競艇の流し

競艇の流し(ながし)とは?

投稿日 2018/6/8

競艇の「流し(ながし)」とは、1艇あるいは2艇を軸にして、複数の舟券を手広く買う方法だ。

2連単や3連単の舟券を購入する際に使われることが多い。

流しの中でもよく使われるのが「総流し」という買い方だ。

例えば「2連単、1着1号艇軸、総流し」というと、「1-2」「1-3」「1-4」「1-5」「1-6」の5通りことを指す。

流しは購入する舟券が多くなってしまうため、的中した舟券のオッズが低かった場合、払戻金より舟券の出費の方が多かった、などといったことになりかねない。

流しを使うときには、的中したときにプラスになるように点数を絞る必要があるのだ。

競艇場や場外販売所には、「ながし/ボックス」の投票カードがあり簡単に流しで舟券を買うことができる。

 

合わせて読みたい記事

 

コメントについて

この記事について「感想」「要望」「疑問」などがあったら、どんどんコメントしてくれ。

俺もモチベーションが上がるし、今後どういう記事を書くと読者さんに喜ばれるか参考にもなる。

また、コメントの活用法や反映基準を知りたい方は「読者さんからのコメントについて(2020年9月18日更新)」のページを読んでみてくれ。

© 2020 競艇予想サイト