風車

【競艇の追い風・向かい風】4つの戦略で的中率アップ!意外にも1コースは…

投稿日:2019年11月29日 更新日:

この記事では「競艇の風の影響が知りたい!」という方に向けて、風向きや風の強さごとの有利なコースについてまとめた。

競艇のセオリーとして、「追い風なら逃げや差しが有利、向かい風ならまくりが有利」というのは有名だ。

しかし、これだけでは「追い風でどのコースが有利で、向かい風でどのコースが有利なのか」がわかりにくい。

また、このセオリーは風向きにしか注目しておらず、風の強さを無視していることも問題だ。

予想オヤジ
風の一般的なセオリーは、大まかな部分しか合っていないぞ!

そこで、俺は「風向きと風の強さごとのコース別1着率」を調べ、「風の影響がどのくらいあるのか」を計算した。

すると、意外な事実が見つかったぞ。

ぜひ最後まで読んで、予想の的中率アップに役立ててくれ。

 

予想オヤジ
さっそく、風の影響のデータを見ていこう!

 

競艇の風の影響のデータ

風の影響のデータ

競艇の風の影響のデータを「追い風」「向かい風」に分けてまとめた。

まずは、追い風と向かい風について、全国平均の「風速ごとのコース別1着率」を見ていこう。

1コース 2コース 3コース 4コース 5コース 6コース
追い風1m 56.5% 15.7% 11.0% 10.0% 5.1% 1.8%
追い風2m 53.9% 16.3% 11.9% 10.9% 5.1% 1.9%
追い風3m 50.8% 17.1% 13.0% 11.5% 5.3% 2.3%
追い風4m 49.4% 16.6% 13.8% 12.4% 6.0% 1.9%
追い風5m以上 46.1% 18.7% 14.1% 13.0% 6.1% 2.0%

集計期間:2016年1月1日~2018年12月31日
データはBOATlogを参照に作成

1コース 2コース 3コース 4コース 5コース 6コース
向かい風1m 54.3% 14.2% 12.6% 10.6% 6.3% 2.0%
向かい風2m 52.5% 14.8% 12.8% 11.1% 6.8% 2.1%
向かい風3m 51.0% 14.4% 13.2% 12.2% 6.7% 2.6%
向かい風4m 50.2% 14.4% 13.4% 12.5% 7.1% 2.4%
向かい風5m以上 46.2% 14.6% 15.0% 14.1% 7.4% 2.8%

集計期間:2016年1月1日~2018年12月31日
データはBOATlogを参照に作成

次に、このデータを分析するために全国平均の「全レースのコース別1着率」を調べたぞ。

1コース 2コース 3コース 4コース 5コース 6コース
全レース 55.0% 14.8% 12.4% 11.0% 5.8% 1.9%

集計期間:2018年9月1日~2019年8月31日
データ:競艇の公式サイト

最後に、風の影響がどのくらいあるのかを「風速ごとのコース別1着率/全レースのコース別1着率」で計算して、下の表にまとめた。

下の表の数値は、そのコースについて、その風が吹いているときにどのくらい1着をとりやすく(あるいは、とりにくく)なるのかを表している。

例えば、表に「110%」と書かれているときは、そのコースが普段よりも1割くらい1着をとりやすいということだ。

逆に、表に「90%」と書かれているときは、そのコースが普段よりも1割くらい1着をとりにくいということになるぞ。

1着を特にとりやすくなっている部分は赤文字にしてあるので、注目してみてほしい。

1コース 2コース 3コース 4コース 5コース 6コース
追い風1m 103% 106% 88% 91% 88% 93%
追い風2m 98% 110% 96% 99% 88% 98%
追い風3m 92% 116% 105% 105% 91% 118%
追い風4m 90% 112% 111% 113% 103% 98%
追い風5m以上 84% 127% 114% 118% 105% 106%

 

1コース 2コース 3コース 4コース 5コース 6コース
向かい風1m 99% 96% 102% 96% 109% 104%
向かい風2m 95% 100% 103% 101% 116% 113%
向かい風3m 93% 97% 106% 111% 115% 135%
向かい風4m 91% 97% 108% 114% 122% 128%
向かい風5m以上 84% 98% 121% 128% 127% 145%

上の表から、風の影響の傾向については、

  • 無風~風速1mなら1コースが有利
  • 追い風2m~3mなら2コースが有利
  • 追い風4m以上なら2コース~4コースが有利
  • 向かい風2m以上なら4コース~6コースが有利

ということがわかる。

なお、追い風3mで6コースの1着率が上がっているのは、参考にならない数値として無視した。

ここからは、それぞれの風の影響の原因について解説していくぞ。

予想オヤジ
風の向きと強さごとの特徴を覚えるのだ!

 

競艇は無風~風速1mなら1コースが有利

競艇の逃げ

競艇は無風~風速1mなら1コースが有利だ。

そもそも、競艇は1コースが有利な競技なので、風が吹いていなければ1コースが有利なのは当然だな。

また、先ほどのデータから、追い風や向かい風が吹いていても、風速1m以下ならレース結果に影響しないことがわかった。

無風~風速1mのレースでは、風の影響は気にせずに予想するのがおすすめだ。

予想オヤジ
風速1m以下の向かい風や追い風は無視しても大丈夫だぞ!

 

競艇は追い風2m~3mなら2コースが有利

競艇の差し

競艇は追い風2m~3mなら2コースが有利だ。

なぜなら、追い風のレースでは、1コースの第1ターンマークでのターンがふくらみやすくなるからだ。

2コースは、その隙を突いて「差し」を決めることができるわけだな。

追い風2m~3mのレースでは、普段よりも2コースに注目して予想してみよう。

予想オヤジ
弱い追い風では、2コースの差しが決まりやすくなるぞ!

 

競艇は追い風4m以上なら2コース~4コースが有利

競艇のまくり差し

競艇は追い風4m以上なら2コース~4コースが有利だ。

2コースが「差し」を決めやすくなるのは、先ほど説明した通りだ。

また、3コースや4コースは「差し」に加えて、「まくり差し」も決めやすくなるぞ。

追い風に乗ったスタートダッシュからまくって、内側のコースのターンがふくらんだところを差せるようになるわけだな。

追い風4m以上のレースでは、普段よりも2コース~4コースに注目して予想してみよう。

予想オヤジ
強い追い風では、2コースの差しと、3コース、4コースの差しやまくり差しが決まりやすくなるぞ!

 

競艇は向かい風2m以上なら4コース~6コースが有利

競艇のまくり

競艇は向かい風2m以上なら4コース~6コースが有利だ。

なぜなら、向かい風のレースでは、1コース~3コースがスタートダッシュしにくくなるからだ。

その点、4コース~6コースは、十分な助走距離があるのでスタートダッシュを決めることができる。

そして、そのままスピードを活かして「まくり」を決めるのだ。

向かい風2m以上のレースでは、普段よりも4コース~6コースに注目して予想してみよう。

予想オヤジ
向かい風のレースでは、4コース~6コースのまくりが決まりやすくなるぞ!

 

競艇の横風の影響は?

鯉のぼり

競艇の横風は、レース結果にほとんど影響しないので無視しても大丈夫だ。

ただし、風速5m以上の横風が吹いているときは、選手が思ったように艇を操縦できないのでレースが荒れやすいぞ。

また、1日の間で風向きが変わる日の横風にも注意したい。

風の変わり目で選手のスタート感覚が狂って、穴舟券が出ることがあるぞ。

予想オヤジ
横風は「風速5m以上」と「風の変わり目」に要注意だ!

 

以上で、競艇の風の影響についての解説は終了だ。

風速1m以下ならレースへの影響が少ないことや、追い風4m以上で4コースが有利になることは意外だったのではないだろうか。

ここからは、競艇の風についての役立ち知識をまとめたぞ。

 

競艇の風についての役立ち知識

風のコラム

競艇の風についての役立ち知識として、

  • 競艇の風の情報はどこで見れる?
  • 競艇の安定版の影響は?
  • 競艇は台風で荒れやすくなる?

の3つをまとめた。

知っておいて損はないことばかりなので、ぜひチェックしてみてくれ。

競艇の風の情報はどこで見れる?

直前情報で風を確認

出典:https://www.boatrace.jp/

競艇の風の情報は、競艇の公式サイトの「直前情報」で見ることができる。

例えば、上のイラストは2019年11月28日の福岡競艇場の第2レースの直前情報だ。

赤枠で囲った「水面気象情報」を見ると、直前のレースの時点での風の向きと強さがわかるぞ。

イラストの下側がスタンドになっているので、選手は左から右に向かってスタートする。

そのため、右矢印は追い風、左矢印は向かい風、上下の矢印は横風ということになるな。

上のイラストから、福岡競艇場の第1レースでは風速3mの向かい風が吹いていたことがわかる。

予想オヤジ
矢印の向きに注目しよう!

これは直前のレースの時点での風の情報だが、基本的には今のレースの予想に使っても大丈夫だ。

なぜなら、レースとレースの間隔は約30分しかなく、急に風の向きや強さが変わることは少ないからだ。

また、競艇場のモニターで風の情報を確認するのは難しい。

そのため、風の情報のチェックはスマホやケータイで競艇の公式サイトを見るのがおすすめだ。

予想オヤジ
風の情報は、競艇の公式サイトでチェックするのが一番だぞ!

競艇の安定版の影響は?

安定版使用

出典:https://www.boatrace.jp/

競艇では、風の強いレースで「安定版」という部品を艇に付けてレースが行われることがある。

安定版を付けると、艇が転覆しにくくなる代わりに、トップスピードが出にくくなるぞ。

そのため、安定版が付いたレースでは、1コース~3コースが有利になり、4コース~6コースが不利になりやすい。

逃げや差しが決まりやすくなり、まくりが決まりにくくなるわけだな。

予想オヤジ
安定版が付いているかどうかは、競艇場のアナウンスや公式サイトの出走表で確認できるぞ。

とはいえ、安定版が付くようなレースは、かなりの悪天候であることが多い。

選手が艇の操縦をミスしてしまうことも多く、荒れたレース結果になりやすいぞ。

なので、安定版についてはあまり気にせずに、頭の片隅に置いておくくらいがちょうどいいかもしれないな。

ちなみに、安定版を付けるかどうかは、選手の意志ではなく競艇場のレース運営者によって決められる。

付けるという決定がされた場合は、そのレースに出走する6名全員が安定版を付けなくてはならないぞ。

予想オヤジ
安定版が付くような悪天候のレースは荒れやすいのだ!

競艇は台風で荒れやすくなる?

台風でレースが荒れる

出典:https://www.boatrace.jp/

競艇のレースは台風で荒れやすくなると言われている。

選手がスタートやターンでミスをしやすくなったり、モーターの性能が気圧の変化で変わったりするからだ。

実際に、2017年10月23日の三国競艇場では、台風の影響を受けて1日で5本も万舟券が出ているぞ(上のイラスト)。

「万舟券を狙ってみたい!」という方は、台風の日に舟券を買うといいかもしれないな。

ただし、悪天候のレースは予想の実力が反映されにくいので、「きちんと予想して当てたい」という方にはおすすめしないぞ。

予想オヤジ
台風の日の舟券は、宝くじみたいなものだな!

 

以上で、俺がこの記事で伝えたい内容は全て伝えた。

最後に、重要なポイントをおさらいしよう。

 

競艇の風の影響まとめ

風の影響のまとめ

競艇の風の影響について、もう一度まとめると、

  • 無風~風速1mなら1コースが有利
  • 追い風2m~3mなら2コースが有利
  • 追い風4m以上なら2コース~4コースが有利
  • 向かい風2m以上なら4コース~6コースが有利
  • 横風は基本的には関係なし

の5つがポイントだ。

色々と解説したが、忘れてはいけないのは「競艇の1コースの1着率は50%以上」という事実だ。

風の影響で有利になるコースはあるが、1コースが1着をとりやすいことに変わりはない。

そのため、風の影響については予想の材料の一つとして使うのがおすすめだ。

予想オヤジ
風の影響だけでなく、他の要素をバランスよく見ながら予想することが重要だぞ!

 

合わせて読みたい記事

Copyright© 競艇予想サイト , 2019 All Rights Reserved.