競艇の4号艇(4コース)

競艇の4号艇(4コース)が上手い選手は?まくりの出目はこれ!

この記事では「4号艇(4コース)の1着を狙って稼ぎたい!」という方に向けて、

  • 4コースが1着をとりやすい条件
  • 4コースが1着をとったときの出目
  • 4コースが上手い選手
  • 4コースが強い競艇場

などをわかりやすくまとめた。

競艇の4号艇は1~3号艇の次に有利な枠番で、4コースの1着率は全国平均で10.8%である。

これは、1日12レースのうち、1~2レースは4コースの艇が1着をとるイメージだな。

また、決まり手は「まくり→まくり差し→差し」の順番で出やすくなっているぞ。

まくりを決めたときは「4-56」が出やすく、高配当になりやすいので穴狙いの方におすすめだ。

ここからは、4コースの1着を狙う方法を解説していくので、ぜひ最後まで読んでみてくれ。

予想オヤジ
4コースの買い方をマスターして、競艇勝ち組を目指そう!

 

競艇の4号艇(4コース)の基礎知識

競艇の4号艇(4コース)の基礎知識

競艇の4号艇は、出走表の上から4番目に書かれている艇であり、艇の色は青色だ。

また、競艇の4コースとは、内側から4番目のスタートコースのことだな。

競艇のスタートコースは早い者勝ちだが、4号艇の4コース進入率は85.7%となっている。

1~3号艇と比べると枠なり進入率が低いので、スタートコースには注意しよう。

他にも、競艇の4号艇(4コース)の基礎知識として、以下の4つを覚えておいてくれ。

4号艇(4コース)の基礎知識

  • 4号艇の4コース取得率は85.7%
  • 4コースの1着率は10.8%
  • 決まり手は「まくり→まくり差し→差し」
  • 4コースの艇はカドになりやすい
予想オヤジ
まずは、4号艇(4コース)の基礎知識を覚えよう!

4号艇の4コース取得率は85.7%

4号艇の枠なり進入

出典:JLC

競艇では、スタートコースが早い者勝ちであり、スタート前にコース取りが行われる。

コース取りに積極的な選手がいると、枠番とは違うコースからのスタートになることもあるぞ。

4号艇の4コース取得率は全国平均で85.7%となっており、1~3号艇に比べると少し低い。

そのため、基本的には枠なり進入になるが、進入コースが変わることもあるので注意しよう。

例えば、5・6号艇が4コースに前づけして、4号艇が5・6コースからスタートすることがあるな。

予想オヤジ
スタート展示の進入隊形から、本番の進入隊形を予想してみてくれ!

4コースの1着率は10.8%

4コースの1着率

出典:https://www.boatrace.jp/

競艇では、内側のスタートコースのほうが、1周目1マークに近いため1着をとりやすくなる。

4コースは内側から4番目のコースなので、6艇のなかでは4番目に有利なコースになるな。

実際に、4コースの1着率は全国平均で10.8%となっており、そこそこの割合で1着をとれるぞ。

ただし、これは全国平均の数値であり、4コースの1着率は競艇場ごとに違っている。

そのため、予想するときは、自分が舟券を買う競艇場の4コースの1着率を確認してみてくれ。

予想オヤジ
4コースが強い競艇場は、この記事の後半で解説するぞ!

決まり手は「まくり→まくり差し→差し」

4コースのまくり

出典:JLC

4コースの決まり手は、差しが19.5%、まくりが44.5%、まくり差しが26.3%となっている。

つまり、4コースの決まり手は「まくり→まくり差し→差し」の順番で出やすいわけだな。

まず、4コースのまくりは、1周目1マークで1~3コースの艇を外側から抜く戦法だ。

まくりは、1周目1マークまでに艇を内側に寄せて、そのまま先マイできれば決まりやすいぞ。

スタート後に前に出るために、選手のスタート力やモーターの伸び足が重要になるな。

予想オヤジ
艇を内側に寄せるまくりは「締めまくり」と呼ばれることもあるぞ!

4コースのまくり差し

出典:JLC

次に、4コースのまくり差しは、

  • 【A】1コースの艇をまくり、2・3コースの艇を差す
  • 【B】2コースの艇をまくり、1・3コースの艇を差す
  • 【C】3コースの艇をまくり、1・2コースの艇を差す
  • 【D】1・2コースの艇をまくり、3コースの艇を差す
  • 【E】1・3コースの艇をまくり、2コースの艇を差す
  • 【F】2・3コースの艇をまくり、1コースの艇を差す

の6パターンがある。

どのパターンになるかは、1~4コースの選手のスタート力から考えてみてくれ。

基本的には、スタートで出遅れた艇をまくり、先行している艇を差すことが多いな。

例えば、2・3コースの艇が出遅れたときは【F】のパターンになりやすいぞ。

まくり差しを決めるには、差すときに先行した艇の引き波を越えなければならない。

そのため、まくるための伸び足だけでなく、差すための出足・行き足も重要だな。

予想オヤジ
まくり差しは高度な技術なので、若手選手には難しいぞ!

4コースの差し

出典:JLC

最後に、4コースの差しは、1周目1マークで1~3コースの艇を内側を抜く戦法だ。

差しを決めるには、1周目1マークで3艇分の引き波を越えて、ターン後に加速しなければならない。

そのため、まくり差し以上に、モーターの出足・行き足が重要になるな。

逆に、スタート後に前に出なくてもいいので、スタート力や伸び足は重要ではなくなるぞ。

伸び足は展示タイム、出足・行き足は直線タイムに反映されるので、予想するときは確認しよう。

予想オヤジ
4コースの艇には色々な戦法があるので「自在戦」と呼ばれることもあるな!

4コースの艇はカドになりやすい

4コースはカド

出典:JLC

競艇では、1~4コースの艇はスロースタート、4~6コースの艇はダッシュスタートが多い。

このとき、4コースの艇はスローとダッシュの境目になるため「カド」と呼ばれるぞ。

カドの艇は、1つ内側の艇がスロースタートなので、スタート後の加速で有利になりやすい。

特に、1つ内側の艇がスタートで出遅れたときは、一気に攻めることができる。

これにより、4コースの艇は、他のコースよりまくりやまくり差しを決めやすくなっているぞ。

予想オヤジ
4コースの艇は、3コースの艇が出遅れたときに攻めやすいのだ!

 

4号艇(4コース)が1着をとりやすい条件は?

4号艇(4コース)が1着をとりやすい条件

競艇で4号艇(4コース)が1着をとりやすい条件は、4号艇(4コース)の選手が強いことだ。

例えば、4号艇がA級選手で、他の枠番がB級選手なら、4号艇が1着をとる可能性は高いだろう。

しかし、選手の級別や勝率の他にも、4コースならではのチェックポイントがあるぞ。

ここからは、4コースの艇が1着をとりやすくなる6つの条件を解説していく。

予想するときに、以下の項目が多く当てはまる場合は、4コースの1着を狙ってみてくれ。

4号艇(4コース)が1着をとりやすい条件

  • 選手の4コース1着率が高い
  • 選手の平均ST・今節STが早い
  • モーターの出足・行き足が良い
  • モーターの伸び足が良い
  • 追い風4m以上or向かい風3m以上
  • 干潮or向かい潮
予想オヤジ
5項目のうち、何項目に当てはまるのかをレースごとに考えてみてくれ!

選手の4コース1着率が高い

4コース1着率

出典:https://www.boatrace.jp/

4コースの選手の4コース1着率が高いときは、4コースの艇が1着をとりやすい。

選手には得意コース・苦手コースがあり、同じ勝率でも4コース1着率が20%以上違うこともある。

そのため「勝率が高いから信頼できる」と思っていると痛い目を見るだろう。

選手のコース別1着率は、公式サイトの選手データやボートレース日和で確認できる。

4コースの1着を考えるときは、級別や勝率だけでなく、4コース1着率まで確認してみてくれ。

予想オヤジ
勝率だけでは、そのコースでの強さはわからないわけだな!

選手の平均ST・今節STが早い

4号艇の選手の平均ST・今節ST

出典:https://www.boatrace.jp/

4コースの選手の平均ST・今節STが早いときは、4コースの艇がまくりやまくり差しを決めやすい。

これは、スタートで先行できれば、1周目1マークまでに艇を内側に寄せやすくなるからだ。

選手の平均STからは平均的なスタート力、今節STからはその節のスタートの調子を判断できる。

今節STの平均値が平均STより早ければ、その節はスタートが合っていると考えられるぞ。

また、1~3コースの選手の平均ST・今節STが遅いときも、4コースの艇が1着をとりやすいな。

予想オヤジ
1~3コースの艇が出遅れると、4コースの艇が普通のスタートでも前に出られるぞ!

モーターの伸び足が良い

4号艇の展示タイム

出典:福岡競艇場の公式サイト

4コースの艇のモーターについて、伸び足が良いときはまくりやまくり差しを決めやすい。

これは、伸び足が良ければ、スタート後の最高速度が速くなるからだ。

最高速度が速ければスタート後に前に出やすく、艇を内側に寄せやすくなるぞ。

モーターの伸び足は、スタート展示や展示タイムから判断しよう。

スタート後に伸びているときや、展示タイムが良いときは、伸び足が良いと判断できるな。

予想オヤジ
伸び足が良いときは、まくりやまくり差しを狙いやすいぞ!

モーターの出足・行き足が良い

4号艇の直線タイム

出典:福岡競艇場の公式サイト

4コースの艇のモーターについて、出足・行き足が良いときは差しやまくり差しを決めやすい。

これは、出足・行き足が良ければ、1周目1マークで引き波を越えやすくなるからだ。

また、引き波を越えた後も、他の艇より加速しやすいので有利になるぞ。

モーターの出足・行き足は、スタート展示や直線タイムから判断してみてくれ。

スタート前後の加速感があるときや、直線タイムが良いときは、出足・行き足が良いと判断できるな。

予想オヤジ
出足・行き足が良いときは、差しやまくり差しを狙いやすいぞ!

追い風4m以上or向かい風3m以上

風速3m以上のレース

出典:https://www.boatrace.jp/

追い風4m以上のレースでは、4コースの艇が差しやまくり差しを決めやすくなる。

これは、1~3コースの艇が1周目1マークでターンミスしやすくなるからだ。

また、向かい風3m以上のレースでは、4コースの艇がまくりやまくり差しを決めやすくなる。

これは、1~3コースの艇がスタート前後で加速しにくくなるからだな。

ただし、これは一般的な傾向であり、競艇場によってはこれが当てはまらないこともある。

競艇場ごとの風の影響を詳しく知りたい方は、それぞれの攻略記事を読んでみてくれ。

予想オヤジ
競艇場ごとの攻略記事は「競艇場 特徴」の記事から探せるぞ!

干潮or向かい潮

潮の満ち引き

出典:気象庁

干潮付近のレースでは、4コースの艇がまくりやまくり差しを決めやすくなる。

これは、干潮付近は水面が安定して、全速ターンしやすくなるからだ。

また、向かい潮とは、1マークから2マークへの潮の流れのことだ。

向かい潮があると、1~3コースの艇が出遅れやすく、4コースの艇が有利になる。

江戸川、丸亀、宮島、徳山、若松では、下げ潮が向かい潮なので、予想に活かしてみてくれ。

予想オヤジ
満潮時刻と干潮時刻は、紙の出走表や競艇場の公式サイトで確認できるぞ!

 

4号艇(4コース)が1着をとったときの出目は?

4号艇(4コース)が1着のときの出目

競艇では、内側のスタートコースのほうが、1周目1マークに近いため有利になる。

そのため、1コースの艇が1着をとったときは、2コースから順番に2着率が高くなるぞ。

しかし、4コースの艇が1着をとったときは、それとは違った傾向になっている。

これを知っていると、4コースの艇を1着にした二連単や三連単の的中率が上がるのだ。

4コースの艇が1着をとったときの2着の出目について、出現率を下の表にまとめたぞ。

出目 出現率
4-1 31.8%
4-2 19.6%
4-3 16.2%
4-5 22.0%
4-6 10.4%

データ:艇国データバンク
集計期間:2021年1月1日~2021年12月31日

上の表から、4コースの艇が1着のときは、1・2・5コースの2着率が高いことがわかる。

そのため、4コースの1着を買うときは、的中率を重視するなら「4-125」を狙ってみよう。

また、6コースの2着率も、他のコースが1着をとったときより高くなっているぞ。

6コースの選手やモーターが良さそうなときは、思い切って「4-6」の穴狙いもありだな。

さらに、2着にきやすい艇は、4コースの決まり手によって変わってくる。

ここからは、4コースの決まり手ごとの狙い目を解説するので、予想に活かしてみてくれ。

予想オヤジ
レース展開を予想して、二連単や三連単を的中させよう!

まくりが決まるなら「4-56」が狙い目

スジ舟券「4-56」

4コースの艇がまくりで1着をとりそうなときは「4-56」が狙い目だ。

まくりが決まるのは、4コースの艇がスタート後に前に出て、内側を締めたときだな。

このとき、1~3コースの艇は進路を塞がているので、3着以下になりやすい。

一方、5・6コースの艇は4コースの艇に付いて行くだけで、2着をとることができるぞ。

4コースの艇がスタートで先行できそうなときは「4-56」を狙ってみてくれ。

予想オヤジ
「4-56」は高配当になりやすいので、穴狙いの方におすすめだな!

まくり差しが決まるなら「4-13」が狙い目

スジ舟券「4-13」

4コースのまくり差しは、スタートで出遅れた艇をまくり、先行している艇を差すことが多い。

具体的には、

  • 【A】1コースの艇をまくり、2・3コースの艇を差す
  • 【B】2コースの艇をまくり、1・3コースの艇を差す
  • 【C】3コースの艇をまくり、1・2コースの艇を差す
  • 【D】1・2コースの艇をまくり、3コースの艇を差す
  • 【E】1・3コースの艇をまくり、2コースの艇を差す
  • 【F】2・3コースの艇をまくり、1コースの艇を差す

の6パターンがあるぞ。

先ほどのまくりと同じように、まくられた艇は進路を塞がれて3着以下になりやすい。

逆に、差された艇は1マークを先に回っているため、2着に残りやすいぞ。

そのため、4コースのまくり差しを狙うときは、スタート隊形から2着を予想しよう。

また、4コースのまくり差しが決まったときは「4-13」が出やすいというデータもある。

これはおそらく、実際には【B】【D】【F】のパターンが多いからだと考えられるな。

予想オヤジ
まくり差しのパターンは、スタート隊形から予想してみてくれ!

差しが決まるなら「4-12」が狙い目

スジ舟券「4-12」

4コースの艇が差しで1着をとりそうなときは「4-12」が狙い目だ。

差しが決まるのは、4コースの艇が1周目1マークで最も内側を鋭くターンしたときだな。

このとき、5・6コースの艇は突き抜ける隙間がないため、3着以下になりやすい。

一方、1~3コースの艇は1マークを先に回っているので、2着に残りやすいぞ。

特に、競艇は内側のコースが有利なので「4-12」が出やすくなっているわけだな。

予想オヤジ
横並びのスタートで、混戦になりそうなときは「4-12」が狙い目だ!

 

4号艇(4コース)が上手い選手は?

4号艇(4コース)が上手い選手

競艇の選手には得意コース・苦手コースがあり、コースごとに1着率は全く違う。

そのため「勝率が高いから信頼できる」と思っていると、痛い目を見ることになるだろう。

では、4号艇(4コース)が上手い選手は、具体的には誰なのだろうか?

ボートレース日和のデータから、4コース1着率が高いA1級選手トップ10をまとめたぞ。

また、差し率・まくり率・まくり差し率もまとめたので、2着を選ぶときの参考にしてみてくれ。

選手名 4コース1着率 差し率 まくり率 まくり差し率
藤山翔太 42.2% 0.0% 39.1% 3.1%
村松修二 38.7% 3.2% 19.4% 12.9%
大池佑来 37.8% 8.1% 24.3% 2.7%
高田ひかる 37.5% 2.5% 30.0% 5.0%
本多宏和 37.3% 3.9% 17.7% 15.7%
小野生奈 36.6% 2.4% 24.4% 4.9%
山崎郡 35.3% 2.0% 25.5% 7.8%
森野正弘 34.9% 9.3% 14.0% 9.3%
金子龍介 34.5% 10.3% 10.3% 6.9%
三井所尊春 34.2% 2.6% 15.8% 10.5%

敬称略
データ:ボートレース日和
集計期間:2021年2月19日~2022年2月18日

上の表から、4号艇(4コース)が上手い選手は、決まり手に特徴があることがわかる。

例えば「藤山翔大」選手や「高田ひかる」選手などは、まくり率が圧倒的に高い。

これらの選手は、基本的にはまくりを狙うので「4-56」が狙い目になるな。

一方「村松修二」選手はまくり差し率が高く、「金子龍介」選手は差し率が高い。

こういった選手はまくり以外の1着もあるので、2着は選手やモーターから決めてみてくれ。

予想オヤジ
最新のデータは、ボートレース日和のデータ分析で確認できるぞ!

 

4号艇(4コース)が強い競艇場は?

4号艇(4コース)が強い競艇場

競艇の4コース1着率は全国平均で10.8%だが、競艇場ごとにその数値は違っている。

例えば、戸田競艇場では15.1%もあるが、尼崎競艇場では8.4%しかないぞ。

そのため、舟券を買うときは、自分が予想する競艇場の特徴を把握することが重要だ。

4コース1着率のトップ5と決まり手のデータをまとめたので、参考にしてみてくれ。

競艇場 4コース1着率 差し率 まくり率 まくり差し率
戸田 15.1% 7.1% 57.9% 23.7%
平和島 12.7% 15.1% 42.3% 29.2%
蒲郡 12.5% 12.6% 37.8% 40.5%
江戸川 12.1% 10.2% 37.8% 31.3%
丸亀 11.9% 14.2% 39.1% 35.0%

データ:艇国データバンク
集計期間:2021年1月1日~2021年12月31日

上の表から、4コースが強い競艇場では、基本的にはまくりが出やすいことがわかる。

特に、戸田競艇場では、まくり率が差し率の8倍以上、まくり差し率の2倍以上もあるぞ。

戸田競艇場は4コース1着率も全国1位なので「4-56」が狙い目になるな。

一方、蒲郡競艇場では、4コースのまくり差し率がまくり率よりも高くなっている。

そのため、蒲郡競艇場では「4-56」よりも「4-13」が狙い目になるぞ。

予想オヤジ
1着率だけでなく、出やすい決まり手までわかると的中率が上がるのだ!

 

競艇の4号艇(4コース)のまとめ

競艇の4号艇(4コース)のまとめ

競艇の4号艇(4コース)については、この5つがポイントだ。

  • 4号艇の4コース取得率は85.7%
  • 4コースの1着率は10.8%
  • 決まり手は「まくり→まくり差し→差し」
  • まくりなら「4-56」、まくり差しなら「4-13」、差しなら「4-12」
  • 4コースが強いのは戸田・平和島・蒲郡・江戸川・丸亀

4号艇(4コース)はカドになることが多く、スタートからの豪快なまくりが魅力となっている。

さらに、まくりが決まれば「4-56」の並びで高配当が飛び出すこともあるぞ。

予想するときはこの記事を思い出して、4号艇(4コース)の1着を狙えるかどうかを考えてみよう。

予想オヤジ
競艇予想に役立つ記事をまとめたので、よかったら読んでみてくれ!

 

合わせて読みたい記事

 

コメントについて

この記事について「感想」「要望」「疑問」などがあったら、どんどんコメントしてくれ。

俺もモチベーションが上がるし、今後の記事テーマを決めるための参考にもするぞ。

ただし、イタズラ防止のため、コメントは俺が内容を確認してから手動で反映している。

コメントが反映されるまで数日かかることもあるが、ご了承願いたい。

また、コメントの反映基準や活用法については「コメントポリシー」にまとめているぞ。

予想オヤジの顔

予想親父
大学を卒業後、しばらくはサラリーマンをしていたが、今は福岡で自営業をしているぞ。
約3年前からこのブログで「予想サイトの検証記事」「自力予想のコツ記事」を書いている。
俺は予想サイトでも自力予想でもプラス収支を出しているので、ぜひ参考にしてみてくれ。