競艇の6号艇

競艇の6号艇(6コース)は不利?勝率と1・2・3着率を解説!

この記事では「6号艇(6コース)を狙って稼ぎたい!」という方に向けて、

  • 6号艇(6コース)の勝率や1~3着率
  • 6号艇(6コース)が1~3着をとる展開
  • 6号艇(6コース)の専門選手
  • 6号艇(6コース)が強い競艇場

などをわかりやすくまとめた。

競艇の6号艇は、6艇のなかで最も不利な艇番で、6コース1着率は全国平均で1.8%しかない。

1着率がかなり低いので、選手やモーターが良くても1着をとれるとは限らないな。

さらに、2着率が6.2%、3着率が13.4%なので、2・3着をとれるかどうかも微妙なところだ。

そのため、6号艇については、選手やモーターが悪ければ買わないことも検討しよう。

ここからは、6号艇(6コース)の攻略法を解説していくので、ぜひ最後まで読んでみてくれ。

予想オヤジ
6号艇(6コース)を攻略して、競艇勝ち組を目指そう!

 

競艇の6号艇(6コース)は不利?

6号艇(6コース)は不利

結論から言えば、競艇の6号艇(6コース)は、6艇(全6コース)のなかで最も不利だ。

6コースの1着率は全国平均で1.8%しかなく、50回に1回しか1着をとれていない。

また、2着率が6.2%、3着率が13.4%と低いため、2・3着をとれるかどうかも微妙なところだ。

6号艇は不利な艇番なので、6号艇の選手は1~5コースに前づけすることもあるな。

ここからは、競艇の6号艇(6コース)の基礎知識として、以下の4項目を解説していくぞ。

6号艇(6コース)の基礎知識

  • 6号艇の6コース取得率は83.0%
  • 6コースの1着率は1.8%
  • 6コースの勝率は3.07
  • 新人選手は6コースの進入が多い
予想オヤジ
まずは、6号艇(6コース)の基礎知識を確認しよう!

6号艇の6コース取得率は83.0%

6号艇のコース取り

出典:JLC

競艇では、スタートコースが早い者勝ちであり、スタート前にコース取りが行われる。

コース取りに積極的な選手がいると、艇番とは違うコースからスタートすることもあるぞ。

6号艇の6コース取得率は全国平均で83.0%となっており、1~4号艇と比べて低い。

枠なり進入になることが多いが、6号艇が6コース以外になることもあるので注意しよう。

特に、6号艇の選手が4・5号艇の選手よりも実力上位だと、コースが変わりやすいぞ。

予想オヤジ
スタート展示の進入隊形から、本番の進入隊形を予想してみてくれ!

6コースの1着率は1.8%

6コースの1着率

出典:https://www.boatrace.jp/

競艇では、内側のスタートコースのほうが1周目1マークに近いため1着をとりやすくなる。

6コースは最も外側のコースなので、6艇のなかでは最も不利なコースだな。

実際に、6コースの1着率は全国平均で1.8%しかなく、強い選手でも1着をとるのは難しい。

ただし、これは全国平均の数値であり、6コースの1着率は競艇場ごとに違っている。

そのため、予想するときは自分が舟券を買う競艇場の6コースの1着率を確認してみてくれ。

予想オヤジ
6コースが強い競艇場は、この記事の後半で解説するぞ!

6コースの勝率は3.07

勝率の計算方法

出典:https://www.boatrace.jp/

競艇では、レースの着順ごとに着順点が与えられ、選手の勝率が計算されている。

同じようにコース別の勝率を計算すると、6コースの勝率は全国平均で3.07しかないぞ。

一方、1コースの勝率は全国平均で7.87もあり、6コースの勝率より4.80も高い。

つまり、1コースと6コースの間には、A1級選手とB1級選手くらいの強さの差があるわけだな。

そのため、実力上位のA1級選手でも、6コースから3着以内をとるのは難しいのだ。

予想オヤジ
6コースの2着率は6.2%、3着率は13.4%しかないぞ!

新人選手は6コースの進入が多い

新人選手は6コース

出典:https://www.boatrace.jp/

競艇では、デビューした直後の新人選手は6コースからスタートすることが多い。

6号艇のときはもちろん、4・5号艇のときも6コースに回ることが多いな。

これは、6コースなら転覆などのミスをしても、他艇に迷惑をかけにくいからだ。

また、6コースは好きな位置から起こせるので、スタートも合わせやすいぞ。

新人選手がいるレースは、新人選手は6コースになると考えて予想してみてくれ。

予想オヤジ
新人選手はB1級に上がってから、枠なり進入することが多いな!

 

競艇の6号艇(6コース)が1・2・3着をとる展開は?

6号艇(6コース)が1・2・3着をとる展開

競艇のレース展開を考えるときは、1周目1マークの攻防を考えることが重要だ。

これは、競艇は先行した艇が有利なので、1周目1マークで勝負が決まりやすいからだな。

レースの決着がどのようについたのかは「決まり手」という用語で表される。

例えば、1号艇が1周目1マークを先マイして1着をとると、決まり手は「逃げ」になるぞ。

6コースの決まり手を分析すれば、6コースの艇が1~3着をとる展開がわかるのだ。

予想オヤジ
決まり手については、競艇 決まり手の記事にも詳しくまとめているぞ!

さて、6コースの決まり手ごとの出現率は、下の表のようになっている。

決まり手出現率
逃げ0.0%
差し12.7%
まくり27.5%
まくり差し41.3%
抜き14.8%
恵まれ3.6%

データ:艇国データバンク
集計期間:2021年1月1日~2021年12月31日

上の表から、決まり手は、まくり差し→まくり→抜き→差しの順番に多いことがわかるな。

恵まれは繰り上げで1着をとったときの決まり手なので、今回は考えないぞ。

ここからは、それぞれの決まり手について、レース展開をイラスト付きで解説していく。

「6コースの艇が1着をとる可能性があるか?」を考えるときに参考にしてみてくれ。

また、1着をとれなくても、同じレース展開で2・3着をとれることがあるので覚えておこう。

予想オヤジ
ここからは、全ての艇が枠なり進入したと仮定して解説するぞ!

6号艇(6コース)のまくり差し

6コースのまくり差し1

6号艇(6コース)が1着をとる決まり手で最も多いのは、まくり差しの41.3%だ。

まくり差しが決まりやすいのは、5号艇がスタート後から攻めたときだな。

5号艇がまくりが流れたときに、6号艇が内側を差して前に出ることができるぞ。

このとき、2着は1・5号艇が続きやすいので「6-15」の並びが狙い目だ。

また、1号艇が逃げ切れば「1-6」、5号艇がまくり切れば「5-6」の並びになるな。

予想オヤジ
5号艇が攻めそうなときは「56-56」の穴狙いもありだぞ!

6コースのまくり差し2

他にも、6号艇のまくり差しは、3号艇や4号艇が攻めたときに決まることもある。

3号艇が攻めたときは、6号艇は1・2号艇をまくり、3号艇を差すことが多い。

一方、4号艇が攻めたときは、1~3号艇と5号艇をまくり、4号艇を差すことが多いな。

このように、6号艇のまくり差しは、他の艇の攻めに合わせて行われやすい。

3~5号艇が攻めそうなときは、攻める艇と合わせて6号艇の1~3着も考えてみよう。

予想オヤジ
他にも色々なパターンがあるので、実際のレースで確認してみてくれ!

6号艇(6コース)のまくり

6コースのまくり

6号艇(6コース)が1着をとる決まり手で2番目に多いのは、まくりの27.5%だ。

まくりが決まりやすいのは、6号艇がスタートで先行できたときだな。

1~5号艇より早くスタートできれば、1周目1マークを先マイして1着をとれるぞ。

このとき、2着は1・5号艇が続きやすいので「6-15」の並びが狙い目だ。

また、6号艇のまくりが届かず、1号艇が逃げると「1-6」の並びになりやすいな。

予想オヤジ
6号艇がチルトを上げているときは、まくり一発を狙っているぞ!

6号艇(6コース)の抜き

6コースの抜き

6号艇(6コース)が1着をとる決まり手で3番目に多いのは、抜きの14.8%だ。

抜きが決まりやすいのは、2マークの水面が荒れているときだな。

先頭を走っている艇がターンミスすると、6号艇がその隙を突いて抜かせるぞ。

ただし、抜きを決めるには、選手やモーターが良くなければならない。

6号艇だけが強くて、水面が荒れているレースでは抜きの1着を考えてみてくれ。

予想オヤジ
満潮や強風のレースでは、水面が荒れやすいぞ!

6号艇(6コース)の差し

6コースの差し

6号艇(6コース)が1着をとる決まり手で4番目に多いのは、差しの12.7%だ。

差しが決まりやすいのは、1周目1マークが混戦になったときだな。

1~5号艇のターンが流れたときに、6号艇が隙を突いて最内を差していくぞ。

このとき、2着は1・2号艇が続きやすいので「6-12」の並びが狙い目だ。

また、6号艇の差しが届かず、1号艇が逃げると「1-6」の並びになりやすいな。

予想オヤジ
6号艇のモーターの出足・行き足が良いときは、差しのチャンスだ!

 

競艇の6号艇(6コース)の専門選手や強い選手は?

6号艇(6コース)の専門選手

競艇では、1~5号艇のときも、あえて6コースからスタートする選手がいる。

このような6コースの専門選手は「アウト屋」と呼ばれているぞ。

アウト屋は、現役では「小川晃司」選手と「阿波勝哉」選手の2名が挙げられる。

この2名がいるときは、進入隊形が変わるものだと思って予想しよう。

また、アウト屋でなくとも、6コースに強い選手もいるので紹介していくぞ。

予想オヤジ
アウト屋と6コース1着率が高い選手を覚えて、予想に活かしてみてくれ!

アウト屋は「小川晃司」選手と「阿波勝哉」選手

「阿波勝哉」選手

出典:https://www.boatrace.jp/

競艇のアウト屋は、現役では「小川晃司」選手と「阿波勝哉」選手の2名しかいない。

この2名は、1~5号艇でも6コースに進入するので、予想するときは注意しよう。

また、この2名について、2022年後期に適用されている級別の6コース成績をまとめたぞ。

 1着率2着率3着率
小川浩司0.8%12.8%35.2%
阿波勝哉21.0%30.5%51.5%

敬称略
データ:艇国データバンク
集計期間:2021年11月1日~2022年4月30日

上の表から、小川選手はアウト屋ではあるが、6コース成績は普通だとわかる。

舟券に絡みやすいわけではないので、他の選手の6コースと同じように評価しよう。

一方、阿波選手の6コース成績は、他の選手と比べて明らかに高くなっている。

6コースからでも舟券に絡みやすいので、阿波選手の6コースは重視してみてくれ。

予想オヤジ
阿波勝哉」選手は、豪快なまくりを得意としているぞ!

6コース1着率の高い選手ランキング

調査

競艇では、舟券を買うときに、選手のコース別成績を確認するのがおすすめだ。

これは、選手によってコースごとに得意・不得意があるからだな。

選手のコース別成績は、競艇の公式サイトやボートレース日和で確認できる。

6コースの選手を買うときは、その選手の6コース成績を確認しよう。

また、6コース1着率が高い選手をまとめたので、予想するときは参考にしてみてくれ。

順位選手名1着率進入
1位中村亮太33.3%3回
2位伏田裕隆21.4%42回
3位石川真二20.0%5回
4位三浦敬太17.9%28回
5位佐藤翼17.5%40回
6位阿波勝哉17.3%150回
7位菅章哉17.2%58回
8位高田ひかる16.1%31回
9位山崎郡16.1%31回
10位大豆生田蒼15.4%26回

敬称略
データ:ボートレース日和
集計期間:2021年7月22日~2022年7月21日

予想オヤジ
進入回数が多いほど、1着率の数値も信用できるぞ!

 

競艇の6号艇(6コース)が強い競艇場は?

6号艇(6コース)が強い競艇場

競艇の6号艇(6コース)が強い競艇場は、江戸川・平和島・戸田の3場だ。

具体的に、この3場と全国平均の6コース1着率を比べてみたぞ。

競艇場6コース1着率
江戸川3.9%
平和島3.1%
戸田2.8%
全国平均1.8%

データ:艇国データバンク
集計期間:2021年1月1日~2021年12月31日

上の表から、この3場では、6コースの1着が全国平均より1.5~2倍ほど出やすいとわかる。

そのため、6コースの選手やモーターが良ければ、1着で狙うことも検討できるぞ。

逆に、6号艇(6コース)が弱い競艇場としては、芦屋・福岡・住之江・徳山が挙げられる。

この4場では、6コースの選手やモーターが良くても、2・3着で狙うのがいいだろう。

ここからは、6コースの1着率が高い3場について、コースや水面の特徴を解説していくぞ。

予想オヤジ
詳しいデータを知りたい方は、競艇場ごとの特徴も読んでみてくれ!

6コース1着率の1位は江戸川競艇場

江戸川競艇場

全国24カ所の競艇場のなかで、6コースの1着が最も出やすいのは江戸川競艇場だ。

6コース1着率は3.9%なので、20回に1回くらいは6コースの艇が1着をとるぞ。

江戸川競艇場は河川のなかに造られていて「日本一の難水面」として有名だな。

1周目2マーク以降も逆転が起こりやすく、抜きの決まり手が出やすい。

水面が荒れていて、選手やモーターが良ければ、6コースでも1着を狙っていけるぞ。

予想オヤジ
潮と風が逆向きだと、水面が特に荒れやすいな!

6コース1着率の2位は平和島競艇場

平和島競艇場

全国24カ所の競艇場のなかで、6コースの1着が2番目に出やすいのは平和島競艇場だ。

6コースの1着率は3.1%なので、30回に1回くらいは6コースの艇が1着をとるぞ。

平和島競艇場はバック側の斜行が制限されていて、他の競艇場より差しが決まりやすい。

モーターの出足・行き足が良いと、ターン後に加速しやすいので活躍できるな。

オリジナル展示データの直線タイムが良いときは、6コースの1着を検討してみてくれ。

予想オヤジ
直線タイムは、平和島競艇場の公式サイトで確認できるぞ!

6コース1着率の3位は戸田競艇場

戸田競艇場

全国24カ所の競艇場のなかで、6コースの1着が3番目に出やすいのは戸田競艇場だ。

6コースの1着率は2.8%なので、30回に1回くらいは6コースの艇が1着をとるぞ。

戸田競艇場は1マークがスタンド側に振られていて、他の競艇場よりまくりが決まりやすい。

特に、内側のコースの艇がスタートで遅れると、まくりが決まって高配当になる。

選手の平均ST・今節STを比べて、内凹みになりそうなら6コースの1着を検討してみよう。

予想オヤジ
戸田競艇場では、スタートで前に出られるかが重要だぞ!

 

競艇の6号艇(6コース)のまとめ

6号艇(6コース)のまとめ

競艇の6号艇(6コース)については、この5つがポイントだ。

  • 進入コースが変わりやすい
  • 1着率は全国平均で1.8%
  • 1着をとるときはまくり差しが多い
  • アウト屋の小川選手と阿波選手に注意
  • 6コースが強い競艇場1位は江戸川

6号艇(6コース)は6艇のなかで最も不利で、実力上位の選手でも1着は難しい。

また、2・3着率も低く、2・3着をとれるかどうかも微妙なところだ。

とはいえ、レース展開・選手・競艇場によっては、6コースが1着をとれることもある。

予想するときはこの記事を思い出して、6コースの1着を狙えるかを考えてみよう。

予想オヤジ
競艇予想に役立つ記事をまとめたので、よかったら読んでみてくれ!

 

合わせて読みたい記事

1号艇

競艇の勝ち方

競艇は1号艇(1コース)が有利?負けるのはどんなレース...

2号艇

競艇の勝ち方

競艇の2号艇(2コース)の勝率は?差しとまくりで出目が...

競艇の3号艇(3コース)

競艇の勝ち方

競艇の3号艇(3コース)の1着率は?展開ごとの出やすい...

競艇の4号艇(4コース)

競艇の勝ち方

競艇の4号艇(4コース)が上手い選手は?まくりの出目は...

競艇の5号艇(5コース)

競艇の勝ち方

競艇の5号艇(5コース)の基礎知識と1~3着をとる展開...

予想オヤジの顔

予想親父
大学を卒業後、しばらくはサラリーマンをしていたが、今は福岡で自営業をしているぞ。
約4年前からこのブログで「予想サイトの検証記事」「自力予想のコツ記事」を書いている。
俺は予想サイトでも自力予想でもプラス収支を出しているので、ぜひ参考にしてみてくれ。


コメントについて

この記事について、感想・要望・疑問などがあったら、どんどんコメントしてくれ。

俺もモチベーションが上がるし、今後の記事テーマを決めるための参考にもするぞ。

ただし、イタズラ防止のため、コメントは俺が内容を確認してから手動で反映している。

コメントが反映されるまで数日かかることもあるが、ご了承願いたい。

また、コメントの反映基準や活用法については「コメントポリシー」にまとめているぞ。