2号艇

競艇の2号艇(2コース)の勝率は?差しとまくりで出目が変化!

この記事では「2号艇の1着を狙って稼ぎたい!」という方に向けて、

  • 2号艇が1着をとりやすい条件
  • 2号艇の1着を買うときの2着の選び方
  • 2コースが上手い選手
  • 2コースが強い競艇場

などをわかりやすくまとめた。

競艇の2号艇は1号艇の次に有利な枠番で、2コースの勝率は全国平均で14.4%ある。

つまり、1日12レースのうち、1~2レースは2コースの艇が1着をとるわけだな。

2号艇の1着にはそこそこ高いオッズが付くため、中穴狙いの方におすすめだ。

ここから、2号艇の1着を狙う方法を解説していくので、ぜひ最後まで読んでみてくれ。

予想オヤジ
2号艇の狙い方をマスターして、競艇勝ち組を目指そう!

 

競艇の2号艇(2コース)の基礎知識

競艇の2号艇の基礎知識

競艇の2号艇は、出走表の上から2番目に書かれている艇であり、艇の色は黒色だ。

また、競艇の2コースとは、内側から2番目のスタートコースのことだな。

競艇のスタートコースは早い者勝ちだが、2号艇の2コース進入率は92.7%となっている。

基本的には「2号艇=2コース」と考えてよいので、この記事でもそのように扱うぞ。

他にも、競艇の2号艇(2コース)の基礎知識として、以下の5つを覚えておいてくれ。

2号艇(2コース)の基礎知識

  • 2号艇の2コース取得率は92.7%
  • 2コースの勝率は全国平均で14.4%
  • 2コースの勝ちパターンは差しが多い
  • 2コースの艇は1コースの艇の壁になる
  • 2コースの艇は引き波に乗りやすい
予想オヤジ
まずは、2号艇(2コース)の基礎知識を覚えよう!

2号艇の2コース取得率は92.7%

2号艇の枠なり進入

出典:JLC

競艇では、スタートコースが早い者勝ちであり、スタート前にコース取りが行われる。

コース取りに積極的な選手がいると、枠番とは違うコースからのスタートになることもあるぞ。

しかし、2号艇の2コース取得率は全国平均で92.7%となっており、枠なり進入が多い。

例外としては、2号艇のピット離れが遅れたときに、3号艇に2コースをとられることもあるな。

とはいえ、ほとんどのレースで枠なり進入なので「2号艇=2コース」と考えていいだろう。

予想オヤジ
2号艇は90%以上のレースで2コースからスタートするぞ!

2コースの勝率は全国平均で14.4%

2号艇の1着

出典:https://www.boatrace.jp/

競艇の2コースは1コースの次に有利なコースで、勝率(1着率)は全国平均で14.4%ある。

これは、内側のコースのほうが、外側のコースよりも1周目1マークが近いからだな。

内側のコースは走る距離が短くて済むので、ターン後に先頭に立ちやすいぞ。

また、2コースの艇は、1コースの艇がミスをしたときに他の艇よりも1着をとりやすい。

1コースのスタートが遅れればまくり、1コースのターンがふくらめば差しを決められるのだ。

予想オヤジ
2コースの艇は、1日12レースのうち1~2レースで1着をとるぞ!

2コースの勝ちパターンは差しが多い

2号艇の差し

出典:JLC

2コースの勝ちパターン(決まり手)は、差しが64.8%、まくりが24.5%となっている。

つまり、基本的には差しの1着が多いが、まくりの1着も時々ある感じだな。

2コースの差しは、1周目1マークで1コースの艇の内側を抜いたときに決まる。

これを決めるには、1コースの艇の引き波を超えて、ターン後に加速しなければいけない。

そのため、2コースの艇が差しを決めるには、モーターの出足・行き足が重要だな。

予想オヤジ
1コースの艇がターンミスをしたときも、差しが決まりやすいぞ!

2号艇のまくり

出典:JLC

一方、2コースのまくりは、1周目1マークで1コースの艇を外側から抜いたときに決まる。

これを決めるには、1周目1マークまでに1コースの艇より前に出ていないといけない。

そのため、2コースの艇がまくりを決めるには、選手のスタートが重要になるぞ。

また、1コースの艇がスタートで遅れたときも、2コースのまくりが決まりやすくなる。

選手の平均ST・今節STから、1・2号艇の選手のどちらがスタート巧者かを考えてみよう。

予想オヤジ
2コースのまくりは珍しいが、決まると高配当になりやすいぞ!

2コースの艇は1コースの艇を守る壁になる

2号艇は壁になる

出典:JLC

スタートから1周目1マークまで、2コースの艇は1コースの艇を3~6コースの艇から守る壁になる。

例えば、1・2コースの艇が横並びでスタートすれば、3~6コースの艇は攻めるのが難しい。

逆に、2コースの艇がスタートで遅れると、3~6コースの艇はまくりを決めやすいぞ。

そのため、1コースの艇が1着をとれるかどうかには、2コースの艇のスタートも関わってくるのだ。

1号艇の1着を買うときは、2号艇の選手のスタートタイミングにも気を付けてみてくれ。

予想オヤジ
2号艇は、1号艇を外側の艇から守りつつ、1号艇の内側を抜くわけだな!

2コースの艇は引き波に乗りやすい

2号艇は引き波を乗り越える

出典:JLC

2コースの艇が差しを狙う場合、1コースの艇の後ろを横切るようなコース取りになる。

このとき、1コースの艇が作った引き波を乗り越えなければならないぞ。

引き波を上手く越えるためには、モーターの出足・行き足が重要になってくる。

モーターの出足・行き足は、スタート展示や直線タイムから判断するのがおすすめだな。

スタート前後に伸びている艇や、直線タイムが良い艇は、出足・行き足が良いと判断できるぞ。

用語解説

引き波とは・・・艇が走った後にできる波で、これにはまると艇は失速してしまう。

予想オヤジ
差しを決めるには、引き波を乗り越えるモーターパワーが必要だ!

 

2号艇(2コース)が1着をとりやすいレースの特徴は?

2号艇が1着をとりやすいレースの特徴

競艇は1号艇(1コース)が圧倒的に有利な競技なので、1号艇の1着には人気が集まりやすい。

その点、2号艇(2コース)は少し有利くらいなので、人気もほどほどになりやすいぞ。

人気がほどほどということは、2号艇の1着にはそこそこ高いオッズが付くということだ。

ここからは、2号艇(2コース)が1着をとりやすいレースの特徴を解説していく。

予想するときに、ここから解説する項目が多く当てはまる場合は、2号艇の1着を狙ってみてくれ。

2号艇(2コース)が1着をとりやすい条件

  • 選手が強い、モーターが良い
  • 選手の2コース1着率が高い
  • モーターの出足・行き足が良い
  • 選手の2コースSTが少し遅い
  • 1号艇の選手の差され率が高い
  • 1号艇のモーターのまわり足が悪い
  • 1号艇の選手のスタートが遅い
  • 追い風2m以上のレース
  • 満潮または追い潮のレース
予想オヤジ
9項目のうち、何項目に当てはまるのかをレースごとに考えてみてくれ!

選手が強い、モーターが良い

選手の勝率とモーター2連率

出典:https://www.boatrace.jp/

当たり前の話だが、2号艇の選手が強いときやモーターが良いときは、2号艇が1着をとりやすい。

例えば、2号艇の選手と他の選手との勝率差が2.00以上あれば、2号艇が1着をとれる可能性は高いぞ。

また、2号艇のモーター2連率が圧倒的に高い場合も、2号艇が1着をとれる可能性は高いな。

予想するときは、まずは2号艇と他の艇について、選手の勝率とモーター2連率を比べてみてくれ。

予想オヤジ
選手の勝率やモーター2連率は、競艇予想の基本だな!

選手の2コース1着率が高い

選手の2コース1着率

出典:https://www.boatrace.jp/

2号艇の選手の2コース1着率が高いときは、2号艇が1着をとりやすい。

選手には得意コース・苦手コースがあり、同じ勝率でも2コース1着率が20%以上違うこともある。

そのため「勝率が高いから信頼できる」と思っていると、痛い目を見ることになるぞ。

選手のコース別1着率は、公式サイトの選手データや「ボートレース日和」で確認できる。

予想するときは、2号艇の選手の2コース1着率を確認して、2コースが得意かどうかを判断してくれ。

予想オヤジ
勝率だけでは、そのコースでの強さはわからないわけだな!

モーターの出足・行き足が良い

直線タイム

出典:児島競艇場の公式サイト

2号艇のモーターの出足・行き足が良いときは、2号艇が1着をとりやすい。

これは、1号艇が作った引き波を乗り越えやすくなり、差しを決めやすくなるからだ。

また、スタート前後で加速しやすくなるので、まくりも決めやすくなるぞ。

モーターの出足・行き足は、スタート展示や直線タイムから判断するのがおすすめだな。

スタート前後に伸びている艇や、直線タイムが良い艇は、出足・行き足が良いぞ。

予想オヤジ
出足・行き足が良ければ、差しもまくりも決めやすくなるのだ!

選手の2コースSTが少し遅い

選手の2コースST

出典:https://www.boatrace.jp/

2号艇の選手の2コースSTが少し遅いときは、2号艇が差しを決める可能性が高くなる。

なぜなら、2コースの理想のSTは、1コースのSTよりわずかに遅れたタイミングだからだ。

そうすることで、1コースの艇を先に行かせて、1周目1マークで差せるようになるぞ。

例えば「毒島誠」選手の2コースSTは0.18となっており、他のコースよりも遅い。

コース別平均STがこのようになっている選手は、2コースでの勝ち方を知っているのだ。

予想オヤジ
選手ごとのコース別平均STは、競艇の公式サイトで確認できるぞ!

1号艇の選手の差され率が高い

1号艇の選手の差され率

出典:ボートレース日和

1号艇の選手の差され率が高いときは、2号艇が差しを決める可能性が高くなる。

差され率とは「1コースで差されて負けたレース数/1コースの出走数」を計算した数値だ。

つまり、差され率が高い選手は、差されて負けやすい選手と言えるな。

選手ごとの差され率は「ボートレース日和」というデータサイトにまとめられている。

出走表の枠別情報から確認できるので、予想するときは活用してみてくれ。

予想オヤジ
逆に、1号艇の選手の差され率が低いと、2号艇の1着は狙いにくいな!

1号艇のモーターのまわり足が悪い

周回展示

出典:JLC

1号艇のモーターのまわり足が悪いときは、2号艇が差しを決める可能性が高くなる。

まわり足が悪いと、1周目1マークで1号艇のターンが流れたり、ふくらんだりしやすいぞ。

そうなれば、2コースの艇が1コースの艇の内側を抜きやすくなるわけだな。

モーターのまわり足は、周回展示やまわり足タイムから判断するのがおすすめだ。

周回展示でバタついていたり、まわり足タイムが悪い艇は、まわり足が悪いと判断しよう。

予想オヤジ
まわり足タイムは、現地のモニターや競艇場ごとの公式サイトで確認できるぞ!

1号艇の選手のスタートが遅い

1・2号艇の選手の平均ST

出典:https://www.boatrace.jp/

1号艇の選手のスタートが遅いときは、2号艇がまくりを決める可能性が高くなる。

これは、1周目1マークまでに、2号艇が1号艇より前に出られるからだな。

選手の平均STからは平均的なスタート力、今節STからはその節のスタートの調子を判断できる。

今節STの平均値が平均STより遅ければ、その節はスタートが合っていないと考えられるぞ。

1・2号艇の選手の平均ST・今節STから、どちらがスタートで前に出るのかを予想してみてくれ。

予想オヤジ
2号艇のまくりは珍しいが、決まると高配当になりやすいぞ!

追い風2m以上のレース

追い風2m以上のレース

出典:https://www.boatrace.jp/

追い風2m以上のレースでは、2号艇が差しを決める可能性が高くなる。

これは、1号艇の1周目1マークのターンが、追い風に押されて流れやすくなるからだ。

また、3~6コースの艇がまくりを狙っても、ターンが流れて失敗しやすくなるぞ。

ただし、これは一般論であり、競艇場によってはこれが当てはまらないこともある。

競艇場ごとの風の影響を詳しく知りたい方は、それぞれの攻略記事を読んでみてくれ。

予想オヤジ
競艇場ごとの攻略記事は「競艇場 特徴」の記事から探せるぞ!

満潮または追い潮のレース

徳山競艇場の潮見表

出典:徳山競艇場の公式サイト

満潮または追い潮のレースでは、2号艇が差しを決める可能性が高くなる。

これは、満潮のレースでは水面が不安定になり、1号艇のターンが流れやすくなるからだ。

また、追い潮のレースでも潮に押されて、1号艇のターンが流れやすくなるぞ。

満潮時刻・干潮時刻は、出走表や競艇場ごとの公式サイトで確認できる。

海水や汽水の競艇場のレースを予想するときは、潮の影響も考えるようにしてみてくれ。

予想オヤジ
潮の影響については「競艇 潮」の記事に詳しくまとめているぞ!

 

2号艇(2コース)の1着を買うときの2着は何号艇?

2号艇の1着を買うときの2着は?

競艇では、二連単や三連単を買うほうが単勝を買うよりも稼ぎやすい。

これは、単勝は適当に買っても当たるが、二連単や三連単は予想して買わないと当たらないからだ。

実力勝負の舟券を買うほうが、他の競艇ファンと差を付けやすく、稼ぎやすいわけだな。

では、2号艇が1着をとったときは、2着には何号艇がきやすいのだろうか?

2号艇が1着をとったときの二連単の出目について、出現率を下の表にまとめたぞ。

出目 出現率
2-1 45.8%
2-3 19.8%
2-4 15.6%
2-5 11.1%
2-6 7.7%

データ:艇国データバンク
集計期間:2020年1月1日~2020年12月31日

上の表から、2号艇が1着をとったときは、1・3・4号艇が2着にきやすいことがわかる。

さらに、決まり手ごとに考えると、差しなら「2-13」、まくりなら「2-34」が出やすいぞ。

選手・モーター・水面状況から、1周目1マークの攻防を考えて、2着を決めてみてくれ。

予想オヤジ
ここからは、決まり手ごとの狙い目を解説していくぞ!

差しが決まるなら「2-13」が狙い目

2コースの差し

2号艇が差しで1着をとった場合、2着には1・3号艇がきやすいため「2-13」が狙い目だ。

差しが決まるのは、1周目1マークで2号艇が1号艇の内側を抜いたときだな。

1号艇は抜かされているが、ターン前後の進路を塞がれてはいないので2着に残りやすい。

また、3号艇は、1号艇の外側を全速ターンして2着争いに食い込んでくるぞ。

1号艇の選手の差され率が高いときや、強い追い風が吹いているときは狙ってみてくれ。

予想オヤジ
2号艇が1着をとるのは、基本的にはこのパターンだな!

まくりが決まるなら「2-34」が狙い目

2コースのまくり

2号艇がまくりで1着をとった場合、2着には3・4号艇がきやすいため「2-34」が狙い目だ。

まくりが決まるのは、1周目1マークで2号艇が1号艇を外側から抜いたときだな。

1号艇はターン前後で進路を塞がれるため、ターンが窮屈になってしまい後退しやすい。

逆に、3・4号艇は2号艇のまくりに付いて行くだけで、2着をとることができるぞ。

このとき、1号艇が着外になることがあるので、3着は手広く買っておくのがおすすめだ。

予想オヤジ
1号艇のスタートに不安があるときは狙ってみてくれ!

3・4号艇のスタートが遅れるなら「2-56」もあり

3・4号艇のスタートが遅れたときの展開

2号艇が1着をとったときは1・3・4号艇が2着にきやすいが、5・6号艇の2着を狙うのもありだ。

なぜなら「2-56」は出現率は低いが、その分だけオッズが高くなりやすいからだな。

例えば、3・4号艇のスタートが遅れた場合、5・6号艇にもチャンスが生まれる。

1号艇のターンが流れて、2号艇が差しを決めたところに、5・6号艇がまくり差しで続くぞ。

3~6号艇の選手の平均ST・今節STからスタート隊形を考えて、狙えそうなら狙ってみてくれ。

予想オヤジ
中凹みになりそうなときは「2-56」の高配当狙いもありだな!

 

2号艇(2コース)が上手い選手は?

2号艇が上手い選手は?

競艇の選手には得意コース・苦手コースがあり、コースごとに1着率は全く違う。

そのため「勝率が高いから信頼できる」と思っていると、痛い目を見ることになるな。

では、2号艇(2コース)が上手い選手は、具体的には誰なのだろうか?

ボートレース日和」のデータから、2コース1着率が高いA1級選手トップ10をまとめたぞ。

また、差し率・まくり率もまとめたので、2着を選ぶときの参考にしてみてくれ。

選手名 2コース1着率 差し率 まくり率
小池修平 42.9% 27.3% 13.6%
田口節子 42.9% 17.4% 34.8%
池田浩二 42.9% 26.7% 13.3%
柳生泰二 42.1% 40.0% 0.0%
毒島誠 41.7% 21.1% 15.8%
山田哲也 41.5% 28.6% 4.8%
渡邉雄朗 40.6% 28.6% 0.0%
竹井奈美 40.6% 36.4% 9.1%
松崎祐太郎 39.2% 18.5% 14.8%
前本泰和 38.7% 16.7% 10.0%

敬称略
データ:ボートレース日和
集計期間:2020年11月12日~2021年11月11日

上の表から、2号艇(2コース)が上手い選手は、基本的には差し率が高いことがわかる。

特に「柳生泰二」選手と「渡邉雄朗」選手は、まくり率が0%となっているな。

ただし、選手によっては、2コースからでもまくりを狙っていく選手もいるようだ。

特に「田口節子」選手は、まくり率が差し率よりも高くなっているな。

差すかまくるかによって、2着の選び方が変わってくるので、この傾向は覚えておこう。

予想オヤジ
最新のデータは、ボートレース日和の「データ分析」で確認できるぞ!

 

2号艇(2コース)が強い競艇場は?

2号艇が強い競艇場は?

競艇の2コース1着率は全国平均で14.4%だが、競艇場ごとにその数値は違っている。

例えば、江戸川競艇場では18.9%もあるが、大村競艇場では11.6%しかないぞ。

そのため、舟券を買うときは、自分が予想する競艇場の特徴を把握することが重要だ。

2コース1着率のトップ5と決まり手のデータをまとめたので、参考にしてみてくれ。

競艇場 2コース1着率 差し まくり
江戸川 18.9% 63.0% 23.7%
多摩川 16.7% 61.8% 30.1%
唐津 16.6% 64.3% 24.9%
鳴門 16.6% 71.7% 18.3%
平和島 16.4% 67.7% 22.5%

データ:艇国データバンク
集計期間:2020年1月1日~2020年12月31日

上の表から、2号艇(2コース)が強い競艇場では、差しが決まりやすいことがわかる。

特に、鳴門競艇場は、差し率がまくり率の約4倍あり、圧倒的に差しが決まりやすい。

ただし、競艇場によっては、2コースからのまくりが意外と決まる場もある。

例えば、多摩川競艇場では、まくり率が30.1%もあり、まくりでの1着も決まるぞ。

差すかまくるかによって、2着の選び方が変わってくるので、この傾向は覚えておこう。

予想オヤジ
この5場の舟券を買うときは、普段よりも2号艇の1着を重視してくれ!

 

競艇の2号艇(2コース)のまとめ

競艇の2号艇のまとめ

競艇の2号艇(2コース)については、この5つがポイントだ。

  • 2号艇の2コース取得率は92.7%
  • 2コース1着率は全国平均で14.4%
  • 2コースは差しの1着が多い
  • 江戸川・多摩川・唐津が狙い目
  • 差しなら「2-13」、まくりなら「2-34」

競艇の2号艇(2コース)は、1号艇(1コース)の次に有利な枠番(コース)だ。

そのため、上手く1着を狙えば、的中率とオッズのバランスをとりやすいぞ。

予想するときはこの記事を思い出して、2号艇の1着を狙えるかどうかを考えてみよう。

予想オヤジ
競艇予想に役立つ記事をまとめたので、よかったら読んでみてくれ!

 

合わせて読みたい記事

 

コメントについて

この記事について「感想」「要望」「疑問」などがあったら、どんどんコメントしてくれ。

俺もモチベーションが上がるし、今後の記事テーマを決めるための参考にもするぞ。

ただし、イタズラ防止のため、コメントは俺が内容を確認してから手動で反映している。

コメントが反映されるまで数日かかることもあるが、ご了承願いたい。

また、コメントの反映基準や活用法については「コメントポリシー」にまとめているぞ。

予想オヤジの顔

予想親父
大学を卒業後、しばらくはサラリーマンをしていたが、今は福岡で自営業をしているぞ。
約3年前からこのブログで「予想サイトの検証記事」「自力予想のコツ記事」を書いている。
俺は予想サイトでも自力予想でもプラス収支を出しているので、ぜひ参考にしてみてくれ。