若松競艇ブログ

【若松競艇ブログ】出走表を見ながら予想を解説!選手とモーターの見方とは?

投稿日 2020/1/24

G1「ダイヤモンドカップ」最終日(2020年1月22日)に若松競艇場に行ってきたぞ。

ナイターのG1競走だけあって、現地はけっこう盛り上がっていたな。

今日は、当日の第7レースから第12レースについて、オヤジの予想とレース結果を「実際の出走表」「購入した舟券の写真」と合わせて解説していく。

一緒に予想しているつもりで、最後まで楽しんで読んでみてくれ。

 

用語解説

この記事では、1着をとれそうな選手を「本命選手」、2着や3着をとれそうな選手を「有力選手」と呼んでいる。

そして、本命選手と有力選手が何名いるのかによって買い方を変えているぞ。

この記事のなかでも簡単に解説するが、詳しく知りたい方は関連記事をチェックしてみてくれ。

競艇の必勝法!勝てる舟券の買い方のコツ6選を紹介【2020年版】

予想オヤジ
さっそく、第7レースの予想から解説していくぞ!

 

第7Rのオヤジ予想とレース結果

今日の初勝負は第7レースだ。

まずは、出走表と展示タイムをチェックしてみよう。

若松競艇場の第7レースの出走表

若松競艇場の第7レースの出走表

出典:若松競艇場

このレースは、1号艇「徳増秀樹」選手を本命選手、3号艇「毒島誠」選手を有力選手と判断した。

1号艇「徳増秀樹」選手は、全国勝率が6名のなかで最も高く、現在勝率も6名のなかで2番目に高い。

また、1周タイム、直線タイム、展示タイムが他の選手よりも良いことから、モーターの調子も良いと思われる。

枠番有利な1号艇ということもあり、1着をとる確率はかなり高いと感じたぞ。

予想オヤジ
選手の強さ、モーターの気配、コースの有利不利をバランスよく見ていこう!

3号艇「毒島誠」選手は、全国勝率が6名のなかで2番目に高く、現在勝率は6名のなかで最も高い。

ただし、1周タイム、直線タイム、展示タイムは悪いので、1着をとるのは厳しそうだ。

2号艇「永井源」選手や4号艇「柳沢一」選手がフライング持ちでスタートが期待できないことから、レース展開は有利になると思われる。

良ければ2着、悪くても3着には入ってくると予想したぞ。

予想オヤジ
フライング持ちの選手は、思い切ったスタートがしにくくなるのだ!

ここまでの予想をもとに舟券を買ってきた。

第7レースの舟券

三連単「1-3-全」「1-全-3」の8点買いで勝負だ。

堅い買い目で軍資金を減らさないようにしながら、レースが荒れたときに高配当を狙っていく戦略だな。

「1-2-3」や「1-3-2」で的中すると少しトリガミ(的中してもマイナス収支になること)になってしまうが、「1-5-3」や「1-6-3」で的中すれば30.0倍以上のオッズが付くぞ。

はたして、レースの結果は……?

 

 

若松競艇場の第7レースの結果

出典:https://www.boatrace.jp/

レース結果は「1-3-4」だったので、俺の予想は的中だ!

三連単「1-3-4」は3番人気のオッズ7.9倍だったので、払戻金は「300円×7.9=2,370円」となる。

舟券代が合計2,400円かかっているので、少しだけトリガミになってしまったな。

とはいえ、不的中で払戻金が0円になるよりは、舟券代が返ってきている分だけマシな結果と言える。

軍資金を減らさなければ、次のレースでも同じように勝負することができるのだ。

予想オヤジ
第7レースは的中!払戻金2,370円を獲得したぞ!

 

第8Rのオヤジ予想とレース結果

第7レースはプラスマイナスゼロという結果だったので、第8レースではしっかりとプラス収支を狙っていきたい。

さっそく、出走表と展示タイムをチェックしよう。

若松競艇場の第8レースの出走表

若松競艇場の第8レースの出走表

第8レースの展示タイム

出典:若松競艇場

このレースは、1号艇「馬場貴也」選手を本命選手、5号艇「磯部誠」選手を有力選手と判断した。

1号艇「馬場貴也」選手は、全国勝率、現在勝率、1周タイム、直線タイム、展示タイムが他の選手と比べて高くはない。

しかし、この節は、3日目に5コースから1着、4日目に2コースから1着をとって、準優勝戦に3号艇で出場している。

数値だけ見ると少し不安だが、今節の調子が良さそうなので1着をとってくれると予想したぞ。

予想オヤジ
今節成績でその節の調子をチェックだ!

5号艇「磯部誠」選手は、全国勝率と現在勝率が6名のなかで最も高い。

1周タイム、展示タイム、直線タイムも他の選手と比べて良いので、モーターの気配も良さそうだな。

少なくとも3着以内に入ってくれるだろう。

しかし、このレースは、2号艇「一宮稔弘」選手、3号艇「木下翔太」選手、4号艇「坪井康晴」選手の3名の活躍も十分に考えられる。

このようなとき、俺はオッズを見ながら買い目を決定することにしているぞ。

予想オヤジ
買い目に迷ったときは、オッズを見ながら買い目を決めよう!

ここまでの予想をもとに舟券を買ってきた。

第8レースの舟券

三連単「1-5-全」「1-全-5」の8点買いで勝負だ。

オッズを確認したところ、2号艇「一宮稔弘」選手、3号艇「木下翔太」、4号艇「坪井康晴」選手、5号艇「磯部誠」選手のなかでは、5号艇「磯部誠」選手が最も高いオッズが付いていた。

どの選手も同じくらい活躍が期待できると考えているときは、高いオッズの選手を狙ったほうが稼ぎやすい。

はたして、レースの結果は……?

 

 

若松競艇場の第8レースの結果

出典:https://www.boatrace.jp/

レースの結果は「1-4-6」だったので、俺の予想は不的中だ。

三連単「1-4-6」は18番人気のオッズ65.1倍だったぞ。

5号艇「磯部誠」選手は、1周目第1ターンマークで引き波に巻き込まれてしまって、全く活躍ができなかったな。

3号艇「木下翔太」選手がフライング持ちでスタートに期待できないことを考えれば、4号艇「坪井康晴」選手を買うことができたかもしれない。

不的中は悔しいが、気持ちを切り替えて次のレースに集中しよう。

予想オヤジ
第8レースは不的中。気を取り直して第9レースにいこう。

 

第9Rのオヤジ予想とレース結果

第8レースは不的中だったので、第9レースは取り返したいところ。

さっそく、出走表と展示タイムをチェックしよう。

若松競艇場の第9レースの出走表

若松競艇場の第9レースの出走表

第9レースの展示タイム

出典:若松競艇場

このレースは、4号艇「深谷知博」選手を本命選手、1号艇「岡崎恭裕」選手と2号艇「岡村慶太」選手を有力選手と判断した。

まず、1号艇「岡崎恭裕」選手だが、コース別成績を見ると1コースからの1着・2着・3着が少なく、1コースを苦手としていることがわかる。

実際に、この節の2日目には1コースから2着をとっているな。

また、1周タイム、直線タイム、展示タイムも他の選手と比べて悪いことから、モーターの気配もイマイチと言えそうだ。

枠番有利な1号艇だが、1着をとれるかどうかはかなり怪しいと感じたぞ。

予想オヤジ
1号艇の信頼度が低いときは、高配当のチャンスだ!

そこで、1号艇「岡崎恭裕」選手の代わりに、1着候補となったのが4号艇「深谷知博」選手だ。

4号艇「深谷知博」選手は、全国勝率と現在勝率が6名のなかで最も高く、1周タイム、直線タイム、展示タイムも良い数値だ。

3号艇「濱野谷憲吾」選手がフライング持ちでスタートに期待できないことから、4コースからのまくり一発が期待できると予想したぞ。

4コースの艇がまくりを決めると、3コースの艇は進路がふさがれて活躍が難しくなる。

このことから、2着は1号艇「岡崎恭裕」選手と2号艇「岡村慶太」選手とした。

予想オヤジ
決まり手やレース展開まで考えると、予想の精度が上がるぞ!

ここまでの予想をもとに舟券を買ってきた。

第9レースの舟券

三連単「4-12-全」の8点買いで勝負だ。

4号艇を1着にしているので、最低でも50倍以上のオッズを狙うことができるぞ。

また、G1競走に出場しているのは一流選手ばかりなので、枠番不利の5号艇や6号艇でも、レース展開によっては3着に入ってくる可能性がある。

レース中盤の着順の入れ替えまで予想するのは難しいので、3着は全通りで流すのがおすすめだ。

はたして、レースの結果は……?

 

 

若松競艇場の第9レースの結果

出典:https://www.boatrace.jp/

レースの結果は「4-6-3」だったので、俺の予想は不的中だ。

三連単「4-6-3」は69番人気のオッズ363.2倍だったぞ。

4号艇「深谷知博」選手がまくるところまでは読めていたのだが、2着を当てることができなかった。

簡単にレースの分析をしてみよう。

若松競艇場の第9レース

出典:JLC

上の写真のように、4号艇「深谷知博」選手が、1周目第1ターンマークで1号艇~3号艇を全て飲み込んでしまっている。

このようなレース展開では、1号艇~3号艇の選手は上位着に絡むことが難しくなるぞ。

3号艇「濱野谷憲吾」選手がまくりに巻き込まれることは読めていたが、1号艇「岡崎恭裕」選手と2号艇「岡村慶太」選手まで巻き込まれるとは思わなかった。

スロー勢は活躍できないと読んで、三連単「4-56-全」のように買うのも一つの手だったな。

予想オヤジ
第9レースは不的中。まさかの三万舟が飛び出したな。

 

食堂で一休み

買う予定のレースが半分終わったところで、食堂で一休みすることにした。

入店したのは西スタンド1階の「洞海うどん」だ。

若松競艇場の飯屋

この「洞海(どうかい)」というのは、若松競艇場のすぐ近くの「洞海湾(どうかいわん)」という地名からとっているみたいだな。

メニューはうどん、そば、おでん、いなり寿司などで、価格は400円~600円のものが多い。

手頃な価格でごはんを食べることができるのは嬉しいな。

どのメニューも魅力的で迷ったが、今日は「かしわうどん(470円)」を食べることにしたぞ。

若松競艇場のかしわうどん

熱々の鍋で提供されたが、はたして味のほうは……?

うん、美味い!

九州独特の柔らかい麺に、ちょうど良い濃さのスープ、まさに絶品だな。

トッピングがシンプルなことも、うどんの味を楽しむのに邪魔にならなくて良し。

若松競艇場に行ったときは、良かったら食べてみてくれ。

予想オヤジ
うまい飯で気力回復!後半戦もしっかりと予想していくぞ!

 

第10Rのオヤジ予想とレース結果

第8レース、第9レースと不的中が続いてしまったが、少し休憩して集中力も回復した。

第10レースで取り返すべく、出走表と展示タイムをチェックしていこう。

若松競艇場の第10レースの出走表

若松競艇場の第10レースの出走表

第10レースの展示タイム

出典:若松競艇場

このレースは、1号艇「毒島誠」選手を本命選手、2号艇「森高一真」選手と4号艇「茅原悠紀」選手を有力選手と判断した。

1号艇「毒島誠」選手は、全国勝率と現在勝率が6名のなかで最も高い。

1周タイム、直線タイム、展示タイムも他の選手と比べて悪いわけではなく、この日の第7レースでは3コースから2着をとっている。

普通に走れば1着をとってくれそうだな。

予想オヤジ
悪い部分がないので、1号艇の信頼度はかなり高いぞ!

残りの5名の選手について、3号艇「海野康志郎」選手以外は全国勝率と現在勝率に大きな差がない。

6号艇「今垣光太郎」選手の現在勝率だけは少し高いが、6コースからの成績は良くないので舟券には絡んでこないだろう。

また、1周タイム、直線タイム、展示タイムもほとんど同じくらいの数値となっている。

そのため、選手の強さと枠番で勝負が決まると予想して、2着は2号艇「森高一真」選手と4号艇「茅原悠紀」選手としたぞ。

予想オヤジ
このレースは堅い結果になりそうだな。

ここまでの予想をもとに舟券を買ってきた。

第10レースの舟券

三連単「1-24-全」の8点買いで勝負だ。

1号艇を1着にしているにもかかわらず、全ての買い目で10倍以上のオッズが付いていた。

堅い買い目でもそこそこのオッズが付いているのはオイシイな。

はたして、レースの結果は……?

 

 

……と思っていたのだが、このレースは大きなアクシデントがあった。

5号艇「篠崎元志」選手が待機行動中(ピットアウトからスタートまでの時間)に転覆してしまったのだ。

また、2号艇「森高一真」選手は進路妨害をしたとして失格になってしまったぞ。

予想オヤジ
スタートする前に、2名の選手が失格になってしまった。

その後、4名の選手でレースが始まったが、はっきり言って異様な光景だったな。

若松競艇場の第10レース

出典:JLC

失格になった艇の舟券代は返ってくるとしても、4名でレースをするのであれば予想は大きく変わってくる。

事故は仕方ないとはいえ、少し複雑な気持ちでレースを見守っていたぞ。

さて、レースの結果は……?

若松競艇場の第10レースの結果

出典:https://www.boatrace.jp/

レースの結果は「1-4-3」だったので、俺の予想は的中だ!

三連単「1-4-3」は2番人気のオッズ4.1倍で、2号艇と5号艇の返還まで含めると払戻金は「3,030円」だったぞ。

舟券代は2,400円だったので、なんとかプラス収支だな。

2号艇と5号艇が失格にならなければ、もう少し高いオッズが付いていたのだが。

第7レースもそうだったが、今日は的中しても微妙な払戻金のレースが多いな。

予想オヤジ
第10レースは的中!波乱の多いレースだったな。

 

第11Rのオヤジ予想とレース結果

今日は残すところ2レースのみだが、ここまでのトータルの収支はマイナスだ。

第11レースで中穴くらいを当てて、取り戻したいところだが……。

さっそく、出走表と展示タイムをチェックしていこう。

若松競艇場の第11レースの出走表

若松競艇場の第11レースの出走表

第11レースの展示タイム

出典:若松競艇場

このレースは、1号艇「中田竜太」選手と3号艇「馬場貴也」選手を本命選手と判断した。

1号艇「中田竜太」選手は、全国勝率と現在勝率が他の選手と比べて低い。

また、1周タイム、直線タイム、展示タイムも悪いので、モーターの気配もイマイチに見えるな。

枠番有利の1号艇とはいえ、1着をとれるかどうかは微妙なところだ。

予想オヤジ
第10レースと違って、1号艇の信頼度は低いな。

そして、他の1着候補を探していたとき、3号艇「馬場貴也」選手に注目したぞ。

3号艇「馬場貴也」選手は、全国勝率や現在勝率が6名のなかでは高いほうで、直前情報のタイムも1号艇「中田竜太」選手や2号艇「池永太」選手と比べると良い。

また、この節は、3日目に5コースから1着、4日目に2コースから1着をとっているので、調子も良さそうだな。

1号艇「中田竜太」選手がスタートやターンでミスをすれば、十分に1着を狙っていけるだろう。

また、2号艇「池永太」選手も気になったが、現在勝率、1周タイム、直線タイムが悪かったので、有力選手にはしなかったぞ。

予想オヤジ
1号艇の信頼度が低いときは、他の1着候補を探してみよう!

ここまでの予想をもとに舟券を買ってきた。

第11レースの舟券

三連単「13-全-13」の8点買いで勝負だ。

俺は、本命選手が2名いるときは「その2名を1着と3着の軸にして、2着は全通りで流す」ようにしている。

なぜなら、2名の本命選手がターンで競り合ったとき、勝った選手はそのまま1着をとり、負けた選手はターンが流れたりして3着になりやすいからだ。

本命選手のどちらかが3着になる買い方なので、高配当を狙うことができるぞ。

はたして、レースの結果は……?

 

 

若松競艇場の第11レースの結果

出典:https://www.boatrace.jp/

レース結果は「1-5-3」だったので、俺の予想は的中だ!

三連単「1-5-3」は15番人気のオッズ44.7倍だったので、払戻金は「300円×44.7=13,410円」となる。

舟券代の2,400円を差し引いても、1万円以上のプラス収支となったぞ。

3号艇「馬場貴也」選手は第1ターンマークの直後は最後尾だったが、バックストレッチで一気に伸びて3着をとってくれた。

戦略通り、本命選手を1着と3着をしたことで高配当を的中させることができたぞ。

予想オヤジ
第11レースは的中!払戻金13,410円を獲得したぞ!

 

第12Rのオヤジ予想とレース結果

第11レースで高配当を的中できて一安心だ。

これで心に余裕を持って、第12レースの予想をすることができるな。

さっそく、出走表と展示タイムをチェックしていこう。

若松競艇場の第12レースの出走表

若松競艇場の第12レースの出走表

第12レースの展示タイム

出典:若松競艇場

このレースは、1号艇「石野貴之」選手と3号艇「松井繁」選手を本命選手と判断した。

1号艇「石野貴之」選手は、全国勝率が6名のなかで3番目に高く、現在勝率が6名のなかで2番目に高い。

さらに、この節は3日目の第5レース以外は全て3着以内に入っているぞ。

ただし、1周タイム、直線タイム、展示タイムが他の選手と比べてかなり悪いので、モーターの調子には疑問が残る。

スタートやターンでミスをしてしまうと、1着は怪しいかもしれないな。

予想オヤジ
他の選手と比べて、1周タイムが約1秒も遅れているのは気になるな。

そこで、他の1着候補を探していたとき、3号艇「松井繁」選手に注目した。

3号艇「松井繁」選手は、1周タイム、直線タイム、展示タイムの全てが6名のなかで最も良い数値だ。

さらに、この節は4日目から3連続で1着をとっている。

レース展開次第では、十分に1着を狙っていけるだろう。

また、2号艇「瓜生正義」選手も気になったが、直線タイムや展示タイムが悪かったので、有力選手にはしなかったぞ。

予想オヤジ
直前情報の全てのタイムが1番なのは、かなり良いモーターと言えそうだな。

ここまでの予想をもとに舟券を買ってきた。

第12レースの出走表

三連単「13-全-13」の8点買いで勝負だ。

オッズを見たところ、「3-2-1」「3-4-1」「3-5-1」「3-6-1」の4点は全て万舟券となっていた。

狙っていける買い目に高配当が付いているので、稼ぎやすいレースと言える。

3号艇「松井繁」選手の活躍に期待したい。

はたして、レースの結果は……?

 

 

若松競艇場の第12レースの結果

出典:https://www.boatrace.jp/

レースの結果は「1-3-4」だったので、俺の予想は不的中だ。

三連単「1-3-4」は5番人気のオッズ15.8倍だったぞ。

ほぼ横一列のスタートから、1号艇「石野貴之」選手が見事に逃げ切った。

3号艇「松井繁」選手は第1ターンマークの直後に5着くらいだったが、その後はターンごとに順位を上げていったな。

レース中盤で「1-2-3」の隊形になって「これは当たるか!?」と思ったが、最終的には2号艇「瓜生正義」選手が4着まで沈んでしまった。

予想オヤジ
「松井繁」選手が2着まで上がってくるのは予想外だったな。

このレースは不的中だったが、舟券の買い方は間違ってなかったと感じている。

3号艇「松井繁」選手の追い上げの勢いを考えると、1号艇「石野貴之」選手のスタートがあと少し遅れていれば、「3-全-1」で万舟券が的中していたかもしれないからだ。

俺は「全てのレースを当てること」より、「稼げる買い目で勝負すること」のほうが重要だと考えている。

最後のレースが不的中なのは少し残念だが、このような不的中はあまり気にしないことをおすすめするぞ。

予想オヤジ
さて、今日のトータルの収支を計算してみよう。

 

はたして、トータルの収支は?

若松競艇場の払戻金

今日は第7レースから第12レースまで、合計6レースの舟券を買った。

トータルの収支をまとめてみたぞ。

レース番号 買い目 舟券代 結果 払戻金
第7レース 三連単「1-3-全」「1-全-3」 2,400円 的中 2,370円
第8レース 三連単「1-5-全」「1-全-5」 2,400円 不的中 0円
第9レース 三連単「4-12-全」 2,400円 不的中 0円
第10レース 三連単「1-24-全」 2,400円 的中 3,030円
第11レース 三連単「13-全-13」 2,400円 的中 13,410円
第12レース 三連単「13-全-13」 2,400円 不的中 0円

上の表から、トータルの成績は、

  • 戦績 :3勝3敗
  • 的中率:50%
  • 収支 :+4,410円
  • 回収率:131%

と計算できる。

今日は普段と比べると、かなりしょっぱい結果に終わってしまったな。

実際、交通費まで計算に入れるとトントンくらいだろう。

第10レースの返還がなければもう少しプラスにできたかもしれないが、事故は仕方がないのであきらめよう。

最後に、今回の予想のポイントをまとめるぞ。

予想オヤジ
今日の結果は±0って感じだな。

 

【今日のオヤジ予想】まとめ

今日の予想のポイントをもう一度まとめると、

  • 選手の強さ、モーターの気配、コースの有利不利をバランスよく考える
  • 選手の強さは全国勝率、現在勝率、コース別成績、今節成績をチェック
  • モーターの気配は1周タイム、直線タイム、展示タイムをチェック
  • 3号艇がフライング持ちのときは、4号艇に注目する
  • 4号艇がまくりそうなときは、三連単「4-56-全」を考える
  • 「全てのレースを当てること」ではなく「稼げる買い目で勝負すること」が重要

の6点だ。

1周タイムと直線タイムは若松競艇場のオリジナルデータなので、他の競艇場では公開されていないこともある。

そんなときは、モーター2連率、展示タイム、周回展示などでモーターの気配をチェックしてくれ。

また、三連単「4-56-全」の買い方は穴狙いの方におすすめだ。

1号艇の信頼度が低くて、4号艇の選手が強いときやモーターが良さそうなときに狙ってみよう。

予想オヤジ
今日はしょっぱい結果に終わったが、次回はもっと大きなプラス収支を狙っていくぞ!

 

【P.S.】「石野貴之」選手、優勝おめでとう!

石野貴之選手

今年のダイヤモンドカップを制したのは、大阪支部の「石野貴之」選手だ。

去年のグランプリ優勝に引き続き、まだまだ絶好調のようだな。

今後もSG競走やG1競走で見かけることが多くなりそうなので、活躍に注目していこう。

予想オヤジ
「石野貴之」選手、優勝おめでとう!

 

合わせて読みたい記事

 

質問への回答

この記事に投稿されたコメントへの回答をまとめたぞ。

予想サイト「競艇魂」と「競艇オニアツ」をどのように評価していますか?

この2つの予想サイトについて、俺は中堅サイトと評価している。

中堅サイトとは、サイト内容に致命的に怪しい部分はないが、予想の質がいまいちな予想サイトだ。

情報料や舟券代まで考えると稼ぐのは難しいので、使わないほうがいいだろう。

ただし、これはこの回答を書いている時点での評価だ(2020年4月6日)。

今後の検証によっては評価が変わる可能性があるので、最新の評価については「競艇予想サイトのランキング」や「予想サイト一覧」をチェックしてみてくれ。

 

コメントについて

この記事について「感想」「要望」「疑問」などがあったら、どんどんコメントしてくれ。

俺もモチベーションが上がるし、今後どういう記事を書くと読者さんに喜ばれるか参考にもなる。

また、この記事へのコメントに回答するときは、この記事の「質問への回答」に追記しているぞ。

俺がどのようにコメントを活用しているのかを知りたい方は「読者さんからのコメントについて」というページを読んでみてくれ。

© 2020 競艇予想サイト