コースの艇が追い風に押されて、ターンでふくらみやすいからだろう。

1コースの艇がターンでふくらむと、2~4コースの差しやまくり差しが決まりやすくなるぞ。

差しやまくり差しが決まったときは、差された1コースの艇が2着に残りやすい。

そのため、追い風3~4mで2~4コースの1着を狙うときは「2-1」「3-1」「4-1」が狙い目だ。

予想オヤジ
追い風3~4mなら、2~4コースの1着が狙い目だぞ!

追い風5m以上なら2~6コースが有利

追い風5m以上のレース

競艇では、追い風の風速5m以上なら2~6コースの艇が有利で、1着をとりやすい傾向がある。

これは、競走水面が荒れることで、スタートやターンが難しくなるからだろう。

スタート隊形がバラけると、1コースの艇を守る壁がなくなって、まくりが決まりやすくなる。

また、1コースの艇がターンで膨らむと、差しやまくり差しが決まりやすくなるな。

向かい風と同じように、風速が強くなると5・6コースの艇にも1着のチャンスが生まれるのだ。

予想オヤジ
追い風5m以上なら、2~6コースの1着が狙い目だぞ!

 

競艇の横風は何コースが有利?

競艇の横風の影響

競艇の横風は、左横風の風速2m以下または、右横風の風速1m以下なら1コースの艇が有利だ。

また、左横風3m以上なら3・4コース、右横風2m以上なら2~6コースが有利だな。

下の表に、左横風と右横風の風速ごとのコース別1着率をまとめたので、参考にしてみてくれ。

 1コース2コース3コース4コース5コース6コース
左横風3m以上55.8%13.8%12.2%11.2%5.5%1.6%
左横風2m58.0%13.6%11.2%10.6%5.1%1.5%
左横風1m59.3%13.3%11.2%9.8%5.1%1.4%
無風58.1%14.0%11.3%10.0%5.1%1.5%
右横風1m57.5%13.4%11.5%10.3%5.6%1.7%
右横風2m54.3%13.9%12.7%10.4%6.7%2.0%
右横風3m以上52.0%15.1%13.3%11.6%5.6%2.4%

データ:BOAT log|ボートレース情報サイト
集計期間:2016年~2022年

上の表から、左横風でも右横風でも、風速が強くなると1コース1着率が下がることがわかる。

ただし、左横風のほうが右横風よりも、1コースの1着率は下がりにくいな。

横風はスタンドや電光掲示板に遮られるので、向かい風や追い風より強い風が吹きにくいぞ。

予想オヤジ
ここからは、競艇の横風の影響を解説していこう!

左横風2m以下、右横風1m以下なら1コースが有利

左横風2m以下のレース

競艇では、左横風2m以下か右横風1m以下なら1コースの艇が有利で、1着をとりやすい傾向がある。

これは、風速が弱ければ、スタートやターンへの影響が小さいからだろう。

また、弱い左横風が吹いていると、1コースの艇が1周目1マークのターンで流れにくくなる。

全速ターンしても小回りなターンをできるので、他の艇に抜かされにくいな。

そのため、1コースの艇は左横風のほうが右横風よりも活躍しやすく、1着率が高くなっているぞ。

予想オヤジ
左横風2m以下または右横風1m以下なら、1コースの1着が狙い目だ!

左横風3m以上なら3・4コースが有利

左横風3m以上のレース

競艇では、左横風の風速3m以上なら3・4コースの艇が有利で、1着をとりやすい傾向がある。

これは、強い左横風では、3・4コースのまくりが流れにくいからだろう。

1マークを全速ターンしても、バック側からの風に押されて小回りなターンになるわけだな。

3・4コースのまくりが決まったときは、外側のコースの艇が2着に続きやすい。

そのため、左横風3m以上で3・4コースの1着を狙うときは「3-4」「4-5」が狙い目になるぞ。

予想オヤジ
左横風3m以上なら、3・4コースの1着が狙い目だ!

右横風2m以上なら2~6コースが有利

右横風2m以上のレース

競艇では、右横風の風速2m以上なら2~6コースの艇が有利で、1着をとりやすい傾向がある。

これは、強い右横風では、1コースの艇がターンでふくらみやすいからだろう。

1コースの艇がターンでふくらむと、2~4コースの差しやまくり差しが決まりやすくなるな。

また、2~4コースの艇もふくらみやすいので、艇と艇の間に隙間ができやすい。

そのため、強い右横風では、5・6コースの艇にもまくり差しを決めるチャンスが生まれるぞ。

予想オヤジ
右横風2m以上なら、2~6コースの1着が狙い目だ!

 

競艇の風向きと風速を確認するには?

競艇の風の見方

競艇の風向きと風速については、競艇の公式サイトか現地の空中線標識を見るのがおすすめだ。

公式サイトの直前情報なら、全国24カ所の競艇場について風の状況を確認できるぞ。

直前情報は展示航走が終わった後に公開されるので、ネット投票するときは活用してみてくれ。

一方、現地の空中線標識なら、レース直前まで風向きの変化を確認できる。

展示航走から本番までに風向きが変わると、スタートがバラけやすいので穴狙いのチャンスだ。

予想オヤジ
ここからは、風向きと風速を確認する方法を解説していくぞ!

風向きと風速のネットでの見方

若松5Rの水面状況

出典:https://www.boatrace.jp/

競艇の風向きと風速のネットでの見方は、競艇の公式サイトの直前情報を見るのがおすすめだ。

直前情報では、展示航走後に前走の時点での風向きと風速が公開されているぞ。

全国24カ所のの競艇場について風の状況を確認できるので、ネット投票するときは活用してみよう。

また、競艇場によっては、リアルタイムの水面状況を公開していることもある。

こちらのほうが正確なので、時間に余裕のある方は各競艇場の公式サイトも確認してみてくれ。

予想オヤジ
ネット投票では、競艇の公式サイトで風向きと風速を確認しよう!

風向きと風速の現地での見方

空中線標識の小旗

競艇の風向きと風速の現地での見方は、スタートライン上の空中線標識を見るのがおすすめだ。

空中線標識には小旗が取り付けられているので、リアルタイムな風向きがわかるぞ。

展示航走から本番までに風向きが変わると、スタートがバラけやすいので穴狙いのチャンスだ。

とはいえ、小旗は目視での確認になるので、初心者には難しいかもしれない。

前走の時点での風向きと風速は、場内のモニターに映るので、初心者はこちらを参考にしよう。

予想オヤジ
現地では、場内モニターだけでなく、空中線標識の小旗も確認してみてくれ!

スタートラインと第2ターンマークの間にコースを横切る形で空中にロープが張られ、各々色の異なる組み合わせの小旗がつけられている。これを空中線標識と呼び、スタートラインから5m、45m、内80-外85mの位置を示している。

引用:BOAT RACE オフィシャルウェブサイト

 

競艇の風の影響|よくある質問

競艇の風についてのよくある質問

ここからは、競艇の風についてのよくある質問に回答していくぞ。

競艇の安定板の影響は?

競艇の安定板の影響は、まわり足が良くなり、伸び足が悪くなることだ。

詳しくは、競艇 安定板にまとめているので、よかったらチェックしてみてくれ。

競艇の台風の影響は?

競艇の台風の影響は、スタートやターンが難しくなり、レースが荒れやすくなる。

普段よりも穴が出やすくなるので、穴狙いが好きな方は舟券を買ってみよう。

予想オヤジ
他にも疑問があれば、記事下のコメントフォームから質問してみてくれ。

 

競艇の風の影響|まとめ

競艇の風のまとめ

競艇の風の影響についてまとめると、この6つがポイントだ。

  • 風速2m以下なら1コースが有利
  • 向かい風3m以上なら3~6コースが有利
  • 追い風3~4mなら2~4コースが有利
  • 追い風5m以上なら2~6コースが有利
  • 左横風3m以上なら3・4コースが有利
  • 右横風2m以上なら2~6コースが有利

この記事では、競艇の風についての基本的なセオリー(コースの有利・不利)を解説した。

しかし、競艇の風の影響は、全国24カ所の競艇場ごとに違っている。

基本的なセオリーを押さえた上で、よかったら競艇場ごとの攻略記事も読んでみてくれ。

また、風の状況は、競艇の公式サイトや各競艇場の公式サイトで確認できる。

現地なら空中線標識を確認して、リアルタイムな風向きの変化を確認するのもおすすめだな。

予想オヤジ
風向きと風速を予想に活かして、舟券でプラス収支を狙っていこう!

 

競艇の風の影響|コメントへの回答

この記事に投稿されたコメントに回答していく。

ただし、全てのコメントに回答するわけではないので、ご了承願いたい。

コメントの活用法はコメントポリシーにまとめているぞ。

節の前半と後半はどちらが当てやすい?

2020年11月10日に「節の前半と後半はどちらが当てやすい?」と質問コメントをもらった。

まず、節の前半は今節の調子がわからないので、節の後半より予想が難しい。

しかし、これは他の競艇ファンも同じなので、節の前半は意外な高配当を狙いやすいぞ。

一方、節の後半は今節成績を確認できるので、節の前半より予想しやすい。

だが、これは他の競艇ファンも同じなので、節の後半は意外な高配当を狙いにくくなる。

このように節の前半と節の後半は一長一短で、どちらが良いとは言い切れない。

どちらかに絞って賭けながら、自分の得意な勝ちパターンを探すのもありかもしれないな。

 

合わせて読みたい記事

競艇場

競艇場

競艇場の特徴と一覧|全国24カ所の鉄板・穴・売上ランキ...

競艇の満潮と干潮

競艇の勝ち方

競艇は満潮と干潮で狙い目が変化!潮の満ち引きの影響とは...

競艇場ごとの水質

競艇の勝ち方

競艇の淡水・海水・汽水の違いは?水質ごとの狙い目と攻略...

競艇の必勝法

競艇の勝ち方

【競艇の勝ち方と必勝法】稼ぐための考え方や買い方のコツ...

競艇の勝ち方の記事一覧

競艇の勝ち方

【競艇の勝ち方の記事一覧】初心者~中級者に向けて勝つた...

予想オヤジ

予想親父
大学を卒業後、しばらくはサラリーマンをしていたが、今は福岡で自営業をしているぞ。
約5年前からこのブログで「予想サイトの検証記事」「自力予想のコツ記事」を書いている。
俺は予想サイトでも自力予想でもプラス収支を出しているので、ぜひ参考にしてみてくれ。


コメントについて

この記事について、感想・要望・疑問などがあったら、どんどんコメントしてくれ。

俺もモチベーションが上がるし、今後の記事テーマを決める参考にもするぞ。

ただし、イタズラ防止のため、コメントは俺が内容を確認してから手動で反映している。

コメントが反映されるまで数日かかることもあるが、ご了承願いたい。

また、コメントの反映基準や活用法については「コメントポリシー」にまとめているぞ。