住之江競艇ブログ

【住之江競艇ブログ】ペラボート福岡で舟券勝負!自力予想で45.4倍的中!

投稿日 2019/12/27

SG「第34回グランプリ/グランプリS」の最終日(2019年12月22日)に「ペラボート福岡」に行ってきたぞ。

本当は住之江まで行って現地の雰囲気を楽しみたかったが、体調を崩してしまったので近場で妥協だ。

今日は、当日の第6レースから第12レースについて、オヤジの予想とレース結果を「実際の出走表」「購入した舟券の写真」と合わせて解説していく。

一緒に予想しているつもりで、最後まで楽しんで読んでみてくれ。

 


予想オヤジ
さっそく、第6レースの予想から解説していくぞ!

 

第6Rのオヤジ予想とレース結果

初めに的中して流れをつかみたいところ。

さっそく、第6レースの出走表を見てみよう。

第6レースの出走表1

第6レースの出走表2

このレースでは、1着を1号艇「新田雄史」選手、2着を2号艇「長田頼宗」選手と6号艇「岡崎恭裕」選手と予想した。

「新田雄史」選手は、全国勝率(7.34)、来期勝率(7.41)、当地勝率(7.72)のどれもが高い数値となっている。

平均ST(15)が少し遅いが、今節成績のSTは他の選手とあまり差がないので、気にしなくても良さそうだ。

1号艇の枠番有利を活かして、1着をとってくれるだろう。

予想オヤジ
1着は1号艇が堅そうなレースだな。

「長田頼宗」選手は2コースからの1着・2着数が多いこと、「岡崎恭裕」選手は展開によっては活躍できることから2着とした。

このレースは2号艇から5号艇までの強さが同じくらいなので、第1ターンマークが混戦になると予想される。

その混戦の隙を突けば、枠番不利な6号艇でも2着に入ってくる可能性があると考えたわけだな。

また、「岡崎恭裕」選手は展示タイムが6名のなかで最も早かったことも見逃せない。

予想オヤジ
グランプリSの出場選手は強い選手ばかりなので、展開次第では6コースからでも舟券に絡んでいけるのだ。

ここまでの予想をもとに舟券を買ってきたぞ。

第6レースの舟券

三連単「1-26-全」の8点買いで勝負だ。

実力の高い選手が集まっているレースでは、3着がレース中盤で入れ替わることもある。

はっきり言って、レース中盤の着順の入れ替えを予想するのは、第1ターンマークの攻防を予想することよりも難しい。

そのため、俺はグレードの高いレースでは3着は全通りで流して買うようにしているぞ。

はたして、レースの結果は……?

 

第6レースの結果

出典:https://www.boatrace.jp/

レース結果は「1-6-2」だったので、俺の予想は的中だ!

三連単「1-6-2」は17番人気のオッズ45.4倍だったので、払戻金は「300円×45.4=13,620円」となる。

6号艇「岡崎恭裕」選手が2着に入ってくれたおかげで、かなりの高配当がついたな。

この調子で、次のレースも当てていきたい。

予想オヤジ
第6レースでは、13,620円の払戻金を手に入れたぞ!

 

第7Rのオヤジ予想とレース結果

第6レースの的中の流れを切らさないように、第7レースの予想をしていこう。

まずは、出走表のチェックだ。

第7レースの出走表1

第7レースの出走表2

このレースは、1号艇「中野次郎」選手と2号艇「太田和美」選手の一騎打ちになると予想した。

「中野次郎」選手は、全国勝率(7.27)と当地勝率(7.46)が6名のなかで2番目に高い。

また、今節は4日目と5日目に1号艇に乗っているが、どちらもしっかりと逃げ切っている。

ただし、来期勝率(7.06)が少し低いので、下がり調子なのかもしれないな。

予想オヤジ
「中野次郎」選手は、3回目の逃げが決まるかどうかがポイントだな。

「太田和美」選手は、全国勝率(6.89)や当地勝率(6.86)はいまいちだが、来期勝率(7.31)はかなり高い。

先ほどの「中野次郎」選手とは違って、上がり調子であると言えるだろう。

また、地元大阪の選手なので、住之江競艇場の水面を知り尽くしていることもポイントだ。

この日の第1レースで3コースから1着をとっているので、モーターの調子もばっちりだろう。

予想オヤジ
住之江競艇場では、地元選手に注目して舟券を買いたい!

ここまでの予想をもとに舟券を買ってきたぞ。

第7レースの舟券

三連単「12-全-12」の8点買いで勝負だ。

俺は、1着の候補が2艇いるレースでは「その2艇を1着と3着の軸にして2着は全通りで流す」ように舟券を買っている。

1着候補の2艇が第1ターンマークで競り合い、勝った艇は1着になり、負けた艇は潰されて3着になると考えているからだ。

そして、2着には、競り合いに巻き込まれなかった艇が適当に入ってくるわけだな。

はたして、レースの結果は……?

 

第7レースの結果

出典:https://www.boatrace.jp/

レース結果は「1-4-5」だったので、俺の予想は不的中だ。

三連単「1-4-5」は15番人気のオッズ39.1倍だったな。

2周目のバックストレッチでは「1-4-2」の隊形だったので「2連続的中もらった!」と思っていた。

しかし、その直後の第2ターンマークで2号艇「太田和美」選手がバタついてしまい、着外に沈んでしまったのだ。

狙いは悪くなかったので、気を取り直して次のレースの予想をしていこう。

予想オヤジ
第7レースは惜しくも不的中だったぞ!

 

第8Rのオヤジ予想とレース結果

ここまで1勝1敗なので、第8レースを的中して勝ち越したいところ。

さっそく、出走表を見ていこう。

第8レースの出走表1

第8レースの出走表2

このレースでは、1着を1号艇「桑原悠」選手、2着を3号艇「松井繁」選手と4号艇「稲田浩二」選手と予想した。

「桑原悠」選手は、全国勝率(7.12)がそこそこ高く、来期勝率(7.60)が6名のなかで最も高い。

さらに、今節成績のSTが安定していて、展示タイムは6名のなかで最も早かった。

当地勝率(6.59)やモーター2連率(31)が他の選手と比べると少し低いが、枠番有利の1号艇なら1着をとってくれるだろう。

予想オヤジ
1号艇の展示タイムが最も早いときは信頼できるぞ!

「松井繁」選手は地元大阪の選手であること、「稲田浩二」選手はスタートに期待できることから2着とした。

カド受けの3号艇「松井繁」選手の平均ST(15)と、カドの4号艇「稲田浩二」選手の平均ST(13)を比べると、4号艇「稲田浩二」選手のほうが平均STが早いことがわかる。

このことから、「松井繁」選手のスタートが遅れて、「稲田浩二」選手がダッシュスタートから一気にまくりを仕掛けると考えたぞ。

カド受けとカドの平均STの関係は、レース展開を考えるのに重要だな。

予想オヤジ
4号艇が4コースから飛び出すという予想だ!

ここまでの予想をもとに舟券を買ってきたぞ。

第8レースの舟券

三連単「1-34-全」の8点買いで勝負だ。

この8点の買い目のなかで、最も堅い買い目は「1-3-2」の11.2倍だな。

買い目点数を8点に絞っているので、的中したら必ずプラス収支になるようになっているぞ。

舟券で稼ぐコツとして「買い目点数を絞ること」を覚えておこう。

さて、レースの結果は……?

 

第8レースの結果

出典:https://www.boatrace.jp/

レース結果は「1-4-2」だったので、俺の予想は的中だ!

三連単「1-4-2」は8番人気のオッズ19.6倍だったので、払戻金は「300円×19.6=5,880円」となる。

レース中盤で4号艇が1号艇を抜いたときは「そんなことあるのか!?」と思ったが、その後で1号艇がきちんと抜き返してくれたな。

これで2勝1敗なので、この調子でバシバシ当てていこう。

予想オヤジ
第8レースでは、5,880円の払戻金を手に入れたぞ!

 

第9Rのオヤジ予想とレース結果

第8レースの的中の流れを切らないように、第9レースも集中して予想していきたい。

さっそく、出走表を見ていこう。

第9レースの出走表1

第9レースの出走表2

このレースでは、1着を3号艇「前本泰和」選手、2着を1号艇「遠藤エミ」選手と4号艇「磯部誠」選手と予想した。

「前本泰和」選手は、全国勝率(7.80)と当地勝率(7.43)が6名のなかで2番目に高い。

モーターについては、2連率(27)は低いものの展示航走では伸びているように見えたし、実際に展示タイムも早かった。

ピットレポートでも「全体的に足は良くなっている」とコメントしているので、活躍が期待できそうだ。

予想オヤジ
モーターの気配は、2連率だけでなく展示航走でもチェックできるぞ!

「遠藤エミ」選手は、このレースでは1着はとれないと考えた。

当地勝率(5.71)がかなり低く、体重が軽い女子選手にも関わらず展示タイムが遅かったからだ。

1号艇の不安要素が多いときは、1着から外して高配当を狙っていくのも一つの手というわけだな。

「磯部誠」選手は、「前本泰和」選手がまくりに行ったときに付いて行くだけで2着をとれる。

逆に、「前本泰和」選手の1つ内枠の「深川真二」選手は、巻き込まれてしまうので活躍が難しいと考えた。

予想オヤジ
このレースは、3号艇のまくりに賭けてみた!

ここまでの予想をもとに舟券を買ってきたぞ。

第9レースの舟券

三連単「3-14-全」の8点買いで勝負だ。

3号艇を頭にしているので、的中すればかなりの高配当が付く。

この8点の買い目のなかでは、最も高いオッズは「3-1-6」の167.9倍だな。

レースの展開次第では十分に考えられる着順なので、期待してレースを見守ろう。

はたして、レースの結果は……?

 

第9レースの結果

出典:https://www.boatrace.jp/

レース結果は「1-5-6」だったので、俺の予想は不的中だ。

三連単「1-5-6」は34番人気のオッズ90.8倍だった。

1号艇「遠藤エミ」選手がきちんとイン逃げを決めたぞ。

内枠3艇のスタートが揃い、2号艇「深川真二」選手が壁となっていたので、3号艇「前本泰和」選手は攻めることができなかった。

平均STや今節成績のSTから、スタートタイミングについてもう少し考えるべきだったかもしれないな。

予想オヤジ
第9レースは、完全に読みが外れてしまった。

 

第10Rのオヤジ予想とレース結果

ここまで2勝2敗。

三連単の的中率としては悪くないので、このままの調子で行きたい。

それでは、第10レースの出走表を見ていこう。

第10レースの出走表1

第10レースの出走表2

このレースは、1号艇「井口佳典」選手と5号艇「峰竜太」選手の一騎打ちになると予想した。

「井口佳典」選手は、全国勝率(8.00)が6名のなかで2番目に高く、展示タイムが6名のなかで最も早かった。

しかし、今節成績を見ると、初日は1コースから2着、5日目は1コースから3着となっている。

簡単にイン逃げできるとは言えない状況だな。

予想オヤジ
1号艇の1着に少し不安があるレースだな。

「峰竜太」選手は、全国勝率(8.55)、来期勝率(8.76)、当地勝率(9.46)が6名のなかで最も高い。

特に当地勝率(9.46)は他の選手と比べてもずば抜けて高いな。

また、88号機のモーターは住之江競艇場のエースモーターで、2連率(56)は驚異的な高さとなっている。

展示タイムが「井口佳典」選手と同率1位なので伸び足もありそうだな。

不利な5コースからでも、十分に1着を狙っていけると考えたぞ。

予想オヤジ
強い選手が強いモーターに乗っているので、鬼に金棒だな!

ここまでの予想をもとに舟券を買ってきたぞ。

第10レースの舟券

三連単「15-全-15」の8点買いで勝負だ。

「井口佳典」選手と「峰竜太」選手が第1ターンマークで競り合っているときに、他の艇が漁夫の利で2着をとるという予想だな。

「5-全-1」が的中すれば、最低で65.7倍、最高で244.8倍のオッズが付く。

レースの展開次第では十分に考えられる着順なので、期待してレースを見守ろう。

はたして、レースの結果は……?

 

第10レースの結果

出典:https://www.boatrace.jp/

レース結果は「1-3-5」だったので、俺の予想は的中だ!

三連単「1-3-5」は3番人気のオッズ13.0倍だったので、払戻金は「300円×13.0=3,900円」となる。

1号艇「井口佳典」選手が早いスタートから、きちんとイン逃げを決めたな。

5号艇「峰竜太」選手はスタートが遅れて1着争いには参加できなかったが、レース中盤で猛烈な追い上げをして3着に入ってきた。

グランプリに出場している一流選手のなかでも、さらに頭一つ抜けていると感じたぞ。

予想オヤジ
第10レースでは、3,900円の払戻金を手に入れた!

 

第11Rのオヤジ予想とレース結果

今日は残り2レース……第11レースはグランプリシリーズ戦の優勝戦だな。

優勝賞金の1,600万円は誰の手に?

さっそく、出走表を見ていこう。

第11レースの出走表1

第11レースの出走表2

このレースでは、1着を1号艇「木下翔太」選手、2着を2号艇「西村拓也」選手と4号艇「篠崎元志」選手と予想した。

「木下翔太」選手は、地元である大阪支部の若手のエースだ。

全国勝率(7.38)は他の選手と比べると少し低いが、当地勝率(7.33)は6名のなかで最も高くなっている。

今節成績のSTも安定していて、4日目と5日目に1コースから1着をとっているので、1号艇としての信頼度はかなり高い。

フライングを1本持っていることが気になるが、地元の慣れた水面なら大きく遅れることはないだろう。

予想オヤジ
1号艇は、地元の有利を活かしたレースに期待したい。

「西村拓也」選手は地元大阪の選手であること、「篠崎元志」選手はスタートからの展開があることから2着とした。

1号艇、2号艇、3号艇がフライング1本持ちなので、内へこみのスタート隊形になるかもしれない。

そのときに活躍するのがカドの4号艇「篠崎元志」選手だと考えたわけだな。

とはいえ、1号艇「木下翔太」選手は展示タイムが早かったので、簡単にまくられることはないだろう。

結論として、「篠崎元志」選手は2着までとしたぞ。

予想オヤジ
フライング持ちの選手は、スタートで攻めにくくなるのだ。

ここまでの予想をもとに舟券を買ってきたぞ。

第11レースの舟券

三連単「1-24-全」の8点買いで勝負だ。

1番人気の三連単「1-2-3」のオッズが7.3倍だったので、この買い目で的中したときはトリガミ(的中してもマイナス収支)となる。

ただ、俺は「トリガミの買い目は1点まで」なら入れても大丈夫だと考えているぞ。

ここで1番人気の買い目を外して不的中になると払戻金は0円だが、的中すればトリガミでも負け額を抑えることができるからだ。

はたして、レースの結果は……?

 

第11レースの結果

出典:https://www.boatrace.jp/

レース結果は「3-6-4」だったので、俺の予想は不的中だ。

三連単「3-6-4」は73番人気のオッズ558.9倍だったぞ。

大波乱のレースに、現地と同じように俺も驚いてしまった。

1号艇「木下翔太」選手は、1周目バックストレッチでは3号艇「馬場貴也」選手と1着争いをしていたのだが、第2ターンマークで振り込んで落水してしまった。

グランプリシリーズ戦の優勝戦という大舞台に緊張してしまったのだろうか?

予想オヤジ
「木下翔太」選手は途中までは良かっただけに、惜しかったな。

逆に、3号艇「馬場貴也」選手は凄かったな。

スタートはそこまで早くはなかったが、綺麗なターンでまくり差しを決めて1着をとった。

5日目に5コースからまくり差しで1着をとっているので、注目度を上げておくべきだったかもしれない。

とはいえ、このような大荒れのレースを的中させるのは至難の業だ。

あまり気にせずに、次のレースの予想に集中すべきだな。

予想オヤジ
第11レースは、的中が難しいレースだった。

 

第12Rのオヤジ予想とレース結果

いよいよ、今年のグランプリの優勝戦がやってきた。

優勝賞金1億円を賭けたアツい戦いが始まるぞ。

さっそく、出走表を見ていこう。

第12レースの出走表1

第12レースの出走表2

このレースでは、1着を1号艇「石野貴之」選手、2着を2号艇「桐生順平」選手と4号艇「白井英治」選手と予想した。

「石野貴之」選手は、全国勝率(7.26)と当地勝率(6.76)が6名のなかで最も低い。

しかし、地元である大阪支部の選手なので、住之江の水面には慣れているぞ。

グランプリシリーズ戦の優勝戦では「木下翔太」選手がミスをしてしまったが、「石野貴之」選手はベテラン選手なので同じミスはしないはず。

展示タイムが最も早かったので、モーターの気配も良さそうだと判断できるな。

予想オヤジ
住之江の水面を走り込んできたベテラン選手の活躍に期待だ!

「桐生順平」選手「白井英治」選手は、全国勝率と来期勝率が高いことから2着とした。

この2名の選手の今節成績を見ると、1コースからスタートが一度もないことがわかる。

それにもかかわらず、優勝戦に出場できるということは、かなり調子が良いと考えられるぞ。

また、3号艇「毒島誠」選手も気になったが、3コースからの2着率があまり高くないこと、展示タイムが6名のなかで最も遅いことから2着候補から外している。

予想オヤジ
2着は今節の調子が良さそうな2名に決定だ!

ここまでの予想をもとに舟券を買ってきたぞ。

第12レースの舟券

三連単「1-24-全」の8点買いで勝負だ。

このレースは人気が偏っていたので、1番人気「1-2-3」がオッズ7.2倍、2番人気「1-2-4」がオッズ7.3倍となってしまっていた。

トリガミの買い目を2つも入れるのは俺の主義に反するのだが、こればかりは仕方ないだろう。

勝ち負けはもちろん大切だが、グランプリを楽しむことも大切だからな。

予想オヤジ
最後のレースは、写真を見ながらレースを解説していくぞ。

まずはスタート!

第12レースのスタート

出典:JLC

ほとんど横一線のスタートとなった。

さすがにグランプリの優勝戦に出場する選手だけあって、スタートで遅れたりはしないな。

そして、勝負の分かれ目、第1ターンマークは……?

第12レースの第1ターンマーク

出典:JLC

1号艇「石野貴之」選手が先マイ!

しかし、2号艇「桐生順平」選手も差して懐に潜り込む。

第12レースのバックストレッチ

出典:JLC

1周目のバックストレッチでは、「石野貴之」選手と「桐生順平」選手の一騎打ちとなっていたぞ。

どちらが勝つのか、緊張しながらレースを見守っていたが……?

第12レースの第2ターンマーク

出典:JLC

1周目第2ターンマークで「石野貴之」選手が先行!

「桐生順平」選手も追いかけるが届かず、「1-2」の隊形となった。

この後は特に大きくレースが動くこともなく、最終周の第2ターンマークを「石野貴之」選手が余裕の旋回。

第12レースの最終周回

出典:JLC

そのままゴールして、「1-2-4」でレースは決着した。

優勝した「石野貴之」選手は艇の上でガッツポーズをしていたな。

第12レースのゴール

出典:JLC

地元大阪でのグランプリ優勝は相当嬉しかったのだろう。

ファンの声援を受けての見事な勝利だったぞ。

「石野貴之」選手はグランプリ初優勝で、今年の11月に開催されたSG「チャレンジカップ」から2連続SG優勝となる。

現在37歳ということで、まだまだこれからの活躍にも注目したいところだ。

予想オヤジ
「石野貴之」選手、グランプリ優勝おめでとう!

では、改めてレース結果を見ていこう。

第12レースの結果

出典:https://www.boatrace.jp/

レース結果は「1-2-4」だったので、俺の予想は的中だ!

三連単「1-2-4」は2番人気のオッズ7.3倍なので、払戻金は「300円×7.3=2,190円」となる。

3着に堅いところが来てしまったので、残念ながらトリガミだな。

とはいえ、買い目点数を8点に絞っているので、ほとんどプラスマイナスゼロと言っていいだろう。

競艇で稼ぐためには負けないことが重要だな。

予想オヤジ
第12レースでは、2,190円の払戻金を手に入れたぞ!

 

はたして、トータル収支は?

今日は第6レースから第12レースまで、合計7レースで舟券勝負をした。

トータルの収支をまとめてみたぞ。

レース番号 買い目 舟券代 結果 払戻金
第6レース 三連単「1-26-全」 2,400円 的中 13,620円
第7レース 三連単「12-全-12」 2,400円 不的中 0円
第8レース 三連単「1-34-全」 2,400円 的中 5,760円
第9レース 三連単「3-14-全」 2,400円 不的中 0円
第10レース 三連単「15-全-15」 2,400円 的中 3,900円
第11レース 三連単「1-24-全」 2,400円 不的中 0円
第12レース 三連単「1-24-全」 2,400円 的中 2,190円

上の表から、トータルの成績は、

  • 戦績 :4勝3敗
  • 的中率:57%
  • 収支 :+8,670円
  • 回収率:152%

と計算できる。

自力予想で舟券勝負をしたわりには、満足できる結果と言えるな。

また、実はこの日の第8レースと第10レースは、予想サイト「フルスロットル」の有料情報を使って舟券を買っている。

そして、そのときの結果を「ガチレポート」として別の記事にまとめているぞ。

予想オヤジ
自力予想だけでなく、予想サイトの舟券も買ったわけだな。

この記事では「オヤジの予想」についてまとめたが、ガチレポートでは「フルスロットルの買い目の考察」をしているぞ。

同じレースでも、「競艇ファン」と「予想のプロ」では見えているものが違うと感じたな。

「予想サイトの情報って本当に当たるの?」と気になっている方は、ぜひチェックしてみてくれ。

予想オヤジ
買い目の考察は、自力予想にも役立つぞ!

 

【今日のオヤジ予想】まとめ

今日の予想のポイントをもう一度まとめると、

  • 三連単の買い目点数は8点以内がおすすめ
  • 2号艇~5号艇の強さが同じくらいなら6号艇にもチャンスあり
  • 展示タイム1位の1号艇は信頼できる

の3つだ。

特に「展示タイム1位の1号艇は信頼できる」というのは覚えておこう。

今日の第8レース、第10レース、第12レースでの的中はこのセオリーのおかげだな。

展示タイムは競艇場のモニターや競艇の公式サイトで確認できるので、必ずチェックするようにしてみてくれ。

予想オヤジ
簡単に使えるセオリーなので、ぜひ覚えておこう!

さて、今年の記事はこれでおしまいだ。

最後にきちんと勝ち越すことができて、良い年末を迎えることができた。

あとは、ゆっくりとPG1「クイーンズクライマックス」でも楽しむとしよう。

来年も今年以上に競艇予想に役立つ記事を書いていくので、年が明けても「辛口予想オヤジ」をよろしくな!

予想オヤジ
それではみなさん、良いお年を!

 

合わせて読みたい記事

 

コメントについて

この記事について「感想」「要望」「疑問」などがあったら、どんどんコメントしてくれ。

俺もモチベーションが上がるし、今後どういう記事を書くと読者さんに喜ばれるか参考にもなる。

また、コメントの活用法や反映基準を知りたい方は「読者さんからのコメントについて(2020年9月18日更新)」のページを読んでみてくれ。

© 2020 競艇予想サイト